静岡弁まとめ|だら、うちっち、バカ…若者にも定番の方言

公開日:2019/2/21 更新日:2019/5/22

静岡弁は名前の通り、静岡県で使われる方言です。しかしネット上では静岡弁が可愛いと言われていることを知っていますか? 今回はどんな静岡弁があるのか、基本などと併せて紹介します。

静岡弁とは


静岡県の名所と言えば、やはり富士山です。言えんは江戸の職人なども多く移住していたため方言色が強くなく、どちらかと言えば標準語に似た雰囲気を持っています。

静岡県中部で使われる方言

静岡弁は静岡県中部で使われる方言です。ちなみに同じ静岡県の方言と言っても、伊豆方言、駿河方言、遠州方言に分けることも可能だと言われています。

静岡弁はやや関東寄りの方言

静岡弁の基本として、やや関東よりの方言と言われています。そのため、標準語と大きな差がないのでしょう。標準語と大きな差がないのは事実ですが、どちらかと言えば標準語よりも温かい言葉が静岡弁だと言われています。

同じ静岡県内でもエリアで訛り方の度合いが異なる

先述したように、静岡弁と言っても区分分けされるため、その場所によって方言の訛り方なども変わります。一般的な静岡弁と言われる中部あたりの方言はあまり強くないイメージですが、離れれば離れるほど方言の訛りも強くなるイメージがあります。

静岡弁の基本


こちらでは静岡弁の基本を集めました。イントネーションやアクセント、その他にも静岡弁ならではのものがあることを紹介します。

静岡弁のイントネーション

先述しているように、静岡弁のイントネーションは共通語と似ている部分が多いのが特徴です。しかし、同じ静岡県でも共通語とは似ても似つかないイントネーションのものもあるので、地域次第といったところでしょうか。

静岡弁のアクセント

アクセントもイントネーションと同じく、共通語とほぼ変わりません。共通語と似ている部分が多いために、静岡県民でさえも静岡弁に気づいていないという奇妙な出来事も出てきているようです。

「ら」や「だら」は若い人でも多用する

方言は年配の方が多く使うというイメージがあります。しかし「ら」や「だら」は年配の方だけではなく、若い人でも多用しているようです。

否定する言葉は最後に「ん」になる

静岡弁の特徴として、否定の言葉は最後が「ん」になることがほとんどのようです。こちらも地域によって変わってきますが、一般的な静岡弁で考えた場合「ん」が最後に来ることが多い傾向があります。

「ら」抜き言葉や「れ」入れ言葉が多い方言

静岡弁には「ら」抜き言葉や「れ」入れ言葉が多いことが特徴です。すべての言葉で「ら」抜きや「れ」入れが多いわけではないのですが、気づけば「ら」抜き言葉や「れ」入れ言葉になっていたということも珍しくありません。

定番の静岡弁20選

こちらでは定番の静岡弁を集めてみました。聞いたことがある言葉もあれば、静岡県民以外は知らない方言などさまざまなので覚えてみましょう。

定番静岡弁1:いくら?

「いくら?」と聞かれると金額を訪ねられていると考える人もいるかもしれませんが、静岡弁の「いくら?」は金額以外を指しています。

【静岡弁】~ら?
【標準語】~よね?

  • 「今日いくら?」(今日行くよね?)

定番静岡弁2:うちっち

「うちっち」も指しているものを知ることで、何となく分かる人も多いのではないでしょうか。他の地域でも「うちんち」など、さまざまな方言で示されています。

【静岡弁】うちっち
【標準語】自宅

  • 「うちっちは遠い」(自宅は遠い)

定番静岡弁3:くすがる

「くすがる」はくすぐったいなどの意味に聞こえるかもしれませんが、これは怪我を表す言葉なので「くすぐる」の意味で受け取らないようにしましょう。

【静岡弁】くすがる
【標準語】刺さる

  • 「指先に針がくすがった」(指先に針が刺さった)

