東山動植物園で動物と植物を同時に楽しむ。人気者と見どころを紹介

トラベルパートナー: Shiori

千葉県出身。関東を中心に記事を執筆しています。 年に数回家族で旅行に行きます。行く所は温泉地や季節の花が見られるスポットです。 動物園や水族館が大好きなので、多くの人に魅力をお伝えしたいと思っています!

でら可愛い動物と綺麗な植物に出会えるからぜひ行きゃー

ファミリーはもちろん、カップルや友達同士でも楽しめる東山動植物園は全国的に有名な人気観光地でもあります。動物たちや工夫を凝らした展示はテレビで紹介され話題となりました。季節ごとに美しい花々が咲きほこります。遊園地や展望タワーも併設された一日中楽しめる人気スポットをくわしくご紹介します。

動物園と植物園、遊園地まであるレジャースポット

東山動植物園は1937年(昭和12年)に名古屋市千種区の東山公園内に市営施設として開園しました。敷地面積は約60ヘクタール・東京ドームに換算すると約13個分と、1日では周りきれないほどの広さを誇ります。

動物園では国内最多の約500種もの動物たちが飼育・展示、植物園には約7,000種の植物が栽培・展示され見どころが盛りだくさん。敷地内には遊園地や東山タワーも併設され、休憩ポイントやグルメスポットも充実しています。

動物園の人気者たちをご紹介

テレビやネットで人気沸騰のゴリラ

こちらは北園で暮らしているニシローランドゴリラのシャバーニ。イケメンゴリラとしてテレビなどで紹介され、一躍人気者になりました。その顔を他のゴリラとじっくり見比べてみれば、イケメンと言われる違いが分かるかもしれません。園内ではたくさんのシャバーニグッズが販売されています。こちらはお土産にもおすすめ。

叫び声がすごいフクロテナガザル

ニシローランドゴリラのそばにある檻で生活しているのはフクロテナガザルです。特徴的な鳴き声で、自分の縄張りをアピールしたりコミュニケーションを取ることで知られ、この東山動植物園のケイジというサルの声がすごいと話題を集めました。タイミングが合えば、まるでおじさんの雄叫びのような鳴き声を間近で聞くことができます。

大きな体に優しい目をしたゾウ

本園のゾージアムではアジアゾウが飼育されており、歴史や生態も学べるようになっています。さらに北園にはアフリカゾウの姿も。同じゾウでも、アジアゾウとアフリカゾウとでは大きさや体型などが異なるので、ぜひ見比べてみましょう。

まるでぬいぐるみのようなコアラ

本園のコアラ舎は定番の人気スポット。木の上でのんびり昼寝をしたり、ユーカリをむしゃむしゃ食べているコアラの姿はまるでぬいぐるみのような可愛さです。コアラフォレストにはコアラの生態を詳しく学べる展示もあり、たくさんの人たちが楽しんでいます。

小鳥とリスの森で癒される

こども動物園にある小鳥とリスの森では、自然の里山に近い環境を再現するための様々な工夫が凝らされています。放し飼いにされているニホンリスや鳥たちが自由に動き回り、その姿を間近で見ることができるとあって、たくさんの子供たちでにぎわっています。

家族連れにおすすめのイベント

動物たちにおやつをあげよう

毎月第1〜第4日曜日の午後2時からは動物たちにおやつをあげることのできるイベントが開催されています。キリン、アフリカゾウ、カンガルー、アシカ、カバ、アメリカバイソンなど、どの動物にあげられるかは開催日によって異なります。普段はなかなか見ることのない動物の姿を間近で眺められるチャンスなので、ぜひ参加してみては。

ふれあい広場でなでなでやごはんをあげよう

ふれあい広場にはヤギや羊のほか、ウサギやモルモットなど小動物の姿もあります。ごはんをあげたり、モルモットをひざに乗せたりと小さな子供でも楽しめるようになっているのでぜひチャレンジしてみてください。

植物園で見られる花々を紹介

春は桜やバラ

4月上旬を迎えると園内では桜のつぼみが開き始めます。ソメイヨシノをはじめ約100種類の桜が咲き誇るので、形状や色の違いを眺めつつ、のんびりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。さらに5月上旬にはバラ園のバラが咲き始め、こちらもたくさんの種類の色や香りが楽しめます。

夏はアジサイやキキョウ

6月上旬にはアジサイが咲き始め、色とりどり形も多種多様な花がアジサイ園を美しく彩ります。7月頃にはキキョウが見頃を迎え、万葉の散歩道では自然の中を散策していると貴重な自生するキキョウの姿を見ることもできます。

秋はヒガンバナやサルビア

9月頃には鮮やかな赤が目を引くヒガンバナが咲き始めます。11月頃になるとサルビアが見頃を迎え、濃い紫の色合いが秋らしい雰囲気を漂わせます。秋ならではの鮮やかな花々を楽しみましょう。

冬はツバキやウメ

1月にはツバキが、2月にはウメがそれぞれ咲き始めて見頃を迎えます。花が少なくなる冬季でも澄んだ空気の中で美しく咲いた姿を見ることができ、中でも梅林では散歩道を歩きながら目と香りでしみじみとした美しさを感じることができます。

世界遺産の合掌造りが名古屋に

植物園の中にはどこか懐かしい合掌造りの家が建っています。もともとは岐阜県白川村にあったものが移築されており、室内には昔ながらの和の空間が広がりノスタルジックな雰囲気。家屋の周りは緑豊かで池もあり、写真撮影スポットとしても人気を集めています。都会で見られる合掌造りを見に、植物園にも足を運んでみてはいかがでしょうか

東山動植物園へのアクセス

車でのアクセス

東名高速名古屋ICより約15分です。名古屋第二環状自動車道上社からは約10分です。駐車場は動物園の周りに9ヶ所もあるので停める場所には困りません。

電車でのアクセス

最寄り駅は名古屋市営地下鉄東山公園駅。3番出口を出て右折し、歩いて約3分以内に着きます。ちなみに、植物園に行く場合は星ヶ丘駅がおすすめ。星ヶ丘駅からは6番出口を出て歩いて6~7分の距離です。

住所|〒464-0804 愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
営業時間|AM9:00-PM4:50
定休日|毎週月曜日
電話|052-782-2111
公式サイトはこちら

まとめ

開園当初は東洋一の動物園とも呼ばれ、戦前には700種もの動物たちが暮らしていた東山動植物園。植物園には日本最古の温室が現存しており、重要文化財にも指定されるなど歴史深い一面も持っています。そんな国内屈指の規模を誇る動植物園には、何度も訪れたくなる魅力が常にあふれています。