津軽弁まとめ|全国屈指の難解な方言を集めました

公開日:2019/2/21 更新日:2019/5/22

津軽弁は方言の中でも比較的有名なものではないかと思われます。実際に方言自体は知らなくても「津軽弁という方言がある」ということは知っている人が多いからです。今回は津軽弁のさまざまなことについて紹介します。

津軽弁とは


こちらでは津軽弁について集めてみました。どこで話される方言なのか、ルーツはどこなのか、さまざまなことを調べて見たのでぜひ参考にしてみてください。

青森県津軽地方で使われる方言

津軽弁は「津軽方言」とも言われています。主に青森県津軽地方で使われる方言であり、津軽海峡の対岸である北海道植松郡も津軽弁の影響を濃く受けていると言われています。

アイヌ人のアイヌ語や出雲弁がルーツとする説が多い

津軽弁にもルーツは存在すると言われています。基本的には大和言葉がベースにはなっていますが、当時北海道などに居住していたアイヌ人の言葉も少し入っているのではないかと言われています。その理由は出雲弁とアイヌ語に似た言葉が複数含まれているからです。

そういった古さがあるからこそ、津軽弁には現在ほとんど使われない古語のようなものが転訛した言葉が見受けられているのでしょう。

青森県の南部地方の人には伝わらない方言

津軽弁は青森県津軽地方で使われているものであり、南部地方の人には伝わっていません。そのため、同じ青森県民であっても津軽弁を理解できない人が多いと言われています。

本来、津軽弁は津軽地方以外の人には分かりづらい方言として有名です。同じ青森県民であっても分からないほどなので、その難解さのレベルはトップクラスと言っても過言ではないのでしょう。

非常に難解で字幕や翻訳は必須

津軽弁は日本語でありながら、非常に難解で字幕や翻訳が必須と言われています。沖縄の言葉も分かりづらいと評判ですが、恐らく沖縄の言葉以上に津軽弁の方が分かりにくいのではないでしょうか。

津軽弁の基本


こちらでは、津軽弁の基本について集めてみました。津軽弁自体が独特的な存在なので、津軽弁をマスターしたい人は自分で考えている以上に難しいかもしれませんね。

津軽弁のイントネーション

どの地域の方言も独特的なものではあるのですが、津軽弁だけは別格と言ってもいいでしょう。基本的に標準語などは語尾が上がるクセがあるのですが、津軽弁のイントネーションだと語尾は下がるという印象があるようです。

津軽弁のアクセント

津軽弁のアクセントは、他の方言と比べても特徴的なものです。低く始まった言葉が、いきなり高くなったり、逆に再び下がったりなど落ちつきのない印象を受けます。



敬語表現があまり発達していない方言

津軽弁の印象としては、敬語表現があまり発達していない方言われています。ただし、引前城下で話されていた引前方言だけでは別で綺麗な印象があります。

丁寧な会話の最後には「し」を用いる

津軽弁の特徴として、丁寧な会話の最後には「し」を用いるのが特徴です。例えば「書きます」の丁寧表現である「「かぎし」のように「し」が用いられているのが分かります。

「が」のような格助詞は省略されやすい

津軽弁の特徴として「が」のような格助詞は省略されやすいというものがあります。そのため、周囲が聞いても余計に難しい方言になってしまっているようです。

定番の津軽弁20選

こちらでは、津軽弁で定番にされている言葉を集めてみました。どのような言葉があるのか、どの程度難しい方言なのかを知るにもちょうどいいのではないでしょうか。

定番津軽弁1:じゃんぼ

「じゃんぼ」はパッと見れば「ジャンボ」で大きさを表すように見えますが、津軽弁での「じゃんぼ」は「髪の毛を表します。どこから「じゃんぼ」が髪の毛になるのかと驚く人もいるのではないでしょうか。

【津軽弁】じゃんぼ
【標準語】髪の毛

  • じゃんぼ切った?(髪切った?)

定番津軽弁2:なう

「なう」という言葉がありますが、これは「なる」という意味になります。比較的こちらの方言は分かりやすいものではないでしょうか。

【津軽弁】なう
【標準語】なる

  • 「良い気になう」(良い気になる)

定番津軽弁3:わいは

「わいは」と聞くと「自分は」という意味になるのだと思う人が多いはずです。実際にそういった方言があるのですが、津軽弁での「わいは」は自分を指すのではなく、ちょっとした言葉の意味になるようです。

【津軽弁】わいは!
【標準語】あらまぁ!

