大きなジンベイザメに会いに海遊館へ。ジンベイソフトでちょっと休憩

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

めっちゃ大きいしほんまびっくりすんで~!

今や大阪を代表する人気スポットの一つとなった海遊館巨大なジンベイザメに会える水族館として知られ、日本全国から観光客が足を運んでいます。カラフルな熱帯魚や可愛らしいアザラシなど、さまざまな海の生き物を間近で見られるのは魅力的。ここでは、海遊館の魅力や会える海の生き物、アクセスの方法などについて情報を発信します。

海遊館の魅力をご紹介

ジンベイザメがいる巨大な水槽が自慢の水族館

海遊館の巨大水槽は館内中央に位置する目玉。太平洋を再現した巨大水槽で、ほかの水族館では見ることのない魅力ある展示方法です。大きなジンベイザメを一目見ようと全国各地から人が訪れていますし、国内だけでなく海外からも足を運ぶ人がいるくらいの人気ぶり。学校の遠足や修学旅行の定番にもなり、大阪観光ツアーのスポットとしても大人気です。

訪れた人誰もが楽しめる魅力的な水族館

館内は緩やかで長いスロープになっているため、車いすでも移動しやすいのも魅力的。親子三世代で楽しむこともできるでしょう。また、館内は階段が少ないので、小さなお子さんの水族館デビューにもピッタリ。ベビーカーは預けられるので、抱っこ紐で回ったほうが楽しめますよ。所要時間は約2時間です。

海遊館の中を覗いてみよう

まずは日本の森エリアで可愛いコツメカワウソを探そう

海遊館に入って海のトンネルを抜けたら、そこには森のような景色が広がっています。日本の森を再現したエリアには国内各地に生息する生き物を展示しており、特に高い人気なのがコツメカワウソ。いつも水槽前にたくさんの人がいるほどの人気ぶりです。コツメカワウソのエサやりタイムには可愛くご飯を食べる姿も見られますよ。

グレートバリアリーフエリアではカラフルな熱帯魚がたくさん

カラフルな熱帯魚が泳ぎ回るエリアも必見。ここはオーストラリアのグレートバリアリーフを再現しています。一つ一つの水槽に工夫をしており、楽しめる演出にこだわっているのがポイント。女性が子供が喜ぶ可愛いく小さな生き物が充実したエリアです。

海遊館のメインである巨大水槽へ

いよいよ太平洋エリアへ到着

館内中央に位置する巨大水槽は、360度さまざまな方向から見られるようになっています。ジンベイザメが優雅に泳ぐ姿、エイやシュモクザメといった生き物も見られます。ジンベイザメのお腹にまとわりつく小魚も可愛いですよ。太平洋をコンパクトに凝縮したような、見ごたえある水槽。ジンベイザメをすぐ間近で見ることも可能です。

新体感エリアが楽しいと話題に

キュートなワモンアザラシが近くで見れる

ワモンアザラシは海遊館の人気者。北極の様子を再現しており、本物の雪や氷を使っているため臨場感も抜群です。同じエリア内にいるイワトビペンギンの声なども聞こえますよ。1日2回のエサやりタイムは混雑するので、早めに場所を確保しましょう。立ち止まってのんびり眺める人が多いエリアなので、じっくり観察してください。

海月銀河はリニューアルしてさらに魅力的に

宇宙をイメージしたエリアで、照明を落として落ち着いた雰囲気の空間です。ライトアップされたクラゲがゆらゆらと漂う姿に、思わず目が釘付けになってしまうでしょう。さまざまな形や大きさのクラゲを観られ、とても神秘的な空間となっています。非日常を感じたい方にピッタリ。

ミュージアムショップでお土産を探そう

お土産ショップは2つあります。新体感エリアの近くにあるミュージアムでは、海遊館に入館した人しか買えない限定グッズが充実。ショップ前のガチャガチャもついコンプリートしたくなる魅力があります。カップルで訪れた方はぜひペアのグッズを買ってみましょう。夕方は混雑しやすいので早めに訪れるのがおすすめ。

