代々木八幡宮は住人たちの熱い想いによって守られてきた地元の守り神

公開日:2019/2/20 更新日:2019/12/2

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Mina
出身は東京都。幼少からの歴史好きから、歴史スポットやお寺・神社を巡るのが趣味に。関東地方を中心に、主にひとり旅でのんびり回っています。有名無名問わずに、気になった寺社を回っています。風景写真を綺麗に撮れるよう、写真は勉強中。
境内に縄文遺跡もあるんです

都会のど真ん中に建つ代々木八幡宮は、隠れたパワースポットとして人気。恋愛成就や開運、家内安全などさまざまなご利益があるといわれていますし、多くの方が参拝に訪れています。出世運のパワースポットとしても話題なので、出世したい方はぜひ参拝しておきたい神社。ここでは、代々木八幡宮のご利益や見どころ、御朱印やお守り、アクセス情報などをお伝えします。

代々木八幡宮はどんな神社

代々木八幡宮は、大都会の真ん中に建つ神社。巨大なビル群や交通量の多い山手通りに囲まれるように建っています。周りの喧騒と裏腹に、境内には木々の緑が溢れ、落ち着いた雰囲気なのも特徴。創建は1212年と伝わっているので、かなりの歴史がある神社といえるでしょう。御祭神は八幡様で、最初は小さな祠でした。

代々木八幡宮のご利益

代々木八幡宮は、さまざまなご利益がある神社としても有名。諸願成就や厄除開運、安産や子育て、家内安全といったご利益があります。主祭神である八幡様、つまり応神天皇は勝利や武運、開運の神様。そのため、勝利や成功に関連するご利益があるといわれています。

これまでの歴史の中で多くの武将が勝利祈願に訪れたそう。最近だと、境内社の一つである出世稲荷大明神がテレビでも取り上げられ、出世運や仕事運のパワースポットとして注目を集めました。

出世の神様 出世稲荷大明神

拝殿の右に見えているのが出世稲荷大明神。仕事や出世のご利益があるといわれ、パワースポットにもなっています。近くに引っ越すと売れる、と芸能人のあいだでも話題になっているとのこと。

社の中や周辺にいくつもの狐像が建っているのが特徴。中には傷だらけの狐像もあり、少々不思議な雰囲気です。戦時中に、周辺にあった稲荷神社が次々と焼失してしまい、住人の手で残った狐像をここに運んだといわれています。それを合祀したのが出世稲荷大明神です。

三社造りの社

出世稲荷大明神の手前にある社は、天神社と稲荷社、榛名社の三社を合祀したもの。これらも、近隣にあった神社から合祀、遷座したものとなります。なお、稲荷社は豊受大神、天神社は菅原道真公を、榛名社は日本武尊のこと。参拝順は、まずは代々木八幡宮拝殿、次に三社、最後に出世稲荷大明神と回りましょう。

隣には富士塚も

出世稲荷大明神の右手には富士塚が。富士山を信仰する富士浅間信仰で、疑似的に富士登山を行うために造られたミニチュアが富士塚です。実際に富士山に登るのはハードルが高いので、疑似的に富士登山ができるようにと造られました。この富士塚から富士山に向かって礼拝することで、ご利益を得られるともいわれています。訪れたときにはぜひ立ち寄りたいスポットの一つですね。

縄文遺跡のある神社

境内にある代々木八幡遺跡は、石器時代中期を中心に繁栄したといわれる遺跡です。四千五百年ほど前のことらしいので、歴史ロマンも感じますね。昭和25年に発掘が行われ、その際に石器や土器などがたくさん出土しました。縄文時代のものとみられる住居跡、柱穴なども発見されています。

画像は境内にある竪穴住居跡で、縄文時代のものを復元したもの。古代の人々の暮らしに思いをはせながら見学してみましょう。

出土品陳列館も

出土品陳列館では、ここで出土したさまざまな出土品を展示しています。外からガラス越しに見学できるようになっており、近づくと人感センサーが反応してライトが点灯します。少し驚いてしまうので注意しましょう。古代、このあたりは海岸沿いで、丘陵地に人が集まり暮らしていたと考えられています。木の実や魚介類なども豊富だったとか。

