伊豆山神社は恋愛成就のパワースポット。縁結びに出かけよう

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

鳥居は女優の小泉今日子さんが奉納したなど、恋愛成就に効果が高いパワースポットだから恋が叶うこと間違いないら~

熱海市伊豆山にご鎮座している伊豆山神社は伊豆と言う地名の発祥にもなった由緒正しい神社です。熱海随一の恋愛成就のパワースポットとして人気を集め、女性の参拝客が絶えません。

縁結びのご利益があることで有名な神社

伊豆山神社はJR熱海駅から北東にある伊豆山、自然豊かな山の中にご鎮座しています。全国にある伊豆神社の総本山としても知られる伊豆山神社はあの源頼朝と北条政子の恋の舞台となった場所で、恋愛に関するご利益が強く得られるとされています。

三柱の神様を祀る

神社に参拝する時にはそこにお祀りされている神様についても知っておくことがご利益を得るためにも大事なポイント。

色鮮やかで細やかな装飾が施された本殿にお祀りされている主祭神は、正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)、拷幡千千姫尊(たくはたちぢひめのみこと)、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の三柱の神様です。

創建年は明らかになっていませんが、紀元前4世紀頃という由緒正しい神社です。源頼朝が源氏の復興を決意した神社とも言われていおり、後に妻になる北条政子との逢瀬の場でもあったのだとか。北条家から信仰を受け、その後は徳川家からも手厚く守られ現代に姿を残しています。

とても珍しい紅白の龍がいる手水社

境内へと足を踏み入れると左手側にあるのが手水舎。まずはこちらで心と身体を清めましょう。神社に参拝するにはきちんとマナーを守ることがご利益を得るためにとても大切なことです。

伊豆山神社の手水舎には紅白の龍がいることで知られています。龍モチーフの手水舎は全国に見られますが紅白に色づけられたものは珍しく、赤白二龍と呼ばれパワースポットとして人気。参拝客は手水舎の龍を撮影したり、そっと撫でたりしています。

恋愛運を高めるこころむすび

恋愛運アップのために参拝する女性たちが列を作っているのが境内に入って右手側にあるこころむすび。たくさんのおみくじが結び付けられた結びどころがハートの形になっています。

参拝しておみくじを引いた後ここに結び、ハートを撮影することで恋愛成就のご利益が得やすくなるのだとか。週末はこころむすびを撮影するために行列ができており、特に午前中は混雑するので午後から訪れるのがおすすめです。

幸運を普段から持ち歩こう

おみくじと一緒に社務所で授与していただけるのがお守りや御朱印です。伊豆山神社オリジナルの御朱印帳は手水舎の赤白二龍がモチーフになったシックな作りのもの。華美すぎずセンス良くデザインされた人気の品です。御朱印も力強いタッチで素敵なのでぜひいただきましょう。

幸運を運んでくれるお守りの種類も豊富でどれにしようか迷ってしまいます。スマホやパソコンにも貼って使えるステッカータイプやペット専用のお守りなどもあるのでゆっくりとあなたに合ったものを選びましょう。

境内にあり男女の縁結びを叶えてくれる結明神社

恋愛運アップのために訪れるなら本殿と合わせて必ず訪れたいのが結明神社(むすぶみょうじんしゃ)。その昔はこの結明神社で縁結びの神事が行われていたほど縁結びのご利益の強い神社です。こちらは遥拝殿で、本殿はもっと山を登ったところにご鎮座しています。

遥拝殿は熱海の海をのぞむ場所にご鎮座しており、眼下には絶景が広がります。天気の良い日には思わず声をあげてしまうほどの美しい景色です。

ハイキングコースにもなっている本宮までの道のり

伊豆山神社の本殿から本宮までは険しい道のりになっています。それもそのはず、昔は修験道と言って多くの修行者が訪れた場所。本宮へと参拝する経験はとても神聖な気持ちになるので時間を取って山中へと足を進めて行きましょう。

静かな雰囲気の中をハイキング

本宮へと進むハイキングコースのスタートは本殿と郷土資料館の間にあります。ここから本宮までは約1時間。あちこちに立て看板があるので迷うことはありませんが、足元は険しいのでサンダルやヒールなどではなくスニーカーなどで出かけましょう。

本宮までは途中結明神社の本社や白山神社などがあります。本宮まで登る人は多くなく、とても静かな雰囲気が漂っています。

遠く離れた所からでも神仏を拝める白山神社遥拝所

ハイキングコースの入口には白山神社の遥拝所があります。本殿への道のりは険しいので足腰の弱い方はこの遥拝所へ参拝するのがおすすめです。白い鳥居とその右側にそびえる大きな楠が目印。夏場でもひんやりと涼しく過ごしやすいのですが、ここから先途中に水場なのはないので持参しておくことをおすすめします。