定番静岡弁4:がとー

「がとー」は別の地域では「ありがとう」を意味する場合があります。しかし、静岡弁の「がとー」はお礼の言葉ではありません。

【静岡弁】がとー
【標準語】沢山

  • 「がとーある」(沢山ある)

定番静岡弁5:しょろしょろ

「しょろしょろ」は水の出が悪いようなイメージの言葉ですよね。しかし、あまり良くない言葉ではありますが別の意味を持っています。

【静岡弁】しょろしょろ
【標準語】のろのろ

  • 「しょろしょろしてんだよ」(のろのろしてんだよ)

定番静岡弁6:あんもー

「あんもー」はパッと聞いただけでは、何を意味するのか分からないかもしれません。しかし、お正月に食べるアレを示した言葉なのです。

【静岡弁】あんもー
【標準語】おもち

  • 「あんもーは2つ」(おもちは2つ)

定番静岡弁7:ぶそくる

「ぶそくる」は良くない意味であることは分かっていても、意味までたどり着く人は少ないかもしれません。こちらを読んでいる人もちょっとしたことで「ぶそくる」人がいるかもしれませんね。

【静岡弁】ぶそくる
【標準語】不機嫌になる

  • 「残業続きでぶそくる」(残業続きで不機嫌になる)

定番静岡弁8:けっこい

「けっこい」と聞いて、良い意味と悪い意味、どちらを想像しますか? 正解は良い意味です。主に女性が言われると嬉しい言葉になります。

【静岡弁】けっこい
【標準語】かわいい

  • 「本当にけっこい」(本当にかわいい)

定番静岡弁9:たこる

「たこる」と聞いても「どんな意味?」と首を傾げる人も多いかもしれません。あまりしてはいけないことを示しています。

【静岡弁】たこる
【標準語】さぼる

  • 「疲れてるから明日はたこる」(疲れてるから明日はさぼる)

定番静岡弁10:ギュウギュウパンパン

「ギュウギュウパンパン」はそのままの意味です。これはお腹の状態を表す言葉であり、難しく考えずにそのままの意味で考えて問題ありません。

【静岡弁】ギュウギュウパンパン
【標準語】いっぱい

  • 「お腹がギュウギュウパンパン」(お腹がいっぱい)

定番静岡弁11:かが抜ける

「かが抜ける」は、飲み物に関する状態を指しています。ある意味、好む人もいれば苦手な人もいます。

【静岡弁】かが抜ける
【標準語】炭酸が抜ける

  • 「コーラの蚊が抜ける」(コーラの炭酸が抜ける)

定番静岡弁12:かじる

「かじる」が「齧る」と勘違いされがちですが、実は別の意味があります。特に夏場などは虫さされでしてはいけないと思いながらもしてしまう人が多いようです。

【静岡弁】かじる
【標準語】掻く(引っ掻く)

  • 「蚊に刺された所はかじっちゃダメ」(蚊に刺された所は掻いてはダメ)

定番静岡弁13:みるい

「みるい」と聞くと「ミルク」の方言かと思う人もいるようですが、実は違います。食べ物などの状態を表す言葉なので、勘違いしないようにしましょう。

【静岡弁】みるい
【標準語】柔らかい

  • 「この柿はみるい」(この柿は柔らかい)

定番静岡弁14:はんこう

「はんこう」と聞くと「犯行」や「反抗」などを思い浮かべる人もいるかもしれませんが違います。実は大人になったら使う機会が多いアレを指しているのです。

【静岡弁】はんこう
【標準語】印鑑

  • 「明日ははんこうを持ってきて」(明日は印鑑を持ってきて)

定番静岡弁15:ぞんぐりする

「ぞんぐり」と聞いても、ピンと来ない人が多いのではないでしょうか。これは恐怖を表す言葉です。

【静岡弁】ぞんぐりする
【標準語】ぞっとする

  • 「心霊写真にぞんぐりする」(心霊写真にぞっとする)

