九州の海を再現したマリンワールド海の中道。間近でラッコやアザラシを見よう

トラベルパートナー: elly

出身は福岡。福岡を中心に、九州の記事も書いています。 自然が好きで、山や海に行っては風景を楽しんだり、地元の美味しいお店を探した後は、温泉に入ってリフレッシュ。美術館や博物館めぐりも趣味のひとつで、出会いや発見には毎回ワクワクしています。 近場なら一人旅、県外なら主人とのドライブを楽しんでます。

見るだけじゃない五感で体験できる水族館に行ってみよう!よかとこよ

福岡県にある、九州の海を再現したユニークな水族館をご存知ですか。マリンワールド海の中道は、2017年にリニューアルした新しい水族館。九州の海に生息する生き物たちをはじめ、豊かな水源をもつ熊本の森をイメージした展示や、ラッコやイルカ、アシカのショーが楽しい水族館となっています。今回は、マリンワールド海の中道の魅力をご紹介していきます。

マリンワールド海の中道とは

福岡県東区にあるマリンワールド海の中道は、2017年4月にリニューアルされた新しい水族館で、貝殻をイメージした外観が目を引きます。館内は、福岡県に面する4つの海を再現した九州の近海や、九州の外洋、九州のクラゲ、九州の深海など、おもに九州の海に生息する生き物たちをはじめとする、テーマごとに分かれた10エリアの展示を楽しむことができます。

ほかにも、かわいいラッコや、イルカとアシカのショーなど水族館の人気者たちも勢揃い。バリエーション豊かなラインナップに、子どもも大人も楽しめること間違いなしです。アシカやアザラシ、ペンギンたちが自由に動き回る姿を間近で観察できる、かいじゅうアイランドも人気です。

リニューアルされた水族館

約半年間の改修を経て、「いつも新しい私になれる水族館」をコンセプトとしてリニューアルオープンしました。15mの吹き抜けになったエントランスは、開放感あふれる明るい空間で、これから待っている海の世界に期待が高まります。入口が複数あるので、団体の方が来ても混雑しにくい工夫が。土日祝日だけのバックヤードツアーや、夏休み限定で行われる夜の水族館巡りなど、年間を通して楽しいイベントが盛りだくさんです。

大人気のイルカ&アシカショー

水族館の定番であるかわいいイルカとアシカのショーは、子どもから大人まで大人気です。ショーが行われているプールの後方には、美しい博多湾が広がっており、雄大な水平線を眺めつつショーを楽しむことができます。会場のすぐ横はレストランになっていて、食事しながらイルカたちの泳ぎを鑑賞することもできます。ショーは1日4回から5回の開催です。

かわいいラッコは芸達者

ラッコプールでは、芸達者で可愛らしいラッコたちを見ることができます。水の中に潜ったり食事したりする姿は、見ているだけで自然と心が和む光景です。飼育員さんとの掛け合いが楽しいショーも開催されており、ラッコの小さな手でハイタッチする姿はたまりません。

ダイバーと生き物による外洋大水槽ショー

こちらの水深7メートルの大型水槽では、自然の生態系に近い形で生き物たちが暮らしています。15分間の外洋大水槽ショーでは、光り輝くイワシの大群にダイバーが餌付けする様子が見られるイワシタイフーンや、サメをはじめとする水槽内の生き物たちがダイナミックなスクリーンに映し出される、ダイバー魚ッチングを楽しむことができます。

分かりやすい展示方法

九州のクラゲエリアでは、九州の海に生息するクラゲを鑑賞することができます。暗闇のなかで幻想的な光を放ちゆらゆらと泳ぐクラゲは、うっとりするようなエレガントさで、いつまでも眺めていられます。

ほかにも、福岡県に面する東シナ海、太平洋、日本海、瀬戸内海をそれぞれ再現した九州の近海や、豊かな水源をもつ熊本の自然をイメージした阿蘇水の森など、ユニークな展示が満載です。生き物たちには実際に触れることもできます。

人気のエリア かいじゅうアイランド

好奇心旺盛なアザラシがかわいい

アシカやアザラシなどの海獣を見ることができる、かいじゅうアイランドでは演出に工夫がされており、より生き物たちを間近に感じることができるでしょう。なかでも壁や足元がガラス張りになった水槽では、さまざまな角度からアザラシを見ることができます。好奇心旺盛なアザラシが筒状の水槽にやってきて、こちらを覗いている姿は可愛らしいですね。

