さかい利晶の杜では千利休と与謝野晶子を身近に感じられる

トラベルパートナー: Sugar

出身地は大阪。得意なエリアは関西。 歴史的建築物や美術館巡りが好き。観光地に一緒に行くのは主に家族や友達。 美術館には一人で行くことが多いです。 旅行前に頭に入れておくとよりそのスポットが好きになれるような情報を発信していければと思います。

堺の偉人や歴史が学べまっせ

大阪で茶の湯が体験できるスポットがあるのをご存知でしょうか。大阪にあるさかい利晶の杜は、千利休や偉人の館で有名な観光スポットです。ここでは、賑やかな街並みと静かな古き良き日本文化の雰囲気を味わえる、さかい利晶の杜の見どころや穴場注目スポットを詳しくご紹介します。

利晶の杜は堺の歴史と偉人を知るための施設

千利休と与謝野晶子は堺出身

堺に生まれた千利休と、もてなしの心を培った偉人 与謝野晶子をもっとよく知ることができる施設として登場したのが利晶の杜(りしょうのもり)。堺に観光に来た際にはぜひ訪れてほしい、文化と歴史を楽しく学べるスポットです。

さかい利晶の杜は、茶の湯などの日本文化を伝える観光スポットであると同時に堺の歴史も感じることができます。新しく変わっていく街並みと歴史を残す大阪を見学しながら、ぜひここでしかできない文化体験も味わってみてくださいね。

大阪の堺にある、さかい利晶の杜は、2015年3月20日にオープンしました。さかい利晶の杜の名前にある「利」と「晶」とは、堺出身の偉人である「千利休」と「与謝野晶子」の名前の一文字をとっています。館内は、堺の昔の街並みをわかりやすく表現したパネルや映像が特徴で、眺めているだけで古の堺にいるような気分になるでしょう。

https://www.instagram.com/p/BHZ-m4rDe-l/

ここでは、千利休茶の湯館、与謝野晶子記念館、さかい侍庵外観の3つの展示場を自由に見学することができます。足元を見ると、江戸時代後期の泉州堺絵図陶板フロアマップを眺めることができます。まるでタイムスリップしたような気分にさせられます。他にも、宿院界隈の昭和初期時代を実際に再現したジオラマ模型も飾っているので見逃さずにチェックしてみましょう。

さかい利晶の杜の見どころ

茶の湯体験

View this post on Instagram

・ 今日はお友達と大阪・堺市にある 『さかい利晶の杜』へ行ってきました。 利・・・千利休 晶・・・与謝野晶子 から命名された施設です。 ・ ・ 千利休が豊臣秀吉のために建てた 茶室『待庵』の復元などを見学。 極小二畳の茶室で低天井 ・ 当時、男性の平均身長が150㎝の時代に 千利休は180㎝あったんだとか🤔 ・ ・ 見学後は立礼茶席で 表千家のお点前をいただきました🍵 ・ ・ ランチは豆腐料理の 『梅の花』さんへ ヘルシーで美味しい✨✨ ・ ・ #さかい利晶の杜 #千利休 #茶室待庵 #昭和初期頃のジオラマ #堺の歴史を知る #湯葉と豆腐料理#梅の花 ##todayslunch #healthyfood #japanesetea #instalike #instapic #instadaily #insta_osaka #sennorikyu

A post shared by ♥ Kazue morikawa ♥ (@kazue.moca) on

こちらでは本格的な茶の湯を体験することができます。抹茶のお点前体験では、表千家・裏千家・武者小路千家が交代で行います。賑やかな堺の中でもここでは静かにお茶を一服することができるので、ゆったりと過ごしたい方にはおすすめ。また、お茶菓子は堺名物のこだわりの週替わり和菓子が出るので何がでるかはお楽しみに。

茶の湯を学ぶ、千利休茶の湯館

https://www.instagram.com/p/BtBAbvkg6hp/?utm_source=ig_embed

もちろん、千利休のお茶室も見学することが可能。利休が若い時に住んでいた堺今市屋敷と晩年期の聚楽屋敷の茶室が見事に再現されているのでぜひじっくり見ることをおすすめします。千利休茶の湯館を一歩外へ出てみると、さかい待庵の外側に出るのでそこも見学することができます。

