新世界はノスタルジックな大阪の下町。通天閣と串カツとビリケンさんが待っている

トラベルパートナー: Sugar

出身地は大阪。得意なエリアは関西。 歴史的建築物や美術館巡りが好き。観光地に一緒に行くのは主に家族や友達。 美術館には一人で行くことが多いです。 旅行前に頭に入れておくとよりそのスポットが好きになれるような情報を発信していければと思います。

怪しくて古くて楽しいとこ

大阪市の新世界といえば、下町の娯楽場として知られています。大阪に行ったことがない、という方でも新世界の名前くらいは耳にしたことがあるでしょう。なにわのシンボル、通天閣があるのもこのエリア。観光客からも人気のエリアですが、新世界の見どころは通天閣だけではありません。そこで、ここでは新世界の魅力について徹底解説したいと思います。

新世界の概要と歴史

明治から続く下町の娯楽場

なにわのシンボルとして建つ通天閣やジャンジャン横丁、大きなフグ提灯などで有名な新世界は、大阪市南部の下町にあります。日常的に多くの人で賑わい、大阪らしい活気が感じられるエリアだけにワクワクしますね。この地域は1800年代まで畑や荒地でしたが、1903年に開催された第5回内国勧業博覧会によって市街地化が進みました。

博覧会が開催された跡地の東半分にできたのが天王寺公園。残りの西半分には通天閣が建ち、南側にはルナパークが造られました。その後、映画館や芝居小屋などがこの一帯に集まるようになり、新世界の礎ができあがります。シンボルでもある通天閣の展望台からは大阪の街並みが一望でき、国内外からの観光客で賑わっています。

なにわのシンボル通天閣

明治から変わらず愛される通天閣

なにわのシンボル通天閣は、東京で言うところの東京タワーで、地域の方に古くから愛され続けてきました。高くそびえたつ通天閣のおひざもとに新世界が広がっています。大阪と聞いて、真っ先に通天閣が思い浮かぶ方も少なくないでしょうし、それくらいインパクトのある建物です。

通天閣は光の天気予報であり、頂上の丸いネオンの輝きで明日の天気を知らせています。ネオンの色が白だと晴れ、橙だと曇り、青だと雨、といった具合。土日には歌謡劇場で催しも行われ、地方を中心に活躍する演歌歌手のステージが見られることも。

実は通天閣は2代目

新世界のシンボルとしてすっかり定着している通天閣。もともとは凱旋門をモチーフとしたビルの上に、エッフェル塔のような鉄塔を建てていました。その後、儒学者だった藤沢南岳によって通天閣と命名。天に通じる高い建物、という意味が由来です。なお、初代の通天閣は火災に遭って解体され、現在は二代目なのです。

火災によって解体の憂れき目に遭った通天閣でしたが、昭和31年に市民からの要請を受けて再建されることになりました。それだけ、当時から多くの人に愛されていたということでしょう。2代目となる通天閣は高さ103mで、大阪の街並みを一望できる展望台を5階に設置。年間を通して約70万人が足を運ぶ、一大観光スポットとなったのです。

住所|〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6 MAP
営業時間|9:00~21:00 最終入場は20:30まで
定休日|無休
電話|06-6641-9555
公式サイトはこちら

新世界にはいたるところにビリケンの姿が

新世界といえばビリケンちゃん

新世界のシンボルが通天閣なら、新世界のマスコット的存在がビリケンさん。新世界を歩いていると、さまざまなところでビリケンさんの像を見かけます。ビリケンさんの足の裏を撫でると幸せになれる、願いが叶うとも言われており、大阪を訪れた多くの方が撫でています。

通天閣の最上階にあるビリケン神社に安置されているビリケンさんが本物なのだとか。通天閣に行ったときは、ビリケン神社の御本尊、ビリケンさんにもぜひお参りしてみましょう。

新世界本通商店街を歩いていると、いたるところでビリケン像があるので、ビリケンさんを見つけながら散歩するのも楽しいかもしれません。力士のようにアレンジされたもの、神社に祀られているもの、タイガースのユニフォームを着ているものなど、そのバリエーションは実に豊富。通天閣から近いところで営業している、デタトコカフェではビリケンさんの形をした人形焼カステラの取り扱いも。

住所|〒556-0002 大阪府 大阪市浪速区 恵美須東 2-7-2
営業時間|10:00-不定
定休日|不定休
電話|06-6634-0606
公式サイト|なし

レトロでちょっと怪しい雰囲気が魅力

昭和ワールド全開のスマートボール場

View this post on Instagram

本日はカスタムやプレメイドを買いに来てくれた皆様ありがとうございました! 先々月に大阪来た時はNEW JACKの出張だったので染もいて入れなかったけど、今回はCHROMEの出張で単体で来ているのでスマートボール行けました💁🏻‍♀️名古屋のスマートボールの方が勝率高しって感じだな。 愛しのイカ焼きも違う種類も色々食べれたし、スーパー銭湯も妊娠してからずっと行けてなかったから至福だった♨️ 明日は朝まっちゃまちに行ってからCHROME大阪に出勤します💁🏻‍♀️ 17時半くらいまでいる予定ですので是非遊びに来て下さい。 #スマートボール #スマートボールニュースター #大阪 #染とパパは茅ヶ崎にお邪魔してます

A post shared by Natsuka Hayakawa (@newjackboogie_natsuka) on

昭和レトロでノスタルジックな雰囲気も満載の新世界。懐かしいと思わず叫んでしまう方もいるのではないでしょうか。かつてはいろいろなところで目にしたスマートボール場。新世界には、現在でも現役のスマートボール場が数軒営業しています。昭和の代表的な遊びとも言える、手動のスマートボールを楽しめますよ。

