引っ越しや旅行の予定がある人は方違神社へお詣りしよう

トラベルパートナー: Sugar

出身地は大阪。得意なエリアは関西。 歴史的建築物や美術館巡りが好き。観光地に一緒に行くのは主に家族や友達。 美術館には一人で行くことが多いです。 旅行前に頭に入れておくとよりそのスポットが好きになれるような情報を発信していければと思います。

由緒正しい方角の神さんなんやで~

大阪府にある方違神社は、長い歴史を持つ神社として有名。2100年の歴史があるといわれていますし、長きに渡ってこの地を見守り続けてきた神社といえるでしょう。現在では新たな社殿も完成し、境内の周辺もスッキリした印象に。ここでは、方違神社のご利益や行事、おすすめの門前グルメなどについてまとめてみました。

方違神社の概要

紀元前に創建されたとも伝わる方違神社。訪れる前に基本的な知識を身につけておきましょう。

方違神社の歴史

方違神社と書いてほうちがいじんじゃ、と読みます。周りに古墳があるため、紀元前に創建されたという説があり、崇神天皇8年 勅願により創建されたとか。国内に疫病が蔓延し始めたとき、それを憂いた崇神天皇が勅願によってスサノオノミコトを祀ったのが起源といわれています。

現在では新たな社殿も完成しましたが、伊勢神宮の古材を一部譲り受けての建て替えとなりました。敷地内には指定天然記念物である巨樹があり、かなりの樹齢だといわれています。

https://www.instagram.com/p/BrtmQgsFqK2/

新羅から凱旋していた神功皇后は、忍熊王(おしくまのみこ)の反乱に遭ったものの方災除けを祈願して皇軍を勝利に導きました。さらに、その後三筒男神、母后神、須さ佐之男神をこの地に祀り、方違大依羅神社と名付けます。これが方違神社の名前の由来となったのです。それ以降多くの方が参拝に訪れるようになりました。

方違神社の御利益と方違え

奈良時代には交通の要衝でもあり、多くの人々が行きかいました。そうした事情から、どの国にも属さない方位のない清地とされたのです。境内の土や砂が悪い方位を祓うといわれ、方災除けの神として信仰を集めるようになります。今でも、転居や新築などを控えた方が厄除けの祈願に大勢訪れている神社です。

旅行や引っ越しなどの折に、方角の良しあしを占う風習を方違いといいます。この風習に則って、お参りに訪れる方も少なくありません。方違神社が建つ地は方角がないと考えられているので、お参りすることで方違えができた、と考える人が多かったのです。

家相や方位といったあらゆる方角の災いを回避し、飛行・厄除・交通安全などのご利益があるといわれる神社。もともとは、陰陽道の占いによって方角の良しあしは決められていました。現在では、陰陽道だけでなくおみくじなどで方角が悪いとなったときにお参りをすることもあるそうです。

方違さんといえば「ふとん太鼓」と「稚児行列」

方違神社で行われている行事といえば、ふとん太鼓と稚児行列。いったいどんな行事なのでしょうか。

秋祭りの可愛らしい稚児行列

敬老の日を最終日とするお祭りで、3日間行われています。五穀豊穣に感謝し、さまざまな神振(かみにぎわい)が行われるのが特徴。たくさんの稚児が氏子町内より参加し、行列をなして宮入りします。神のよりしろになるために選ばれた者、神聖なるものを本来稚児と呼んでいました。それにちなんだお祭りです。

勇壮な神輿に圧倒される

大阪府の河内や兵庫県の播磨、淡路などで担がれている大型の太鼓台のことを、ふとん太鼓と呼びます。巨大な正方形の布団を、屋根の部分に逆ピラミッド型に積むのが最大の特徴。布団神輿や布団だんじり、布団屋台などと呼ばれることも。派手な演出とともに、50~70人で担ぐふとん太鼓の迫力は圧巻。勢いよく布団太鼓を持ち上げる、差し上げという様子が最大の見どころです。

ふとん太鼓では午後8時30分くらいに宮入します。朱色の布団が5枚重なっている様子は遠目からも鮮やかに映えます。勇壮な太鼓の音が周囲に響き渡り、周りはお祭りムード一色に。境内ではお神楽の奉納なども行われます。戦前までは三台のふとん太鼓を奉納していたようですが、第二次世界大戦の空襲で2つは焼失しました。

