大阪四大緑地のひとつ服部緑地で自然の中でたくさん遊ぼう

トラベルパートナー: Chii

出身地は大阪、関西とヨーロッパと南国が得意です。日本では神社仏閣巡りと公園巡り、海外では中世の町並みやお城を訪れたり、南国の島々で絶景を写真に撮るのが好きです。一緒に行くのは主人や子供達と、近場なら一人で訪れます。

広くて施設が多いから、いろんな楽しみ方ができるで~

自然豊かな空間で散策やスポーツが楽しめると人気の服部緑地大阪四大緑地の一つにも数えられ、スポーツ施設や文化施設も充実したスポットです。四季折々の風景も楽しめ、子供たちが遊べる遊具も豊富なので家族連れで訪れる方も少なくありません。ここでは、服部緑地の魅力や見どころ、楽しみ方などを完全攻略しましょう。

服部緑地とは

広大な敷地面積を誇る公園で、園内には緑豊かな自然が広がります。さまざまな施設も充実し、いろいろな楽しみ方のできるスポットです。

大阪四大緑地のひとつ

大阪四大緑地の一つでもある服部緑地は、大阪府豊中市から吹田市にまたがる公園。大阪府を代表する緑地公園であり、1950年に開園しました。125.9ヘクタールもの敷地面積を誇る規模の大きな公園で、千里丘陵の地形や景観を活かした造りが特徴。服部緑地のほか、八尾市の久宝寺緑地、鶴見区の鶴見緑地、堺市の大泉緑地をあわせて大阪四代緑地となります。

スポーツ施設・文化施設など充実

野球場やテニスコートなどのスポーツ施設が充実しているほか、子供の遊べる遊具を設置した公園もあります。ほかにも野外音楽堂、都市緑化植物園などの文化施設があり、乗馬センターやプールなど、さまざまな施設が充実した公園です。

風景を楽しもう

自然美あふれる景色を楽しめるのが服部緑地の魅力。桜や紅葉の時期は特におすすめです。

円形花壇や松林

緑道と呼ばれる緑のトンネルがあり、美しい松並木などフォトジェニックなスポットも豊富。4基の彫刻や梅塚古墳があり、噴水と四季折々の草花が織りなす風景も素晴らしいです。緑地の中央には円形の花壇や広場もあります。

桜の季節や紅葉の季節もお奨め

園内には約2500本もの桜の木が。さまざまな場所で美しい桜の花を楽しめるのが特徴です。10月から12月にかけては幻想的な紅葉も楽しめ、遠方から足を運ぶ方も。たくさんの樹木が植えられている、服部緑地ならではの紅葉が楽しめるでしょう。夏のひまわり、秋のコスモス、冬の野鳥など季節ごとの楽しみが満載です。

子供と一緒に遊ぼう

公営のプールがあるほか、子供が楽しく遊べる遊具が充実しています。ファミリーで訪れるのがおすすめ。

こどもの楽園

こどもの楽園には、長さ20mのローラースライダーがあり、ロッククライミングができる遊具も完備。タコの滑り台やバランスボールのような遊具なども充実しているので、一日中遊んでも飽きることはないでしょう。親子で楽しめる公園です。

ウォーターランドで遊ぼう

入場料は必要ですが、公営のプールで楽しめます。1周250mもある流れるプールは大人気。浅瀬になっているなぎさプール、幼児プールなどバリエーション豊富なのも魅力でしょう。平日朝のプールは水もキレイなので、訪れるならこのタイミングがおすすめ。

乗馬体験をしてみよう

服部緑地乗馬センターでは乗馬体験が可能。大阪府では最大級となる乗馬クラブで、100頭以上の馬がいます。有料の乗馬体験のほか、近くで馬を見学することも。体験は小学生以上で、幼児向けのポニー乗馬もできるので小さなお子さんも喜びますよ。

住所|〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1-5
営業時間|AM8:30~PM6:00 (水曜日PM1:00~PM6:00)
定休日|毎週火曜日
電話|06-6863-0616
公式サイトはこちら

バーベキューを楽しもう

大自然の中で本格的なアウトドアが楽しめるのも服部緑地の魅力。手ぶらでバーベキューを楽しみましょう。

無料でバーベキューを楽しむ

ちかくの森と、谷あいの原っぱでは無料でバーベキューができます。ちかくの森は駐車場からも近いので、車でアクセスする方におすすめ。谷あいの原っぱは駅から近い場所なので、電車で来るのに便利です。テントやターフが張りやすいのも嬉しいですね。

GoodBBQ 服部緑地バーベックマルシェ(有料)