人気者のケープペンギン

かいじゅうアイランドでは、屋外スペースにいるペンギンたちも大人気。ケープペンギンというアフリカ南部に生息する種類のペンギンで、緑の丘をヨチヨチと散歩する姿がとってもかわいいです。プールもあり、夏にはスイスイと水のなかを泳ぐペンギンたちを見ることができます。

周辺スポットも見どころ満載

複合レジャー施設の海の中道海浜公園

水族館周辺にある海の中道海浜公園は、博多湾と玄界灘の2つの海に囲まれた国営の美しい公園です。約300ヘクタールもの広大な敷地では海の景色を眺めたり、四季折々の花を楽しむことができます。ほかにも、リスザルやカピバラといった動物と触れ合える動物園や、水上アスレチック、キャンプ場、屋外プールなどを備えた複合レジャー施設となっており、あわせて立ち寄ってみるのも楽しいですよ。

年間を通してイベントが充実しているこの公園では、春になるとフラワーピクニックやバラ祭りなどが開催され、多くの人で賑わいます。ドックランのエリアも設置されてあるので、ペット連れでも満喫できるのが嬉しいポイント。天気が良ければ、レジャーシートを広げてお弁当を食べるのもおすすめです。

園内には、博多湾や玄界灘を望む展望スポットがいくつも点在しています。180度パノラマで絶景を楽しめる施設や、美しい水平線を一望できるボートデッキの展望台などがロマンチックでおすすめです。12kmにわたるサイクリングコースがあるので、自転車をレンタルして海岸沿いを走って楽しむこともできます。

動物の森は、50種類500もの生き物を見ることができる動物園。鑑賞だけではなく、動物と触れ合ったり餌やり体験などもできるのが魅力で、動物が暮らす檻のなかに入ることもできます。ほかにもクイズがあったり、小学生向けのアニマルウォッチングがあったりと、子どもが喜ぶさまざまなプログラムが用意されています。

住所|〒811-0321 福岡県福岡市東区西戸崎18-25
営業時間|3月〜10月( 9時30分〜17時30分) 11月〜2月( 9時30分〜17時00分)
定休日|年末年始(12月31日・1月1日)、2月の第1月曜日とその翌日
電話|092-603-1111
公式サイトはこちら

金印で有名な志賀島

View this post on Instagram

気持ちよすぎ #志賀島#金印#漢委奴国王#57年

A post shared by みさご (@hayato3358810) on

玄界灘に浮かぶ志賀島(しかのしま)は、江戸時代に漢委奴国王の金印が発掘されたことで有名な島です。外周10kmしかない小さな島ですが、むかし島には375もの社があり、神の島とも呼ばれていました。日本最古の国宝であるこの金印は、1978年に福岡市に寄贈されました。教科書にも載っている長い歴史をもつ島です。

View this post on Instagram

志賀島沖にて

A post shared by Seinosuke (@seinosuke) on

志賀島では海水浴をはじめ、ヨットやダイビングなどのマリンアクティビティを楽しむことができます。島の中心にある展望台では、海の中道や福岡市街地など360度ぐるりと大パノラマで一望でき、開放感抜群。玄界灘のおいしい幸が味わえる食堂もおすすめです。志賀島は福岡市内からでも車で30分ほどで行くことができるので、アクセスしやすいのもいいですね。

住所| 福岡県福岡市東区志賀島
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|092-645-1012
公式サイトはこちら

マリンワールド海の中道へのアクセス

電車での行き方

鹿児島本線香椎駅からJR香椎線(西戸崎行き)に乗換えて海ノ中道駅で下車し、徒歩5分ほどで到着します。

車での行き方

都市高速1号線香椎浜ランプで降りて、片男佐橋交差点を左折、雁の巣交差点を直進すると到着です。

住所|〒811-0321 福岡県福岡市東区西戸崎18-28
営業時間|3月から11月(9:30~17:30) 12月から2月(10:00~17:00) シーズンによって時間が異なる
定休日|2月第一月曜と翌日(連続2日間)
電話|092-603-0400
公式サイトはこちら

まとめ

福岡県にあるマリンワールド海の中道は、綺麗で充実した設備と、ユニークな展示の仕方が自慢です。また、楽しい期間限定イベントも魅力。夏休み限定の夜の水族館巡りは、照明も夜モードになって夜の魚の生活を見学できておすすめ。ぜひ一度、マリンワールド海の中道へ足を運んでみてください。