西郷隆盛を祀る南洲神社。西郷さんの人柄に惚れこむこと間違いなし

公開日:2019/2/18 更新日:2019/5/15

トラベルパートナー:トラベルパートナー: taka
出身は鹿児島です。得意なエリアは主に九州、その他訪れたことがあるスポットです。神社や公園などの写真、景観のある風景写真を撮るのが得意です。 スポット巡りは近場では1人で行くこともあり、1日に数カ所巡ることもあります。
南洲神社で西郷どんに手を合わせてくいやい

鹿児島市には地元の偉人、西郷隆盛を祀る南洲神社があり連日多くの参拝客、観光客が訪れる人気スポットとなっています。隣接する南洲墓地には西郷さんをはじめとする薩摩藩の志士たちのお墓もあり、花を手向ける人が絶えることはありません。今回は南洲神社の魅力と見どころをご紹介します。

西郷どん縁の南洲神社に行こう

南洲神社についてさくっとご紹介

鹿児島県鹿児島市上竜尾町に鎮座する南洲神社の創建は明治13年。西郷隆盛を始めとし、西南戦争で戦った薩摩軍の戦死者たちが埋葬されている南洲墓地に隣接しており、多くの歴史ファンが訪れる場所となっています。2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」を見ていた方には西郷隆盛の生涯を感じられる場所でしょう。南洲神社の名は西郷隆盛の号である南洲を由来としています。

南洲神社までの石段

南洲神社までは急な勾配の階段を登ります。階段は意外に長いので登る際には十分気をつけてくださいね。入口までは他に車で行けるルートもあります。駐車場もありますので、高齢の方や小さなお子さん連れの方、また足腰が不安な方はぜひ車で行くと良いでしょう。

お土産屋でお買い物

南洲神社の階段を登りきったところにはお土産屋さんの西郷観光センターがあります。お店の中には明治維新を成し遂げた薩摩の偉人たちの写真や、遺品などが飾られています。ここにはうどんやそばが人気の食堂や、地元で採れた新鮮な野菜なども販売されているので、お参りの後に寄ってみましょう。

薩摩の偉人をお参りする

鳥居をくぐって西郷どんに会いに行く

西南戦争の戦没者を祀る南洲墓地に隣接する南洲神社は、日本全国から西郷さんや幕末の志士たちを慕う参拝者があとをたちません。階段を登りきると、南洲神社の正面には鳥居が立っていますので、この鳥居の前で一礼を捧げてから神社に向かいます。神社までの道の途中に、西郷さんのお墓がある南洲墓地があります。鳥居をくぐると同時に、辺りが大変厳かな空気へと変わるのを感じるでしょう。

西郷隆盛の墓

南洲神社に向かう途中には、隣接する南洲墓地があります。墓地の中心には、薩摩の偉人であり明治維新を成し遂げた立役者、人々に愛された西郷どんこと西郷隆盛の立派なお墓。西郷さんの大きなお墓を囲むようにして、西郷軍方の仲間たちのお墓が並んでいます。また、お賽銭箱も備えられています。

村田新八と桐野利秋のお墓も

西郷隆盛のお墓から神社の方に歩くと、薩摩兵士の村田新八のお墓があります。彼は西郷隆盛と西南戦争で最後まで戦った薩摩武士の1人で、新政府から最も将来を有望視されていた有能な人材でした。西郷隆盛のお墓の次に多くの花が飾られていて、地元だけでなく、観光客からも大変人気がある薩摩の偉人として知られています。

西郷隆盛のお墓から左側の方には剣術の達人であった桐野利秋のお墓があります。「人斬り半次郎」と呼ばれるほどに剣術に長け、他藩の武士のレベルとは格段に違う強さを持っていた武士として有名です。腕利きだけでなく、非常に端正な顔立ちであったため、現在でも女性からの人気が高く、訪れるファンによるお花が途絶えることがありません。

拝殿内で西郷さんに会える



御祭神は西郷隆盛命

南洲神社は神社としては新しく無格社ではありますが、西郷隆盛の威徳を忍ぶ人々が大変多かったことから大正11年(1922年)628日に神社として認められたものです。ここの御祭神は西郷隆盛命。この拝殿で西南戦争の戦没者に手を合わせ、今日ある平和への感謝を捧げます。

南洲神社の拝殿の中には入ることができ、中には西郷隆盛の座右の銘「敬天愛人」の掛け軸や、西郷隆盛の坐像が見られます。東京の上野公園でも有名な犬を連れた西郷さんの小さな像も展示されていて、全国から訪れる西郷隆盛ファンでも連日賑わっています。

境内カフェでティータイム

南洲神社の拝殿の近くにある境内カフェ なんしゅうにはソフトクリーム、和菓子などの他、西郷さんをテーマにしたさまざまな雑貨やお土産が揃っています。カフェの一番人気は西郷さんの御顔がラテアートに描かれた せごラテ。他にもせごラテは桜島バージョン、敬天愛人などの文字バージョンがありますよ。

桜島と街の眺望が素晴らしい

南洲神社の広場が素敵すぎる

南洲神社の広場にはベンチやテーブルが置いてあり、そこから鹿児島市の街並みや桜島、錦江湾の美しい眺めが楽しめて、記念撮影にも絶好の場所となっています。広場はとてもスペースが広く、スポーツのトレーニングやウォーキングで訪れる地元の人たちも、西郷さんのお墓と本殿に手を合わせて帰って行きます。西郷さんを慕う地元の人々の愛情を感じます。

南洲墓地からの景色

数ある撮影スポットの中でも、南洲墓地からの景色は観光客に大変人気。西南戦争で亡くなった薩摩側の志士たち2,023人が見守る桜島と日本の平和を象徴する風景を眺めることができます。南洲墓地は昭和30年(1955)に鹿児島県の史跡記念物に指定されています。

西郷隆盛をさらに詳しく知りたいなら

南洲墓地隣には西郷隆盛の一生がすべてわかる資料館、西郷南洲顕彰館があります。西郷さんのことをよく知らない方にもわかりやすく西郷隆盛に特化した展示物も充実しています。西郷隆盛没後100年に建てられた記念館でもあり、見学し終わったらきっと西郷さんの人柄に惹かれることでしょう。

最後は明治政府軍に逆らったため国賊と濡れ衣を着せられてしまいましたが、日本の近代化に努めた西郷さんの熱意、そして何よりも周りの人達を大切にしていた優しさ・思いやりは圧倒的リーダーとして魅力的です。歴史にタラレバはありませんが、もしあの時西郷さんがいなかったら、今の日本は違っていたのかも知れません。

南洲神社へのアクセス

車での行き方

鹿児島溝辺空港から九州自動車道経由で約40分(36.km)で到着します。また、JR九州の鹿児島中央駅からは磯街道、国道10号線経由で約12分(4.2km)で到着します。南洲神社には普通車50台分の駐車場があります。

バスでの行き方

バスは、まち巡りバスなら南洲公園入口下車、鹿児島市バスのシティビューなら西郷南洲顕彰館前で下車すると到着です。

Address 〒892-0851 鹿児島県鹿児島市上竜尾町2-1
Hours なし
Closed なし
Tel 099-247-6076
Web http://nansyu.starfree.jp/access.html

まとめ

全国的な西郷どん人気でたくさんの参拝者が訪れる南洲神社。とにかく桜島がとてもきれいに見えて感動的です。また、知れば知るほど西郷さんのお人柄に惹かれる旅となりました。境内には、西郷さんに捧げた勝海舟の歌碑など見どころは尽きません。鹿児島に訪れた際にはぜひ足を運んで見てくださいね。