ご年配の方が多いのかと思いきや、意外にも若い人が多い印象。スマートボールの全盛期を知らない世代が、斬新さを感じて遊びに来るようです。もちろん、観光客からも大人気。

街のあちこちに怪しげなスポットが

View this post on Instagram

【新世界・パート4】 見るからに怪しい映画館に遭遇📽 アールデコ調の外観は素晴らしいが、 醸し出される雰囲気が接近を妨げる…🤨 上映中の映画もキャッチコピーからして 中々過激な内容っぽいし、地下劇場は成人映画。 後からググってみたら、 その筋の方々が交流する場所みたい🍌 そっち系に興味のある方、 「新世界」に身を委ねたいメンズは是非…笑 * #大阪 #浪速区 #恵美須 #新世界 #新世界国際劇場 #旧南陽演舞場 #近代建築 #レトロ建築 #昭和レトロ #近代化遺産 #アールデコ #増田清 #映画館 #劇場 #B級映画 #成人映画 #ポルノ映画 #ゲイ #ハッテン場 #japan #osaka #naniwa #shinsekai #architecture #modernarchitecture #retro #theatre #adultfilm #gay #cruising

A post shared by (@carpediem_kzh) on

昭和5年に建てられた新世界国際劇場は、アールデコ調の外観が印象的。もう一つ、新世界朝日劇場もありますが、なぜか二軒とも入場料が格安。気になった方は入ってみてはいかがでしょうか。その派手な看板から成人向けの映画館と思っている人が多いようですが、実際には普通の映画もたくさん上映しています。しっかり上映作品を確認してくださいね。

https://www.instagram.com/p/BXUwpsZgnzN/

今ではすっかり見ることのなくなった手書きの映画看板。どこか懐かしさを感じる人は多いはず。ここでは、旅回りの歌謡ショー、大衆演劇なども行われています。日本最古との呼び名も高い、大衆演劇浪速クラブもあります。

治安は大丈夫なのか

旅行で訪れるときに気になることの一つが、現地の治安。大阪はガヤガヤしたイメージもありますし、治安を心配する方も少なくないはず。特に新世界は、大阪のキタやミナミと比べてもカオスなイメージがあり、不安に思っている方は多いでしょう。実際には、レトロなだけで危険ではありません。通天閣の周辺やジャンジャン横丁などは、多くの観光客が訪れる場所なので比較的安心なエリア。安心して足を運びましょう。

新世界に来たら是非食べたいのが串カツ

二度づけ禁止がお約束、大阪名物串カツ

View this post on Instagram

神戸から東京に帰るのに、新大阪から、新幹線だったので、梅田で、夕飯を 食べて帰ることに。 串かつだるま ルクア大阪店。 甘くてみてました😓 すごい行列できてます💦 いつ入れるのか?新幹線の時間に間に合うのか?新大阪まで、移動するし💦💦 それを 逃したら、家に帰れない💦💦 そんな焦りだったので、ちょっと、ゆっくり串かつを 食べれてません。 とか言いながら、色々注文しましたけど😁 鶏スープ麺も、〆じゃなく、最初から注文😊美味しいです。 #大阪#梅田#ルクア大阪#串かつだるま #串かつ#旅行#キャベツ#紅生姜#とんかつ#元祖串かつ#ずり#砂肝#串#美味しいもの#行列店#カマンベールチーズ #鶏スープ麺#2度づけ禁止

A post shared by @ moe._.mama on

食い倒れの街大阪に来たのなら、ここならではのグルメも味わってみたいもの。特に串カツは絶対食べておきたい絶品グルメです。昭和4年に創業した新世界元祖串かつだるまは、ソースの二度づけ禁止のパイオニア。串かつをソースにたっぷりと浸し、キャベツでソースをすくって少し足すというのが通の技ですね。紅ショウガなど、大阪ならではの串かつを楽しみましょう。

住所|〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東2-3-9
営業時間|12時~20時30分(LO20時15分)
定休日|金曜日
電話|06-6645-7056
公式サイトはこちら

疲れたらひとっ風呂、宿泊もできるスパワールド

世界の大温泉、温水&屋内プールのスパブー、世界の大岩盤浴などが楽しめます。エステも充実しているので、女性にとっても嬉しいポイント。子供から大人まで楽しめる設備とサービスが整っているので、一日中いても飽きませんよ。

住所|〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-24
営業時間|10:00~翌8:45
定休日|年中無休
電話|06-6631-0001
公式サイトはこちら

新世界へのアクセス

電車での行き方

新世界の最寄り駅となるのは、地下鉄堺筋線の恵美須町駅。駅から徒歩約3分ほどでアクセスできるでしょう。また、地下鉄御堂筋線、堺筋線の動物園前駅からも同様に徒歩約3分でたどり着きます。人気の高い観光地のため、周りには観光客もたくさんいるはず。分からないときは、新世界のシンボル通天閣を探してみましょう。高い建物なので、割とすぐに見つけられるはずです。

住所|〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東界隈
営業時間|施設により異なる
定休日|施設により異なる
電話|06-6643-6322
公式サイト|なし

まとめ

大阪のシンボルともいうべき通天閣だけでなく、マスコット的なビリケンさんにも会える新世界。通天閣の展望台からの眺めも最高ですし、新世界の街中は大阪らしい活気にも満ち溢れています。どこか昔懐かしい、レトロでノスタルジックな雰囲気も味わえるので、大人は懐かしく、子供は新鮮な気持ちになれるはず。大阪へ観光で訪れたのなら、ぜひ新世界にも足を運んでほしいですね。