静岡弁まとめ|だら、うちっち、バカ…若者にも定番の方言

公開日:2019/2/21 更新日:2020/1/31

静岡弁は名前の通り、静岡県で使われる方言です。しかしネット上では静岡弁が可愛いと言われていることを知っていますか? 今回はどんな静岡弁があるのか、基本などと併せて紹介します。

静岡弁とは

静岡県の名所と言えば、やはり富士山です。言えんは江戸の職人なども多く移住していたため方言色が強くなく、どちらかと言えば標準語に似た雰囲気を持っています。

静岡県中部で使われる方言

静岡弁は静岡県中部で使われる方言です。ちなみに同じ静岡県の方言と言っても、伊豆方言、駿河方言、遠州方言に分けることも可能だと言われています。

静岡弁はやや関東寄りの方言

静岡弁の基本として、やや関東よりの方言と言われています。そのため、標準語と大きな差がないのでしょう。標準語と大きな差がないのは事実ですが、どちらかと言えば標準語よりも温かい言葉が静岡弁だと言われています。

同じ静岡県内でもエリアで訛り方の度合いが異なる

先述したように、静岡弁と言っても区分分けされるため、その場所によって方言の訛り方なども変わります。一般的な静岡弁と言われる中部あたりの方言はあまり強くないイメージですが、離れれば離れるほど方言の訛りも強くなるイメージがあります。

次のページ
静岡弁の基本 >>