サンタクロース村で本物のサンタさんと記念撮影!

公開日:2019/2/12 更新日:2019/4/20

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Aiko
京都出身、スウェーデン在住のアラサー。私の記事では、スウェーデンをメインに、周辺諸国の情報もお伝えできればと思います! 旅が好きで、これまで約40カ国訪れました。私の好きな旅行スタイルは、「食」です。その地でしか、食べられない物を追い求めて旅をすることが好きです。その理由は、シンプル。食べることが好きだから。
サンタクロースはここにいるんです!

子供の頃に誰もが信じていたサンタクロース。クリスマスの朝、枕元にプレゼントを置いてくれるサンタクロースが大好きだったと言う人も多いでしょう。日本でもかなり有名になりましたが、フィンランドは国公認のサンタクロースに会える、サンタクロース村があるんです。

サンタクロース村とは

サンタクロース村は雪に包まれるフィンランド、北極線上にあるロバニエミ市近郊にあります。

冬だけの営業かと思いきや、一年中サンタクロースに会えるおとぎ話の世界が広がるサンタクロース村は日本人観光客に大人気。施設内は日本語表示もとても多いんです。

サンタクロース村を満喫しよう

森のなかに現れるサンタクロース村は、冬になると真っ白な世界に暖かなオレンジ色の灯りが灯ります。息を呑むほど美しい景色が広がっていますよ。サンタクロース村の姿を堪能した後は、いよいよ中に足を踏み入れましょう。

本物のサンタに会おう

サンタクロース村と言えば、何よりも楽しみなのが本物のサンタクロースに会えることですよね。サンタクロースは村の中心にあるサンタクロースオフィスの奥であなたを待っています。

少し薄暗い廊下を抜けて行くと、その先に現れるのが本物のサンタクロース!日本でおなじみの赤い服とは少し違いますがフィンランド様式のサンタさんの服を着て、白いひげをたくわえて笑顔で出迎えてくれます。このサンタクロースはなんと少しだけ日本語が話せるとの噂。ぜひ日本語で挨拶してみましょう。

サンタさんとは話ができたり、一緒に写真も撮影できます。冬のサンタクロース村は世界中から観光客が訪れるので大行列になっていることも。冬に訪れる場合は営業開始直後に向かうのがおすすめです。

サンタクロースからの手紙を申し込む

サンタクロース村を訪れた記念にサンタクロースからの手紙の申込みをしてみましょう。サンタクロース・ポストオフィスで申し込むと、その年のクリスマスにサンタさんからの手紙が届きます。

日本に帰ってからサンタ村を思い出すことができるとても素敵なサービスですよ。

限定の記念切手ももらえる

サンタクロース・ポストオフィスではクリスマスにちなんだ可愛いポストカードがたくさん販売されています。ヨーロッパのポストカードは日本のものと雰囲気が違ってクラシックでとても素敵です。

お気に入りのポストカードを選んで、はがきを出してみましょう。記念に自分に送っても良いですし、家族や友人に送るのもおすすめです。サンタクロース村ではがきを出すと、限定の切手を貼ってもらえるのも嬉しいポイントですね。

サンタクロースグッズを買う

サンタクロース村を訪れたら、その雰囲気に思わずサンタクロースグッズが欲しくなってしまいます。そんな時はサンタクロース村限定のグッズはいかがでしょうか。ツリーに飾るオーナメントなどはもちろん、なんとフィンランドを代表するマリメッコやイッタラのグッズも揃います!

サンタクロース村内にはお土産ショップが何件かありますが、特におすすめなのがサンタクロースオフィシャルショップ。かわいいお土産たちに心躍ります。

北極圏を満喫しよう

サンタクロース村を訪れたなら、ぜひ北極線をまたぐ体験もしてみましょう。北極圏へのラインである北極線が引かれています。

北極線をまたぐ

サンタクロース村はちょうど北極線上にあります。場所はインフォーメーションセンター内。大きな線がひいてあったり、お客さんたちが記念撮影をしているのですぐに分かりますよ。

