十勝川温泉は世界でも珍しい植物性モール泉。美肌のもとをたっぷり浴びよう

トラベルパートナー: Kitako

生まれも育ちも北海道で観光案内員の経験あり。デジタルマップよりも紙の地図を持って旅行するのが大好きなアナログトラベラーです。北海道定番の観光スポットから穴場グルメや裏話など、どさんこKitakoが北海道の隅から隅までご紹介します!

十勝川温泉はあったかくてなまらあずましんだよ~!

十勝川温泉にあるモール泉を知っていますか。十勝川温泉は、植物性の有機質を含んだモール泉が楽しめる珍しい温泉地で、家族で楽しめるレジャーや体験イベントが盛りだくさんの観光スポットです。今回はそんな十勝川温泉の魅力をご紹介します。

十勝川温泉は希少な植物性モール泉

北海道遺産認定の珍泉

北海道の十勝川温泉は、世界でも珍しい植物性の有機質を含んだモール泉が楽しめる温泉地で、2004年に北海道遺産に認定されました。これまで日本唯一の温泉とされていましたが、近年では掘削技術の発達などによってモール泉を名乗る入浴施設が増えています。古くよりアイヌ民族たちから「薬の沼」と呼ばれ、慢性の皮膚病や打ち身の緩和などさまざまな効能があるとされてきました。

太古の植物がもたらす希少な温泉

遥か昔この一帯に生い茂っていた葦が堆積して形成された泥炭層。十勝川の温泉は、この地層から由来して湧き出ていると考えられています。モール泉のモールとは、ドイツ語の亜炭という意味からとっていて、植物性の有機物を多く含有。通常の鉱物性の温泉に比べて資源が少ないため、とても希少で貴重な温泉とされています。

お湯に漂う浮遊物は美肌の素

十勝川温泉のお湯の色は、麦茶のような茶色から黒色に近い色をしていて、若干とろみのあるお湯。植物の腐食物の影響からアルカリ性泉のため、角質や皮脂などの汚れをすっきり落としてくれ、肌がツルツルすべすべになる美肌の湯として知られています。お湯に溶け込まずに植物性有機物が流れてくるため、温泉施設によっては、浴槽内にフワフワとした浮遊物がたくさん漂っている場合もあります。

十勝の恵みを堪能 ガーデンスパ十勝川温泉

日帰り旅行にオススメの総合施設

ガーデンスパ十勝川温泉は、モール泉と十勝の美味しいグルメが一挙に集まった施設。温泉宿泊はもちろん、ドライブがてらに日帰りで立ち寄るにも人気のスポットです。施設内では、クラフト体験などさまざまなイベントに参加することもでき、ナイトスパやスパ内でのホットヨガ体験もすることができます。温泉で身体の芯まで温まったところでヨガをすれば、効率よくデトックスできそうですね。

水着着用の温泉施設 SPA KOHAKU

SPA KOHAKU(スパ コハク)は男女共用に水着を着て入浴する温泉施設で、入浴というよりはプールに入るような感覚です。水着の準備がなくても、湯浴み着やタオル類のレンタルがあるので、急に訪れても気軽に利用することができます。屋外にはテラスプールや、夏限定の水遊び場などもあり、小さい子どもたちと一緒に楽しむことができます。

十勝の地元食材が自慢の飲食店

施設内には、十勝のおいしい食材を使った料理が食べられる飲食店が4つ入っています。モール温泉を飲んで育ったモール豚の豚丼や、十勝チーズをふんだんに使用したピザ、地元乳業メーカーの牛乳を使った濃厚ソフトクリームなど、北海道のおいしい味覚を堪能できます。揚げたてカレーパンが名物のお店では、揚げパンに豆乳ソフトクリームを挟んだスイーツの揚げパンドッグが人気。温泉上がりに食べるひんやりアイスは格別ですよ。

住所|〒080-0262 北海道河東郡音更町十勝川温泉北14丁目1
営業時間|9:00~19:00(月~木)9:00~21:00(金~日・祝)
定休日|毎月第2火曜日
電話|0155-46-2447
公式サイトはこちら

十勝川温泉はイベントがいっぱい

ホタル池を手作りしたモール温泉夢ボタル鑑賞会

十勝川温泉街から離れたところにある緑豊かな十勝が丘公園には、ホタルが見られる人口池があります。毎年7月になると夜8時から9時の間だけ公園が解放され、ホタルの鑑賞会が開かれます。夕闇にほうっと浮かび上がる幻想的なホタルの光は、昔ながらの日本の夏の風物詩。

十勝が丘公園で見られるホタルはヘイケボタルという種類で、ゲンジボタルに比べると少し小さいサイズですが、止水域でも生息できる種類のホタルです。自然の減少によって今ではほとんど見ることができなくなってしまったホタルですが、これからも今ある自然を守り続けたいと思える美しい風景です。

