アクセスが良好な上野動物園。パンダ狙いなら平日がおすすめ

公開日:2019/2/14 更新日:2019/5/12

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Misa
出身地は神奈川。得意なエリアは、東京を中心とした関東圏。 生き物が好きで、主に動物園や水族館の紹介を得意としています。博物館や美術館巡りも趣味のひとつ。もっぱら電車で一人旅ですが、母と共に旅行することも。
様々な生きものに囲まれて、癒しのひと時のご堪能あそばせ!

東京で動物園と聞くと、上野動物園をイメージされる方が多いのではないでしょうか。上野動物園には、キリンやゾウといった小さなお子さんに人気の動物だけではなく、ジャイアントパンダやホッキョクグマ、オカピなど大人も楽しむことができる動物たちが多くいます。ここでは、そんな魅力がたくさん詰まった上野動物園の楽しみ方を詳しくご紹介していきます。



都内の大規模動物園

上野エリアは、日本人だけではなく今や海外からの観光客も多く訪れる人気の観光スポットです。その中でも上野動物園は都内の中では大規模な動物園なので、子供だけではなく大人も楽しめるとして注目されています。

駅チカで気軽にいける

東京でも駅から近くにある動物園として上野動物園は有名ですが、そのアクセスの良さだけではなく、ジャイアントパンダが人気です。たった2時間でも1日でも十分楽しむことができる上野動物園は、年齢層に関わらず多くの方に親しまれてます。

上野動物園の魅力は、なんといってもアクセス良好で都心に住んでいても気軽に行くことができること。ジャイアントパンダから百獣の王ライオン、ペンギン、ハシビロコウ(嘴広鸛)、ヘビ、ワニといった様々な動物たちまでいます。少し休憩したいなと思ったらランチを食べられるスポットも多く、ギフトショップでお気に入りのお土産を購入することもできるので1日いても飽きません。

東園の動物たち

名物ジャイアントパンダ

上野動物園のシンボル的存在と言えば、ジャイアントパンダ。入り口のすぐそばにパンダ舎があるので、パンダにすぐに会うことができますよ。この動物園にいるパンダはふわふわした毛並みと白黒のはっきりとした模様が可愛いらしいです。運が良ければ親子でのツーショットも楽しめることもあります。

しかし、パンダはこの動物園で一番人気なため、土曜日・日曜日などの休日は人で混雑して見づらくなります。パンダがお目当ての方は、ぜひ平日など少し人が少ない日を狙ってみましょう。

キュートなカワウソ

最近人気を集めている動物がカワウソ。水族館でよく見かけるコツメカワウソはペットにしている方も多く、注目度が高い可愛らしい動物です。上野動物園のカワウソはコツメカワウソではなく、ユーラシアカワウソです。ここでの見どころは何よりもその接近度。普段は遠いカワウソと大接近できる水槽もあるので、ぜひ普段はなかなかできない体験をしてみましょう。

百獣の王、ライオン

百獣の王とも言われる凛々しいライオンも魅力的。上野動物園のライオンはインドライオンという種類で、小柄で短めのたてがみがあります。動物園での場所は、入り口に近い東園のカワウソ舎を抜けたところが目印です。ぜひかっこいい百獣の王を見ていきましょう。

夜の森のコウモリやヤマネコ

動物園の中でもドキドキしながら動物たちの夜の生態を見学することができるのが夜の森。このエリアの中は真っ暗で暗闇の中にいるたくさんのコウモリやヤマネコ、スローロリスなど、普段なかなか見ることができない貴重な動物を見ることができます。館内はフラッシュ撮影禁止なので、注意しながら回りましょう。

西園の動物たち

かわいいペンギンたち

ペンギンと聞くと水族館のイメージですが、実はこの上野動物園でもかわいいペンギンたちを間近で見ることができます。上野動物園のペンギンはケープペンギンという種類で、通常のペンギンの大きさに比べて小柄でよちよち歩く姿はとてもキュート。ペンギンの多さも圧巻です。ペンギン同士の触れ合いもじっくり見学することができるので子供だけではなく、大人もつい見入ってしまいますよ。



