伊香保温泉は文豪が多く訪れた名湯。温泉街の町並みを満喫

トラベルパートナー: kaede

群馬県出身、神奈川県在住。自然と温泉の多い土地で育ったことから、アウトドアや温泉が好き。今話題のキャンプ場の情報から秘境と言われる温泉地などをメインにわくわくする情報をお届けします。

これぞ温泉街といえるロケーションが多いので、デートにおすすめだよ〜

伊香保温泉は草津温泉と人気を二分する群馬県の名湯です。温泉街には一年の日数と同じ365段の石段があり、その両側に旅館やお店が並んでいます。この風景が伊香保温泉の代名詞。竹久夢二や夏目漱石、萩原朔太郎ら文豪も多く訪れた、魅力ある伊香保温泉を紹介します。

日本の名湯伊香保温泉

2種類の湯が楽しめる伊香保温泉。急こう配の階段沿いには、レトロな雰囲気を醸し出す旅館やお店が並び、文豪たちが愛した街並みを残す風情のある温泉地です。

伊香保温泉とは

群馬県渋川市にある上毛かるたにも、「日本の名湯」と詠まれた伊香保温泉。古今和歌集や万葉集にもその名を残す、古い歴史をもつ温泉地です。

温泉街の中心地は石段街と呼ばれる急こう配の階段があります。階段を挟んで両側に旅館やホテル、土産物屋が並んでいるのが伊香保温泉の代表的な風景です。

にぎわいの願いを込めた365段の石段

2010年に新設された伊香保温泉の石段。広場や温泉水が流れる湯滝は、新たな伊香保のシンボルになっています。

改装された際に365段となった石段には、「温泉街が1年365日、にぎわうようになってほしい」という街の繁栄の祈りが込められています。

伊香保温泉の特徴 黄金の湯と白銀の湯

黄金の湯と白銀の湯、2色の湯があるのが伊香保温泉の特徴です。もとになっているのは黄金の湯で、鉄分が空気に触れ酸化して独特の茶褐色となっています。

療養や静養の地として知られる刺激が少ない肌にやさしい湯。体の芯から温め血行を即すということから、子宝の湯としても女性に人気があります。

伊香保の石段街の楽しみ方

365段の石段は聞くだけで疲れてしまいそうですが、体を動かし食べ歩きを楽しみ、温泉で癒すのが伊香保の楽しみ方です。

伊香保温泉が元祖温泉饅頭

どの温泉地でも見られる温泉饅頭。この元祖は伊香保温泉なのです。温泉饅頭発祥の店「勝月堂」をはじめ、温泉饅頭を売る店が石段街にはいくつもあります。

単品1個から販売されているのは、食べ歩きがしやすいようにという気遣い。もちろんお土産にも最適です。

石段街の無料の足湯

岸権旅館が用意した岸権辰の湯は、誰でも無料で入れる足湯です。石段街の途中にある黄金の湯のかけ流しで、褐色のお湯が特徴。

石段に疲れたらここの足湯で休憩しましょう。温泉饅頭で糖分を吸収し足湯で休むのも、石段街の楽しみ方です。

休憩所もある石段の湯

公共の日帰り温泉施設、伊香保温泉外湯(共同浴場)のひとつ石段の湯。多くの人でにぎわう、リーズナブルに伊香保の湯が堪能できる場所です。2階には畳が敷かれた休憩所があり、足を伸ばしてゆっくり休むことができます。

