屋島は源平合戦の舞台となったスポット。高台からの眺めで心がすっとする

公開日:2019/2/8 更新日:2019/11/27

トラベルパートナー:トラベルパートナー: kana
徳島県出身。徳島県を中心に、四国と住んだことがある大阪府、愛知県の記事を書いています。旅行は夫か母、友人などとの二人旅がメインです。神社仏閣や歴史が好きなので、そのスポットにまつわる豆知識をふまえて見どころをご紹介します。
高松からもアクセス便利、一日遊べる屋島へおいでまい!

うどん県として有名な香川県。その香川の県庁所在地が高松市です。いくつもの観光名所を有する高松の中でも特に人気なのが屋島。かつて源平合戦の舞台ともなった場所で、歴史ロマンの感じられるスポットとしても人気があります。展望台からは瀬戸内海や高松の市内を一望できますし、夕焼けや夜景もキレイ。ここでは、高松屈指の観光スポット屋島の魅力を余すことなくお伝えしましょう。

高松の人気観光スポット 屋島

高松市にある屋島は、中心市街地から車で約20分ほどの場所にあります。標高約290メートルの山で、屋島ドライブウェイを通って山上まで行くことが可能。ちょっとしたワインディング走行感覚でドライブできるのも魅力の一つと言えるでしょう。車でドライブしながら向かうのもいいですが、最近ではロードバイクなど自転車で登る方も少なくありません。サイクリングスポットとしても人気になっています。

いろんなスポットがあって楽しい

屋島の山頂は見どころや楽しめるところが盛りだくさん。四国八十八か所霊場の第84番札所屋島寺をはじめ、新屋島水族館や展望台などもあります。ふもとにはこの地に古くから鎮座する屋島神社があり、古民家を集めた四国村も人気のスポット。さまざまな観光スポットが集積しているのが屋島周辺なのです。一人旅はもちろん、家族旅行やカップルでのデートにもおすすめ。

屋島の神社仏閣をめぐる

屋島とその周辺には寺社仏閣がいくつも建立されています。歴史ある建物も多いので、ぜひ足を運んでみましょう。

屋島寺

四国八十八か所霊場第84番札所となる屋島寺は、屋島におけるもっとも人気のスポット。お遍路さんだけでなく観光客の姿もたくさん目にします。鎌倉時代に造られたと伝わる本堂は厳かな雰囲気が漂い、神聖な空気も感じられるでしょう。源氏に滅ぼされた平家の鎮魂目的に建てられた鐘楼、広い境内など見どころがたくさん。じっくり拝観してみましょう。

狸の神さま 蓑山大明神

屋島寺の本堂の隣には蓑山大明神が鎮座。ジブリアニメ「平成狸合戦ぽんぽこ」に四国の狸の長として登場した太三郎狸が祀られています。伏見稲荷神社の千本鳥居を彷彿とさせる朱色の鳥居と、巨大な狸像とのインパクトは抜群。写真撮影の人気スポットでもあるので、ぜひ撮影しておきましょう。鳥居の奥にもたくさんの狸像があり子供にも大人気。

Address 〒761-0111 香川県高松市屋島東町1808
Hours 7:00-17:00(納経所受付時間)
Closed なし
Tel 087-841-9418
Web http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/84yashimaji/

家康公を祀る屋島神社

屋島ドライブウェイの手前に鎮座する屋島神社。讃岐東照宮とも呼ばれる神社で、徳川家康を祭神としています。なお、初代高松藩主の松平頼重公は徳川家康の孫。屋島神社でも御朱印をいただけるので、集めている方は社務所でいただきましょう。ただ、無人になっていることが多いため、事前に電話連絡などで確認しておいたほうがよいです。

Address 〒761-0112  香川県高松市屋島中町140
Hours なし
Closed なし
Tel 087-841-9475
Web http://www.kagawakenjinjacho.or.jp/shrine/worksDetail.php?tbukkeninfoid=2

源平合戦の歴史にふれる

源氏と平氏が激しく戦火を交えた場所でもある屋島。源頼朝の弟であり、牛若丸として知られる源義経が平家を打ち破った場所としても知られていますね。那須与一が矢で見事に扇の的を射抜いたというエピソードも屋島が舞台。源平合戦の歴史に触れられる屋島は、歴史ファンにとって堪らないスポットでしょう。パンフレットや案内板にも、源平合戦ゆかりの地の情報が記載されています。

血の池

屋島の山上にある血の池は、もともと瑠璃宝池と呼ばれていました。源平合戦のおりに、源氏の兵たちが刀や槍についた血を洗ったことに由来しているのだとか。怖い名前の池ですが、見た目は普通の池ですし秋には紅葉が水面に映り美しい景色を見せてくれます。駐車場から屋島寺に向かう途中にありますが、参道から少し離れているため見落としてしまうことも。注意してください。