動かない鳥、ハシビロコウ

ハシビロコウ(嘴広鸛)はじっと動かないとして、一時期ブームになったこともある鳥。大きなくちばしと鋭い眼光のハシビロコウも見学することができます。なかなか動きませんが、運よく動くこともあるのでその瞬間をムービーに撮影出来たらラッキーですね。

不忍池の花と鳥たち

西園には不忍池があり、きれいに浮かぶハスを見ることができます。特に毎年7月頃には開花の時期を迎えるので、美しいハスの花を見学してみてはいかがでしょうか。花以外も不忍池にはペリカンが多く、自由に泳いだり飛び回る様子を眺めることができます。自然の花と鳥を同時に眺めることができますよ。

小さなお子様向けの場所も

小さなお子さん連れのファミリーにおすすめなのが、子ども動物園すてっぷという遊び場。ここでは、0~3歳、3~12歳といったように子どもの年齢に合わせたプログラムでうさぎ、モルモット、フクロウといった小動物と触れ合うことができます。動物が苦手なお子さんでも、大人しい小さな動物なのでぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ヘビやがワニの住む場所

動物の中でも、爬虫類ファンにおすすめしたいのが両生類爬虫類館。ここでは、カエルやヘビ・ワニなど両生類から爬虫類までが揃っています。種類によって大小それぞれのヘビや、カラーバリエーションが豊富なカエルなど珍しい動物たちが見られますよ。また、カメやワニ、サンショウウオなどいろいろな動物たちがいます。

園内でランチタイム

ファストフード店で手軽にお食事

動物園散策にちょっと疲れた時に休憩できるおすすめ店をご紹介します。ランチをささっと手軽に済ませたい方は、バードソングという東園のホッキョクグマに近い場所にあるファーストフード店がおすすめ。ここでは手軽に食べられる軽食のハンバーガーやチキンボックス、サラダといったメニューがあります。室内の席はないので、天気が良い時は近くのベンチで食べましょう。

大きなセルフサービス食堂

雨が降ってきたり、歩き疲れた時でもゆったりとくつろぎたいという方におすすめなのが西園休憩所。こちらは休憩所としてもテーブルでゆったりくつろぐことができるほか、カレーライスやうどん・スパゲッティなどちょっとしたランチメニューも堪能することができます。インスタ映えすると人気なのが、パンダちゃんホットケーキというパンダが描かれたメニュー。



池のほとりのファストフード

きれいな景色を眺めながらランチを楽しみたい方は、西園不忍池近くにあるカフェカメレオンがおすすめ。ここは、ホットドッグやお弁当、焼きそばなど軽食をいただきながら、ガラス窓から不忍池を見渡せるロケーションばっちりのファーストフード店です。

ギフトショップでお買い物

せっかく上野動物園に来たのだから、お土産も見に行きましょう。上野動物園のギフトショップは主に2箇所あり、1つは東園アジアゾウ運動場前のリトルフランク、2つは西園の不忍池近くにあるプチカメレオンとなります。人気のお土産は動物たちのぬいぐるみ。特にパンダは人気で、その他の動物たちも種類豊富にあるので、ぜひ自分だけのお気に入りを見つけてみてくださいね。

上野動物園へのアクセス

電車での行き方

上野動物園へ電車で向かう際に注意することは、どのあたりに向かうかを決めておくこと。上野動物園内はかなり広いので、例えば東園や表門だとJR上野駅の公園口から徒歩5分、西園や弁天門だとJR上野駅の不忍口から徒歩5分、西園と池の端門だと東京メトロ根津駅2番出口から徒歩5分で到着することができます。あらかじめ回るルートを決めておくとスムーズに目的の出口から行くことができます。

Address 〒110-8711 東京都台東区上野公園9-83
Hours 9:30~17:00
Closed 月曜日、年末年始
Tel 03-3828-5171
Web https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

まとめ

都内にあるのでアクセスも良好な上野動物園は、今や日本人だけではなく海外からの観光客にも人気のスポット。人気のジャイアントパンダから夜に住む珍しい動物、ファミリーでも安心な小動物エリアなど遊び方は様々。ランチもいただけるスポットがあるので、ぜひ手ぶらで上野動物園に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。