江間いちご狩りセンターは伊豆最大のいちご狩りスポット。大粒いちごも小粒いちごも食べ放題

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

大きなイチゴから小さなイチゴまで色々なイチゴがお出迎えしてくれる甘いスポットは女性に人気だら~

静岡県で人気の江間いちご狩りセンターは、140棟のハウスからなる伊豆最大のいちご狩りスポット。章姫や紅ほっぺの食べ放題を体験することができ、目の前にある菜の花畑で菜の花を摘み取るサービスも行っています。家族や友人と行く春のおでかけにぴったりのスポット、江間いちご狩りセンターについて紹介します。

伊豆最大のいちご狩り施設

「いちごのテーマパーク」というキャッチコピーが使われるほど、その規模とサービスに定評がある江間いちご狩りセンター。高設栽培で無理なくいちご狩りが楽しめ、菜の花の摘み取りも体験できます。家族揃って遊びに行くには最適のスポットです。

静岡県伊豆の国市にある江間いちご狩りセンターは、伊豆最大のいちご狩りスポット。ハウスは140棟完備で2種類の美味しいいちごが、30分間食べ放題となります。毎月15日はいちごの日として入園者に特典があるなど、地元住民をはじめ遠方から訪れる人にとても好評です。

140棟の広々ハウスを完備

全部で140棟あるいちごの栽培ハウスは、長く広々とした開放的な造りが特徴的。地植えのハウスと高設ハウスの2通りで栽培されていて、高設ハウスは簡単にいちご狩りをすることができます。いちごのシーズンは12月頃からスタートしますが、室内が温かいため冬でも快適にいちご狩りを楽しむことができます。

いちご狩りが簡単にできる高設ハウス

高設ハウスは高い場所で栽培されたいちご棚なので、しゃがまずにいちごを摘むことができ、高齢者でも無理なく楽しめます。いちごが目の高さにあるため、子供でも手が届きやすいと家族連れにも評判。いちごを下から見たり真横から見たり、観察しながらいちご狩りを満喫しましょう。

菜の花の摘みとりも楽しめる

江間いちご狩りセンターのハウス前には菜の花畑が点在しているので、いちご狩りのあとに菜の花を摘むことも可能です。畑の周囲には菜の花の香りが漂い、春を感じることができるスポットとして人気を集めています。いちご狩りと菜の花摘みの体験で満足度の高い一日になること間違いなし。

菜の花を摘み取るときのポイント

菜の花畑では花が咲ききった状態の花を摘んでいる人が多いのですが、実はその場合だとたった1日しか花を楽しめません。菜の花を摘み取るポイントは、少しだけ花の咲いたつぼみがある花を選ぶこと。摘んだあとも徐々に花が咲いていくので長い期間楽しむことができます。

3月中旬頃までが見頃の菜の花ですが、こちらで摘み取ることができる菜の花は食用のなばなのため食べることも可能です。

売店でお土産用のいちごが購入できる

いちご狩りを楽しんだあとは、お土産物屋さんに立ち寄るのがおすすめ。江間いちご狩りセンターの駐車場に隣接しているお土産屋さんは、受付の横にあります。いちご味のゴーフレット・クランチ・ケーキなどの洋菓子を購入することが可能。ハウスで採れたいちごも販売されているので、大きないちごや食べやすいサイズのいちごなど、好みや予算に合わせて購入しましょう。

甘くておいしい静岡の有名ないちご、紅ほっぺ

大粒いちごの章姫(あきひめ)を品種改良してできた紅ほっぺ。大粒なので1粒でも満足できるサイズです。熟するにつれ甘さが増していくので、いちごの香りが引き立ちます。甘くておいしい紅ほっぺは、江間いちご狩りセンターのいちご食べ放題でも味わうことができますよ。そのおいしさからお土産に購入する人も多い人気商品。

飲食を楽しむことができるショップ

江間いちご狩りセンターには、ひと休みするのにちょうどいいショップも隣接しています。お土産物屋さん横に隣接している飲食店では、いちご味やいちご果肉入りの練乳味ソフトクリームやいちご大福などを注文することができます。コーヒーも提供しているので、いちごをお腹いっぱい食べた後のひと休みには最適。

椅子に座ってゆっくり飲食を楽しめる休憩所

飲食店のイートインスペースには屋根が付いているため、天候に関係なく利用することができ安心。購入口の目の前にあるためすぐ椅子に座ることもできます。ソフトクリームやコーヒーを味わいながら、菜の花や桜を眺めることもできる癒やしのスポットです。

春を知らせる桜と菜の花

2月下旬から3月上旬頃になると、休憩所の目の前の菜の花畑一面が黄色い花で埋め尽くされます。周囲には桜が咲き誇り風が運ぶ菜の花の香りと相俟って、全身で春を感じられるスポットとなります。いちご狩りと合わせて春の花を堪能するのもいいでしょう。

売店に隣接しているトイレ

売店に隣接しているのは男女別々のトイレです。いちごのイラストが描かれたかわいい建物で、きれいに清掃されているため安心して利用することができます。駐車場内や受付からも近いため、いちご狩りの前にトイレを済ませておくと良いでしょう。

静岡生まれの章姫と紅ほっぺのあれこれ

手のひらサイズの大粒いちご、章姫

江間いちご狩りセンターで食べることのできるいちごは2種類。章姫と紅っほっぺはどちらもおいしいいちごですが、それぞれに特徴があります。ハウスごとに案内されるため、当日はどちらのいちごが食べられるかお楽しみです。

章姫は長めの円錐形をしていて、果皮はやわらかめ・酸味が少ない・ジューシー・甘いのが特徴。果皮は鮮やかな紅色ですがあまり濃くはなく、全体に紅色がまわっている印象です。香りがよければ食べ頃ですが、果皮が少しやわらかいので優しく摘み取るようにしましょう。

しっかりした食感と甘さと酸味のバランスが最高の紅ほっぺ

もう1つの品種は紅ほっぺで、章姫ほどではありませんが長円錘形の果実は果心部分までしっかり赤い色をしているのが特徴です。果肉は章姫よりもやや固くしっかりとした食感で、甘みと酸味のバランスがとれたおいしいいちごです。

江間いちご狩りセンターへのアクセス

車での行き方

沼津インターチェンジから伊豆縦貫自動車道・国道136号線と南下していき、左手側に見えてきます。約20分ほどで到着し、普通車であれば70台駐車可能の無料駐車場を利用することができます。

住所|〒410-2223 静岡県伊豆の国市北江間563-7
営業時間|AM9:00PM4:00
定休日|期間中無休
電話|055-948-1115
公式サイトはこちら

まとめ

140棟もあるハウスで伊豆最大とされる江間いちご狩りセンター。1ハウス40人を上限としていることもあり、食べ放題の最中はゆっくりといちご狩りを楽しむことができます。寒い時期は糖度が高くて甘い大粒のいちごが楽しめるので、シーズン最初の頃に来園するのがおすすめ。カップと練乳を受け取ったら時間が許す限りおいしいいちごを頬張って帰りましょう。