岩湧山の一面すすき野原は黄金に輝く幻想的風景

トラベルパートナー: bee

私の出身地は大阪です。在職中は国内各地を仕事でまわりましたが、今は気のむくままに向かう小さな旅先で出会う風景写真を撮り楽しんでいます。新緑映える山尾根歩きや古人訪ねる歴史探訪の旅が気に入り面白いです。

見晴らすい山上さ広がるカヤト草原がらの展望は綿々続ぐ和泉山脈ど生駒金剛の絶景パラノマビュー

大阪の南部をぐるりと取り巻く近畿半島の山々。その中央に位置する岩湧山は、都会からのアクセスもよく、四季折々の草花や動物を楽しめるハイカーたちに大人気の山です。関西代表とも言われる縦走路ももつこの山、ハイカーたちを魅了するポイント一挙ご紹介します。

岩湧山の魅力とは

新日本百名山にも登録されている

岩湧山は、大阪府南部にある河内長野市を代表する標高897mの山。新日本百名山にも選ばれているとても人気のある山です。

秋になると山頂に広がる花すすきの穂が輝くように広がり、その様は新河内長野八景と登録されているほど。大阪にあるすすき野原が有名な、深山と双璧をなしています。

一面のすすきは必見

岩湧山の美しいすすき野原は、地元ではキトラと呼ばれています。古くから茅葺民家の屋根に使う茅の材料になっており、市指定文化財のすすき茅場としても利用されています。

現在、茅は主に滝畑ダム地区の茅葺民家の屋根履き替えで使用。茅刈りや、山焼きの時期である3月は、ハイカーたちが待ち望む山菜やわらびの収穫時期でもあります。

岩湧山心酔う風景

晩秋風になびく花すすきの穂波

茅は背丈が2m以上。登山道は両側にすすきが立ち並び、まるで茅のトンネルを潜るように登ります。

初夏にはすすき草原は緑豊かに生い茂り、まるでグリーンの絨毯のよう。この季節はハイカーたちが尾根歩きを楽しみにしているシーズンです。

秋になれば、山頂付近は風になびく金色の花すすきが輝く幻想的な風景に。春も秋も、どちらも違う装いの楽しみがあります。

初秋のカヤ草原に咲くハバヤマボクチ

ハバヤマボクチは、岩湧山草原に咲く見た目がハチの巣のようなキク科の花です。

枯れているのかぱっと見よくわからない花なのですが、秋にハバヤマボクチは花の盛りを迎えます。

この野草は花瓶に入れて眺めるような花ではなさそうですが、日当たりのいい場所によく咲くこの花。山で見つけたらぜひその花の形や佇まいを観察してみてください。

岩湧山に生息する花蝶たち

山頂草原に舞う蝶々

View this post on Instagram

恋する岩湧山#岩湧山

A post shared by nozillastyle (@yamanozilla) on

岩湧山の登山道では様々な花や可憐な蝶たちと出会うことができます。羽根に豹のような模様がある蝶々ツマグロヒョウモンもそのひとつ。雄は豹柄で、メスは羽根に黒い縁取りがあるカバマダラ風の柄。美しく舞う姿にうっとりします。春の時期になると、アザミの花の蜜を吸うツマグロヒョウモンの舞も必見です。

山寺に咲き広がる秋海棠(シュウカイドウ)

初秋時期のおすすめは、山の中腹付近にある岩湧寺沿いに咲く秋海棠。小粒の桃色の花で、その可愛らしい姿が人気です。

また、岩湧山の春は様々な種類の花がたくさん咲き乱れる至福の時期。カラフルな光景はまるで花の自然公園のようです。春時期のおすすめは、シャクナゲの花。淡いピンク色の花弁が実に可憐です。

見惚れる山頂風景

岩湧山雲海

早朝だけにみることのできる神々しい雲海。岩湧山山頂からみる雲海の下に槇尾山が横たわり、大変雄大な光景となります。

とても人気の雲海ビューは、高い山でも低い山でもどちらもやはり神秘的な自然の描く光景。湿度が高い場所で、低い位置にできる湧きガスの雲や霧が、このようなスペクタクルな情景を作り出しています。

