長居公園はプロの競技場だけでない。市民が汗を流せるスポーツ施設も充実

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Sugar

出身地は大阪。得意なエリアは関西。 歴史的建築物や美術館巡りが好き。観光地に一緒に行くのは主に家族や友達。 美術館には一人で行くことが多いです。 旅行前に頭に入れておくとよりそのスポットが好きになれるような情報を発信していければと思います。

とにかくいろんな施設がギュッと詰まっている公園なんやで!

長居公園は大阪南部に位置する一大レジャースポット。セレッソ大阪の本拠地であるヤンマースタジアムをはじめとする競技施設や1200種の植物が鑑賞できる長居植物園などの施設を備えています。長居公園の魅力を余すことなくご紹介します。

大阪を代表する総合公園

長居公園は65.7haの広大な敷地に、スポーツをはじめ自然にふれあえる施設などもある総合運動公園。スポーツができる施設として、2つの陸上競技場や球技場をはじめ、プールやトレーニング場、障害者スポーツセンターまであります。自然にふれあえる施設としては、およそ1000種類の植物を鑑賞できる植物園や自然史博物館をはじめ、郷土の森、緑の相談所などが揃います。

造成の計画自体は1928年にはありましたが、戦争に突入したため一旦白紙になりました。戦後の1959年に計画が実行に移されて完成にこぎつけました。

園内に隣り合うように建てられた2つの競技場

ヤンマースタジアム

長居公園の敷地内には2つの陸上競技場があります。その1つであるヤンマースタジアムは、セレッソ大阪のホームスタジアム。日本陸上競技連盟に第1種陸上競技場として認められた正式な競技場です。地上5階建てのスタジアム形式で作られており、50000人が同時に観戦することができます。地元大阪のサッカークラブである、セレッソ大阪のホームとして使われていることもあり、知名度は抜群。

ヤンマースタジアムの特徴は、スタンドの上部までせり出してくるカーブルーフ。2002年FIFAワールドカップの予選会場や、毎年大阪国際女子マラソンの会場などいろいろなスポーツの会場として使用されています。ほかにも、コンサートの会場として使用されることも。

また、スタジアムの中にはトレーニング設備のある屋内ジムの設備まであります。バーベルやダンベルからエアロバイクやクライマーなどまであり、プログラムの設定やスクールとしての利用できます。

住所|〒546-0034 大阪府大阪市東住吉区長居公園1-1
営業時間|不定
定休日|不定
電話|06-6691-2500 (スポーツ施設 管理事務所)
公式サイトはこちら

ヤンマーフィールド

ヤンマーフィールドはヤンマースタジアムと同じく、日本陸上競技連盟の第1種陸上競技場。フィールドには天然芝が敷き詰められており、400mのトラックには9レーンもあります。公認を受けているだけあって、電光表示盤や写真判定装置などの最新機材なども揃っています。15000人も座れるスタンド席も備えていながら、大会だけではなく一般の利用でも貸し切りができるんですよ。

住所|〒546-0034 大阪府大阪市東住吉区長居公園1-1
営業時間|不定
定休日|不定
電話|06-6691-2500 (スポーツ施設 管理事務所)
公式サイトはこちら

いろんなスポーツの会場となる長居球技場

長居球技場は、手入れの行き届いた天然芝を敷き詰めたフィールドを持つ競技施設。2万人が同時に観戦できるスタンド席を備えており、キンチョウスタジアムの愛称で親しまれています。この球技場はサッカーをはじめ、アメリカンフットボールやラグビーフットボールなどのスポーツの会場として使用されています。

住所|〒546-0034 大阪府大阪市東住吉区長居公園1-1
営業時間|不定
定休日|不定
電話|06-6691-2500 (スポーツ施設 管理事務所)
公式サイトはこちら

各種イベントが行われる自由広場

自由広場はオクトーバーフェストをはじめとする、グルメイベントの会場として使用されることが多いです。長居公園は大都市の大阪でも南の端っこにあるため、あまり混雑せずにグルメフェスを楽しめるでしょう。ほかにも、市民団体の開催するイベントやライブ、運動会など多目的に利用されています。

自由広場はイベントが開催されていなければ、誰でも自由に利用することができます。広場を囲むように桜が植栽されているので、春には花見をする人も。ソメイヨシノかと思ったら違う種類の桜だったり、桜に似た花を咲かせるアーモンドあったりして楽しめます。秋から冬にかけて花を咲かせる十月桜も植栽されているので、春以外の季節でも桜を鑑賞できます。

