ワタリウム美術館で現代アートに触れよう。周辺のオシャレスポットも合わせてご紹介

公開日:2019/2/21 更新日:2019/5/10

トラベルパートナー:トラベルパートナー: naolalala
東京出身。旅行に行くのなら絶対海外派。最近はアメリカやオーストラリアの国立公園の魅力にはまってしまって、旅行先にはなるべく自然の多いところにしています。週末はぶらぶらお散歩が好きなので、近場を歩きながら気になったモチーフなどを写真におさめます。美味しいスポットも絶対おさえます。
キラー通りにあるワタリウム美術館では有名人の展示も開催される!アート初心者でもとっつきやすい

東京都渋谷区のキラー通りにワタリウム美術館はあります。ワタリウム美術館では現代アートを身近に感じることができる企画展も開催され、気軽に足を運ぶことが出来る美術館なんです。そんなワタリウム美術館の魅力に迫っていきます。

現代アートが楽しめるワタリウム美術館

ワタリウム美術館とは

東京都渋谷区のキラー通りにあるワタリウム美術館は、1990年に開館した現代アートの私設美術館です。前身となる現代美術画廊ギャルリー・ワタリの創設者である和多利志津子と、キュレーターの息子・和多利浩一、そして娘の和多利恵津子からワタリウム美術館と名付けられたそうです。

現代アートに触れよう

現代アートをメインに建築や写真、映像、デザインなどの作品がワタリウム美術館には展示されています。企画展示のみを行っていますので、常設展示のものはありません。そのため、様々な展示作品を鑑賞することができますので、何度でも足を運びたくなる美術館なんです。コンサートやワークショップなども展覧会によっては行われています。ぜひチェックしてみてください。

アート初心者でも大丈夫

アート初心者からすれば、現代アートという響きに少し臆してしまうことも。ですが、有名人による企画展なども多く、アート初心者にも気軽に楽しめる展示内容となっています。

ひときわ目を引く建物

スイスの建築家であるマリオ・ボッタにより、ワタリウム美術館は設計されました。三角形の土地に建つデザイン性の高い建築物になっています。カタログ「マリオ・ボッタ ワタリウム建築プロジェクト 1985-1990展」に、この建築プロジェクトについて詳しく掲載されています。展示スペースは地上2階から4階まで。1階と地下1階はショップやカフェが併設されています。

浅野忠信のドローイング

企画展は年間4〜5回実施され、2018年の12月から、2019年3月末日までは浅野忠信による「TADANOBU ASANO 3634展」が行われています。俳優である浅野忠信の700点ものドローイングが展示されました。なかには映画の撮影中に映画の台本やスケジュール表の裏などに描いたものもありますので、一風変わったとても興味深い作品になっていました。

センスのいい企画展

これまでも有名人による様々な企画展が開催されてきました。音楽家の坂本龍一、映画監督の園子温など、有名人による企画展ということもあり、現代アートに詳しくない方も多数訪れています。3ヶ月に一度のペースで新たな企画展が開かれますので、気軽に覗いてみるといいかもしれません。自分のセンスに響くクリエーターの作品に出会えるかも。

充実したショップ オン・サンデーズ

ミュージアムショップオン・サンデーズが1階、地下1階にあります。展示会のカタログや、アートに関しての書籍、写真集などが販売されています。美術館と独立していますのでショップだけの利用も可能です。ポストカードや世界各国の文具は約1万種類をこえる圧巻のラインナップで、MOMAグッズなども充実していて、友人や恋人などへのプレゼントにもオススメです。



美術館から外を眺める

最上階の4階からは、アートやファッションのアイコンでもあるキラー通りを眺めることができます。近代的な建物と古い建物が織りなすコントラストは、少し不思議な感覚になる風景となっています。夜になると通りは静かになりますので、昼とはまた違った顔を見ることができます。

アートの後はパンケーキでお茶

パンケーキが美味しいカフェ香咲

美術館から向かいの小径を入ると、緑にあふれたカフェ香咲(カサ)を見つけることができます。1984年にオープンした喫茶レストランで、焼きたてのホットケーキはマツコ・デラックスさんも絶賛のグルメです。

素朴なホットケーキが止まらない

厚みのあるしっかりとしたホットケーキは、中はフワフワでしっとりしており、たっぷりバター、メープルシロップ、生クリームと絡めて食べれば甘みと塩気が絶妙でクセになるおいしさ。もちろんお店の一番人気メニューで、先代オーナーが子どもの頃に母親に連れられて銀座で食べた味を守っているそうです。スイーツは他にもタルト、スコーンなどがあり、すべて手作りです。

ランチタイムには洋食メニュー

ランチタイムにはラザニアや焼きチーズナポリタンなど、洋食メニューが揃っています。お店は11:30からのオープンとなっていますが、すぐにお客さんで席が埋まってしまいますので、開店前の少し早めの時間に行って待っておくのをオススメします。

可愛らしいデザインがたまらない

看板や店内のメニューは手書きのイラストで、ステンドグラスなども店長でありアーティストのジョナサン・ヒーバート氏によって制作されました。ジョナサン氏は来日前にボストンで14年間に渡り、デコラティブアーティストとして活躍していたそうです。来店時には可愛らしいイラストなどにも注目してみてください。

Address 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目41−1
Hours AM11:30-PM8:30(土日はPM6:30まで)
Closed 毎週月曜日
Tel 03-3478-4281
Web cafecasa.net

キラー通りを散策

近代的な建物にレトロな建物が混在し、大人のオシャレな雰囲気が漂うストリートです。

キラー通りをのんびり歩いてみよう

ワタリウム美術館でアートに触れて、カフェ香咲でティータイムを満喫したあとは、キラー通りをノンビリ歩いてみてください。1964年の東京オリンピックの頃にキラー通りは整備されたそうです。当時最先端だった建築物は今ではレトロモダンな風合いを作り出し、魅力的な空間になっています。



落ち着けるストリート

ギャラリーやオシャレなショップが並び、どこかホッとする通りとなっています。昼間は車や人の往来も多く都会的な忙しさが漂っていますが、夜になればグッと落ち着いた雰囲気が漂います。小径に入ればジャズバーなどもあり、外苑前の大人な夜を楽しんでみてください。

わずか1kmのストリート

外苑西通りのうち、青山通りとの交差点から約1kmの部分がキラー通りとなります。たった1kmの短い区間ですが、斬新な建物も多く建ち並び、歩いているだけでも楽しいです。キラー通りを抜けて表参道を散策するのもオススメです。

ワタリウム美術館へのアクセス

電車での行き方

最寄り駅は東京メトロ・外苑前駅です。外苑前駅を降り、キラー通りを千駄ヶ谷方面に進みます。歩いて7分ほどで到着します。また、表参道駅からも10分といアクセスの良さ。また、JR千駄ヶ谷駅からの場合は、キラー通りを西麻布方面に向かう形となります。歩い15分ほどです。

Address 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目7−6
Hours AM11:00-PM7:00(水曜はPM9:00まで)
Closed 毎週月曜日
Tel 03-3402-3001
Web watarium.co.jp