音と光のファンタジックショー「彩凛華」

冬になると十勝が丘公園では、一大イベントの「彩凛華(さいりんか)」が開催されます。音と光のファンタジックショーとして、大小600基もの光のオブジェが音に合わせて光輝く美しいショーです。小さいオブジェでも高さ1.6メートルはあり、大きなオブジェになると高さ5.4メートルもの大きさまで。敷地全体が無数の光に包まれ、まるで夢のなかにいるような幻想的な雰囲気が味わえます。

北海道の冬はとても寒く、氷点下の気温のなかで凍てつく夜のイベントのため、くれぐれも温泉入浴直後の外出は避け、しっかりとした防寒で出かけましょう。

住所|〒080-0262 北海道河東郡音更町十勝川温泉北14丁目
営業時間|イベント毎に異なります
定休日|イベント毎に異なります
電話|0155-32-6633(十勝川温泉観光協会)
公式サイトはこちら

温泉だけじゃない 十勝川のみどころ

十勝が丘公園の巨大花時計ハナック

ハナックと呼ばれる直径18メートルもの巨大花時計は、十勝川温泉のシンボル。春から秋の間には、チューリップやマリーゴールドなど約2万株もの色鮮やかな花々が植えられ、温泉街に彩りを添えています。そのほか、公園内には足湯やアスレチックなどの遊具も設置されており、子どもも大人も一緒になって楽しめる場所です。

住所|〒080-0262 北海道河東郡音更町十勝川温泉北14丁目
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0155-32-6633(十勝川温泉観光協会)
公式サイトはこちら

十勝平野と日高山脈を望む、十勝が丘展望台

十勝が丘展望台は、雄大な日高山脈や十勝平野を一望できるビュースポット。十勝川温泉街からは歩いて30分ほどの高台にあるので、いい運動にもなります。展望台ではほかにも、北海道三大河川と呼ばれる十勝川や、整然と佇む防風林などを眺めることができ、大地の壮大さを堪能できます。いつ行っても素晴らしい風景ですが、夕暮れ時に見える地平線に沈むオレンジ色の太陽は1日のなかでもとくにおすすめですよ。

住所|〒080-0262 北海道河東郡音更町十勝川温泉北14丁目4
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0155-32-6633(十勝川温泉観光協会)
公式サイトはこちら

十勝中央大橋と白鳥

十勝川にかかる十勝中央大橋は、2ヶ所の支柱から伸びたケーブルによって支えられている全長770メートルの斜張橋です。それほど大きな橋ではないですが、周囲にほとんど建物がないため、温泉街からでも橋の姿はしっかり確認することができます。すぐそばにある河川敷は白鳥の飛来地としても知られており、冬になると橋を背景にエレガントな白鳥たちの姿が、なんともフォトジェニック。

住所|〒080-0263 北海道河東郡音更町十勝川温泉南12丁目
営業時間|なし
定休日|なし(白鳥飛来期間は12月~3月頃)
電話|0155-32-6633(十勝川温泉観光協会)
公式サイトはこちら

十勝川ネイチャーセンターで体験する

雪上をハイスピードで駆け抜けるスノーモービル体験

北海道では馴染み深いスノーモービルの運転にも挑戦することができます。畑の融雪材散布や、除雪不便な地域での移動手段などに使われるスノーモービルは、北海道の暮らしと密接にかかわってきました。十勝川温泉の白鳥飛来地のそばにある十勝ネイチャーセンターでは、スノーモービルの体験コースがあり、公道ではないため免許不要で13歳以上なら運転することができます。

大空に舞い上がる熱気球の係留フライト

5月から9月の間は、十勝が丘公園にて十勝ネイチャーセンターが開催する熱気球の係留フライトも体験することができます。地上とはロープで繋がっているため、高さ30メートルほどまで上昇した位置から、十勝の大地や日高山脈を眺めることができまます。参加の予約は不要ですが、天候や服装などの条件があるため事前に公式ホームページにて確認してみてください。

住所|〒080-0263 北海道河東郡音更町十勝川温泉南12丁目1-12
営業時間|9:00~18:00
定休日|なし
電話|0155-32-6116
公式サイトはこちら

十勝川温泉へのアクセス

バスでの行き方

十勝バスが運行する(45)十勝川温泉線の利用で帯広駅から30分程度で到着します。十勝川温泉街には7ヶ所の停留所があるので、目的地の施設から最寄りの停留所を確認しておくと良いでしょう。

車での行き方

札幌方面からは、道東自動車道の音更帯広ICから約20分で到着します。釧路方面からは、道東自動車道の池田ICから約30分で到着します。

住所|〒080-0263 北海道河東郡音更町十勝川温泉
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

まとめ

十勝川温泉は、モール泉が楽しめる珍しい温泉地でです。温泉と十勝グルメが一挙に楽しめるガーデンスパ十勝川温泉は家族連れにおすすめ。ぜひ訪れてみてください。