住所|
営業時間|
定休日|
電話|
公式サイトはこちら

大人も子供も楽しめる遊戯場

温泉街といえばレトロな遊技場があるイメージ。石段街にはそのイメージにぴったりなお店があります。

花札射的やボールを景品に当てるといったルールが簡単なゲームばかりの大人も子供も楽しめる施設。意外とむずかしく、夢中になってしまう人もいるようです。

石段上のおすすめスポット

上野の三宮伊香保神社

365段の石段を登りきると、富岡の貫前神社、赤城の赤城神社と並ぶ上野国三宮として親しまれる伊香保神社があります。

医療と温泉の神様、大己貴命と少彦名命を主祭神としています。子宝や縁結びの御利益もあると言われ、女性やカップルに人気が高いパワースポットです。

住所|
営業時間|
定休日|
電話|
公式サイトはこちら

秋の紅葉スポット河鹿橋

伊香保温泉源泉の近くにある河鹿橋。朱塗りの太鼓橋で、周囲の紅葉、楓、くぬぎやうるしが秋になると一斉に赤く染まる紅葉スポットです。ライトアップされる紅葉期間中は、温かくして景観を堪能しましょう。

住所|
営業時間|
定休日|
電話|
公式サイトはこちら

公共がうれしい伊香保露天風呂

石段の湯と同じく公共のものなので、リーズナブルに伊香保の湯を露天で楽しめます。小さな温泉ですが、温度の異なる湯船があります。

子宝の湯として有名な伊香保露天風呂は、慢性婦人病にも効能があることから、女性客が多く訪れています。

住所|
営業時間|
定休日|
電話|
公式サイトはこちら

飲んでも効く伊香保温泉飲泉所

伊香保温泉の泉質は弱酸性。低張性温泉で、飲めば慢性アレルギー症、痛風、肥満症に効果があると言われています。

甘い鉄の香りと炭酸のような舌ざわりがします。飲泉所は伊香保露天風呂手前です。

住所|
営業時間|
定休日|
電話|
公式サイトはこちら

伊香保温泉周辺のおすすめスポット

温泉や石段街だけでなく少し足を伸ばせば、自然や文化に触れられる見どころが、伊香保温泉周辺にはまだまだあります。

伊香保グリーン牧場

ヒツジやヤギとの散歩、ウサギとのふれあい、乗馬やアーチェリーを楽しめるのが伊香保グリーン牧場。40万平方メートルと広大な敷地の中で、動物たちが飼育されています。約100頭のヒツジを牧羊犬がまとめる、シープドックショーが人気です。

住所|
営業時間|
定休日|
電話|
公式サイトはこちら

レトロがたくさん伊香保おもちゃと人形 自動車博物館

世界100ヵ国から集められた民族人形やアンティークドール、おもちゃが約3万点展示されている博物館。クラシックカー30台、昭和30年代の国産車70台のミニカーが展示された自動車ミュージアムも併設。

その他にも、昭和の街並みをリアルに再現した駄菓子横丁、シマリスが100匹いるリス園や世界のワインやビールの展示もあります。

住所|
営業時間|
定休日|
電話|
公式サイトはこちら

ゆかりの画家竹久夢二伊香保記念館

大正時代の叙情画家竹久夢二は、伊香保温泉にもたびたび訪れていたそうです。その記念館が伊香保にあります。

画業だけでなく詩人、デザイナーとしても活躍した人で浴衣やパッケージのデザインも手掛けていました。記念館では代表作黒船屋をはじめ、美人画やデザイン画、水彩画に素描など幅広く展示されています。

住所|
営業時間|
定休日|
電話|
公式サイトはこちら

伊香保温泉へのアクセス

車でのアクセス

関越自動車道練馬ICから、渋川伊香保ICまで約1時間から1時間30分。渋川伊香保ICを降り、伊香保温泉までは約20分。土日祝日の関越自動車道は渋滞するため、早めの出発がおすすめです。各施設の他、周辺に無料、有料駐車場があります。

電車・バスでのアクセス

JR上越線渋川駅前より関越交通バスで約20分です。

住所|
営業時間|
定休日|
電話|
公式サイトはこちら

まとめ

都心から約2時間で着く和の風情を残す伊香保温泉は、散策と温泉を楽しめる街。365段の石段も、周辺のお店や景色を見ながら登ればいいのです。テーマはゆっくりとのんびり。せわしない都会の日々を一時でも忘れさせてくれるはずです。