  • 「わいは!驚いた」(あらまぁ!驚いた)



定番津軽弁4:わらし

「わらし」は「童」から来たのではないかと言われています。その「わらし」が指すのは「小学生」なので方言と意味が大きく外れているわけではないようです。

【津軽弁】わらし
【標準語】小学生

  • 「そこにいるわらし」(そこにいる小学生)

定番津軽弁5:わらしっこ

先述した「わらし」と似た方言ですが、こちらも子供を表すものです。ただ小学生以下の子供を指す方言だと言われています。

【津軽弁】わらしっこ
【標準語】6歳以下の子供

  • 「可愛いわらしっこ」(可愛い6歳以下の子供)

定番津軽弁6:おどな

「おどな」はさまざまな意味に見えるのですが、津軽弁の「おどな」の意味は「中学生以上」を指します。昔は中学生以上に対して大人という認識を持つ人もいたので、そういったところから中学生以上は「おどな」という呼び方になったのかもしれませんね。

【津軽弁】おどな
【標準語】中学生以上

  • 「もうおどなになった」(もう中学生以上になった)

定番津軽弁7:はんつけ

「はんつけ」と聞いても、ちょっと方言が強くて意味が分からない人もいるのではないでしょうか。これは子供たちが特定の状況の時に使う言葉ではないかと言われています。

【津軽弁】はんつけ
【標準語】仲間外れ

  • 「はんつけにしちゃだめ」(仲間外れにしちゃだめ)

定番津軽弁8:しずだはずだ

「しずだはずだ」は言葉だけを見ると「沈んだはずだ」という風に聞こえます。しかし、当然ながらそんな意味になるはずもありません。意外と使う人も多いあの言葉を指しているようです。

【津軽弁】しずだはずだ
【標準語】なんだかんだ

  • 「しずだはずだでうまく行った」(なんだかんだでうまく行った)

定番津軽弁9:のためがす

「のためがす」も津軽弁を話す人以外では分かりづらい方言ではないかと思われます。津軽弁を話す人の特徴として、あまり変わった方言を話している自覚がないという噂があります。

【津軽弁】のためがす
【標準語】早く作業をする

  • 「のためがすだよ」(早く作業をしてね)



定番津軽弁10:きずねさま

「きずねさま」は「仲人」を意味します。お互いを繋ぐ位置にいるため「絆様」がなまったのではないかと言われているようですが、実際はどうなのは分からないのが現状のようです。

【津軽弁】きずねさま
【標準語】仲人

  • 「あの人がきずねさま」(あの人が仲人)

定番津軽弁11:きみ

「きみ」と言われると、自分が呼ばれたのかと考える人もいますよね。しかし、津軽弁での「きみ」が「とうもろこし」を指すのです。分かりにくい方言があるなか、シンプルなものもあるようです。ただし、そのシンプルさゆえに逆に難しさを増しているような気がします。

【津軽弁】きみ
【標準語】とうもろこし

  • 「きみを食べる」(とうもろこしを食べる)

定番津軽弁12:いたでに

「いたでに」は言葉の雰囲気から察すると「痛い」や「いた?」という内容と考える人もいますが「まとめて」という意味を持っています。どの地方の方言にも、なぜこのような方言になるのかという驚きのものはありますが、津軽弁はそういったものが多いような気がします。

【津軽弁】いたでに
【標準語】まとめて

  • 「全部いたでに」(全部まとめて)

定番津軽弁13:えんつこい

「えんつこい」というちょっと可愛い言葉がありますが、これは目の痛みを訴える時の言葉のようです。可愛い言葉ではありますが、この言葉を使うことがないようにしたいものですね。

【津軽弁】えんつこい
【標準語】目が痛い

  • 「えんつこい」(目が痛い)

定番津軽弁14:おべさま

「おべさま」という津軽弁は何を表していると思いますか? 感心した時などに使う人がいるかもしれません。普段から頻繁に使う言葉ではないですが、ちょっとした時に使いたい言葉ではありますね。

【津軽弁】おべさま
【標準語】物知り

  • 「あの人はおべさまだ」(あの人は物知りだ)

定番津軽弁15:たまし

「たまし」が表すのは「幽霊」です。恐らく「たまし」は「魂」から来ているのではないでしょうか。魂や幽霊を漢字で書くとちょっと怖くなりますが、津軽弁の「たまし」だと少し怖さが軽減されますね。

【津軽弁】たまし
【標準語】幽霊

  • 「たましが出た(幽霊が出た)



