岡山弁まとめ|県外の人が恐怖する方言を集めました

公開日:2019/2/22 更新日:2019/5/22

岡山弁と聞いても、どんな言葉があるか分からない人もいるのではないでしょうか。今回は岡山弁の基本や定番の言葉などについて紹介します。

岡山弁とは


岡山弁は名前の通り、岡山県で使われる方言です。一部では岡山弁のことを「トーチカ」と呼んでいる人もいるようです。こちらでは、岡山弁について集めてみました。

岡山県で使われる方言

岡山弁は「怖い」や「意味が分からない」というイメージが持たれていることに対して「可愛い」「面白い」という認識も持たれているようです。

東山陽方言に分類される

岡山弁は山陽方言範囲の南東端に当たります真鍋島のような特異な方言もありますが、基本的には共通した特徴を持った方言と言えます。旧国ことに備前、備中、美作に分けることが出来ますが明確な境界線を引くことは出来ないようです。

県外の人がまったく分からない訛りは少ない

方言と聞くと、基本的にまったく分からないというイメージがあります。しかし、岡山弁の特徴としてまったく分からない訛りは少ないのが特徴のようです。こういったことから、岡山弁と言われてもパッと思い出す人が少ないのかもしれませんね。

岡山弁の基本


こちらでは、岡山弁の基本について集めてみました。イントネーションやアクセントなど、どのようなものかを集めてみました。

岡山弁のイントネーション

岡山弁のイントネーションは関西弁と広島弁のどちらに近いかを聞く人が多いようですが、どちらかと言えば広島のイントネーションと答える人がいます。しかし、広島は大部分が中輪東京式アクセントであり、岡山は内輪東京式アクセントなので、近いと言っても大きな差はあるようです。

岡山弁のアクセント

岡山弁のアクセントは「【ひ】る」のように、頭高型のようです。基本的に最初が高い方言が多いようです。

母音が重なると長音になる傾向が強い

岡山弁の特徴として、母音が重なると長音になる傾向が強いようです。例えば「ここへ」の場合「こけー」となり「あかい」が「あけー」のようになるのです。



母音が無声になることは少ない

岡山弁では母音の無声化はほとんど怒らないと言われています。どちらかと言えば長音化するので、無声化は絶対にないとは言いませんが、ほとんどないと言われています。

定番の岡山弁20選

こちらでは岡山弁で定番の方言について集めてみました。

定番の岡山弁1:~じゃ

「~じゃ」は「~です」という意味で使われます。過去は「じゃった」や」じゃろー」と用いられていることもあったようです。

【岡山弁】~じゃ
【標準語】~です

  • 「そうなんじゃ」(そうなんです)

定番の岡山弁2:じゃーじゃ

「じゃーじゃ」は肯定する時の言葉ですが、他の地域でも「じゃいよ」「じゃーよ」などで使われているので聞き覚えがある人もいるかもしれません。

【岡山弁】じゃーじゃ
【標準語】うんうん

  • 「じゃーじゃ言うな」(うんうん言わないで)

定番の岡山弁3:でーれー

「でーれー」は「すごい」という意味です。語源は「どえらい」から始まって「どえれー」から「でーれー」になったのでしょう。

【岡山弁】でーれー
【標準語】すごい

  • 「くじが当たったんで、でーれかろー」(くじが当たったんだよ、すごいでしょう)

定番の岡山弁4:なんしょんならー

「なんしょんならー」は「何をしてるんだ」という意味です。意味だけを見ると厳しい雰囲気があるかもしれませんが、基本的に親しい相手に「何をしているの?」という意味で使われるようです。

【岡山弁】なんしょんならー
【標準語】何をしてるんだ

  • 「今なんしょんならー?」(今何してる?)

