すみだ北斎美術館で浮世絵ざんまい。北斎と江戸の魅力に酔いしれる

公開日:2019/2/8 更新日:2019/5/4

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Misa
出身地は神奈川。得意なエリアは、東京を中心とした関東圏。 生き物が好きで、主に動物園や水族館の紹介を得意としています。博物館や美術館巡りも趣味のひとつ。もっぱら電車で一人旅ですが、母と共に旅行することも。
北斎様の御作品、ご覧あそばせ!

錦絵以外の作風の作品も多く残されていますが、やはり浮世絵といったら葛飾北斎。すみだ北斎美術館では葛飾北斎の生涯や多くの作品にふれることができ、江戸の魅力が学べます。すみだ北斎美術館と周辺施設についてまとめました。

葛飾北斎の生涯が詰まった美術館

葛飾北斎の名品たくさん

すみだ北斎美術館は葛飾北斎にまつわる作品や、生涯について幅広く学ぶことができる美術館です。建物自体もおしゃれなのでぜひ外観にも注目してください。

東京都墨田区にあるすみだ北斎美術館は、葛飾北斎を専門に扱った美術館。葛飾北斎は江戸時代の浮世絵師として知られていますが、ここでは浮世絵作品や北斎の生涯についてを知ることができます。北斎好きはもちろんのこと、浮世絵や江戸好きの人にもおすすめ。誰でも一度は目にしたことがあるという名画の数々が展示されているので、北斎のことをあまり知らない人でも充分楽しめます。

建物自体の構造にも注目

すみだ北斎美術館は浮世絵をメインに展示している美術館ですが、モダンでスタイリッシュな外観も人気です。世界的な評価を得ている今をときめく建築家、妹島和世氏による設計で、おしゃれな建物と独特の形が建築好きをはじめ注目を集めています。最近の美術館は中の展示品だけでなく、外観も楽しめるのが嬉しいですね。

葛飾北斎自身の再現模型

すみだ北斎美術館に入ると、まず最初に目につくのが葛飾北斎の模型です。ここでは、葛飾北斎の作品ではなく葛飾北斎本人を再現しています。娘の応為とともに作られており、その作りは非常にリアル。模型の人形とともに当時の部屋の様子もまるごと復元されています。葛飾北斎マニアはもちろん、興味深いコーナーになっています。

有名な冨嶽三十六景を楽しもう

葛飾北斎といえば冨嶽三十六景

葛飾北斎といえば富士山のある光景を各地から描いた「冨嶽三十六景」が有名。いくら美術に興味のない人でも、こればかりは見たり聞いたりしたことがあるでしょう。すみだ北斎美術館では、この冨嶽三十六景も所蔵しています。

冨嶽三十六景は全部で46図のシリーズになっていますが、迫力溢れる波の躍動感を楽しめる「神奈川沖浪裏」は特に有名。代表的なこの作品以外にも富士山をいろいろな角度から描いた作品が楽しめます。教科書でみたあの作品が自分の目で見られると思うとコーフンしてしまいますね。

日本で有名な妖怪の絵も

葛飾北斎は、実は妖怪画というジャンルの作品も多く残しています。「冨嶽三十六景」の作風からは考えられませんね。日本で有名な妖怪たちも描いていて、おどろおどろしい絵が面白いのですが、怖いのが苦手だという人もいるかもしれません。知っている妖怪がいるかどうか探しながら見ると楽しいですよ。

モダンな作風も楽しめる

錦絵はいかにも浮世絵というイメージですが、「芥子(けし)」という作品をはじめ愛らしい作品も残しています。この絵柄はのちのモダンアートに通じるところがあるとされ、現代の絵にしか馴染みのないという人にもおすすめです。また、北斎の花鳥画は繊細で愛らしいものが多いので女性にも好まれています。

企画展も、もちろん北斎関連



企画展にも注目

すみだ北斎美術館では定期的に開催される企画展でも、特別な展示を楽しむことができ、訪れるたびに新しい作品との出会いや発見が待っています。

もちろん企画展のテーマも葛飾北斎に関する特別展示。アプローチ方法を変えるなど、さまざまな視点や手法で葛飾北斎自身や作品を見ていく内容になっています。コミカルでかわいらしい北斎漫画などそのときによって扱うテーマが異なるため、公式サイトをチェックしてから出かけるのがおすすめですよ。

