狐の足あとはオシャレな足湯カフェ。スイーツを食べながらまったりしよう

公開日:2019/2/22 更新日:2019/12/5

トラベルパートナー:トラベルパートナー: nanoha
出身地は広島。得意なエリアは中国地方です。パワースポットや食べ歩きが好きなので、神社仏閣やグルメが楽しめるスポットの紹介が得意。列車での旅はもちろん、サイクリングやドライブでのお出掛けも好きです。
湯田温泉観光の際はぜひおいでませ~

山口県にある湯田温泉は足湯で有名な観光スポットです。中でも美味しいコーヒーを飲みながら足湯に浸かることができるカフェがあり、とても人気なんですよ。そこで今回は湯田温泉を観光するのに押さえておきたい場所をご紹介したいと思います。



湯田温泉観光回遊拠点施設

湯田温泉の開湯は約800年前とされており、「白狐伝説」が温泉発見の由来とされています。白狐伝説とは、権現山と呼ばれる山の麓にあったお寺の境内で、傷ついた足を池につけている白狐を見かけ、その池の水をすくってみるとなんと温かい、さらに池を深く掘ってみると熱いお湯がみるみる湧き出し始めた、という言い伝え。このため湯田温泉は、白狐の湯ともいわれているんですよ。

湯田温泉観光回遊拠点施設ではこういった歴史を学んだり、足湯に浸かったり、食べたりといろんな楽しみ方があります。

足湯を備えたカフェ

湯田温泉観光回遊拠点施設は2015年にオープンしました。2階建てで、カフェや展示スペース、多目的スペースなどを備えています。ここでは、屋内外に3種類の足湯があり、それぞれ違った足湯を楽しむことができます。

和風で温かい雰囲気でまったり

足湯席もあるカフェ

建物の1階にカフェスペースがあり、徳佐りんごなど地元の食材を使ったドリンクや山口銘菓外郎を使ったスイーツなどが楽しめます。窓辺の湯ではカフェでスイーツを味わいながら足湯につかれます。満足感たっぷりのカフェですね。

屋外にも足湯

屋外にも足湯があり、外の空気を吸いながら温まることができます。足湯ごとに少しずつ温度が違っているので、比較しながら楽しんでみてはいかがでしょうか。ここでもカフェのメニューを味わうことができるのでおすすめです。

観光情報発信拠点でもある

また、山口県の情報発信拠点としての役割も担っています。無料の観光パンフレットなどが数多く置かれており、観光の情報を手に入れるのにもうってつけの場所。楽しみながら湯田温泉や山口観光のヒントが得られるような展示も随時行われています。

足湯につかろう

足湯衣装の貸し出しなどもある

豊富な湯量を誇る湯田温泉の街中には、無料で楽しめる足湯が6か所あり、いずれも屋根付きで、開放的な雰囲気です。街歩きに疲れたら利用してみてください。

四季の湯では、1階の入り口付近で料金を払い受付をすると、靴箱の鍵と足ふき用の使い捨ておしぼりを渡してくれます。レトロモダンな足湯衣装の貸し出しもあります。外の足湯に入る際は靴箱に靴を入れ、専用のサンダルを履いて外の足湯に向かいましょう。

四季の湯

足湯は建物の外にあり、桜や紅葉など四季の風景を楽しみながら温まることができます。とても風情があり、癒されますよ。ただ室外ということもあり足湯の温度は熱めなので注意しましょう。



言音の湯

四季の湯のとなりにある小さな足湯部屋が、言音の湯です。足湯の温度はややぬるめで、中原中也の詩をテーマにした音楽が流れている癒しの空間となっています。だから言音という名前がついたのですね。叙情的な音楽を聴きながらの温泉はまた新鮮な体験でしょう。車いすでの利用もできるので安心です。

泉質はアルカリ性単純温泉

泉質はアルカリ性の単純温泉。神経痛や筋肉痛などに効果があるとされており、疲れを癒してくれます。また、肌をすべすべにする効果もあるとされているので美肌の湯とも言われているんです。

幻想的な雰囲気を醸し出すライトアップ

夜間には四季の湯がライトアップされます。あたりが一気に幻想的な雰囲気になるので昼も夜も楽しむことができますよ。桜の時期には夜桜が、紅葉の時期には夜の紅葉が楽しめます。昼に見る景色と夜に見る景色とで全く違ってくるので、それぞれの時間に訪れてみてください。

個性豊かなカフェメニュー

見た目も愛らしいスイーツやドリンク

狐の足あとには、山口や湯田温泉にゆかりがある個性豊かなスイーツやドリンクが販売されています。特に、白狐伝説をイメージした狐をあしらったメニューや山口県ゆかりの詩人 中原中也に関するメニューが特徴。アイスやパフェなど洋風スイーツもあるので子どもも大喜びです。また、期間限定のメニューもあるので、行く度に楽しみが増えますね。

フォトジェニックなラテアート

ラテアートを施したドリンクもあり、インスタ映え間違いなし。図柄は中原中也のシルエットや狐の顔をあしらったものなどがあり、ここにしかないフォトジェニックなメニューが楽しめますよ。

利き酒を楽しもう

山口の地酒がおちょこ1杯から頼めます。1セット3銘柄の利き酒セットの販売もされており、香りや味わいの微妙な違いを楽しむことができます。足湯につかりながらほろ酔い気分を味わうことができるので、至高な時間を満喫できますよ。

まるで中也の気分

館内には中原中也の書斎をイメージしたブースがあります。そばには帽子とマントがあり、身に着けることができるようになっています。まるで中原中也になった気分が味わえる展示スペースです。

近くにはアートな施設がある

中原中也記念館

狐の足あとの目の前には中原中也記念館があります。日本を代表する詩人である中原中也は、若くして亡くなってしまいましたが、350篇もの詩を残したとされています。中原中也記念館では、中也の草稿や愛用品などが展示されており、中原中也の生涯や作品が紹介されています。企画展の開催もあるので、ぜひチェックしてみてください。

Address 〒753-0056 山口県山口市湯田温泉1-11-21
Hours AM9:00~PM5:00(5~10月はPM6:00まで)
Closed 毎週月曜日、毎月最終火曜日、年末年始他
Tel 083-932-6430
Web http://www.chuyakan.jp/

狐の足あとへのアクセス

電車での行き方

狐の足あとは、湯田温泉の温泉街にあります。電車で行く場合は、湯田温泉駅を目指しましょう。JR山陽本線・山陽新幹線の新山口駅からJR山口線で湯田温泉駅までは、普通列車で18分となっています。JR湯田温泉駅からは徒歩約10分ほどで行くことができます。

車での行き方

小郡ICから約15分。狐の足あと専用の駐車場があり、中原中也記念館との共同駐車場になります。県道204号線沿い、湯田温泉バス停より200メートルほど山口市街に寄った場所になります。隣には有料の駐車場がありますので、無料駐車場が空いていない場合は活用するといいでしょう。

Address 〒753-0056 山口県山口市湯田温泉2-1-3
Hours AM8:00~PM10:00
Closed なし
Tel 083-921-8818
Web http://www.yuda-onsen.jp/

まとめ

山口県特有の狐にまつわるカフェを楽しみながら、足湯に浸かることができる湯田温泉はいかがでしたでしょうか。子どもから大人まで幅広く楽しめること間違いなし。狐の足あとと温泉街、記念館はすぐ近くにあるので、1日で全て楽しめますのでとてもおすすめです。ぜひ山口県に行った際は立ち寄ってみてください。