定番静岡弁16:おそんがい

「おそんがい」も「ぞんぐり」すると同じように恐怖の感情を示す言葉です。

【静岡弁】おそんがい
【標準語】怖い

  • 「お化け屋敷がおそんがい」(お化け屋敷が怖い)

定番静岡弁17:こぞんでいる

静岡弁は分かりやすい方言と分かりにくい方言があります。この「こぞんでいる」は分かりにくい方言のひとつとして初めて聞いた人に疑問を与えています。

【静岡弁】こぞんでいる
【標準語】沈んでいる

  • 「底に砂糖がこぞんでいる」(底に砂糖が沈んでいる)

定番静岡弁18:やらにゃん

「やらにゃん」と可愛い方言ですが、意味は意外と堅苦しいものになっています。

【静岡弁】やらにゃん
【標準語】やらなければならない

  • 「明日はやらにゃん」(明日はやらなければならない)

定番静岡弁19:とぶ

「とぶ」は他の地域の方言でもありますが「走る」という意味を持っています。

【静岡弁】とぶ
【標準語】走る

  • 「ジョギングで5kmとんだ」(ジョギングで5km走った)

定番静岡弁20:ごーがわく

「ごーがわく」は感情を示す言葉です。どんな意味なのかは例文を見て見てください。

【静岡弁】ごーがわく
【標準語】腹が立つ

  • 「電車が遅延してごーがわく」(電車が遅延して腹が立つ)

静岡らしさにほっこりする静岡弁

こちらでは、静岡らしいほっこりとする静岡弁を集めてみました。

おみゃあら

「おみゃあら」は静岡弁の中でも定番と言えます。そのため、この方言を聞くだけでほっこりとする人もいるようです。

【静岡弁】おみゃあら
【標準語】あなた方は

  • 「おみゃあらカラオケ行くら?」(あなた方、カラオケ行くの?)

~だら

「~だら」も静岡を代表とする方言です。ほっこりとする方言は、比較的使用頻度が高いものが多い傾向にあるようです。

【静岡弁】~だら?
【標準語】~でしょうか?

  • 「これでいいだら?」(これで良いでしょうか?)

びっちょこ

「びっちょこ」は何となくびしょぬれをイメージさせる言葉ですが、実はそうではありません。

【静岡弁】びっちょこ
【標準語】左右非対称

  • 「ヘアスタイルがびっちょこ」(ヘアスタイルが左右非対称)

バカ頭いい

「バカ頭いい」と聞くと、馬鹿にされているように聞こえるかもしれませんがこの言葉は意外と褒め言葉として使われているんです。

【静岡弁】バカ頭いい
【標準語】すごい頭いい

  • 「バカ頭いいよね?」(すごい頭いいよね?)

~さ?

静岡弁は語尾に「~さ」とつくことが多いようです。静岡弁に慣れていない人が、静岡弁を聞いた場合、まず「~さ」の多さに驚くと言っても過言ではありません。

【静岡弁】~さ?
【標準語】~なんだよね?

  • 「今日は定休日さ?」(今日は定休日なんだよね?)

しょんないら

「しょんないら」は何となく意味が分かる人もいるのではないでしょうか。語感的にも似ている「仕方ない」という意味を持っています。

【静岡弁】しょんないら
【標準語】仕方ないね

  • 「雨だもんしょんないら」(雨だもん仕方ないね)

すかす

「すかす」は「開ける」という意味になります。比較的使う機会が多い言葉なので覚えておいても損はないでしょう。

【静岡弁】すかす
【標準語】開ける

  • 「換気のため窓をすかす」(換気のため窓を開けておく)

まとめ

静岡弁はあまり方言くささがないところが特徴です。もちろん、方言っぽいものもありますがクセの強い言葉が少ない印象があります。