かっぱの湯は原生林の中にある秘湯。渓流散策の後に汗を流そう

トラベルパートナー: wakame

31歳1児のママ。秋田県出身。 転勤族のため全国11箇所に住んだ経験があり、特に青森県中心に書いています。東北地方の歴史・文化・民間伝承が好き。実際に住んだからこそわかる情報を盛り込んだ記事作成を心がけています。

かっぱの湯だっきゃ円仁和尚の伝説が残ってるじゃ

青森県むつ市大畑川沿いの薬研温泉郷に、かっぱの湯、夫婦かっぱの湯があります。原生林の中にある秘湯として、また、平安時代に円仁和尚がかっぱに助けられたという伝説でも有名。緑に囲まれ、渓流を眺めながら温泉に入ってリフレッシュしましょう。

かっぱの湯は薬研温泉郷にある秘湯

本州最北の地の隠れ家的温泉

かっぱの湯は、自然の中で温泉に入りたい方にぴったりの秘湯。円仁和尚の伝説の地であり、周辺には恐山や恐山温泉もあります。

青森県むつ市の薬研(やげん)渓流にある秘湯がかっぱの湯。周囲にはヒバ、ブナ、カエデなどの広葉樹林が広がり、大自然の中で温泉を楽しむことができます。かっぱの湯、夫婦かっぱの湯、足湯は、大畑町の管理する公共施設。家族連れで休日に訪れるのもおすすめです。単純泉のため、肌が弱い方でも入りやすく、やわらかい肌触りのお湯を楽しめる温泉です。

円仁和尚のかっぱ伝説が残っている

平安時代に下北半島を彷徨い、恐山を開山したとされる慈覚大師 円仁和尚。円仁が恐山を探して迷っているとき、山道で足を怪我し動けなくなったところを救ったのがかっぱでした。このかっぱ伝説にちなんで、薬研温泉郷にはかっぱの銅像も建っています。本当にかっぱが出てきても不思議はないと思えるほどの手つかずの自然や渓流が、身も心も癒やしてくれます。

近くには日本三大霊山の恐山も

かっぱの湯がある薬研渓流の近くには、日本三大霊山のひとつ、恐山があります。かっぱの湯のついでに見ておきたいスポットですが、薬研渓流から恐山までは車で40分ほどかかるので訪れる際には注意。

老人が恐山から流れてくる水を飲んで若返ったと伝えられるなど、恐山付近の水には不思議な力があると地元の人々の間では言われています。夏でも驚くほど冷たい水は、青森ヒバの原始林から湧き出たもの。恐山では、温泉だけでなく湧水も楽しむことができます。

4種類の源泉がある恐山温泉

かっぱの湯と同様に、下北半島の秘湯と言われているのが恐山温泉。恐山の境内に4つの種類の温泉があります。源泉掛け流しで、酸性が強く、神経痛、リウマチ、胃腸病や皮膚病に効くとされています。初めての方は短い時間で浸かるのがおすすめ。硫黄のガスの中毒を避けるため、温泉の小屋の窓は開いています。

住所|〒035-0021 青森県むつ市田名部宇曽利山
営業時間|6:00 ~ 17:00
定休日|11月~4月(雪のため参詣道路が封鎖)
電話|恐山寺務所 0175-22-3825
公式サイトはこちら

薬研渓流は青森県むつ市の景勝スポット

手つかずの自然が残る薬研渓流

薬研、奥薬研は自然と温泉に恵まれ、歩いて散策したい方も、車で訪れる方も満足できる景勝地です。とくに、紅葉の時期にはほかでは見られない景色が広がります。

山から流れ落ちる澄んだ水、透明度が高い渓流、のびのびと育った原生林。シャッターチャンスはいたるところにあります。夏には渓流釣り、山菜取りを楽しむ人も多数。遊歩道をジョギングするのも気分爽快です。薬研温泉郷にはいくつかの温泉宿もあるので、ゆったり過ごしたい方は宿泊がおすすめ。

温泉の湧出口が漢方薬を粉砕する薬研という道具に似ていることから、薬研温泉という名がつきました。恐山は冬季は閉鎖されますが、薬研周辺は通年営業しています。薬研温泉郷の泉質は単純温泉。リューマチ、神経痛、皮膚病、疲労回復、胃腸病、神経衰弱、婦人病に効果があるとされています。

