水前寺成趣園は美しい湧き水の庭園。出水神社にも参拝しよう

公開日:2019/2/13 更新日:2019/5/17

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Haru
出身地は長崎。よく行くエリア九州で、友達と予定が合えば海外や日本各地へ出掛けます。 一人旅も好きで、時間があれば神社巡り・自然の絶景巡りなど、気の赴くままに大好きな旅へ!おすすめの観光スポットや、その土地の周辺グルメをご紹介します。最近ミラーレスカメラを購入したので、旅先の素敵な写真を撮る事にはまっています。
自然の多くていさぎゅー癒される庭園ばい~!

熊本市中央区にある通称水前寺公園とも呼ばれる、水前寺成就園。肥後藩細川家が初代藩主から三代目までかけて完成させた、豊富に湧き出ている池を中心とした大名庭園です。そんな庭園の他に神社や美しい緑の映える、約73000平方メートルと広大な水前寺成就園を紹介します。



美しい湧水の庭園、水前寺成趣園

熊本市中央区にある水前寺成就園(すいぜんじじょうじゅえん)は、豊富な水前寺江津湧水群がでる土地にある庭園。湧き水を使った池を中心にした桃山式回遊庭園です。築山や松、芝生によって、東海道五十三次を模しているといわれています。肥後細川家初代の忠利公がお茶屋を置き、3代目の網利公のときに庭園を完成。その際に、中国の詩人 陶淵明(とうえんめい)の詩から成就園と名付けられました。

広々とした庭園で日頃の疲れをリフレッシュ

平成の名水百選にも選ばれている水前寺江津湧水群によって、常にたっぷりと水を蓄えている庭園の池。起伏のある築山や松に囲まれている園内は、ぐるりと歩いて一周することができます。自然の緑に、心がリフレッシュするだけでなく、目にもやさしい風景が広がっています。

樹木は松の木だけという質素な時代もありましたが、今では丁寧に手入れされた草木が生い茂り、木々が美しい庭園となっています。園内には流鏑馬(やぶさめ)の馬場や能楽堂、古今伝授の間の他、細川家歴代当主を祀る出水神社があります。

出水神社に参拝してみよう

庭園の池の北側にある出水神社。織田信長の家臣から戦国大名となり、その後の細川家の礎を築いた初代藤孝(細川幽斎)から14代護久と、細川ガラシャ夫人が祀られています。

清らかな自然溢れる気持ちの良い神社

1877年(明治10年)の西南戦争により焼け野原となった熊本。旧肥後藩士が、藩主への恩と街の復興を願い、細川家ゆかりの成就園に1878年(明治11年)建立したのが出水神社です。第二次世界大戦でかろうじて残った、御神庫と神楽殿を借り社殿としていましたが、1973年(昭和48年)に本殿が再建され今に至っています。

出水神社には、細川家の戦国期初代藤孝(幽斎)公以下、肥後歴代藩主と2代忠興室のガラシャ夫人が祀られています。長年肥後熊本の発展に尽くした細川家藩主を祀る神社だけに、地元の方に愛され、七五三など参拝客が途切れることはありません。ただし、神社を参拝するには水前寺成就園を通らなければならないので、入場料が必要となります。

長寿の水でパワーチャージ

清らかな水がでることから、昔から水の都と呼ばれていた熊本。出水神社にある御神水「長寿の水」は、阿蘇火山系の硬水です。水飲み会という集まりがあり、その方々は、毎朝5合の水を飲む健康法をしていたそうです。

光復は復興の記念碑

社殿再建の記念碑として建てられた光復は、長寿の水のすぐ近く。空に向かってそびえる記念碑は絶妙なバランスで立ち、間近で見るといっそう迫力を感じさせます。背景にもなっている青々として木々に、とてもよく映える配置となっています。

これぞ日本の美、五葉の松の木

肥後細川初代藩主、細川忠利公が育てた盆栽が五葉の松。樹齢400年という年月、大きさからも、どれだけ大切にされてきたかがわかります。向かって左に大きく枝を広げる姿は、自然が創り出した美しさと力強さが感じられるものです。

出水神社のご朱印

御朱印は社務所でいただけます。ここでは出水神社オリジナルの水前寺成就園の庭園がデザインされた御朱印帳も販売されています。ダイナミックな文字の下にある、九つの小さな丸で大きな丸を囲んでいる印は、肥後細川家の家紋の九曜紋です。

鮮やかな朱色の鳥居の稲荷神社にも

写真映えする稲荷神社が、出水神社のすぐ隣にあります。1809年(文化6年)、京都の伏見稲荷大社の御分霊を祀ったのが始まりと伝わる神社。伏見稲荷大社の千本鳥居ほどではありませんが、朱色の鳥居が連なるところにゆかりが感じられます。五穀豊穣や家内安全、商売繁盛そして交通安全の御利益がある末社です。本殿の後にお参りしましょう。

歴史がつまった古今伝授の間へ

戦国武将細川幽斎(藤孝)は、和歌や茶道にも通じていた文化人でもあり、秘伝の古今伝授(古今和歌集の解釈)の唯一の伝承者でした。後陽成天皇の弟宮八条宮智仁親王に、幽斎が奥義を伝えたのが、庭園に残る建物の古今伝授の間です。



歴史好きならワクワクする事間違いなし

細川幽斎公が弟宮八条宮(桂宮)智仁親王に、古今集の奥義を伝授した古今伝授の間。もともとは京都御所内にあった萱葺き屋根の建物は、大正時代にこの庭園へ移築されたもので、県の重要文化財に指定されています。園内の西側にあり、桃山式の庭園をすぐ近くから眺めることができます。

重要文化財で美味しいお茶はいかが

現在は、庭園の茶屋として活用されている古今伝授の間。お抹茶と和菓子のセットを、建物の中や屋外と好みの場所で頂くことができます。室内には、ホットカーペットが敷かれていて、寒い日でもゆっくりとお茶を味わうことができます。

庭園の池と季節によって変わる木々を目の前で眺めることができます。和の空間で頂くお抹茶は周囲の静けさもあって、とても心が落ち着く場所。せわしなく流れる街の時間を忘れさせてくれる、おすすめの癒しの場所です。

熊本土産もお忘れずに

水前寺成就園の入り口前には、レトロな雰囲気のお店が並び、熊本土産が販売されています。ちょっとした軽食やソフトクリームなどもあるので、休憩するには最適な場所。全国区の人気を誇る「くまもん」グッズで、お店が満たされています。もちろん地元の銘菓や名産も多彩な品ぞろえ。お土産を選ぶにも良い場所です。

水前寺成趣園へのアクセス

電車での行き方

JR熊本駅より市電(路面電車)健軍町行きで約35分、水前寺公園前下車し、徒歩約4分です。

車での行き方

熊本空港(阿蘇くまもと空港)から県道36号線で、約25分です。専用駐車場はありません。庭園周辺の有料駐車場を利用してください。

Address 〒862-0956 熊本市中央区水前寺公園8-1
Hours 3月~10月:7:30~18:00、11月~2月:8:30~17:00
Closed なし
Tel 096-383-0074
Web http://www.suizenji.or.jp/index.html

まとめ

大きな池を中心とした、緑の多い広い敷地の大名庭園。園内には肥後藩細川家の藩主を祀る神社があり、歴史的な見どころもたくさんあります。ひと通り観光した後は、庭園を眺めながらお抹茶を一服。和の雰囲気を堪能できる場所です。