こちらは、千利休の茶室 待庵を復元したもので、自然の石や竹など釘を一本も使用していないものが多いのでその技術力も見どころの一つ。

歌人晶子の華麗な人生に迫る、与謝野晶子記念館

続いてこちらは与謝野晶子の記念館。こちらの館内の特徴としては、装丁ギャラリーが中央にあります。ギャラリーは藤島武二や中沢弘光などのプロの画家が手がけており、その他にも与謝野晶子が残した着物や原稿など貴重な品物が並びます。

このようにきらびやかな品物の展示室の奥には、与謝野晶子が生まれ育った素朴な駿河屋の店先を再現した構造の部屋があります。1階には暖簾がかかった和風の雰囲気で2階は巨大な時計が目立つ洋風な構造となっています。和洋折衷をわかりやすく表現した与謝野晶子のイメージが重なって見えるので、ぜひじっくり見学してみてください。

利休と晶子をよりよく知る為の周辺施設

すぐ東側にある千利休屋敷跡

https://www.instagram.com/p/BrxTtyhASGq/

館内はもちろんですが、実はその周辺にも千利休と与謝野晶子のゆかりの地をさらによく知ることができる場所があります。さかい利晶の杜の東側には千利休屋敷跡があり、ここは利休が椿の炭で水を清めた井戸が残されています。

井戸の屋形は、ゆかりの大徳寺山門を改修する際に廃材を使って建てられたと言われる名所。あまり知られていませんが、利休を知る上では欠かせないスポットと言われています。ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

与謝野晶子生家跡と歌碑

続いて、与謝野晶子のゆかりの地をのぞいてみましょう。こちらは、さかい利晶の杜から北側にある晶子の生家跡の碑です。古くからの老舗である駿河屋は残念ながら現存しておらず、当時のものは見ることができません。再現されたものは与謝野晶子記念館にあるのでそちらで見学することがおすすめ。

View this post on Instagram

#与謝野晶子 #与謝野晶子生家跡 #宿院 #堺

A post shared by coqcoq (@coqtravel) on

こちらの与謝野晶子の歌は、今はありませんが、父母の家があった場所となります。この地から与謝野晶子は堺区立堺女学校に通っていました。現在の泉陽高校には、有名な歌である「君死にたまふことなかれ」の詩碑があるので、興味がある方はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

周辺の休憩スポット

スターバックスは和テイスト

洋風のおしゃれなスターバックスですが、こちらでは京都のようにシックな和テイストが特徴。堺フェニックス通りにあり、堺市立歴史文化にぎわいプラザの北側となります。阪堺電車 宿院駅から徒歩3分で到着することができます。

日本家屋のように縁側席もあるので、ほっこりといつもと違うスターバックスを楽しむことができるので人気が高いスポットです。写真映えもするので記念撮影をすることもおすすめです。

住所|〒590-0958 大阪府堺市堺区宿院町西2-1-41
営業時間|7:00-24:00
定休日|不定休
電話|072-282-7680
公式サイトはこちら

老舗のお茶が気軽に楽しめる、つぼ市

和テイストのお茶屋さんを探している方におすすめなのが、神明町駅から徒歩1分の場所にある つぼ市。こちらは町屋をキレイにリノベーションしたお店で、市中の山居というコンセプトがあります。日本茶のプロが丁寧に淹れてくれるので、味わい豊かなお茶をいただくことができます。

住所|〒590-0934 大阪府堺市堺区九間町東1丁1-2
営業時間|物販/10:30~18:00 喫茶/11:00~18:00(ラストオーダー17:30)
定休日|火曜日・年末年始
電話|072-227-7809
公式サイトはこちら

