西武園ゆうえんちは0歳児から楽しめるレジャースポット

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

あよ~昼間はアトラクションを満喫&夜はイルミネーションが堪能できるよ

埼玉県所沢市にある西武ゆうえんちは、0歳の子どもから楽しめる乗り物が用意されているレジャーランド。体験型のアトラクションがあり、ファミリーや恋人同士と幅広い世代に人気の遊園地です。自然に囲まれていることから、どこか素朴な雰囲気も漂います。そんな西武ゆうえんちを紹介します。

自然豊かな場所に位置する

子供に人気のレジャーランド

埼玉県所沢市にある西武ゆうえんちは、狭山湖や多摩湖からも近い自然豊かなロケーションにあるレジャーランド。0歳児から参加できるアトラクションなど、20種類以上の乗り物が楽しめます。小さな子どもを連れて行くのにおすすめの遊園地です。

体が動かせるスポットも充実

7月初旬から9月初旬まで営業される、西武ゆうえんちのプール。流れるプールや波のプール、ウォータースライダーなど、泳ぐだけでなくアトラクションも豊富です。小さな子ども用には円形子供プールもあります。7月中旬からはナイトプールが開催。営業時間が通常の17時までから20時に伸び、光るスライダーや限定の花火大会も開催されます。また、氷のいらないスケートリンクがあり、オールシーズンアクティブに楽しむことができます。

光輝くホワイトランタジア

https://www.instagram.com/p/Bt2Sa5ZFYZr/

埼玉県最大級のイルミネーションは、11月から3月の初旬にかけて行われる西武ゆうえんちの冬の目玉イベントです。新たに始まったホワイトランタジアは、雪と氷の世界をテーマとしたもの。約200個の造形が並ぶ光の祭典のメインは、最大4メートルのランタンです。

子供から大人まで楽しめる西武園ゆうえんち

アトラクションも豊富

子どもをメインにしたアトラクションがあるところが、西武ゆうえんちの特徴。ミニ遊具やふわふわ、女の子にはサンリオエリアなど幼児対象のエリアが広く、子どものコースターデビューにはおすすめの遊園地です。デートであれば、ナイトパスがいいでしょう。オクトパスやバイキング、メリーゴーランドなど限定アトラクションが乗り放題です。

動きの激しい絶叫アトラクション

ゴンドラが上下しながら回転と旋回を繰り返す、真ん中のタコがモチーフになったアトラクション、オクトパス。タコの足がぐるぐる回り、小さな子どもも喜びます。身長100センチ以上から乗車可能で、120センチ未満の子どもは中学生以上の同乗が条件です。

レインボー色が幻想的なメリーゴーランド

https://www.instagram.com/p/BrrePF9FZI3/

通常の天井からではなく床から動物たちを支えているため、子どもたちは本当の動物に乗っているような錯覚をするメリーゴーランド。2歳の子どもから乗ることができます。回っている間はレインボー色となり、よりファンタジーの世界観を作り出しています。馬車のみ、0歳の子どもを抱っこしての乗車が可能です。

西武園ゆうえんちの上空から景色を眺める

遊園地全体が見渡せるジャイロタワー

https://www.instagram.com/p/Bg5am2Fg9Wx/

首都圏から近いにもかかわらず、自然に囲まれている西武ゆうえんちだからこそ高所からの景色を楽しめます。遊園地全体や多摩湖を見下ろすことができるジャイロタワー。地上80メートルまで回転しながら上昇し、約5分間展望を楽しめます。晴れていれば、遠くにスカイツリーや富士山を望むことも可能です。抱っこをしての乗車であれば、0歳児から乗ることができます。

西武園ゆうえんちのシンボル大観覧車

カラフルなゴンドラに乗り1周約20分、最高地点62mの空中散歩が楽しめる大観覧車。限定2台の透明ゴンドラは、高所恐怖症の人には、少し怖いかもしれません。カップルなら、夏は花火、冬はイルミネーションのときを狙って乗るのがおすすめです。

夜空を彩る花火と冬のイルミネーション

立体造形が美しい新たな光の祭典

https://www.instagram.com/p/Bsj09GXlrxR/

毎年行われていたイルミージュをさらにスケールアップさせた冬の光の祭典。このイベント時期には花火も打ちあがります。光の祭典ホワイトランタジアは、11月初旬から翌年3月初旬まで開催される冬の祭典。どれをとっても目をひく、立体造形が美しく夜の遊園地に映えます。それぞれテーマをもった8つのエリアは、どれも写真に残したいものばかりです。

