のとじま水族館は体験型水族館。たくさんの魚や海獣とふれあおう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: YUU

出身地は石川県。縁あって、奈良・京都・大阪・石川・静岡と住んでいたため、関西と北陸と静岡東部を中心に紹介できます。主に、史跡・城郭・神社仏閣ときどきグルメと温泉と・・・いうバランスで旅行プランを組むのが好き。動物と触れ合えるスポットにも出没します。旅行者目線で、実際に体験したことを伝えていけたら嬉しいです。

わやくそえちゃけな生き物、でっかいこそおるさけ、みんなで行こまいか!

石川県七尾市の能登島北岸にあるのとじま臨海公園水族館は、海獣や魚たちを見て、ふれあいが楽しめる体験型水族館。この水族館ならではのスペシャルな体験ができるとあってSNSでも大人気の観光スポットです。今日はのとじま臨海公園水族館の見どころをご紹介します。

生き物との距離がとても近い老舗水族館

のとじま臨海公園水族館は七尾湾に面したパノラマ大水槽をはじめ海獣とのふれあいも楽しめる体験型水族館です。

美しい海に囲まれた能登の観光スポット

石川県の七尾湾に面したのとじま臨海公園水族館は、年齢を問わず楽しめる能登観光の代表的な観光スポット。七尾湾の風景と共に、能登半島近海に住む魚を中心とした約500種もの生き物と出会えます。広くて開放感があり、夜の水族館や、イルカふれあいビーチなどの期間限定イベントも充実しています。

幅広い受け入れ体制も魅力

水族館にはイルカ・アシカショー、ラッコのお食事タイム、ペンギンのお散歩、プロジェクションマッピングなど見どころがたっぷり。バリアフリー環境も整えられており、幅広い年齢層にしっかり対応してくれるので安心です。体感型水族館のため、エサやりや、イルカとのふれあいなど体験メニューも大変豊富。

荷物が多い時には入口のコインロッカーが使えますよ。

大迫力!ジンベエザメが泳ぐ青の世界

とじま臨海公園水族館にはあらゆる角度から鑑賞を楽しめる巨大水槽とユニークな企画が人気です。

あらゆる角度から楽しめる巨大水槽

ジンベエザメ館・青の世界は、日本海側で最大級を誇る螺旋状に周回する大水槽。ここにはジンベエザメ、アカシュモクザメ、クロマグロなどが元気に泳いでいて、水槽の上から観察することもできるのが魅力です。普段見ることがない大型魚が泳ぐ姿は、なかなか迫力がありますよ。

冬限定のこたつ水族館が楽しい

冬になると大水槽の前にはこたつが用意され、自由に暖をとりながらジンベエザメの泳ぎを観られます、この非日常感がたまらないとSNSで人気になり、今ではすっかり名物に。こたつに置かれた交流ノートを読んだり書き込んだりしながら、お茶の間感覚で水族館を楽しめます。

アカエイやブリがぐんぐん泳ぐ回遊式水槽

のと海遊回廊は魚たちとプロジェクションマッピングの共演が楽しめます。

プロジェクションマッピングと魚たち

アカエイやネコザメ、ブリ、ヒラマサ、シマアジ、カンパチなどが泳ぐ回遊水槽の周囲は、海の中にいるようなプロジェクションマッピングが楽しめます。すぐ足元を亀やエイがすり抜けて行く迫力ある映像はとても幻想的。回遊する魚たちもカラフルでとってもきれいですよ。

服を着たまま魚たちに囲まれて

回遊式の水槽は途中二ヶ所にドーム状に作られたゲートがあり、まるで水槽の中に入ったような不思議な気分を楽しめます。ここは写真撮影スポットになっていて、まるで服のままで水槽の中にいるような、面白い写真が撮れますよ。

水族館の新しい楽しみ方がいっぱい

のとじま臨海公園水族館ではマダイの音と光の世界 、餌やり体験、赤ちゃん観察など特性を生かした企画が魅力です。

魚の特性を生かした真鯛のショー

伝達能力が優れているマダイの特性を活かして、美しい光とピアノ曲に合わせ約2000尾が泳ぐショーが開かれます。光と音に合わせ翻るマダイたちの美しさと迫力に、思わず立ち止まる人が続出。ショーは開館時間中に2回行われます。

