うなぎパイファクトリー人気の秘密に迫る!お得に遊べる工場見学

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Khloe

静岡県出身。オーストラリア、東京に住んでいました。歴史が好きなので、歴史を感じる場所を、気ままにふらっとひとりで旅をするのが好き。

浜松に来たら、うなぎパイファクトリーは外せないら~!

浜松が誇る人気銘菓のうなぎパイ。サクサクした食感と夜のおやつというキャッチコピーで静岡土産の定番として人気があります。今回はそのうなぎパイを製造しているうなぎパイファクトリーの見どころや、工場に併設されているカフェについて紹介します。

うなぎパイファクトリーは大人も子供も大満足

静岡県浜松市にあるうなぎパイファクトリーでは、静岡のお土産として抜群の知名度を誇るうなぎパイについて見学できます。無料でうなぎパイについて学べるうなぎパイファクトリーには県内外だけでなく、海外からの観光客も足を運びます。入場は無料なのに、見学記念としてうなぎパイがいただけるため地元でも大人気。何度も足を運びたくなるお得な施設なのです。

静岡のお土産といえばうなぎパイ

夜のお菓子うなぎパイ

夜のお菓子というキャッチコピーで有名なうなぎパイ。原材料にガーリックやうなぎパウダーを使っているため夜のお菓子というコピーが付けられたようです。ただし、うなぎパイはうなぎやガーリックの味はしません。バターをたくさん使うことによりふんわり、さくっとした食感を実現したうなぎパイは、全国のお土産ランキングで常に上位の座を勝ち取っています。

うなぎパイを生んだ春華堂

浜松市で昭和36年に創業した春華堂。代表商品はもちろんうなぎパイです。浜松市民に親しまれている老舗で、うなぎパイの他には洋菓子や和菓子を手広く販売しています。オンラインショップもあるので、遠方の方でも春華堂の製品を購入できます。最近はうなぎパイ以外にも静岡名産のしらすを使ったしらすパイの開発を行い、さらに地元色を強めた商品を販売しているようです。

うなぎパイファクトリーで生の現場を見学

予約をすると案内をしてもらえる

うなぎパイファクトリーを見学する際は、基本的に予約する必要はありません。団体の場合予約が必要となるので注意してください。うなぎパイファクトリーについて詳しい説明が欲しい場合は電話で事前予約しましょう。すると、40分程度場内を案内してもらえます。高いところから工場内を見下ろす形でパイを手作りするところから袋詰までの全行程を見学できます。

創業から変わらない、職人による手作り製法

パイ生地のサクサクとした食感は何層にも重なるパイの構造により生まれますが、パイ生地を重ねていく工程はなんと熟練の職人が手作業で行っているのです。豊かな食感を生み出すために織り込むパイ生地の層数はなんと数千単位にもおよぶので驚きですね。品質に妥協しないその姿勢がうなぎパイの地位を確固たるものにしているのです。

工場見学の後はほっと一息、お得なお土産も

カフェでうなぎパイスイーツを堪能

工場見学を終えたらうなぎパイカフェで一息つきませんか。こちらのカフェではうなぎパイを使った本格的なスイーツや、浜松産のうなぎを使ったうな丼をオーダーできます。うなぎパイを使ったスイーツはその珍しさからインスタ映え間違いありません。工場見学の記念として、うなぎパイの乗ったスイーツをぜひオーダーしてください。

うなぎパイファクトリーならではのアウトレット品を販売

工場見学を終えると記念品として1人に3つうなぎパイをもらえます。また、製造過程などで割れてしまったうなぎパイをまとめて販売しているので、割れているものでも構わないという方はぜひゲットしてください。割れの程度はそこまで大きくなく、自宅で食べるのであれば全く問題なし。もちろん割れているだけで、味は普通のパイと変わりありません。

うなぎパイファクトリーへのアクセス

車でのアクセス

東名高速道路の浜松西インターチェンジから約10kmの距離にあります。駐車場は30台分あり、無料で利用が可能。電車の場合最寄り駅の舞阪駅からタクシーで15分かかるので、車で移動するのが便利です。

電車でのアクセス

浜松駅からJR東海道本線に乗車し、舞阪駅で下車してください。舞阪駅からタクシーに乗って約15分で到着です。

住所| 静岡県浜松市西区大久保町748-51
営業時間|AM10:00-PM6:00
定休日|不定休
電話|053-482-1765
公式サイトはこちら