子供のための遊び場も充実

長居プールは市民プールとは思えない充実ぶり

大きな競技施設ばかりに注目が集まってしまいますが、子供を連れて遊びに出かけるには最適のスポットもあります。長居プールは著名建築家である黒川紀章氏が設計を担当したプール。大きいプールから小さいプールまで3つのプールと、さざなみビーチやスライダーなどのアトラクションもあります。屋内プール設備もあるので、季節を問わずプールに入ることができますよ。

屋内プールがあるといっても、気温が低くなるとプールは避けられがちになります。その対策として、長いプールにはボルダリングができるクライミングウォールを設置しています。入会申し込みなどの手続きは不要なので、誰でも挑戦できるんですよ。

水遊びに最適な郷土の森

郷土の森はいろんな地域の植物が8600本も植栽されているエリア。植栽したのは集団就職によって地方から大阪に出てきた若者たちで、自分たちの出身地の植物を植えています。森の近くには小川も流れており、夏には水遊びをする子供たちもいます。

市民のランスポット長居公園

本格的なランニングコース

長居公園には一般から上級者、マラソン大会にも使えるランニングコースも設置されています。利用者のことを考え、15周走ればフルマラソンと同じ距離になるよう設計。もちろん、ランニングだけではなくジョギングやウォーキングのコースとしても最適です。時間を気にすることなくいつでも利用することができますよ。

 

自然と考古学の勉強ができる長居パークセンター

長居植物園は緑のオアシス

長居植物園は、24.2haの敷地面積におよそ1200種の植物を有する植物園。ツバキやハナミズキ、バラ、アジサイ、ハーブなど11種の専門園や580平方メートルの大花壇などで構成されています。これまでに、大阪に根を張った植物たちの変遷を学んだり、見頃の花々を楽しむ施設として活用されています。

巨大なクジラが出迎えてくれる自然史博物館

自然史博物館は、恐竜の化石やクジラの骨の標本などの貴重な物を所蔵する博物館。身近な自然や生き物のくらしなど自然を中心とした展示から、地球と生命の歴史や生命の進化など生き物にスポットを当てた展示などが常設されています。

気軽に相談できる花と緑と自然の情報センター

花と緑と自然の情報センターは、大阪の自然や都市緑化についての発表や園芸の意見交換を目的に作られた施設。利用者は所蔵されている映像や書物、コンピューターを用いて植物に関する情報を収集できます。ガーデニングの方法など専門的知識を必要とする事柄については、専門員から直接指導してもらえます。

住所|〒546-0034 大阪府大阪市東住吉区長居公園1-23
営業時間|9:30~16:30 入園は16:00まで
定休日|月曜日(休日の場合、翌日)、年末年始(12/28~1/4
電話|06-6696-7117
公式サイトはこちら

長居公園へのアクセス

電車での行き方

各路線の下車駅、駅からの所要時間は以下のとおりです。

  • 地下鉄御堂筋線を利用すれば、長居駅で下車して1番出口より徒歩7分
  • JR阪和線を利用して鶴ヶ丘駅で下車すれば、東出口より徒歩5分
  • JR阪和線を利用して長居駅で下車すれば、東出口より徒歩8分

車での行き方

大阪北部からの場合は、阪神高速14号松原線 駒川を降り、南港通を西へ進みます。西田辺交差点を南へ進み、長居公園西口交差点を左に曲がれば到着。大阪南部からの場合は、阪神高速14号松原線 文の里を降り、あびこ筋を南へ進んで長居公園西口交差点を左に曲がれば到着します。

駐車場は中央駐車場と南駐車場、地下駐車場の3ヶ所整備されているので、目的に合わせてご利用ください。南駐車場を利用するときは、長居公園西口交差点を曲がらずそのまま進んで、長居交差点を東に行けば到着します。

住所|〒546-0034 大阪府大阪市東住吉区長居公園1-2
営業時間|施設により異なる
定休日|施設により異なる
電話|06-6694-9007
公式サイトはこちら

まとめ

長居公園は65.7haの広大な敷地に、スポーツだけではなく自然に接することができる施設も兼ね備える総合運動公園。園内の施設は陸上競技場や球技場をはじめとする運動施設や、植物園や自然史博物館などの学習施設があります。ランナーのために整備されたランニングコースも利用者が絶えません。ぜひ足を運んで汗を流してみてはいかがですか。