もぐもぐタイムを事前にチェック

餌やりタイムは生き物が持つ身体能力の高さや器用さを見てもらうためのもの。時間が決まっているので、事前に時間をチェックしておきましょう。器用にお腹の上で貝を割るラッコのもぐもぐタイムは、可愛らしさにとても癒されますよ。

赤ちゃんの成長を見守れる

うまくタイミングが合えば、魚の卵や生まれたばかりの稚魚の展示も見られます。今後育っていく過程を観察するのも、きっと楽しみになることでしょう。卵の中で赤ちゃんが動く姿を見られる展示は国内でもほとんどないので、大変貴重です。

海獣たちとの距離の近さも魅力

水族館ではペンギンの散歩やイルカの餌やり、カワウソとの握手など海獣たちとの近距離でふれあう機会が随所に用意されてます。

よちよち歩きが可愛いペンギンパレード

View this post on Instagram

東京から北陸新幹線に乗って金沢へ🚄✨ さらに特急、バスと乗り継いで、行ってまいりました #のとじま水族館 ! うーん、遠かった! ・ でもね。 長旅の疲れなんていうものは、この景色を前に吹き飛びました。 ペンギン🐧と海🌊 これぞ、絶景。 ・ ・ ・ ・ ・ #ペンギン #ペンギン好き #ぺんぎん #鳥 #鳥好き #動物 #動物好き #水族館 #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #penguin #penguins #penguinlove #penguinstagram #penguinlover #bird #birdstagram #birdlover #instabird #animal #animallover #animallove #instaanimal #naturelove #your_best_birds

A post shared by ペンギンブック (@penguinbook_lue) on

ペンギンプールにいるマゼランペンギンは、毎日外に出てお散歩します。ペンギンたちに直接ふれることはできませんが、一緒に散歩を楽しめます。すぐそばでよちよち歩くペンギンの姿や行動を観察するには絶好のチャンス。可愛いいしぐさがたまりません。

空飛ぶペンギンたちを眺める

水族館内のトンネル水槽では、フンボルトペンギンやイルカが自由自在に泳ぐのを眺めることができます。特に晴れた日には水槽が青く透きとおるので、泳ぐスピードが早いペンギンたちは、まるで空を飛んでいるように見えます。

イルカに直接エサやりができる

水族館にはイルカとのふれあいプールがあり、広々としたプールでイルカたちが自由に泳いでいます。とても人なつっこく、近寄ると水面から顔を出してくれますよ。エサやり体験はイルカやゴマフアザラシにもできるので、さらに彼らにふれあいたい時にはぜひ挑戦してみてください。

カワウソと握手に感動

カワウソ水槽では、コツメカワウソのおやつタイムでエサやり体験ができます。直接手を差し出して催促するくるしぐさがたまりません。エサの代わりに指を出すと、プニプニの手で握り返してくれますよ。エサやりのあとは、そばで手を洗えるようになっています。

のとじま水族館へのアクセス

電車・バスでのアクセス

JR金沢駅から特急サンダーバード、もしくは能登かがり火号、観光列車の花嫁のれん号に乗って和倉温泉駅で下車します。和倉温泉駅前から能登島バスの路線バスに乗って、のとじま臨海公園で下車すると到着です。

車でのアクセス

金沢方面からは、のと里山海道の白尾ICから徳田大津JCTへ行き、能越自動車道を経由して和倉ICで下ります。その後、能登島大橋から能登島へ入り、約15分で到着です。また、富山方面からは能越自動車道の七尾城山ICで下りて、和倉温泉方面から能登島大橋、能登島へ入り約15分で到着。

水族館には1100台分の無料大型駐車場があります。

住所|〒926-0216 石川県七尾市能登島曲町15-40
営業時間|(3月20日~11月30日)9:00~17:00・(12月1日~3月19日)9:00~16:30
定休日|12月29日~31日
電話|0767-84-1271
公式サイトはこちら

まとめ

たのしいふれあいがたっぷり楽しめて、写真撮影のチャンスも多いのとじま臨海公園水族館。美しい海の景色もペンギンたちとのお散歩も楽しめて大満足。館内の大掛かりな演出と迫力の水槽は見所がいっぱいで、大充実の時間を過ごせます。石川県に行く際には是非、足を伸ばしてみてくださいね。