一度は見たい世界の絶景でも紹介された権現堂公園。混雑覚悟で見事な桜を見に行こう

トラベルパートナー: Kenji

埼玉県出身。国内では関東上信越、海外は英語圏によく訪れる。友人や家族と旅行することが多く、楽しく遊べるレジャースポットの紹介が得意。

自然もスポーツも満喫できる公園は良かんべぇ

埼玉県幸手市と久喜市に渡って広がる権現堂公園は桜の名所として有名で、桜の他にも菜の花や紫陽花、曼珠沙華、水仙と膨大なスケールで整備された花の絨毯が迫力満点。全国から観光客が集まる人気スポットとなっています。今日は権現堂公園の四季折々の楽しみ方とおすすめポイントをご紹介します。

見事な桜が咲き誇るお花見の名所

権現堂(ごんげどう)公園は埼玉県幸手市にある公園で、関東屈指の桜の名所としてとても有名です。写真ガイドブック「死ぬまでに一度は見たい 世界の絶景(日本編)」でも人気の観光スポットとして紹介されている場所で、桜以外にも四季折々の花々や、のんびりくつろぐヤギたちを見ることができます。

また、スポーツ設備もばっちり揃った魅力いっぱいの公園です。公園の敷地は幸手市にある3号公園、4号公園と久喜市にある1号公園に分かれています。

権現堂といえばとにかく桜

桜まつりの景色は圧巻

4号公園の権現堂桜堤では、毎年3月下旬から4月上旬に桜の見頃を迎えると「桜まつり」が開催されます。この時期には息を飲むほど美しい1000本の桜のトンネルが見られます。また、果てしなく広がる菜の花の絨毯と桜の織りなす夢のような景観は一度見たら忘れられないほど印象的。あちこちに露店も多数出て、大勢の花見客で賑わいます。  

夜桜のライトアップもおすすめ

桜まつりの期間中は、日没から22時まで桜のライトアップが行われます。約1000本もの桜で作られたトンネルが一斉に明かりに照らし出され、昼間の眩しい桜トンネルとは一味ちがうロマンチックで幻想的。昼間の桜祭りは混雑しますが、夜はお花見客も少し減り、ゆっくり夜桜見物ができます。混みが苦手な方はライトアップに合わせて公園に出かけてみてはいかがでしょうか。

春の桜以外にも綺麗な花がいっぱい

6月に見頃を迎える綺麗なあじさいまつり

毎年6月から7月の梅雨の時期には、100種16,000株ものあじさいが一斉に花開き、権現堂公園を彩ります。紫や青、赤い紫陽花だけでなくアナベルと呼ばれる白いあじさいの群生もあります。この時期にはあじさいまつりが開催され、広大な堤に咲き誇るあじさいを眺めにたくさんの人が訪れます。スケールの大きな紫陽花の群生は晴れた日も、雨の日もそれぞれに味わいがあって素敵ですよ。

秋にはあたりが真っ赤に変わる曼珠沙華祭り

毎年9月から10月、権現堂公園は約350万本も植栽された曼珠沙華で一帯が真っ赤に染まって曼珠沙華まつりが開催されます。曼珠沙華は彼岸花とも呼ばれ、不思議とお彼岸が近づくとそれを知らせに咲くことでも知られています。周囲の緑と赤い絨毯のコントラストが清々しく、迫力があって写真映えする風景のため、カメラを構える人たちをあちこちで見かけます。

冬は香り高い水仙まつり

1月-2月の冬の季節には水仙まつりが開催され、約50万本の水仙の花々で堤一面が良い香りに包まれます。可憐な水仙の花も圧巻の姿を見せてくれます。この時期には地元の名産品の販売も行われ、大勢の観光客、見物客が訪れます。四季折々、それぞれの花の開花情報は幸手市観光協会のホームページで見ることができますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

思いっきり遊べる1号公園

子どもたちが喜ぶ遊具広場

権現堂公園の1号公園には球技広場や芝生広場、遊具があり家族みんなで楽しめます。花々を楽しめる4号公園から少し離れ、久喜市にある1号公園内行くと広々とした遊具広場があります。ここには海賊船を模した遊具やすべり台などが設置され、手すりもついているので小さな子供でも安心して遊ばせることができます。船型の遊具は先端から霧が吹き出す仕掛けもあり、子どもたちに大人気です。

