浅間温泉は城下町松本の奥座敷。歴史ある名湯に浸かり癒されよう

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

レトロな雰囲気漂う温泉街においでなんしょ

浅間(あさま)温泉は、長野県松本市北東部にある1000年以上の歴史がある風情のある温泉地。江戸時代には松本藩の御殿湯として重用された事から、松本の奥座敷と呼ばれ親しまれています。湯あたり知らずのサラリとやわらかい温泉が特徴で、高評価の日帰り温泉も充実。今日は身も心も癒される浅間温泉のおすすめスポットをご紹介します。

約1300年前に開湯された歴史ある浅間温泉

浅間温泉は平安時代に開湯された歴史ある古湯で、白壁と土蔵に囲まれた昔ながらの落ち着いた雰囲気が魅力です。江戸時代には松本藩のお殿様や武士が利用する豪華な温泉施設があったそう。日本書記に出てくる束間の湯とは、浅間温泉のことではないかと推定されており、城下町松本の奥座敷として人々に親しまれていた様子が伺えます。

気軽に楽しめる日帰り温泉もいい感じ

浅間温泉には日帰りで楽しめる温泉施設やおすすめの日帰り温泉もたくさんあります。

庭園風の露天風呂は雰囲気のよいホットプラザ浅間

白壁と瓦屋根が目印の日帰り入浴施設ホットプラザ浅間は、大浴場やサウナ、日本庭園風の露天風呂があり、雰囲気が良い事でも人気です。松本市営で最も利用されているとあって毎日26トンの源泉を常時加水して使っているそうですよ。市内から近いため地元の人たちも通う本格温泉です。

入口にある足湯でほっこり

館内は民芸調の家具で統一されていて、気を使わずのんびりリラックスできる雰囲気が魅力です。1階にはテーブル席、2階には和室座敷や寝ころび処がありくつろいで過ごせますよ。施設の前には無料の足湯があり、散策疲れの休憩にもおすすめです。

住所|〒390-0303 長野県松本市浅間温泉3丁目16-3
営業時間|AM10:00~AM0:00まで(最終入館はPM11:00)
定休日|毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
電話|0263-46-6278
公式サイトはこちら

純和風の落ち着いた雰囲気の湯々庵枇杷の湯

View this post on Instagram

みんなで温泉。

A post shared by Shinji Kaizu (@shinji_kaizu) on

日帰り温泉施設の湯々庵枇杷(びわ)の湯は元々は高級旅館。松本城主の湯殿としても400年という歴史がある施設としても有名です。大浴場や野天風呂、サウナの他、庭園を眺めながら過ごせる休憩室もありますよ。松本藩2代目藩主の石川氏が植樹したお殿様のお手植えの松も必見です。

旅情気分を味わえる

枇杷の湯の大浴場は1階と2階に分かれていて、露天風呂付きの内湯大浴場と露天風呂、お殿様の野天風呂が使えます。週に1度、男女の浴場の入れ替えがあるため、時期をおいて行けば両方のお風呂を楽しめます。

住所|〒390-0303 長野県松本市浅間温泉3-26-1
営業時間|AM9:00~PM9:00まで ※最終受付PM8:00
定休日|月曜日(祝祭日の場合その翌日)
電話|0263-46-1977
公式サイトはこちら

昔ながらの共同湯、仙気の湯

https://www.instagram.com/p/Bm4nj7wHC-G/

浅間温泉で一般開放されている唯一の共同湯が仙気の湯。玄関脇の券売機でチケットを購入し、番台に渡す昔ながらの銭湯スタイルが人気。ただし、無料の鍵付きロッカーはありますが、石鹸やシャンプーは自分で持って行くシステム。ドライヤーも有料です。

昭和レトロな雰囲気がいい

https://www.instagram.com/p/BsY_4tCFUcq/

こじんまりとした脱衣場や水色のタイル張りの湯船は、昭和レトロな雰囲気がたまりません。湯口には湯の華キャッチャーと飲泉用のコップも置かれています。無色透明で硫黄の香りがほんのりとする共同湯はいつも適温でとても入りやすいですよ。

住所|〒390-0303 長野県松本市浅間温泉3-4-22
営業時間|AM6:30~PM8:00
定休日|第2、第4水曜日
電話|0263-46-5553
公式サイトはこちら

泊まりで温泉堪能 浅間温泉のおすすめ宿泊施設

浅間温泉で人気の高い老舗旅館やテレビでも紹介されたおすすめ宿をご紹介します。

クラシックな本棟造りの湯宿、菊之湯

浅間温泉で明治24年に創業した老舗旅館の菊之湯は、本格的な本棟造りを再現した湯宿。立派な太い梁が渡された吹き抜けのロビーが心地よく、館内には数々の美術品や伝統工芸品が飾られていまます。料理は京都で経験を積んだ板前が腕をふるう懐石料理が抜群です。