ドリンクスタンドSEASAWでちょっと休憩

ジンベイパンは食べるのがもったいない

View this post on Instagram

#海遊館 #ダイバー夫婦 #日本一好きな水族館 #ジンベイザメ #ジンベイザメパン #ジンベイパン #人間以外に友達ができるなんて #ゴマあざらし使い #ゴマアザラシ可愛すぎ #魔法使いaya #ゴマアザラシを手なずける #どっちがあそばれてるのか #湯船につかるアザラシ #アザラシが好きになった #20181130 #大阪旅 #結婚一周年旅 #ジンベイザメの前でプロポーズされた さまざまな荒波、試練を全力投球で乗り越えて、全力で遊ぶ旅に出ています。 今のところ日本一大好きな水族館! 海遊館にきました。 大好きなジンベイザメ、マンタをみれて、ボーっとできるベンチもあり最高! リニューアルしたジンベイザメパンは毒々しい色でしたがおいしかった。 そして、荒波や試練を乗り越えた私は、新たな魔法?を手にいれたみたいです。 ゴマアザラシを操る魔法使いになったみたいです! ケラケラヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノケラケラ ずーとやっても逃げないし、ずーとそばにいて遊びました! かなり注目をあつめ人だかりができました 。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!バリウケる! 楽しい旅は続く…

A post shared by starbucks.latte.aya.m (@starbucks.latte.aya) on

テイクアウト専門で、2階エントランスの近くにあります。ジンベイザメをモチーフにした可愛いメロンパンが人気。ジンベイパンは2種類ありますよ。このミルククリーム味のジンベイパンはここでしか食べられない限定のパン。もう一つのカスタードクリームのパンはカフェマーメイド限定です。大きなパンで小さな子供の顔ほどの大きさがあります。

ジンベイソフトを食べてみよう

イチオシメニューの一つがこのジンベイソフトラムネ味の青いクリームのソフトで、販売当初は大きな話題になりました。こちらもカフェマーメイドで購入可能。ほかにも海の生き物をモチーフにしたメニューがそろっているので、ぜひ立ち寄ってほしいですね。海遊館に入らなくても買えますし、気軽に休憩できるスポット。

海遊館のイルミネーションを見に行こう

イルミネーションは毎年大人気

今ではすっかり大阪におけるメジャーなイルミネーションスポットに。イルミネーション開催期間が長いため、比較的混雑しにくくのんびり眺められるのが魅力的です。クリスマス時期はもっとも混雑しやすいので、カップルで訪れるときは注意が必要。デートスポットとしてもおすすめです。

ジンベイザメはイルミネーションのシンボル的存在

海遊館のシンボルでもあるジンベイザメが、イルミネーションでも一番目立っています。ライトアップされてキラキラと輝くジンベイザメの姿が印象的ですね。さまざまな光の変化を楽しめ、プロジェクションマッピングのようなイルミネーションが見られます。大きいジンベイザメのイルミネーションは遠くからでも確認できるほど。

海遊館の海の生き物たちもライトアップ

海遊館にいる生き物をモチーフとしたイルミネーションも充実。可愛い生き物のライトアップはここならではの魅力です。家族連れも多いので、子供を連れて訪れるのもよいでしょう。イルミネーションを見たあとは、17時から始まる夜の水族館、隣の天保山マーケットプレイスでのグルメがおすすめ。

海遊館へのアクセス

車でのアクセス

阪神高速湾岸線大阪港線の天保山出口で降りればすぐです。屋内型駐車場には1300台が収容可能となっているため安心。海遊館から直結している駐車場なので、悪天候の日でも訪れやすいのは魅力的ですね。

電車でのアクセス

公共交通機関を利用する場合だと、大阪メトロ線大阪港駅が最寄りとなります。駅から徒歩約5分なので、十分歩ける距離。のんびり歩きながら現地に向かいましょう。

住所|〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1丁目1−10
営業時間|AM10:00-PM20:00
定休日|不定休
電話|06-6576-5501
公式サイトはこちら

まとめ

さまざまな海の生き物に会えますし、迫力あるジンベイザメを間近で見られるのも海遊館ならではの魅力。美しいイルミネーションも楽しめますし、ここでしか手に入らない限定グッズも充実しています。大阪観光で立ち寄るのもよいですし、カップルでデートのついでに足を運ぶのもよいでしょう。