今宮戎神社は日本三大戎神社の一つ。えべっさんに御利益を貰おう

公開日:2019/2/18 更新日:2019/12/2

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Chii
出身地は大阪、関西とヨーロッパと南国が得意です。日本では神社仏閣巡りと公園巡り、海外では中世の町並みやお城を訪れたり、南国の島々で絶景を写真に撮るのが好きです。一緒に行くのは主人や子供達と、近場なら一人で訪れます。
十日戎に行くには覚悟がひつようやで、身動きできへんで~

えべっさんの愛称で親しまれている今宮戎神社。日本三大戎神社の一つでもあり、古くからこの地に鎮座して人々を見守ってきました。毎年行われている十日戎では、100万人の参拝客が訪れるほどの人気の神社。ここでは、今宮戎神社の魅力や見どころ、周辺のおすすめスポットなどもご紹介しましょう。

今宮戎神社とは

今宮戎(いまみやえびす)神社は、なんばや天王寺もある大阪市のミナミにあります。西宮神社、京都ゑびす神社と並んで日本三大戎神社の一つに数えられています。今では商業の神様、えべっさんとして知られていますが、かつては漁業の神様でした。戎様は左脇に鯛を、右手に竿を持っていますが、これは海から幸せをもたらすという意味があるようです。

毎年行われている十日戎では、100万人を超える参拝者が訪れています。多くの人で境内が埋め尽くされ、身動きできないほどの混雑になることも。福むすめは十日戎の目玉で、毎年3000人ほどの女性が応募することで知られています。

今宮戎神社の歴史

推古天皇の時代に、聖徳太子が四天王寺を建立しましたが、その時に西方の鎮護神として建てられたと伝えられています。かつて神社の周辺は湾岸沿いになっており、平安時代の中期には宮中に新鮮な魚を献上していたのだとか。

さまざまな諸産物を交換する市が開かれていました。平安時代後期には浜の市が開かれ、市の守り神として戎さんが祀られました。それ以来、商業繁栄を祈念する神様、えべっさんとして信仰を集めるようになり、室町以降はさらに庶民信仰が篤くなりました。

普段はとても静かな神社

街中に佇む三ツ鳥居

街中にある神社ですが、十日戎とお正月を除けば静かな神社です。写真に写っているのは南側正面の入り口で、鳥居が三つ重なる三ツ鳥居。あまり見ることのない形の鳥居なので、写真におさめておきたいですね。ほかにも入り口は二つあります。

復元された本殿

戦争中の激しい空襲によって社殿は焼失しましたが、その後多くの方の寄進によって復興されました。本殿に向かう前に手水舎で清めてから向かうようにしましょう。特に決まりごとはないため、一般的な一拝二拍手一拝で問題ありません。

裏参りでお願いごとを念押ししよう

今宮戎神社に伝わる裏参りという風習があります。拝殿でお参りした後に、本殿の裏に回ってもう一度お参りするのです。念押しのお参りと言われ、裏から銅鑼を鳴らして、えべっさんさっきのお参りのことお願いします、とお参りしてください。えべっさんは耳が遠いと言われているので、銅鑼を鳴らして願い事を念押しするのだとか。

参集殿と社務所

御朱印をいただきたいときは社務所に立ち寄りましょう。本殿から見て左側に社務所が見えています。十日戎のときには窓が開放され、福むすめによる福笹の授与がここで行われています。

一度は行ってみたい十日戎

戎(えびす)さんは商業の繁栄を願う神様として信仰を集めるようになりました。江戸時代には、1月の9、10、11の三日間にかけて十日戎が行われるようになったのです。現在でも十日戎は続いており、3日間には驚くほどの人出で混雑します。

十日戎とは

西日本ではわりと一般的な行事で、多くの方から親しまれてきました。七福神の恵比須様を祀る行事で、交通安全や家内安全、商売繫盛などの願いを込めてお祈りします。福笹をいただいて、縁起物をつけて自宅に持ち帰りお祀りすることになります。



福笹を忘れないように

お祈りしたあとに受け取れるのが福笹。十日戎に足を運んだのなら、福笹はぜひいただいておきましょう。孟宗竹の枝にいろいろな縁起物を結んだもので、十日戎には欠かせない縁起物。持ち帰ることで戎さんのご加護が得られるのだとか。