堺に来たら食べてほしい、かん袋のくるみ餅

View this post on Instagram

大阪出身の母が子供の頃に食べさせてくれた「くるみ餅」。あの美味しさが忘れられなくて、色んなお店で「くるみ餅」を食べてきました。 どこのくるみ餅も美味しいんだけど、「あの」くるみ餅の味とは全然違う。 何故だろう?あの絶妙な香ばしさ、ねっとりとしたクリーミーさ、あのモチモチのお餅に私はもう二度と会えないのか・・・ 諦めの想いが芽生え始めた2017年。先日、大阪コンサートの差し入れで頂いたこのお餅をひとくち頬張って、「・・・これだ!!!!」と叫びました。 探し続けて30年、ついに見つけた!やはり大阪にあったか!!感動の再会。 それと同時に、今まで何故出会えなかったのかという謎も解けました。 私はずっと、くるみ餅の「くるみ=胡桃」と思い込んでいましたが、子供の頃に食べた思い出のお餅は、こっちの「くるみ=包み」だったのです!!餡で包まれているから「くるみ」餅と呼ばれているんだそうで、餡の材料は胡桃ではなくて「豆」なんですって!そうだったのかー!言われてみれば私の大好きなずんだ餅と風味が似ている!そりゃ胡桃餅を食べ続けても見つからないわけだわ。いや~衝撃。 今回頂いたのは堺名物「かん袋」さんのくるみ餅だったんですが、関西にはこういう「くるみ=包み餅」を出すお店が何店舗かあるみたいで、母に聞いたところ、私が子供の頃に食べていたのは「むか新」というお店の物だったそうです(30年探し続ける前にさっさと母に聞けば良かった説)。 以上、今年の最高にすっきりした出来事でした。お正月もお餅いっぱい食べましょう!! #改行を覚えた #くるみ餅 #かん袋 #むか新 #新妻聖子

A post shared by 新妻聖子 (@seikoniizuma) on

オシャレなお店もいいけれど、堺市の名物を堪能したいという方におすすめなのが、寺地町駅から徒歩3分の場所にある かん袋。こちらのおすすめメニューは、お餅をくるんで食べる くるみ餅。ほっこりする懐かしい味わいが特徴です。室町時代に堺が南蛮貿易の港として栄えていた時に、5代目忠兵衛が販売し始めたのがきっかけだとされています。とにかく混雑しているので行列覚悟でゲットしましょう。

住所|〒590-0963 堺市堺区新在家町東1-2-1
営業時間|10:00〜17:00
定休日|火曜/水曜
電話|072-233-1218
公式サイトはこちら

さかい利晶の杜へのアクセス

電車での行き方

さかい利晶の杜への電車でのアクセス方法は主に3つあります。1つ目は、阪堺線 宿院駅から徒歩1分で向かう方法。2つ目は、南海高野線 堺東駅からバスで6分ほどで到着する方法です。3つ目は、南海本線 堺駅から10分の徒歩で向かうか、あるいはバスで3~5分で向かうかのどちらかとなります。最寄りのバス停、宿院を下車して徒歩1分で現地に到着します。

車での行き方

車で現地まで向かう場合は主な行き方は2通り。1つは、阪神高速15号堺線の堺ICから、3分ほどでさかい利晶の杜に到着することができます。2つは、阪神高速4号湾岸線の大浜ICを降り、3分ほどでさかい利晶の杜に到着するルートです。現地には普通車103台・観光バス5台分が駐車できるゆったりとした駐車場があります。24時間営業なので時間を気にすることなく利用することができるのでおすすめ。

住所|〒590-0958 大阪府堺市堺区宿院町西2丁1-1
営業時間|10:00-17:00
定休日|だい3火曜日・年末年始
電話|072-260-4386
公式サイトはこちら

まとめ

さかい利晶の杜は、堺市の歴史を学ぶことができるだけではなく、千利休と与謝野晶子を中心にした堺の歴史文化を楽しく学び、貴重な日本文化体験もできる新しいタイプの観光スポットとなります。茶の湯はもちろん、桜など季節のイベントも多数開催されるのでそれぞれの四季を楽しむことができます。