琵琶湖博物館へ湖のヌシであるビワコオオナマズに会いに行こう

トラベルパートナー: Sora

滋賀県出身。滋賀県の楽しいところや魅力の記事を書いています。1人でマイペースに旅したり美味しいものを食べ歩くのが好きです。

不思議がいっぱいで大人も子供も楽しめる淡水博物館やで

意外な生き物の姿も目にすることができる琵琶湖博物館湖をテーマとした博物館としては国内最大級の規模を誇り、子供から大人まで楽しめる施設となっているのが特徴。ここでは、不思議な面白さがたくさん詰まった琵琶湖博物館の魅力や見どころ、楽しみ方、アクセス方法などについてお伝えしたいと思います。

琵琶湖博物館ってどんな博物館

湖がテーマの博物館で、さまざまな生き物に会えるのも特徴。琵琶湖について学べるコンテンツも満載です。

琵琶湖博物館とは

滋賀県草津市にある県立博物館で、湖をテーマとしているのが特徴。琵琶湖に生息している生き物の成り立ち、歴史なども展示しているので琵琶湖についても学べます。かつての琵琶湖には意外すぎる生き物も暮らしていたようで、博物館に初めて足を運んだ方は例外なく驚いています。

湖の博物館では国内最大級

琵琶湖の魚が実際に泳ぐ水族展示室もあり、まるで水族館のような博物館となっています。湖をテーマにした博物館としては国内最大級で、不思議な形をした生き物もたくさん展示。海の生き物が大好きな子供はもちろん、大人も一緒になって楽しめます。

新種が次々と見つかっている 琵琶湖の研究

琵琶湖は日々研究も行われており、毎日のように新しい生物も見つかっているのだとか。まだまだ海のように謎が多い湖だといわれていますし、ミステリアスな部分が残っています。琵琶湖における古代から現代にいたるまでの、さまざまな生き物を展示。

琵琶湖の生き物たち

トンネル水槽では、まるで魚になったような気分が味わえます。日本一大きな淡水の水族展示室は見どころが満載。

日本一大きい 淡水の水族展示室

琵琶湖で生息する魚といえば、コイやフナ、ナマズ、マスなどがいます。近年では琵琶湖にも外来種が増えてしまい、獲れる量も少なくなっているのだとか。そんな琵琶湖で生きる生き物たちを、この展示室では見られます。

魚になった気分を味わえるトンネル水槽

トンネル状になった水槽は、写真などで観たことがある方もいるかもしれません。まるで湖の中から魚を見ているような感じになりますし、不思議な体験ができるでしょう。黄色いイワトコナマズと、背中にハート模様のあるウナギがいるので、ぜひ見つけてください。見つければ幸せになれるといわれていますよ。

琵琶湖の主ビワコオオナマズ

ビワコオオナマズは琵琶湖の主ともいわれている魚。地元の人でも見ることは少ないのだとか。ほかの魚に比べてあまり活発に動かないので、写真が撮りやすいのも嬉しいですね。たまに優雅に泳いでいるときがあるので、見れたらラッキーです。

なんとアザラシの姿も

琵琶湖にアザラシが暮らしているのと思った方もいるでしょうが、そうではありません。実は琵琶湖以外に住んでいる淡水生物も展示しており、このアザラシはバイカルアザラシという種類。世界で唯一淡水にすむアザラシです。

昔の琵琶湖にはゾウが住んでいた

琵琶湖にはかつてゾウが生息していたのだとか。約250万年~180万年のことです。実際、びわ湖の周辺ではアケボノゾウやトウヨウゾウ、ミエゾウなどさまざまな象の化石が見つかっています。もともと琵琶湖は三重県のあたりにあったといわれていますが、それが次第に移動して現在の場所になったのだとか。ミエゾウがいたのも納得の話です。

小さな生き物たち マイクロアクアリウム

琵琶湖に住む多くの生物は肉眼では見えないもの。その小さな生物をしっかり観察できるのがマイクロアクアリウム。

マイクロアクアリウムとは

琵琶湖で暮らす生き物の約83%は微生物といわれています。マイクロアクアリウムでは、そうした微生物を顕微鏡で観察することができるので、子供の学習にもピッタリ。微生物についての詳しい解説も聞けます。微生物の不思議な形、動きを目の当たりにできることから、小さな子供から大人気のコーナー。

