ひらかたパークは大阪の老舗ながらも様々なアトラクションが人気の遊園地

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

まいかたちゃうでひらかたやでー!

大阪のレジャースポットといえば真っ先にユニバーサル・スタジオ・ジャパンを挙げる方もいるでしょうが、それだとまだまだ大阪通とは言えません。大阪にはひらかたパークという知る人ぞ知る老舗の遊園地があるのです。オリジナリティの高いアトラクションや、来場者を楽しませるめの工夫が随所に見られ、とても楽しい遊園地。ここでは、ひらかたパークの魅力や楽しみ方、アクセスなどを徹底解説します。

ひらかたパークについてご紹介

ひらパーの愛称で親しまれており、地元に愛されている遊園地です。ひらかたパークの周りにはほかにも遊園地があったのですが、どんどん閉園してしまいました。ひらかたパークも同様に、一時は閉園の危機に直面したものの、何とか持ち直し今にいたっています。

休日にはカップルや家族連れ、女性のグループなどがたくさん足を運び、観光客の姿もちらほら。遠足先として選ばれることも多く、地元で育った人の多くは小さなころひらパーに行った思い出があるのだとか。

ひらパーのおすすめアトラクションをご紹介

さまざまなアトラクションがそろっています。ここでしか楽しめないレアなものもありますよ。

木製コースターエルフ

巨大な木製コースターはスリル満点。最大のポイントは木製というところ。国内のコースターで木製というのは珍しく、木がきしんだり横に揺れるような感覚が味わえるでしょう。もちろん、安全性はきちんと確保しているので安心してください。コースも長く本格的で、子供よりも大人や学生のグループがたくさん楽しんでいます。園内中央のレッドファルコン、メテオなどもスリルを味わいたい人向けのアトラクション。

ぐるり森大冒険

常に子供たちで行列ができている人気のアトラクション。迷路をクリアすることでカードが貰えるため人気です。中にはたくさんのカードを持っているような子供も。一度はまってしまうと抜け出せなくなる、中毒性のあるアトラクション。雨の日でも濡れることなく遊べるのは魅力的なポイント。

観覧車はひらパーのシンボル的存在

ひらかたパークのシンボルとも言える観覧車。ひらパーに訪れたときにはぜひ乗ってほしいアトラクションの一つでしょう。観覧車からは生駒山や淀川などを見れますし、周辺の街並みも見渡せます。夕方になるとロマンチックな雰囲気に包まれるため、デートコースに組み込むのもよいでしょう。夜にはイルミネーションが周囲を華やかにし、幻想的な空間を演出します。

アトラクション以外にも楽しめる

ひらかたパークで楽しめるのはアトラクションだけではありません。自然美や可愛い動物たちを身近に感じられるのも魅力です。

ヤッテミーナは子供たちに大人気

入り口から左手に見える長いスロープを進んでいくと見えてきます。比較的新しいアトラクションで、できたばかりのころは子供たちがたくさん集まっていました。アスレチック要素の高い遊具なので、体を思いっきり動かすのが好きな子供におすすめ。ゲーム感覚で遊べるのできっと夢中になれるでしょう。

ローズガーデンでまったりしよう

ひらかたパークの中でも落ち着ける空間となっています。そのため、ちょっと疲れたとき、休憩したいときなどにもおすすめ。小さな子供と一緒に散策するにもおすすめで、キレイなバラの花と一緒に子供の写真を撮影できます。休憩用のベンチも設置されているため、座ってのんびり過ごすのもよいでしょう。この時期になると花の愛好家もたくさん訪れます。春には桜も咲き乱れるので、ぜひお花見に訪れてください。

キュートな動物たちもたくさん

アトラクションや遊具で遊べるだけでなく、愛らしい動物たちに会えるのもひらパーの魅力。野外と屋内の二か所で動物に会えますし、野外だと無料です。リスざるやコツメカワウソ、レッサーパンダなどは来園者にとってアイドル的存在。その可愛い姿を眺めれば、日ごろの嫌なこともきっと忘れられるでしょう。タイミング次第では動物たちへのエサやり体験も可能。有料ですが、屋内のはぐはぐふれあいタウンに行けば動物と触れ合うことができますよ。