定番津軽弁16:もの言いづけ

「もの言い付け」は何となく分かる人もいるかもしれませんね。この言葉が表すのは「命令する人」です。あまり良い意味では使われない傾向があるので、同じ命令をする人でも上司などには使いません。ちょっと命令されてムッとした時に使う言葉なのではないでしょうか。

【津軽弁】もの言いづけ
【標準語】命令する人

  • 「もの言いづけは感じが悪い」(命令する人は感じが悪い)

定番津軽弁17:~だはんで

「~だはんで」は「~だから」という意味になります。こちらもよく聞いていれば意味は分かりますが、津軽弁は早口な傾向がある人も多いので、言葉自体を聞き取れないということもあるようです。

【津軽弁】~だはんで
【標準語】~だから

  • 「お腹もすいたはんで、ご飯にしよう」(お腹もすいたから、ご飯にしよう)

定番津軽弁18:びだり

「びだり」という言葉は、決して女性に使ってはいけない言葉です。蔑称発言になりますし、言葉による暴力が色々と取り立てられる時代なので、相手を貶めるような言葉は避けた方がいいでしょう。

【津軽弁】びだり
【標準語】ブス

  • 「あの人はびだりだ」(あの人はブスだ)

定番津軽弁19:ひだりばじ

「ひだりばじ」と聞いて、左に関することかと思う人が多いはずです。確かに左に関することですが、正解は「左利き」でした。方言にありがちですが、ストレートに呼んでもいいのか、深読みした方がいいのかと悩むものが多くありますね。

【津軽弁】ひだりばじ
【標準語】左利き

  • 「子どもの頃からひだりばじ」(子どもの頃から左利き)

定番津軽弁20:ちゅげあたる

「ちゅげあたる」は津軽弁ですが、あまり使いたくない言葉ではありますね。

【津軽弁】ちゅげあたる
【標準語】脳卒中になる

  • 「親がちゅげあたる」(親が脳卒中になる)

ネットで話題!意味不明な津軽弁

こちらでは、ネットで話題になっている津軽弁を集めてみました。これまで紹介したのは定番の津軽弁でしたが、ここからは意味不明だと評判の津軽弁です。つまり、難解さも今まで以上にあるということになります。

めぐせぇ

「めぐせぇ」は雰囲気的に「面倒くさい」という意味に聞こえますよね。でも、これは真逆であり「恥ずかしい」という意味になります。ネット上で話題になっているのも「恥ずかしい」という意味の方言に見えないのもあるのでしょう。

【津軽弁】めぐせぇ
【標準語】恥ずかしい

  • 「めぐせぇから人前は嫌」(恥ずかしいから人前は嫌)



めぇ

「めぇ」とシンプルな方言もありますが、これは「美味い」というものを指します。答えだけを見れば、確かに納得できますが難しいものが多い中、シンプルに呼んでいいのかと悩む人もいるようです。

【津軽弁】めぇ
【標準語】美味しい

  • 「これはめぇな」(これは美味いな)

むっつい

「むっつい」という言葉を使う時には気をつけなければいけません。津軽弁では「口の中の水分が少なくて飲みこめない」という意味ですが、他の方言では「むっつりスケベ」を意味するところもあるからです。何気なく使っていて相手を不快にさせることがあるかもしれないので気をつけましょう。」

【津軽弁】むっつい
【標準語】口の中の水分が少なくて飲み込めない

  • 今はむっつい(今は口の中の水分が少なくて飲み込めない)

「け」と一文字単語ですが「食べろ」という意味になります。他にも一文字で言葉を表す方言はあるので、そういったところの方言に強ければ分かるかもしれませんね。

【津軽弁】け
【標準語】食べろ

  • (好き嫌いをする子供に)「け」(食べろ)

先述したよう「け」と同じように「く」は「食べる」を意味する方言です。

【津軽弁】く
【標準語】食べる

  • (食べ物を勧められて)「く」(食べる)

がっちゃぎ

「がっちゃぎ」は「切れ痔」を意味する方言です。由来などを調べたら意外と面白いのではないかと言われている方言でもあります。

【津軽弁】がっちゃぎ
【標準語】切れ痔

  • 「がっちゃぎになった」(切れ痔になった)

まとめ

津軽弁は確かに難しいものばかりです。しかし、慣れてくることで分かってくる可能性は高いのではないでしょうか。同じ日本語でも各地で異なる方言があるのはなかなか面白いことです。地域の違いなどを比較してみると楽しいかもしれませんね。