大理石の菊風呂が素敵

菊の湯名物の温泉はイタリア産大理石の手彫りの菊が浮かぶ、趣ある菊風呂です。無色透明な温泉はさらりとしていて気分爽快。湯上りにはポットに入った美味しい水が用意されています。そういった細やかな心遣いが魅力の宿です。

住所|〒390-0303 長野県松本市浅間温泉1-29-7
営業時間|営業時間は公式サイトを要確認 
定休日|公式ページを要確認
電話|0120-46-2303
公式サイトはこちら

木のぬくもりを感じる宿、和泉荘

https://www.instagram.com/p/BtuwrLMDwda/

TV番組「モヤモヤさまぁ~ず」で絶賛された大正ロマンの雰囲気が漂う湯宿・浅間温泉和泉荘。浅間温泉の政府登録旅館としても有名で、温泉露天風呂特別室や、料理長渾身の創作料理で大変高い評価の宿。女性には色浴衣のサービスがあり人気です。

しっとり落ち着いた雰囲気

https://www.instagram.com/p/BUt6JzggWEy/

お風呂は大浴場と露天風呂があり、お湯は松本城主に愛された千年湯としても有名です。24時間入浴が可能で、なめらかで気持ちよいお湯は湯あたり知らず。何度も入るという方も多いようです。湯上りには無料のマッサージ機もありますよ。

住所|〒390-0303 長野県松本市浅間温泉1-29-9
営業時間|営業時間は公式サイトを要確認 
定休日|公式ページを要確認
電話|0263-46-2323
公式サイトはこちら

おすすめご当地グルメ、山賊焼を食べよう

浅間温泉の人気ご当地グルメといえば、山賊焼。いろいろなお店で食べる事ができますが、山賊焼の老舗・河昌(かわしょう)は外せません。丸2日間秘伝のタレに漬け込んだ鶏肉を高温の油で丸ごと一気に揚げる技は門外不出。山賊焼きの定食や辛味の麻婆豆腐と山賊焼がダブルで味わえる山賊丼がおすすめです。

住所|〒390-0303 長野県松本市浅間温泉1丁目17-32
営業時間|AM11:30~PM2:00(平日)、AM11:30~PM1:30(土日・祝日)、PM5:00~PM8:30(夜)
定休日|毎週火曜日
電話|0263-46-5550
公式サイトはこちら

浅間温泉周辺にあるおすすめ観光スポット

松本市街地からアクセスしやすい山辺ワイナリーはレストランや直販所も人気です。

松本市街地からアクセスしやすい山辺ワイナリー

松本市入山辺の美ヶ原高原の麓にある山辺ワイナリーは、標高650~780mという高地でワイン造りに適した酸味のぶどうを作り、それらを使った丁寧なワイン造りを行っています。赤、白、ロゼと種類も豊富で、試飲して好みのものが購入できるのが魅力です。

信州ポークの絶品ランチ

山辺ワイナリーには人気のレストラン・マリアージュが併設されています。人気メニューは限定30食の信州ポークのロースト。香りよく柔らかなローストポークは絶品ですよ。

敷地内には農産物の直売所・ファーマーズガーデンやまべがあり、採れたての高原野菜や果物がリーズナブルに手に入るため、信州の味覚を求める観光客でいつもにぎわっています。

住所|〒390-0222 長野県松本市大字入山辺1315-2
営業時間|AM8:30~PM5:30(夏期)、AM8:30~PM5:00(冬期) 
定休日|年始・冬期(1月~3月)の間は全店舗木曜日定休、レストランは不定休 ※詳しくは電話にて要問合せ
電話|0263-32-3644
公式サイトはこちら

浅間温泉へのアクセス

高速バスでのアクセス

東京のバスタ新宿からアルピコ交通の高速バスで約2時間20分で到着します。

電車でのアクセス

JR新宿駅からスーパーあずさ号に乗車、約2時間40分でJR松本駅に到着。また、JR名古屋駅からはワイドビューしなの号を使ってJR松本駅まで約2時間10分です。JR松本駅からは、浅間温泉行きのバスに乗車して約20分で現地に到着します。

住所|〒390-0303 松本市浅間温泉
営業時間|店舗により異なる
定休日|店舗により異なる
電話|0263-46-1224(受付時間 平日9:00~17:00)
公式サイトはこちら

まとめ

松本市の北東部にある奥座敷・浅間温泉。素朴で懐かしさのある温泉街の町並みは、しっとりとした雰囲気で不思議とくつろげます。泉質はアルカリ性単純泉のサラリとしたお湯で、湯あたりしないのも良いところ。松本市の街にも近いので、松本観光の際にはぜひ立ち寄ってくださいね。