ミジンコの天敵ノロがお出迎え

View this post on Instagram

ミジンコ、カッコ良すぎ

A post shared by Toshitaka Mochizuki (@mozch) on

中に入るとすぐに出迎えてくれるのが、大きなノロのオブジェ。約2.5mのオブジェは迫力満点です。ノロは日本で一番大きな微生物ともいわれているので、後ろのミジンコなどよりも大きく作られています。ミジンコなどの微生物をよく食べるノロですが、実際にこれほどの大きさだったとしたら人間も捕食対象となってしまうでしょう。考えただけで恐ろしいですね。

微生物を観察できるマイクロバー

微生物がどのようにして動いているのか、どんな形をしているのかといったことを観察できます。マイクロバーとはいうものの、お酒が飲めるバーではありません。顕微鏡の横には液晶モニターも完備していますし、細かく観察できるのが魅力的。子供だけでなく大人も夢中になってしまうこと間違いなしです。

ミュージアムレストラン・ショップ

お腹が空いたときも安心。館内にはレストランがあるので、お腹が空いたときはここで食事をしましょう。ミュージアムショップではお土産も購入できますよ。

ミュージアムレストランのおすすめはカレー

View this post on Instagram

[リニューアルを高校生が彩(いろ)を添える!] びわ湖カレー in 琵琶湖博物館ミュージアムレストラン にほのうみ ・ 4/2レストランリニューアルにつき、滋賀県立湖南農業高校の高校生が 考案した びわ湖カレー! 夏みかんのマーマレードをルーの隠し味に。 草津ブランド野菜の 愛彩菜(あいさいな) も添えて。 1080円 ・ 博物館の完全リニューアルは2年後のようですが こちらは早く食べないと、ぜひ! ・ #草津おみやげ隊 #びわ湖 #カレー #夏みかん #マーマレード #愛彩菜 #わさび菜 #草津市 #滋賀県 #おみやげ #土産 #旅行 #帰省 #currey #museum #instajapan #instafoods #kusatsu #shiga #japan #japanese #souvenir #gift #travel #traveljapan #homecoming #kusatsuomiyage #motherlake

A post shared by 草津おみやげラボ (@kusatsumiyage) on

館内で営業しているレストランでは、琵琶湖でとれた魚を使った料理が食べられます。もっともおすすめのメニューの一つは、びわ湖カレー。ライスは琵琶湖の形をしており、旗はビワコオオナマズをデザインしたもの。ナマズの旗が立っているのは、琵琶湖博物館がある位置をイメージしているのだとか。比較的甘口なので、辛いカレーが苦手という方でも安心して食べられるでしょう。子供からも大人気の看板メニューです。

https://www.instagram.com/p/BqmeMx7FaAG/?utm_source=ig_embed

湖の海の幸をふんだんに使った天丼もおすすめのメニュー。ブラックバスとビワマスを使った天丼で、なかなかよそでは食べられないでしょう。湖の魚ということもあり、生臭さや泥臭さが気になるかもしれませんが、きちんと下処理しているためまったく気になりません。骨なども気にならないため、何度訪れても食べたくなるくらいのメニューです。訪れたときにはぜひ味わってみましょう。

生き物たちが可愛いグッズに ミュージアムショップ

ミュージアムショップでは、さまざまなオリジナルグッズも手に入れられます。可愛いぬいぐるみやTシャツ、缶バッジなどが扱われています。バイカルアザラシのぬいぐるみは特に人気なので、お土産に買ってみましょう。珍しいアイテムがたくさんなので、お土産に買っていくと喜ばれそうです。

琵琶湖博物館へのアクセス

バスでの行き方

JR琵琶湖線草津駅が最寄り駅となりますが、ここから近江鉄道バスに乗車します。駅の西口2番バス乗り場から発着しているので、そこから乗ってください。びわこ博物館行きに乗車し、びわこ博物館停留所で下車すればすぐです。約25分ほどの道のりなので、そこまで時間もかかりません。

車での行き方

車で訪れる場合だと、名神栗東ICで降りてから約30分ほど走ります。名神瀬田西IC、もしくは新名神草津田上ICからだと約35分ほどかかるでしょう。有料ですが駐車場があり、420台ほどが収容可能です。

住所|〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091
営業時間|9:30 am -17:00 pm
定休日|毎週月曜日、臨時休館あり
電話|077-568-4811
公式サイトはこちら

まとめ

琵琶湖に生息するさまざまな生き物を目の当たりにできるだけでなく、詳しく知れるコンテンツが満載なのも嬉しいポイント。意外すぎる生き物にも会えますし、琵琶湖観光に行く前に訪れると、琵琶湖の観光がより楽しめるようになるでしょう。館内では琵琶湖の魚を使った食事も楽しめるので、ぜひ訪れてみてくださいね。