血の池地獄は真っ赤な色をした温泉。7つの地獄を巡ろう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: elly

出身は福岡。福岡を中心に、九州の記事も書いています。 自然が好きで、山や海に行っては風景を楽しんだり、地元の美味しいお店を探した後は、温泉に入ってリフレッシュ。美術館や博物館めぐりも趣味のひとつで、出会いや発見には毎回ワクワクしています。 近場なら一人旅、県外なら主人とのドライブを楽しんでます。

青い地獄や赤い地獄!ご家族や友達と一緒に感動の地獄をめぐってみませんか?

血の池地獄って聞いたことありますか?聞くからにおどろおどろしい名前ですが、実はやけどや水虫への効果があり、皮膚病で悩む人には役立っているのです。今回は、そんな血の池地獄を始めとした別府温泉の7つの地獄めぐりをご紹介します。地獄めぐり後には地獄蒸しプリンで地獄のパワーを享受しましょう。

血の池地獄ってどんな地獄

名前からして恐ろしい、血の池地獄

真っ赤に染まるその池の様子は、まるで地獄さながら。血の池地獄と名付けられたこの場所は、日本で最も古い天然の地獄です。酸化鉄を含むことで赤色が表れている熱泥の池は、珍しい景観から平成21年に国の名勝に指定されました。

古くは万葉集にも赤温泉という名で載るほど、血の池地獄は昔から人目を引いてきました。1927年には大噴火を起こし、その噴煙はなんと高さ220メートルにまで達したのだそう。現在でも温泉として親しまれており、入場者は誰でも利用することのできる足湯やお土産屋さんが設けられています。

血の池地獄の沈殿物を利用した皮膚病薬

熱泥(ねつでい)と呼ばれる湯の沈殿物は皮膚病にも効き、明治時代からその効能が知られています。軍人さんにも使ったという血池軟膏は、ひびわれ、水虫、あかぎれ、しもやけ、やけどなどを負った患者さんの傷を癒してきました。熱泥を利用してつくられた皮膚病薬がお土産として販売されており、根強い人気を誇る商品です。

また、薬としての役割だけでなく、熱泥の赤い色は布や家の柱を染める染料としても使われていたのだとか。

別府にある珍しい地獄

別府地獄はたった1色だけではありません。地獄の含有物の種類が異なることによって、青や赤、白といった様々な色が見られます。普通の温泉では見られない、珍しい間欠泉もあるのでお見逃しなく。

有名な7つの地獄を回る別府地獄めぐりは、血の池地獄、海地獄、鬼石坊主地獄、かまど地獄、竜巻地獄、白池地獄、鬼山地獄の魅力に迫ることができます。共通券を購入すれば、購入日から2日間これらの地獄を各1回ずつ見学可能なのでお得です。

海地獄

鮮やかな青色をみせてくれるこの地獄は、海地獄と呼ばれています。1300年前に発生した鶴見岳の噴火が熱泉を生み出しました。美しいコバルトブルーの正体は硫酸鉄。外国の海のような不思議な色合いに思わず見とれてしまいます。この青色の源泉でも温泉卵が作られており、独特の風味はこの地獄ならではの味です。

また、8月ごろの海地獄では大きな蓮が見ごろとなり、子供が乗ることもできるくらい育った蓮が人気になっています。地獄という言葉がついても、その美しさに思わずうっとりしてしまいますね。

住所|〒874-0045 大分県 別府市 大字鉄輪 559-1
営業時間|8:00〜17:00
定休日|年中無休
電話|0977-66-0121
公式サイトはこちら

坊主地獄

坊主地獄の名前の由来は、熱泥が沸いてでてきた空気の泡。90度以上の高温の熱泥を有する地獄からは、常に気泡が膨らんでははじけています。しかも、1498年に日向灘地震が起こった際に爆発し、このとき住職を巻き込んで寺ごと吹き飛び熱泥が噴出し始めたと言われています。坊主地獄には別の地獄となる、鬼石坊主地獄という場所もあるので間違えないよう注意しましょう。