恋愛成就までの険しい山道

本宮への道は写真のように山の斜面に造られた簡易の階段を登っていくエリアや岩がむき出しになっている場所、舗装がされていない場所などもあります。山登りに慣れていない方にとっては辛い道のりになりますが、そんな時は足を止めて周囲を見渡してみましょう。

緑があふれ、足元には小さな花が咲いていることも。鳥の声や風の音以外に何も聞こえない静かな山の中は雰囲気抜群で、疲れも吹き飛びます。

病気平癒や厄難消除の神様として厚い信仰を集める白山神社

入り口の遥拝所から歩き続けること約20分。木々に中に混じって鳥居が姿を表します。この白山神社の鳥居の辺りが最も急勾配。足元は階段もありますが、簡素な石の作りで登るのに一苦労です。ここまで来て、この急勾配のため引き返してしまう方もいますがこの斜面を登りきれば後は楽になるのでなんとか登りましょう。

小ぢんまりとした祠の周辺はとても神聖な雰囲気です。白山神社の御祭神は菊理媛命(くくりひめのみこと)。お名前の通り、縁結びや実を結ぶなど結びに関する全てのことにご利益をくださる神様です。

見晴しが最高で疲れが吹き飛ぶ稲荷大神

白山神社に参拝し先へと足を進めていくと開けた広い公園へと辿り着きます。公園の周辺は道も歩きやすいので少し休憩をしたら散策をしてみましょう。この公園内にはお手洗いもあるので安心です。

広場の中には稲荷神社もお祀りされています。みんな息を切らしながら、それでもここまで来たと言う充実感を味わいながら参拝しています。遠くに見える山々が美しい絶景はここまで登った人しか味わえない特別なもの。体調や天気にもよりますが、条件がそろえばぜひ登ってみましょう。

いい縁を呼ぶ鐘

稲荷神社の横には、魔除け効果のある鐘も置かれています。魔除けだけでなく、良い縁も呼び寄せてくれるこの鐘の音色はとてもクリアで素敵な響き。稲荷神社に手を合わせてから鐘をついてみましょう。

目の前に広がる絶景と鐘の音が相まって、とても前向きで良いことが起こりそうな気持ちになること請け合いです。ここまで来れば本宮まではあと少し。頑張って登りきりましょう。本宮までの途中にご鎮座する結明神社の本社へもお参りを忘れないようにしましょう。

伊豆山神社境内は見どころたくさん

本宮まで登る時間がないと言う方は伊豆山神社境内を散策しましょう。本殿周辺も見どころやパワースポットがたくさんありますよ。

所蔵品を中心に伊豆山地区の郷土資料を展示する郷土資料館

緑に包まれた優しい雰囲気の建物は伊豆山神社の歴史を今に伝える資料館です。伊豆山神社の所持品を中心とした歴史的に価値の高い品が展示されており、鎌倉時代の史書である吾妻鏡に登場する頭髪梵字曼荼羅(とうはつぼんじまんだら)や県の指定文化財に登録されているものも。

小ぢんまりとした資料館ですが見ごたえは抜群です。特に歴史好きの方は資料館を目当てに来る方も多いのだとか。

源頼朝と北条政子が腰掛け愛を語らった腰掛石

境内にあるパワースポットのひとつが腰掛石です。本殿の左手、駐車場に近い場所にあるこの腰掛石に源頼朝と北条政子が座って愛を語らった場所とされています。

実はこの2人、親の反対を押し切った末の結婚だったのだとか。北条政子は他に許嫁がおり、なんと婚姻の夜に逃げ出して源頼朝の元へ走ったと言われています。そんなロマンチックな恋に落ちた2人がご縁を結んでくれる伊豆山神社、訪れればきっと良縁を運んでくれることでしょう。

伊豆山神社へのアクセス

車でのアクセス

車で伊豆へと向かう方は沼津ICから伊豆縦貫自動車道にのり、静岡県道11号線へと入ります。あたみ梅ラインを伊豆市の方向へと進めばもうすぐそこです。駐車場は正面鳥居側と裏手鳥居側にありますが、裏手鳥居側の方が大きく停めやすいのでそちらがおすすめです。

バスでのアクセス

バスで向かう場合はJR熱海駅から七尾団地方面行きバスに乗車します。10分程度バスに揺られ、伊豆山神社前で下車すれば到着。長い石段を登っていくことになりますが、一段一段心を落ち着かせながら登って行きましょう。

住所|〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山708-1
営業時間|なし
定休日|なし
電話| 0557-80-3164
公式サイト|なし

まとめ

熱海の街を見渡せる場所にご鎮座している伊豆山神社へと出かけましょう。絶景を眺めながら、この場所で愛を誓いあった源頼朝と北条政子の生涯に思いを馳せてみるのも良い時間になります。少し険しい道程の本宮も、登りきった後には来てよかったと思える神聖な雰囲気です。伊豆山神社で充実した一日を過ごしましょう。