盛大に盛り上がる花火

https://www.instagram.com/p/BtvNCHOFOet/

冬のイベントをサポートする花火。澄んだ空に咲かせる大輪は、夏と違う美しさを感じさせます。イルミネーションを引き立て、イベントを盛り上げるには欠かせない存在です。そんな花火は夏こそ主役。夏の夜空に打ちあがる花火大会が、土日に開催されます。

変り種メニューも満載のフードコーナー

インスタ映えするアトラクションメニュー

https://www.instagram.com/p/BsKiUkvHffe/

お子様メニューが充実したレストランでは、アトラクションを見チーフにしたメニューが豊富。大きな窓から園内が見える、開放的なレストランモンヴェール。ハンバーグやカレー、パスタなどが提供されています。写真のオクトパスライスやバイキングバーグなど、アトラクションをモチーフにしたオリジナルメニューも充実。子ども用のチェア、食器もそろっています。

住所|〒359-1145 埼玉県所沢市山口2964
営業時間|営業時間は公式サイトを要確認 
定休日|公式ページを要確認
電話|04-2922-1371
公式サイトはこちら

遊園地で楽しむバーベキューは雨でも安心

https://www.instagram.com/p/Bg-QcO7HNPk/

北海道出身の前園長こだわりの味付きジンギスカンを、バーベキュー形式で味わえるジンギ好きン。すべて屋根付きの200席で雨でも安心。癖のない低脂肪で高たんぱくなお肉は、小さな子どもはもちろん女性にも人気です。

住所|〒359-1145 埼玉県所沢市山口2964
営業時間|営業時間は公式サイトを要確認 
定休日|西武園ゆうえんち休園日と同日
電話|04-2922-1371
公式サイトはこちら

フィッシングランドで釣りを楽しむ

View this post on Instagram

【西武園 フィッシングランド】  お昼過ぎから4時までコース?  あまり調子が良くなく27匹で終了?    そもそも今日は、10セルテートがあまりに調子悪いので、SLPワークスに修理出したら3日で戻ってきたのでお試し!という会なのでまぁいいでしょう?  巻き感が恐ろしく良くなってていい感じ?  個体差あるけど買った時からドラグはあまり良くないので、いい加減どうにかしよう…..     #釣り #ニジマス釣り #トラウトフィッシング #エリアトラウト #ルアーフィッシング #ニジマス #ルアー #管理釣り場 #ロデオクラフト #daiwa #ダイワ #グローブライド #slpworks #zpi #西武園ゆうえんち #西武園フィッシングランド #アウトドア

A post shared by たけちゃん (@takechandayoo) on

流れるプールがフィッシングランドに変身するのは、10月上旬から5月上旬。エサ釣り、ルアー釣りどちらも可能です。川のように流れていることから、本格的な釣り気分が満喫できます。子どもとママは遊園地、パパは釣りという楽しみ方もありです。さおをレンタルすることもできます。

西武園ゆうえんちへのアクセス

電車での行き方

西武新宿線から西武多摩湖線に乗り換えて、西武遊園地駅下車。シーズンによっては、西武新宿駅から西武遊園地までの直通臨時電車の運行もあるので確認してください。西武池袋線池袋駅から西武球場前駅で山口線(レオライナー)に乗り換え、遊園地西駅か西武遊園地駅で下車。西武遊園地駅、遊園地西駅どちらでも駅の目の前です。

車での行き方

関越自動車道所沢ICから約30分。圏央道入間ICから約20分です。遊園地西口、中央口、東口にそれぞれ有料駐車所がありますよ。

住所|〒359-1145 埼玉県所沢市山口2964
営業時間|営業時間は公式サイトを要確認 
定休日|水木不定休(8月無休、12月無休)
電話|04-2922-1371
公式サイトはこちら

まとめ

西武線沿線に住んでいる人であれば、気軽に行けるレジャースポット。とくにまだ子供が小さいファミリーであれば、おすすめの遊園地です。エスカレートする絶叫マシーンのそろった遊園地と一線を画すアトラクションは、子どもでも楽しめるものばかり。ひらがなで「ゆうえんち」となっているのは、そんなメッセージが込められているようです。