散策に最適な場所

薬研渓流は散策ルートとしてもおすすめの場所で、渓流に沿って遊歩道も整備されています。遊歩道は、薬研橋から奥薬研温泉までの約4キロメートル。約1時間の散策はいい運動にもなります。遊歩道沿いにはトイレやレストハウスがあるので、疲れたときには休憩しましょう。

遊歩道はに簡単な舗装がされていますが、木の根がむき出しになっていたり、泥道があったりするので、歩きやすい靴を履いていきましょう。むつ市では、近年イノシシやサルが人里に下りてきてトラブルも発生。薬研渓流散策の際は、クマやカモシカなどにも注意が必要です。

遊歩道の途中には、樹齢600年の栗の木や、日本三大美林のひとつであるヒバの実験林、昔使われていた森林軌道の名残りなどもあります。

ドライブにもおすすめ

薬研渓流沿いの道は、ドライブに最適です。温かい季節には、窓を開けて走ると森の匂いが香ってきて車の中で森林浴が楽しめます。薬研渓流沿いにはパーキングやレストハウスがありますが、自販機は少なくコンビニなどはありません。

おすすめは紅葉の季節の散策

青森県の紅葉と言えば、全国的に有名なのが奥入瀬渓流。しかし、地元の人々の間では薬研渓流の紅葉は奥入瀬にも劣らない絶景と言われています。青森市や八戸市からは遠いため、薬研渓流は休日でもさほど混雑しません。そのため、紅葉の時期も静かな中で景色を鑑賞できます。また、冬場の岩や木々が雪化粧した風景の美しさは言葉にできないほどです。

3種類あるかっぱの湯の楽しみ方

無料で利用できるかっぱの湯

薬研温泉郷には、かっぱの湯、夫婦かっぱの湯、足湯があります。どれも大自然を満喫しながら入れる温泉なので、時間の許すかぎり巡ってみましょう。

薬研渓流の温泉でもっとも有名なのは、かっぱの湯。ただし、冬場は営業していません。泉質は単純温泉、胃腸病や婦人病に効くとされています。エメラルドグリーンの湯が鮮やかで、かっぱが温泉に入っていそうなイメージ。時間帯により、男女の入浴が分けられています。また、周辺の原生林などの保護のためシャンプーや石鹸は使用禁止。大自然を堪能するには最高の場所です。

夫婦かっぱの湯は男女別の露天風呂

夫婦かっぱの湯は、奥薬研のレストハウスに併設されている町営の温泉。かっぱの湯と異なり、男女別の露天風呂であり、冬季も営業しています。奥薬研レストハウスではラーメンや丼ものなどを提供し、地元の特産品や海産物などの土産物も販売されています。

住所|〒039-4401 大畑町奥薬研
営業時間|【4 ~ 10月】8:30 ~ 18:00 【11 ~ 3月】10:00 ~ 17:00
定休日|【4 ~ 10月】無休 【11 ~ 3月】火曜
電話|奥薬研レストハウス 0175-34-2008
公式サイトはこちら

眺望も抜群の足湯

かっぱの湯や夫婦かっぱの湯にゆっくりと入る時間がないという方には、奥薬研レストハウス横にある足湯がおすすめ。足湯場には屋根がついており、多少の雨が降ってもだいじょうぶです。足湯にゆったり浸かりながら渓流のせせらぎを聞いていると、思わず時間を忘れてしまいます。

かっぱの湯へのアクセス

車での行き方

JR下北駅から、車で約1時間かかります。大畑バイパスと呼ばれている国道279号線をずっと北上していき、大畑川を越えたところで県道4号線に入ります。そのまま西へ20分ほど行くと、薬研温泉郷かっぱの湯に到着。

県道4号線は渓流に沿っているため、景色もよく車を停めて眺めるのも気分転換になります。また、パーキングエリアに停めて遊歩道を散策することもできますよ。紅葉の季節の休日は混雑しやすく、奥薬研レストハウスの駐車場が満車になることもしばしばあります。

住所|〒039-4401 青森県下北郡大畑町大畑赤滝山国有林内
営業時間|7:00 ~ 17:00
定休日|毎週水曜の午前(清掃のため)、11月中旬~3月下旬頃
電話|大畑庁舎産業振興課 0175-34-2111
公式サイトはこちら

まとめ

人間の手が入っていない原生林、渓流、そして豊かに湧出する温泉。大自然の恵みを感じながら秘湯を楽しみたい方は、ぜひかっぱの湯に行きましょう。ゆっくり温泉に浸るなら、宿泊がおすすめです。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