方違さんの例大祭は粽祭

ちまき菓子が振舞われるちまきまつりも、方違神社では有名な行事の一つです。

粽祭でもお稚児さんが活躍

方違神社の例大祭として行われている行事で、一年間授与している粽(ちまき)を神前に奉納する特殊な神事。菰(こも)の葉で埴土を包んだ粽を受けることで、方位からやってくる災いを避けられるのだとか。稚児たちによるお砂持神事は最大の見どころなので、ぜひ見ておきたいですね。可愛らしい稚児たちが、清めの砂を天秤棒で運ぶ様子はとても愛らしいです。有料ですがちまき菓子も振舞われますよ。

お守りがスタイリッシュと評判

旅行の安全を祈願しに訪れる方も多い方違神社。スタイリッシュなお守りは海外旅行にも対応しているのだとか。

旅行のお守りが可愛い

方角の神様である方違さま。そのため、旅行に行く前に安全を祈願しにやってくる方は少なくありません。そんな方違神社のお守りですが、裏を見てみるとなんともワールドワイドなデザインが。地球の絵とSAFETY TRAVELという英語の文字が。海外旅行にも対応できそうなお守りですね。

交通安全のお守りも、一般的なお守りと少々変わっているので注目。布製ではないため、持ち歩きやすそうと人気です。もちろん、普通の布袋のお守りもあるので、好みで選びましょう。八方ふさがりの年など、どの方角にしてもあまり良くないというときでも、方違神社のお守りを持っておけば安心かもしれません。

方違神社の門前グルメ

美味しい門前グルメが充実しているのも方違神社の魅力。ここでしか味わえないグルメを楽しみましょう。

門前そば御陵庵で昼食を

方違神社の入り口近くにある御陵庵(みかどあん)は、門前そばのお店。神社の裏には反正天皇陵古墳があるため、このようなお店の名前になったのだとか。3種の蕎麦はどれも割合が異なっており、それぞれに特徴があります。食べ比べてみるのも面白いかもしれません。一般的にせいろ蕎麦にはウズラの卵を使いますが、普通の生卵を使っています。これは堺の伝統なのだとか。

住所|〒590-0021 堺市堺区北三国ヶ丘町1-2-38
営業時間|11:00~17:00
定休日|火曜日
電話|072-233-6854
公式サイトはこちら

お土産は江久庵、休憩は利休庵で

方違神社の入り口からほど近い場所にある江久庵(こうきゅうあん)。お土産を買うことができ、休憩もできるお店です。店内で食べたいのなら奥の利休庵に行きましょう。ここでは、黄金の哲学という高級カステラが有名なので、ぜひ食べておきたいですね。季節や卵の状態によって作り方を変えるというこだわりぶりで、人気の商品。千利休の茶室を再現したという、美しい庭園も見どころの一つ。

住所|〒590-0021 大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町1-2-36
営業時間|9:00~18:30
定休日|木曜日
電話|072-222-2411
公式サイトはこちら

方違神社へのアクセス

電車での行き方

最寄り駅はいくつかあり、南海高野線の堺東駅やJR阪和線の堺市駅などが該当します。南海高野線堺東駅からだと、駅から徒歩約7分でアクセス可能。堺市駅からだと徒歩約15分ほどなので、なるべく歩きたくない方は堺東駅を利用しましょう。

バスでの行き方

バスを利用する場合だと、南海本線の堺駅からバス23系統方違神社前まで行きます。停留所からはすぐ。JR阪和線堺市駅からだと、バス23系統25系統に乗車し、同じく方違神社前停留所まで向かってください。

住所|〒590-0021 大阪府堺市堺区北三国ケ丘町2-2-1
営業時間|9:00-16:00
定休日|なし 毎月9日・19日・29日の平日は御祈祷休み。 土・日・祝と大安の平日は「9」の日でも無休
電話|072-232-1216(方違神社社務所)
公式サイトはこちら

まとめ

方角の神様を祀る方違神社、行ってみたくなりませんでしたか。もし、旅行や引っ越しなどの予定があるのなら、参拝に訪れておくとご利益があるかもしれませんね。珍しいお守りもありますし、門前グルメもおすすめなのでぜひ足を運んでくださいね。