スポーツを楽しむ運動広場と球技広場

全面芝生の運動公園は週末ともなると持参したボールやスポーツ用具で遊ぶ家族連れや、レジャーシートを敷いてピクニックをする人々で賑わいます。また、有料ですが球技広場もあり、こちらではサッカーや野球、グラウンドゴルフを本格的に楽しむことが可能。少年野球チームや地元のサッカーチーム、愛好会の人たちでいつも賑わっています。

草を食むヤギに癒される

3号公園内では、ヤギを利用した公園内の雑草除去を行うために、屋久島ヤギが飼育されています。人が来ると嬉しそうに近寄って来る人懐っこいヤギたちなので、生えている草をちぎってあげると食べてくれることもあり、子供も安心して触れ合うことができるでしょう。

ただし、ヤギ達には紙や人間の食べ物は絶対に与えてはいけませんのでくれぐれもご注意くださいね。春になると、菜の花が広がる場所で飼育されているので、ぜひ会いに行ってみてください。

噴水を眺めながら遊歩道を散歩しよう

権現堂公園には市内を流れる中川流域の洪水対策等の水量調節を行う権現堂調節池、行幸湖(みゆきこ)があります。周辺には水辺をゆっくり散歩できる遊歩道が整備され、池の中央には県庁所在地120年を記念して作られた噴き上げの高さが36.6mの大噴水を楽しめます。

噴水デザインは埼玉県章の勾玉と、県鳥のシラコバトをイメージしたものだそうです。水は30分おきに吹き上がるため、桜の季節などは噴水と桜の饗宴にカメラを構える方も多いスポットです。

ゆっくり休憩できる峠の茶屋

幸手権現堂桜堤にある4号公園にはソフトクリームやパン、飲み物の売店、峠の茶屋があります。ここでは外のテーブルで季節の花々を眺めながら休憩ができておすすめです。ミルク感たっぷりのソフトクリームや手作りパンは大人気で、お花見シーズンともなるとあっという間に売り切れることも珍しくありません。店内では地元の物産品も販売しています。

住所|〒340-0103 埼玉県幸手市大字内国府間867 権現堂公園
営業時間|AM9:00-PM17:00
定休日|毎週木曜日
電話|0480-44-0873
公式サイトはこちら

特産品が買える農産物直売所、さくらファーム

権現堂公園に隣接した農産物直売所さくらファームには埼玉の地元で採れたばかりの農産物やお土産品が揃っています。手作りのお弁当やスイーツなどもあるので、ここでお弁当を買って公園でピクニックするのも楽しいですよ。駐車場は50台ほど停められるため、車での立ち寄りも安心です。

住所|〒340-0103 埼玉県幸手市大字内国府間67番1
営業時間|AM9:00-PM17:00
定休日|なし
電話|0480-44-9559
公式サイトはこちら

権現堂公園へのアクセス

電車での行き方

東武日光線幸手駅には、東京の浅草駅から東武日光線で約1時間、大宮からは約45分で到着します。幸手駅からは朝日バスに乗車して権現堂下車すぐです。ただし、幸手駅からのバスは1時間に2本程度しかないため、電車やバスの時間は事前に調べておくと良いでしょう。また、幸手駅にはレンタサイクルがありますので、お天気の日などは自転車で行くのも気持ちが良くておすすめですよ。

車での行き方

首都圏中央連絡自動車道幸手ICからは約10分。国道4号線から権現堂桜堤の交差点を左折すると到着です。また、東北自動車道久喜ICからは約20分かかります。さいたま栗橋線の八甫交差点を右折し、権現堂桜堤の交差点を直進すると到着します。隣接した駐車場がありますが、桜まつりのシーズンなどは混雑して駐車には時間がかかるためくれぐれもご注意くださいね。

住所|〒340-0103 埼玉県幸手市大字内国府間887番地3
営業時間|AM8:30-PM19:00
定休日|なし
電話|0480-44-0873
公式サイトはこちら

まとめ

東京近郊でダイナミックな花景色が楽しめる権現堂公園。思い出に残る美しい景観は四季それぞれの持ち味があってどれも見逃せません。スポーツやピクニックと共に家族の思い出もいっぱい作れますよ。埼玉県に旅行に行く際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。