境内の様子

三対の狛犬

一対の狛犬がどっしりと拝殿前に鎮座しています。これは明治26年に奉納されたもので、台座も凝った造りになっており立派。向かって左側の狛犬は足元に鞠も。右の狛犬は子連れなので、安産のご利益が得られそうですね。二の鳥居付近や一の鳥居前などにも狛犬がいるので、合わせて三対の狛犬が建っていることになります。それぞれ順番に見学してみてはいかがでしょうか。

二本の御神木

手水舎の裏手には立派な姿のご神木があります。拝殿と竪穴住居のあいだにあるので、すぐに見つけられるでしょう。一目でご神木だと分かるような威厳がありますし、そこはかとなく神聖な空気も。参拝客がご神木の幹に触れているような姿もよく目にします。出世稲荷の手前にある三社前の木もご神木とされているので、見つけたときには拝んでおきましょう。

日露戦争の慰霊碑

明治時代に勃発した日露戦争。その時に、この地域から出征した人々の名前を刻んだ碑です。毎年3月23日には慰霊祭も実施されます。もともとは近くにある小学校に建っていた碑でしたが、軍国主義の象徴といわれ取り壊されそうになりました。何とか回避し、有志の手によって代々木八幡宮に移転されたのです。碑の隣には、かつて代々木に住んでいた俳人、臼田亜浪の句碑も建っています。

御朱印とお守り



御朱印はこちら

拝殿に向かって左にある授与所で御朱印をいただけます。オリジナルの御朱印帳もあるので、ここで購入して御朱印をもらうのもよいでしょう。オリジナルの御朱印帳は、表紙が木製になっているため有名。木の温もりとよい香りが魅力的です。御朱印も迫力があり、芸術性すら感じますね。

縁結びのお守り

恋愛運がアップすると話題のパワースポットでもあります。紅水晶の勾玉をあしらった縁結びのお守りは人気なので、お土産にもおすすめ。恋愛運アップに効果絶大といわれており、若い女性を中心に人気です。美や愛、優しさを表す紅水晶を使っているのもご利益がありそうですね。見た目にも可愛らしいお守りなので、訪れたときには購入してみましょう。

可愛い鳩みくじ

鳩みくじは見た目も可愛く大人気。鳩のストラップがついており、お守りにもなります。鳩の色は7種類もあって、選ぶ色によって得られるご利益も変わってくるのだとか。代々木八幡宮の創建にも深く関わる、鶴岡八幡宮も鳩みくじが人気。代々木八幡宮のおみくじはよく当たる、という噂もあるので、訪れたときにはぜひひいておきたいですね。

代々木八幡宮へのアクセス

電車での行き方

電車で訪れる場合だと、小田急線の代々木八幡駅が最寄り駅となります。駅から徒歩約5分ほどなので、短時間でアクセスできるでしょう。また、東京メトロ千代田線の代々木公園駅で下車し、代々木上原寄り出口から出ると徒歩約5分でアクセス可能。

バスで行く場合

バスで向かう場合だと、渋谷駅の南口からバスが運行しているのでそれを利用しましょう。渋61初台駅行に乗車し、八幡下停留所で下車すれば徒歩約1分。渋63、64の中野駅行、渋66阿佐ヶ谷行も八幡下停留所に行くので、こちらの利用もおすすめ。

Address 〒151-0053 東京都渋谷区代々木5丁目1−1
Hours 9:00~17:00(授与所)/参拝は24h可能
Closed 無休
Tel 03-3466-2012
Web http://www.yoyogihachimangu.or.jp/index.php

まとめ

恋愛や出世のパワースポットとして有名な代々木八幡宮へ、ぜひ足を運んでみましょう。境内には見どころもたくさんありますし、何となく散策するだけでも楽しめます。都会の中にいることを忘れさせてくれますし、リラックスしたいときにもおすすめ。素敵な御朱印やお守りもゲットできますよ。