山々尾根のダイヤモンドトレール

岩湧山の北東展望は縦走道となっており、二上山、岩橋山、葛城山と金剛山と続くダイアモンドトレールと呼ばれています。

このルートは関西代表となるほどに有名な縦走路で、ダイアモンドトレール略してダイトレと言われるほどハイカーの間では有名です。

この名前は、ダイアモンドの金剛石にちなんでつけられたことが由来。屯鶴峯から槇尾山まで総延長45kmのコースです。

岩湧山中腹の立寄りスポット

岩湧の森 四季彩館

岩湧山中腹にある「岩脇の森 四季彩館」は、動植物の写真や図鑑など自由に閲覧できる資料が豊富。ここは山に生息する昆虫やムササビなどの探索拠点にもなっています。

建物は国産の木を用いたウッドデッキ風の建築で、中に入ると木の香りで癒されます。トレッキングで疲れた体を、コーヒータイムでゆったり休められるのも格別です。

岩湧の森 岩湧寺多宝塔

岩湧の森は、山頂から約30分ほど下ったところにある標高500mほどの山原にあります。

そこに佇む岩湧寺の多宝塔。樹齢400年の巨杉に囲まれたこのお寺は、奈良時代の呪術者、役小角が開いたと言われています。お寺の周辺は落ち着いた雰囲気で、シャクナゲやヤマアジサイなど季節折々の花で彩られます。

住所|〒 586-0071 大阪府河内長野市加賀田3824
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0721-62-4000
公式サイトはこちら

岩湧山立寄りお薦め温泉食事処

天然温泉風の湯

View this post on Instagram

! 風の湯。 よかった(^-^) #岩湧山 #風の湯

A post shared by suzume (@sparrow9630) on

ハイキングで心地よく疲れた体を癒してくれる天然温泉風の湯は、岩湧の森から車で約15分ほどのところにあります。

露天風呂2つ、遠赤サウナと塩摺サウナ、スチームサウナの計3種類、様々な種類のお風呂とサウナが嬉しい温泉です。別料金ですが岩盤浴やボディケア、カットサロンもありリフレッシュできるおすすめの場所です。

レストランで腹ごしらえ

お風呂と同じ館内にあるレストラン風々亭。こちらのレストランのおすすめランチはリーズナブルな料金が嬉しい日替わりランチです。

温泉と食事がパックになった「つるかめセット」はコスパ抜群。両方楽しみたい人は、ぜひセットでの購入がおすすめです。風の湯横には、地元の農家さんたちが朝採りの新鮮な野菜を売っている四季彩市場も。

住所|〒586-0038 大阪府河内長野市上原西町15-1
営業時間|AM10:00-AM1:00
定休日|年中無休
電話|0721-52-1726
公式サイトはこちら

岩湧山へのアクセス

電車での行き方

岩湧山の登山口最寄り駅は南海高野線、紀見峠駅。紀見峠駅からは徒歩で向かいます。標高220m紀の見峠駅から標高897mの岩湧山まで標高差679mの上り坂です。

あるいは南海高野線、河内長野駅から日野・滝畑コミュニティバスで滝畑ダムバス停下車。徒歩3、4分で登山道があります。

車での行き方

岩湧の森駐車場はもっとも標高が高い登山口に近い無料の駐車場で、全6ヶ所あります。行楽の時期は、車が止められないほど混雑することがありますので避けたほうが賢明です。神納バス停から岩湧の森までは、ギリギリ車一台が通れるぐらいの細い道路なので、混雑時期の運転には気をつけましょう。

住所|〒586-0071 大阪府河内長野市加賀田3822-1
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0721-63-5986
公式サイトはこちら

まとめ

麓からも見える山頂のすすき野原がシンボルの岩湧山。季節ごとに違った楽しみのあるこの場所は、登山はもちろん、尾根歩きや、岩湧寺への散策など登山初心者でも十分に満足できます。一回だけでなく時期を変えて何度も遊びにいける最高のハイキングスポットです。