ミュージアムショップをチェック

館内の見学を終えたら1階エントランスにあるミュージアムショップに立ち寄りましょう。葛飾北斎の絵をデザインしたオリジナルクリアファイルや、てぬぐいなど和の情緒に溢れたものを取り扱っています。企画展に合わせて図録も販売されるので、気に入った展覧会があったときには要チェック。ここでしか買えないオリジナルグッズが多数販売されているので、ぜひ手に取ってみてください。

周辺施設をチェック

美術館の近くには公園が

すみだ北斎美術館の周辺には、ほかにも楽しめるスポットがたくさんあります。目の前には、緑町公園という公園があります。子供達の遊び場にも最適な大きなネットツリー型の遊具もあり、ゆったりと過ごしたりランチを食べたりする場所としておすすめ。冬の時期になるとイルミネーションの点灯が行われるので、美しい夜景も眺められますよ。

スカイツリーを眺めよう

すみだ北斎美術館からスカイツリーまでは車で10分ほどで行くことができ、抜群の眺めと迫力が期待できます。電車で行くには30分ほどかかりますが、時間に余裕があればぜひスカイツリーにも寄ってみてください。心地よい風を感じながら、ゆったりと隅田川近辺の散策をするのがおすすめです。

江戸東京博物館に行こう

すみだ北斎美術館近くにある江戸東京博物館は、江戸についての歴史や文化を学べる博物館で、すみだ北斎美術館とあわせて訪れるのがおすすめです。巨大な橋や当時の建物の再現模型、小さなジオラマなど楽しみながら学ぶことができる施設となっています。

江戸東京博物館にも葛飾北斎の作品を含む浮世絵が展示されています。特に錦絵の製作過程を紹介したコーナーでは、江戸の絵画に関する学びを深めることができます。すみだ北斎美術館とあわせると、1日で江戸の街と江戸の芸術に関する知識が豊富になること間違いなしです。これですっかり江戸の魅力にとりつかれるでしょう。

Address 〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
Hours 9:30~17:30 (土曜日は9:30~19:30)
Closed 月曜日、年末年始
Tel 03-3626-9974
Web https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

北斎茶房へ行こう

北斎の名を冠した甘味処

美術館の見学後には甘味処で和風グルメを堪能するのがおすすめです。葛飾北斎について学んだあとに、ぜひとも訪れたいのが甘味処 北斎茶房。長屋をリノベーションした独特の建物が歴史を感じさせ、人気店のため休日はかなり混み合います。のんびり甘味を楽しみたいなら、平日の昼間など人の少ない時間を狙っていくとよいでしょう。



和風なグルメをチェック

北斎茶房では和風パフェやあんみつ、ぜんざい、もなかと抹茶セットなど和風情緒たっぷりのメニューが並びます。うどんやパスタのような軽食も提供しているのでランチの利用もいいでしょう。夏になるとかき氷が登場し、白玉がとってもキュートな宇治金時が特に人気。シンプルながら確かなおいしさでお客さんの心を癒します。

Address 〒130-0014 東京都墨田区亀沢4-8-5
Hours 11:30~22:30
Closed 火曜日
Tel 03-5610-5331
Web なし

すみだ北斎美術館へのアクセス

電車での行き方

都営地下鉄大江戸線両国駅出口より徒歩5分で到着します。また、JR総武線両国駅東口からは徒歩9分といずれもアクセス良好です。

バスでの行き方

都営バス・墨田区内循環バスに乗車し、都営両国駅前で下車後徒歩5分で到着します。

Address 〒130-0014 東京都墨田区亀沢2-7-2
Hours 9:30~17:30
Closed 月曜日、年末年始
Tel 03-5777-8600
Web http://hokusai-museum.jp/

まとめ

浮世絵といえば葛飾北斎ですが、代表的な作品以外は知らないという人も多いかもしれません。冨嶽三十六景をはじめ、多くの作品を堪能できる すみだ北斎美術館で江戸時代とその作品世界にどっぷり浸かる一日も粋でいいですね。東京観光に訪れた外国人を案内しても喜ばれるかもしれませんよ。