定番の岡山弁5:~じゃけー

「~じゃけー」は岡山弁というよりも、広島弁のイメージを持っている人が多いかもしれませんが岡山弁でもよく使われている方言です。意味は「~だから」なので、基本的に使用頻度が高い言葉です。

【岡山弁】~じゃけー
【標準語】~だから

  • 「そうじゃけけー」(そうだから)



定番の岡山弁6:いぬる

「いぬる」は「家に帰る」という意味なので、使用頻度も高い方言です。しかし、岡山弁には「ナ行変格活用」の「いぬる」=「死ぬる」があるので気をつけましょう。

【岡山弁】いぬる
【標準語】家に帰る

  • 「もう、いぬる」(もう、家に帰る)

定番の岡山弁7:~せられー

「~せられ」は「~しなさい」という意味を指します。備前地方では「~せられー」を使い、備中地方では「~しねー」を使い、美作地方においては「~しんさい」や「~しんちゃい」が使われています。

【岡山弁】~せられー
【標準語】~しなさい

  • 「はよーせられー」(早くしなさい)

定番の岡山弁8:けなりー

「~けなりー」は「うらやましい」という意味です。けなりがる、という方言は「羨む」や「妬む」を意味するので、あまり良い意味で使われません。ただし、この「けなりがる」は美作地方では使われないと言われています。

【岡山弁】けなりー
【標準語】うらやましい

  • 「そねーなこときーたら、子供がけなるがるよー」(そんなこと聞いたら、子供が羨ましがるよ)

定番の岡山弁9:たいぎー

「たいぎー」や「たいぎぃ」は「ダルい」や「面倒くさい」を意味します。疲れた時にも使荒れる言葉のようです。

【岡山弁】たいぎー
【標準語】ダルい

  • 「たいぎーこと言うなや」(ダルいこと言うな)

定番の岡山弁10:あんごう

「あんごう」はあまり良い言葉ではありません。なぜなら「アホ」や「ばか」を意味していて、本来は公家などが使用していた言葉と言われていて、岡山県だけではなく三重県でも使われています。

【岡山弁】あんごう
【標準語】アホ

  • 「おおあんごうじゃな」(大馬鹿だな)

定番の岡山弁11:てーてーてー

「てーてーてー」と効果音のように聞こえる方言ですが「炊いておいて」という意味になります。つまり「飯をてーてーてー」と言われたら「ご飯を炊いておいて」ということになるのです。

【岡山弁】てーてーてー
【標準語】炊いておいて

  • 「てーてーてー」(炊いておいて)



定番の岡山弁12:たわん

「たわん」は「足りない」という意味を指します。年配の方が孫などに言う時があるのですが、若い世代であればあるほど通じない言葉でもあるようです。

【岡山弁】たわん
【標準語】足りない

  • 「知識がたわん」(知識が足りない)

定番の岡山弁13:なんしょん?

「なんしょん?」という岡山弁は意外と分かる人も多いのではないでしょうか? 親しい相手との挨拶で使われることも多いようです。

【岡山弁】なんしょん?
【標準語】何してるの?

  • 「なんしょん?」(何してるの?)

定番の岡山弁14:そ

「そ」は「どうぞ」の意味を持ちます。たとえば果物を剥いてあげた後などに「そ」と言うと「どうぞ食べてください」という意味になるようです。短い言葉ながらもよく使われている岡山弁です。

【岡山弁】そ
【標準語】どうぞ

  • 「これぐれぇそ」(これぐらいどうぞ)

定番の岡山弁15:しょーる

「しょーる」は岡山弁と関係ない人が聞くと、ファッションアイテムの「ショール」と勘違いするかもしれませんが、これは文字だけのもので実際はアクセントが違うので間違う人はほとんどいないでしょう。この言葉の意味は「している」であり、他の方言でも「しょーる」と似ている「しよる」などもあるため、比較的意味は通じやすい方言です。

【岡山弁】しょーる
【標準語】している

  • 「なんしょーると」(何をしているの)

定番の岡山弁16:テンパール

テンパールと聞いても、何のことか分からない人も多いかもしれませんが岡山弁では「家庭用ブレーカー」のことを指します。実際に「テンパール」というものがあるため、方言と言っても入るのか入らないのか微妙ではないかと考える人もいるようです。

【岡山弁】テンパール
【標準語】家庭用ブレーカー

  • 「テンパールが落ちた」(家庭用ブレーカーが落ちた)

定番の岡山弁17:わやくそ

「わやくそ」は「めちゃくちゃ」を意味します。似たような言葉で「わやくちゃ」というものもあるため、岡山弁に慣れていない人でも比較的通じる言葉ではないでしょうか。

【岡山弁】わやくそ
【標準語】めちゃくちゃ

  • 「おめーわやくそ言うな」(おめーめちゃくちゃ言うな)