美味しいクレープをぜひ食べてみて

View this post on Instagram

. ひらかたパーク イチゴミルフィーユカスタード . ひらパーの光の遊園地へ✩ イルミネーションでキラキラしたところをアトラクションで巡ったり✈︎ そんなに人もいなかったのでゆったり楽しめました☺︎ . . . #ひらかたパーク #ひらパー #イルミネーション #遊園地 #クレープ #いちご #クリスマス #大阪 #カフェ #カフェ巡り #カフェ好きな人と繋がりたい #カメラ好きな人と繋がりたい #カメラ男子 #夜景 #l4l #cafe #food #osaka #instagood #instadiary #foodstagram #foodpic #dessert #crepe #strawberry #cafemiru #illumination #retrip_nippon #좋아요반사 @kansai_trip

A post shared by shinkun (@younicorn_com) on

フルッタはテイクアウトの専門店で、クレープが美味しいと評判です。中央エリア、ぐるりの森の隣にあるので、ぜひ立ち寄ってみましょう。食べ歩きもいいですが、ベンチに座ってゆっくり食べるのもおすすめ。近くのビビンズハウスで販売しているひらパーオリジナルワッフルも美味しいですよ。

キャラクターショーが充実

日ごろからさまざまなイベントが行われており、中でも野外ステージで開催されるキャラクターショーは子供たちから大人気です。

入場料無料のショー

入場無料なので親御さんも安心です。東駐車場からのアクセスがいいので、ショーがメインだとそちらに車を停めましょう。開演前になると多くの観客で席が埋まってしまうため、座って観たい方は早めに席を確保してください。

ショーは最上階は空いているのでおすすめ

野外ステージの最上階はスロープ状のエリア。比較的すいているので、立ち見でも構わないという方はこちらがおすすめ。急いで場所とりするのが面倒、ベビーカーを押している、という方は特にこちらがよいでしょう。すぐ近くにトイレもあるので安心です。近くには観覧車などもあるため、ショーが終わったらすぐに遊べます。

夏にはプール、冬にはスケートリンクが楽しめる

ひらかたパークの夏といえばやはりプール。冬にはスケートリンクで軽快な滑りを楽しめますよ。

プールは毎年大人気

毎年多くの人で賑わいを見せるひらパーのプール、ザブーン。流れるプールや迫力あるスライダーが楽しめ、子供から大人まで大人気です。休日や夏休みは午前から混み始め、午後になるとかなりの混雑に。開園直後に行けばそこまで混雑していないのでおすすめ。入り口や東駐車場からプールまでは距離があるので注意しましょう。南駐車場からだと近いです。

冬にはスケートリンクに変身

毎年スタッフの手で作り上げているという渾身のリンクです。大阪の野外でスケートが楽しめる非常に貴重な場所となっていますし、京都から人が来ることも。靴やヘルメットの有料レンタルもあるため、手ぶらで来て楽しめるのも魅力的。小さな子供も楽しめるエリアがあるので、スケートができなくても十分楽しめるでしょう。

光の遊園地はひらパーの一大イベント

光の遊園地とも呼ばれているひらかたパークのイルミネーション。一年の中でも特に人気の高いイベントになっています。クリスマスシーズンになると多くのカップルがデートに訪れます。昼とはまったく違う幻想的な空間が広がりますし、ぜひこの雰囲気を楽しんでほしいですね。イルミネーションを見るためだけに足を運ぶ方も少なくありません。

ひらかたパークへのアクセス

ひらかたパークへは、車や公共交通機関を利用してアクセス可能。ここでは、それぞれのアクセス方法をまとめてみました。

車でのアクセス

阪神高速道路守口終点で降りるとそこから車で約20分ほどです。北と南の二か所に有料駐車場があるため、目的に合わせてどちらに停めるか選びましょう。休日んは満車になることもあります。周辺にはパーキングも多いものの、駅前という立地もあり料金は高め。

電車でのアクセス

最寄り駅となるのは、京阪本線枚方公園駅となります。駅で下車すればそこから徒歩約10分なので、それほど遠くありません。

住所|〒573-0054 大阪府枚方市枚方公園町1-1
営業時間|日によって異なる
定休日|毎週火曜日
電話|072-844-3475
公式サイトはこちら

まとめ

古くから大阪の人々に愛され続けてきたひらかたパーク。訪れた人に楽しんでもらうためにさまざまなイベントも行っていますし、スタッフさんのアイデアや工夫も見てとれます。お子さん連れやカップル、熟年夫婦など誰もが楽しめる遊園地なので、近くまで来たときはぜひ遊びに来てほしいですね。