北極線を超えるなんてなかなかできない体験ですよね。ぜひ写真撮影をしましょう。

北極圏到着証明書をもらう

北極線のあるインフォメーションセンターでは、北極圏に到達した証明書がいただけます。北極圏到達証明書には名前や日付が入っているので特別な思い出になること間違いありません。

なんと日本語での証明書も用意されていますが、せっかくなのでフィンランド語でいただいてみるのはいかがでしょうか。北極圏証明書は雪に包まれたフィンランドの風景の中にトナカイが描かれたとても素敵なものです。写真と一緒にアルバムに入れておくととても良い思い出になること間違いなしです。



トナカイと親しくなる

サンタクロースの相棒といえばトナカイ。本物のトナカイを見に行きましょう。本物のトナカイは想像しているよりも大きく迫力満点ですよ。

サンタクロース村内にあるトナカイファームではトナカイに直に触れることができます。冬場はトナカイのソリに乗るアクティビティも開催されており、フィンランドらしい冬を満喫できるので人気を集めています。

ラップランド地方の歴史に触れる

私達がフィンランドと聞いて想像するのは優しい人々と美しい自然、安全な社会と言ったところでしょうか。サンタクロース村では、そんなイメージとは少し違うフィンランドの歴史に触れられるエリアもあります。

サンタクロース村内にはラップランド地方で昔人々が住んでいたテントが再現されているエリアがあります。ラップランドに住んでいた先住民たちは独自の文化を持ち厳しい自然と共に生活をしていました。フィンランドの歴史と先住民の暮らしに触れられるエリアも見逃せません。

サンタクロース村のベストシーズンは

絵本のような建物と美しい森が魅力のサンタクロース村。大人でもワクワクしてしまうこの村は一年中いつ行ってもクリスマス気分を味わえます。それでもやっぱり冬がおすすめですよ。

やっぱり冬がおすすめ

冬はサンタクロース村が一番盛り上がる季節です。世界中きらの観光客も多く、村内はとても賑わっています。

キャンドル型の電飾があちこちに灯り、クリスマスの装飾が施された園内はただ眺めて歩いているだけでとても気分が上がりますね。カップルで訪れればこんなにロマンチックな場所はなかなかないでしょう。

オレンジの灯りで満たされる園内、一見暖かそうに見えますがロヴァニエミは北極圏。寒い時はマイナス40度になることも少なくありません。通常の冬の洋服では不十分なので、スキーウェアか雪山用のウェアを持って行きましょう。

運が良ければオーロラも見られる

冬がおすすめの理由はもうひとつ。フィンランド、北極圏と来ればオーロラです。運が良ければサンタクロース村上空でオーロラが発生することもあります!

美しい光のカーテンはとっても気まぐれ。突然現れたかと思ったらすぐに消えてしまったり、長く上空に留まったりします。色も形もその時によって異なるので、二度と同じものは見られません。オーロラが出る時間帯に差し掛かったら、注意深く夜空を見上げましょう。

サンタクロース村へのアクセス

飛行機でのアクセス

時間がないけれどサンタクロース村を訪れてみたいと言う方におすすめなのが飛行機でロヴァニエミを目指す方法です。ヘルシンキ国際空港からロヴァニエミ空港へは約1時間ほど。

日本からフィンランドまでは約10時間ほどですので2泊4日の弾丸旅行も可能です。ロヴァニエミ空港からサンタクロース村まではタクシーで10分ほどで到着です。

電車でのアクセス

物価の高いフィンランド、時間はあるから価格を抑えたいと言う方におすすめなのが寝台列車での移動です。ヘルシンキから寝台列車、サンタクロースエクスプレスに乗り込み約12時間でロヴァニエミに到着します。

寝台列車は夜にヘルシンキを出発して朝ロヴァニエミに着くので寝ている間も移動時間に当てられてとても便利。部屋には簡易ベッドが、車内にはレストランもあるので快適です。ロヴァニエミ駅からサンタクロース村まではバスで約30分で到着です。

Address 96930 Rovaniemi, Finland
Hours 年中無休、時間は季節により異なる
Closed 不明
Tel +358 16 3562096
Web http://santaclausvillage.jp/