お参りをしたら境内の横で笹をもらい、福娘たちに縁起飾りをつけてもらいましょう。縁起飾りは大判小判、福袋、米俵、鯛などが一般的。笹は無料でいただけますが、縁起飾りは有料となるので注意してください。キレイな福娘さんにつけてもらえるため、ついたくさんつけてしまうかもしれませんが、懐が痛くならない程度に注意しましょう。

商売繫盛で笹持ってこい、というのは十日戎では有名なフレーズの一つ。これは、笹を持ってきたら商売繫盛させたるよ、という意味があるようです。

すいている時間

今宮戎神社で行われる十日戎にはたくさんの人が集まりますし、相当な混雑も予想できます。そのため、十日戎が行われる期間は入場規制が発動されることも。営業時間も、9日の午前0時から11日の深夜12時までと、3日間にわたって24時間開いています。

もっとも混雑するのは10日なので、人混みが苦手という方は10日以外の日に訪れるとよいでしょう。11日は比較的すいていますが、それでも日中は混みやすいです。商売の街、大阪の雰囲気を感じられるのでぜひ訪れてほしいですね。

お参りの後は

ブルックリンロースティングカンパニー ナンバ

十日戎を楽しんだあと、参拝をしたあとには近くでグルメも楽しみましょう。神社の近くにはオシャレなカフェもいくつかありますよ。今宮戎神社を出て難波駅方面に歩いていくと、南海本線の線路下にブルックリンロースティングカンパニー ナンバがあります。線路の真下で営業しているお店ということもあり、店内のBGMはやや激しめ。ロックミュージックが少々大きな音量で流れていることもあります。

店内はゆったりとしたスペースを確保していますし、落ち着いて過ごせる雰囲気。シンプルなインテリアですが、その分ゆったりとくつろげるようなお店です。ちょっと休憩に立ち寄る、というのにもおすすめですね。

コーヒーがとても美味しいと評判なので、コーヒー好きな方におすすめ。美味しいのに価格はリーズナブルというのも嬉しいポイントです。さすがは商売の街大阪ですね。サンドウィッチや焼き菓子なども美味しいので、ぜひコーヒーのお供にしてみましょう。

大阪は国内屈指の観光都市ということもあり、店内には外国人の姿もたくさん。ほかのカフェとは異なる雰囲気も味わえるでしょう。お参りのあとにゆっくりくつろぐのに最適なお店なので、ぜひ覚えておいてください。

Address 〒556-0012 大阪市浪速区敷津東1-1-21 なんばEKIKAN
Hours AM8:00~PM8:00
Closed 不定休
Tel 06-6599-9012
Web http://brooklynroasting.jp/

今宮戎神社へのアクセス

電車での行き方

梅田駅から地下鉄御堂筋線なかもず・天王寺方面行きに乗車しましょう。大国町駅で下車すれば、そこから東に向かって徒歩約5分です。また、難波駅から向かう場合だと、南海高野線の電車に乗り、今宮戎駅で下車すれば目と鼻の先です。JR大阪駅からだと、大阪環状線に乗って新今宮駅で降りてください。北へ徒歩約10分でたどり着きます。地下鉄堺筋線の恵美須町駅の5番出口、阪堺線恵美須町駅どちらからも徒歩約5分。

車での行き方

阪神高速1号環状線の夕陽丘出口で降りてください。その後、夕陽丘交差点を右に曲がり、道なりに進んでから突き当りを右折、そのまままっすぐ進めば今宮戎神社に着きます。ただ、駐車場がないため、周辺でコインパーキングを探さなくてはならないでしょう。できることなら、車ではなく電車やバスなど公共交通機関を利用することをおすすめします。

Address 〒556-0003 大阪府大阪市浪速区恵美須西1丁目6番10号
Hours 社務所AM9:00~PM5:00
Closed 年中無休
Tel 06-6643-0150
Web http://www.imamiya-ebisu.jp/

まとめ

商売繫盛の神様を祀る今宮戎神社なので、起業している方、経営者の方にもおすすめのスポット。十日戎やお正月でなければ比較的静かですし、落ち着いて参拝もできるでしょう。大阪らしい賑やかな雰囲気を楽しみたいのなら、十日戎がおすすめです。ぜひ足を運んでみましょう。