住所| 大分県別府市小倉6
営業時間|8:30~17:00
定休日|なし
電話|0977-66-1581
公式サイト|なし

竜巻地獄

地面から噴きあがってくる間欠泉は天然記念物にも指定されています。この竜巻地獄は、実際には30メートル近く噴出する圧巻の間欠泉。現在は岩で囲ってあり数メートルまでしか見ることはできませんが、約30分ごとに竜巻のように発生します。1度に約10分間続き、変化が面白く飽きることなく見学できる地獄です。

住所|〒874-0016 大分県 別府市野田(大字)782
営業時間|8:00~17:00
定休日|なし
電話|0977-66-1577
公式サイトはこちら

地獄で蒸された名物地獄蒸しプリン

別府の地獄では、何と言っても地獄蒸しプリンが有名です。1個1個丁寧に手作業で作られたプリンは、地獄釜で温泉の噴気によって蒸らされます。原材料はカラメル、卵、牛乳、生クリームおよび砂糖で、別府の地獄釜で蒸らされることで一味違った風味になるようです。

湯布院に足をのばしてみよう

地獄めぐりのあとは湯布院散策を

別府の地獄めぐりのあとは、車で45分ほどの湯布院に足を伸ばしてみませんか。湯布院には観光スポットが立ち並び、美術館やギャラリー、ショップなどでアートな世界観を楽しめます。小腹が空いてきたらコロッケ、おせんべい、スイーツなどの食べ歩きをして満たされましょう。観光辻馬車も運営されており、街歩きやサイクリングにも最適な、五感を喜ばせる観光地です。

金鱗湖

幻想的な風景を生み出す湯布院のシンボル、金鱗湖(きんりんんこ)。夕日が射すと湖の魚の鱗が美しくきらめくことから名づけられました。温泉の地にふさわしく、湖底からは清水と一緒に温泉も湧きだしており、水温の高い珍しい湖です。

周りを囲む山々は季節の移り変わりを感じさせ、冬の早朝には水面との温度差で湖面から湯気が立ち上ることも。400メートルある周辺の道を歩きながら、ゆっくりと湖に目を向けてみてはいかがでしょうか。

住所| 大分県由布市湯布院町川上1561‐1
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|097-582-1111
公式サイトはこちら

入浴すると銀色の泡がまとわりつく不思議な温泉

気になるラムネ温泉では、銀色の泡で全身を包まれてまるでラムネの中に入ったよう。2種類の源泉があり、外湯と内湯とで異なった泉質となっています。効能としては、炭酸イオンがリウマチ、坐骨神経痛、運動障害を伴う疾患などに効くそう。

長湯温泉では、重炭酸イオンやカルシウム、マグネシウムや鉄分などの微量元素が含まれており、アレルギー性疾患、皮膚炎、ジンマシンに嬉しい効果があります。

住所|〒878-0402 大分県竹田市直入町大字長湯7676-2
営業時間|10:00~22:00
定休日|毎月第1水曜日(1月と5月は第2水曜日に移動)
電話|0974-75-2620
公式サイトはこちら

血の池地獄へのアクセス

車でのアクセス

車の場合、別府ICを出て交差点を右折した後、JAの交差点を左折して直進します。また、日出IC方面から行くときは国道十号線を大分方面へ進んでいき、公設市場交差点を右折してください。亀川新川交差点を右折した後直進していくと到着です。

電車でのアクセス

電車で別府駅を利用する人も多く、血の池地獄の最寄り駅の亀川駅までは1本で行くことができます。別府駅からローカル線に乗って、約5分とほど近くにある亀川駅で降車しましょう。亀川駅から血の池地獄まで、歩いて約20分で到着します。

バスでのアクセス

7つの地獄を巡りたい人にはこちらのバスツアーがオススメです。北浜バスセンターや別府駅から毎日2便が運行されています。予約が必要なので、時刻を確認しておきましょう。約2時間ほどで、海地獄、鬼石坊主地獄、かまど地獄、鬼山地獄、色池地獄、血の池地獄、竜巻地獄を見て回ることができます。

住所|〒874-0016 大分県別府市野田778
営業時間|8時00分~17時00分
定休日|なし
電話|0977-66-1191
公式サイトはこちら

まとめ

地獄と聞くと思わず驚いてしまいますが、別府でしか見ることができない稀少な自然の宝庫です。見どころが多く、有名な地獄から周辺の観光スポットまで何回でも楽しめます。大地の神秘を感じながら地獄めぐりをぜひ満喫してくださいね。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