有料の施設で、広々とした空間でゆったりバーベキューが楽しめます。調理器具などは有料でレンタルでき持ち込みもOKです。手ぶらコースもあるので、何も持たずに訪れてもバーベキューを楽しめるのは魅力的。値段も手ごろです。

住所|〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1-1
営業時間|AM10:00~PM16:30
定休日|毎週火曜日 冬季閉園期間あり(12月1日~3月15日)
電話|06-6865-6066
公式サイトはこちら

都市緑化植物園

緑地公園駅から南に向かうと都市緑化植物園があります。芝生広場や くすのきデッキなどがあり、さまざまな亜熱帯系の植物を展示した温室も。そこまで人がたくさん訪れる施設ではないので、ゆっくりと見学を楽しめるでしょう。いろいろな植物を眺めながらのんびり散策ができる施設です。

住所|〒561-0872 豊中市寺内1-13-2
営業時間|AM10:00~PM5:00
定休日|毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
電話|06-6866-3621
公式サイトはこちら

野外音楽堂

緑地内にある野外コンサートホール。1991年に16億円の費用をかけて建設された、本格的な音楽堂です。著名なアーティストのコンサートやフェスも開催されています。スロープも完備されており、ベビーカーや車いすでも訪れやすいのは魅力的。音響もよいので音楽好きには嬉しいコンサートホールといえるでしょう。

住所|〒561-0873 豊中市服部緑地1-7
営業時間|AM10:00~PM5:00
定休日|毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
電話|06-6863-3780
公式サイトはこちら

日本民家集落博物館

全国から江戸時代の民家を集めたという、少し変わったミュージアムです。門をくぐるとすぐに受付があるので、そこで入場料を支払って入館しましょう。この門は河内布施の長屋門で、代々庄屋を務めてきた名家の門を移築したもの。館内は写真撮影可能となっているので、訪れた記念に写真を撮っておきましょう。ただ、ほかの方への配慮は必要なので、マナーを守って撮影してください。

全国のいたるところから民家を移築しており、本物の村にいるような錯覚に陥ります。越前駿河の民家や信濃秋山の民家、奄美大島の高倉、南部の曲家などを展示。移築されている民家のうち3棟は、重要文化財にも指定されています。とても貴重なものを目にすることができるのは嬉しいですね。ほかの民家も有形文化財に指定されています。

目玉となるのは白河の合掌造りの民家。飛騨白川の民家です。世界遺産にもなっている白川郷に建っている藁葺き屋根の民家ですが、わざわざ足を運ばずともここで見られるのは魅力。普段まず目にすることのない建物ですし、誰もが興味を引かれるでしょう。気になった方はぜひ足を運んでみましょう。

住所|〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地1-2
営業時間|AM9:30~PM5:00
定休日|毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)
電話|06-6862-3137
公式サイトはこちら

服部緑地へのアクセス

電車での行き方

電車で向かう場合だと、北大阪急行の電車に乗車し、緑地公園駅で下車します。この駅が緑地公園への最寄り駅となり、駅から徒歩約5分ほどでアクセス可能。東中央広場まで短時間で向かえます。また、阪急電鉄の宝塚線曽根駅からも、西中央広場まで徒歩約20分ほどでアクセス可能。なるべく歩きたくない、という方は緑地公園駅がおすすめでしょう。

車での行き方

車で向かう場合だと、名神高速道路の豊中ICで降りてください。そこから約15分ほど走れば緑地公園にたどり着きます。また、阪神高速11号池田線、豊中南、もしくは北出入口で降りるとそこから約15分ほど。どちらも所要時間は大して変わりませんね。

駐車場はいくつもありますが、基本的にどこも有料となります。第一駐車場は陸上競技場に近く、第二駐車場はウォーターランドのほど近く。第三駐車場は乗馬センターやいなり山に近く、第四駐車場は野外音楽堂のすぐそばです。植物園にも駐車場があるので、訪れたい場所によって停める場所を変えるとよいでしょう。行楽シーズンになると臨時駐車場もできるので、そちらを利用するのもアリです。

住所|〒561-0873 豊中市服部緑地1-1
営業時間|24時間営業
定休日|年中無休
電話|06-6862-4945
公式サイトはこちら

まとめ

木々の緑と四季折々の草花を楽しめるだけでなく、親子で遊べる遊具やバーベキュー施設なども完備した服部緑地。園内をのんびり散歩するだけでも楽しめますし、アウトドアやスポーツが楽しめるのも魅力的ですね。敷地内にはいろいろな施設もあるので、さまざまな楽しみ方ができるスポットです。大阪観光で訪れたときには、足を延ばしてみてはいかがでしょう。