目黒天空庭園はまるで空中に浮かんでいるような異空間

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: naolalala

東京出身。旅行に行くのなら絶対海外派。最近はアメリカやオーストラリアの国立公園の魅力にはまってしまって、旅行先にはなるべく自然の多いところにしています。週末はぶらぶらお散歩が好きなので、近場を歩きながら気になったモチーフなどを写真におさめます。美味しいスポットも絶対おさえます。

池尻ジャンクションにまさかこんなところがあるだなんて!目黒天空庭園からなら高速を見下ろせる

高速のジャンクションの屋上につくられた目黒天空庭園をご存知ですか。桜やツツジ、紅葉など四季の移ろいを感じられる庭園で、ランチタイムには子供連れやサラリーマンなどが集う癒しの空間なんです。今回はその魅力をご紹介していきます。

目黒天空庭園とは

ジャンクションの上に造園された緑化公園は都内でも大変珍しい公園。ドーナツ型の形状とゆるやかな坂道は独特の形状で散策を楽しむにはぴったりです。

高速のジャンクションの上にある庭園

東京都目黒区大橋にある目黒天空庭園は、ジャンクションの屋上につくられた珍しい公園です。首都高速道路の渋谷線と中央環状線を結ぶ大橋ジャンクションの屋上を緑地化するため2013年に造園されたこの庭園。2013年には、優れたデザイン性とコンセプトからグッドデザイン賞や都市公園コンクールでの国土交通大臣賞を受賞しました。

ドーナツ型のユニークな公園

ジャンクションの上にある庭園のため、ドーナツのような楕円形が特徴的です。ジャンクションに沿って同様の傾斜があるのもユニークで、高さ11mから35mで平均6%の勾配があるゆるやかな坂道となっています。一番高い位置は隣接するマンションの9階ほど。

環境対策でつくられた

首都高速道路の渋谷線と中央環状線には70mの高低差があり、これらをゆるやかに結ぶために2回転のループ状にして建設されたジャンクション。建設時に屋上や壁面の緑化事業として、この目黒天空庭園が計画されました。

環境保全のために、住民、東京都、首都高速道路、目黒区の4者による協働によって進められたまち・みち再開発一体化プロジェクトとして進められた事業です。

高速道路を見下ろす庭園

ジャンクションの上にいることを実感

最も高い部分ではビル9階に相当する高さで、首都高速道路を見下ろす事ができます。そのユニークな形状から、外に見える光景はまるで空中にふわふわ浮かんでいるかのような錯覚を覚えるでしょう。天気がよければ遠くに富士山を望む事もでき、夏になると多摩川の花火大会も楽しめます。

四季折々の自然が広がる庭園

庭園にはふかふかの芝生をベースに緑の空間が広がっており、およそ30種類の樹木や花々によって季節の移ろいを感じる事ができます。敷地は7000平方メートルとそこまで広くはありませんが、真ん中が空洞のドーナツ状になっているため歩いてみると距離を感じます。

ところどころにベンチがあって休憩できる

コンパクトサイズの天空庭園のなかには、ところどころにベンチが設置されています。芝生広場内での飲食は禁止されていますが、ベンチではOK。ランチタイムになると、ベンチでお弁当を広げるサラリーマンやピクニックをしている親子の姿を見かけることもあります。ビルの1階にはスーパーマーケットのLIFEが入っているので、そこで食べ物を購入するのもいいでしょう。

管理棟で庭園の見どころを知ろう

ぜひ立ち寄ってほしい管理棟

空中庭園に行く前には管理棟へ立ち寄るのがおすすめです。アプローチを進んでいった先にある小さな建物が目黒天空庭園の管理棟で、そこには公園ができるまでのプロセスが分かる展示がされています。狭いスペースで壁にかかっている展示を読む程度のものですが、ぜひのぞいてみてください。

花カレンダーでチェックしよう

管理棟には花カレンダーというリーフレットが置いてあり、いつの時期にどんな花が咲くのかを知る事ができます。訪れた際にはどの花がいま見頃なのかチェックしてみるといいかもしれません。

春に見られる梅や桜はもちろん、初夏にかけてはツツジやハマナスの花が咲き誇り、華やかで明るい雰囲気です。秋には紅葉を楽しむ事もできるます。

目黒天空庭園をのんびり散策

一番高いところにある東口広場

隣接するビルの9階から天空庭園に入ると最初に目に入るのがこちらの東口広場です。ここが一番高い部分なので、天気がよければ展望台デッキからは富士山を望む事もできます。広場にはアカマツなどが植えられており、落ち着いた和の印象が漂うエリアになっています。この広場からゆるやかな傾斜を下って庭園を一周するのがおすすめです。

四季の庭

四季の庭は四季折々の植物が鑑賞できる広場で、花の香りが漂うようにと北から南に向かって段々になった花畑が広がります。年間通して自然が楽しめるエリアですが、とくに初夏にかけては色とりどりの花々が咲き誇って美しい景色です。

くつろぎの広場

東屋周辺にある伝統的な日本庭園の植栽も美しい見どころのひとつ。つづら折りになった道にはさまざまな植物が植えられており、信楽焼きの大鉢に植えられたクロマツの木も風格ある佇まいです。

人気の区立図書館で本を借りてみよう

庭園からつながっている図書館

天空庭園の一番高いところはビルの9階へとつながっており、そこには目黒区立の施設のひとつである大橋図書館が入っています。大橋図書館は比較的小さな図書館ですが、アクセスの良さと利便性から平日でも混雑していることが多いです。天気のいい日は図書館で本を借りて天空庭園で読書するのもおすすめ。

目黒区の歴史について学べる

大橋図書館には目黒区に関する書籍や文献も数多く貸出されており、目黒区の歴史や大橋の歴史について理解を深める事もできます。ふだん身近な目黒の街について新な発見ができるいい機会なので、ぜひこちらも手にとってみてください。大橋図書館ではCDも貸し出しています。

目黒天空庭園へのアクセス

電車での行き方

電車で行く場合、東急田園都市線の池尻大橋駅が最寄り駅になります。駅を出て東側に5分ほど歩くと、大きなジャンクションが見えてきます。東急東横線の中目黒駅から向かう場合は、目黒川沿いを35分ほど歩くと到着です。

バスでの行き方

渋谷駅からバスを利用する場合、大橋停留所で下車し徒歩2分ほどで到着します。渋05・渋11・渋12・渋21・渋22・渋23・渋24など渋谷駅から国道246号線沿いに走るバスはほぼ停車します。ジャンクションを目指して行くとすぐに到着です。

住所|〒153-0044 東京都目黒区大橋1丁目9−2
営業時間|AM7:00-PM9:00
定休日|なし
電話|03-3464-1612
公式サイトはこちら

まとめ

四季の移ろいを感じられる目黒天空庭園は、首都高速道路を見下ろす事ができ、まるで空中にふわふわ浮いているかのような錯覚を覚えます。桜や紅葉が楽しめるほか、天気がよければ富士山を望む事もでき、夏の多摩川の花火大会も見る事ができます。ぜひ一度、足を運んでみてください。