源平合戦慰霊碑

源平合戦で命を落とした兵士たちを鎮魂するための慰霊碑が山上にあります。屏風型の慰霊碑には源平合戦の様子も描かれており、かなりの見ごたえ。屋島寺から展望台に向かう途中のルートにあるので、興味がある方は立ち寄ってみましょう。広場の奥にあるため気づきにくいので注意してください。



屋島名物 かわら投げ

屋島名物として知られる瓦投げは、源平合戦に由来するものです。平家を打ち破った源氏の兵が、喜びで陣笠などを投げて勝どきをあげたのが起源だと言われています。開運や厄除けのご利益があると言われ、願いを込めながら投げると願いが叶うのだとか。展望台から見える輪の中に瓦を通すことができれば願いが叶うとも言われていますが難易度は高め。ぜひトライしてみましょう。

絶景の展望台から瀬戸内海をながめる

展望台からは高松の市街地や瀬戸内海が一望できます。展望台はいくつかあり、それぞれで見える景色が異なるのも魅力的。晴れている日だと対岸の岡山県も見えますし、瀬戸大橋を望むこともできます。夕焼けや夜景もキレイなのでおすすめ。

ファミリーにおすすめ。新屋島水族館

屋島山上にある新屋島水族館は、規模こそ小さいものの130種類以上の海の生き物を飼育しています。山の上にあるというだけで珍しいので、屋島を訪れた際にはぜひ立ち寄ってみましょう。中四国地方における水族館としてはトップクラスの人気を誇り、リピーターも多数。

お客さんを楽しませる工夫がいっぱい

小さい水族館ですが、屋外プールではアザラシやイルカの姿も見られますし、迫力あるイルカショーも。お客さんを楽しませるための工夫を随所に凝らしていますし、都会の有名な大型水族館とはまた違った魅力が感じられます。ゼニガタアザラシのおやつタイムには可愛いコスプレ姿も披露してくれますよ。屋島寺にちなんだお遍路さん、鏡餅を頭に乗せたコスプレなどユーモア満点。

Address 〒761-0111 香川県高松市屋島東町1785-1
Hours 9:00-17:00
Closed なし
Tel 087-841-2678
Web http://www.new-yashima-aq.com/newYAQ/home/home.html

タイムスリップできる四国村

古民家をたくさん集めた四国村は屋島のふもとにあります。伝統的な昔の家や竹林などがあり、まるでタイムスリップしたような気分を味わえるでしょう。敷地もかなり広いので散策にもおすすめ。季節に合わせて風鈴や鯉のぼりを飾り付けたりと、いつ行っても楽しめる工夫がされています。

ミニかずら橋にチャレンジ

祖谷のかずら橋を再現した小さなサイズのかずら橋があります。本物のかずら橋にはなかなか行けなくても、四国村のかずら橋なら気軽に渡れるのでおすすめ。人気スポットなのでぜひ訪れてほしいですね。本物より小さなサイズですが、揺れる怖さは完全に再現されています。そのため、怖がりな人はやめておいたほうがよいでしょう。水面も近いので本物より怖い可能性があります。

Address 〒761-0112  香川県高松市屋島中町91
Hours 8:30-18:00(季節で変動あり)
Closed なし
Tel 087-843-3111
Web http://www.shikokumura.or.jp/

屋島へのアクセス

車でのアクセス

車で訪れる場合だと、高松中央インターで降りて車で20分ほど走れば屋島に到着します。高松の中心部から行く場合だと、国道11号線を徳島方面に進んでいけば屋島への案内標識を見つけられるでしょう。標識を見ながら行けば簡単です。

公共交通機関でのアクセス

電車でのアクセスだとJR高松駅で乗車し、屋島駅で下車してください。路面電車の利用なら琴電屋島駅で下車します。駅からはそれぞれ屋島行のシャトルバスが運行されているので、こちらを利用しましょう。屋島山上と四国村の二か所にバス停があります。

Address 香川県高松市屋島山上
Hours 施設により異なる
Closed 施設により異なる
Tel 087-841-9443(屋島山上観光協会)
Web http://www.yashima-navi.jp/

まとめ

源平合戦の舞台にもなった屋島は随所に歴史ロマンを感じられます。歴史好きな方にはぜひ訪れてほしいですね。展望台からの眺めもいいですし、水族館や神社など人気のスポットもたくさんあります。山上には食事ができるお店もあるのでお腹が空いたときも安心ですよ。香川に訪れた際には屋島にも足を向けてみましょう。