定番の岡山弁18:どちゅーまちゅー

「どちゅーまちゅー」と可愛らしい岡山弁ですが意味は「ドギマギ」です。おばあちゃんっ子やおじいちゃんっ子の人が使うと言われていますが、同じ岡山でも地域によっては通じないこともあるようです。

【岡山弁】どちゅーまちゅー
【標準語】ドギマギ

  • 「どちゅーまちゅーする」(ドギマギする)

定番の岡山弁19:じゃろ?

「じゃろ?」は「~でしょ?」の意味を持っていますが、こちらも広島弁にある方言と同じなので意外と知っている人も多いのではないでしょうか。

【岡山弁】じゃろ?
【標準語】~でしょ?

  • 「許してくれるじゃろ?」(許してくれるでしょ?)

定番の岡山弁20:けっぱんづく

「けっぱんづく」は「つまづく」を意味します。つまづくは地域によって言葉が大きく分かれるのですが、何となく通じるという共通点があります。例えば「けっつまづく」も同じ「つまづく」ですが、けっぱんづくと似ているイントネーションがあります。

【岡山弁】けっぱんづく
【標準語】つまずく

  • 「けっぱんづいてすりみーてしもうた」(つまづいてすりむいてしまった)

県外の人がちょっと怖いと感じる岡山弁

こちらでは、岡山県以外の人が聞いたらちょっと怖いと感じる岡山弁について集めてみました。

ぼっけー

すごいという意味を持つ「ぼっけー」ですが、人によっては伸ばさない人もいるらしく「ボケ」と聞き間違えをする可能性があるようです。特に驚いた時は言葉も少し大きくなるので「ボケッ」と聞こえることもあるようですね。

【岡山弁】ぼっけー
【標準語】凄い

  • 「ぼっけーおもれえでえ」(凄く面白いです)

おめぇ

「おめぇ」はなんとなく「あなた」を意味するのが分かるかと思います。しかし「オメエ」と乱暴な言葉に聞こえる場合もあるらしく、岡山弁の中でも怖いという印象が出てしまうようです。

【岡山弁】おめぇ
【標準語】あなた

  • 「おめぇも一緒じゃろ」(あなたも一緒でしょう)

はよーしねー

こちらの「はよーしねー」は「はやくしなさい」という意味なのですが、言葉だけを見ると「早く死ね」と見られてしまうため、岡山弁を使う人もなるべく使わないようにと注意している場合もあるようです。

【岡山弁】はよーしねー
【標準語】はやくしなさい

  • 「はよーしねー」(はやくしなさい)



きゃーくそがわりー

「きゃーくそがわりー」は「気分が悪い」という意味ですが「クソ」という言葉が入っていること、言葉の意味自体もあまり良いものではないため、聞いた人が怖いと感じてしまうようです。ただ、体調が悪い方の「気分が悪い」でも使われることがあるようです。

【岡山弁】きゃーくそがわりー
【標準語】気分が悪い

  • 「きゃーくそがわりー」(気分が悪い)

ちばける

「ちばける」は言葉の雰囲気から怖いと言われている方言のようです。意味は「ふざける」というものですが、子供たちがふざけあっていて「ちばけるな」と言うと「ふざけるな」「ふざけたらダメ」という意味になるのですが、言葉を荒くしてしまうと岡山弁を知らない人は「えっ」となってしまうようです。

【岡山弁】ちばける
【標準語】ふざける

  • 「ちばけとったらおえんで」(ふざけるとだめですよ)

ちゃーちゃーいう

「ちゃーちゃーいう」は「くだらないことをだらだらと話す」という意味です。意味から見ても分かるように、あまり良い場面で使われるものではありません。そのため、不機嫌、もしくは怒っている時に使われるため、怖いという印象が持たれているようです。

【岡山弁】ちゃーちゃーいう
【標準語】くだらないことをだらだらと話す

  • 「ちゃーちゃーいうな」(くだらないことをだらだらと話すな)

てごー

「手伝い」を意味する「てごー」なのですが、こちらもなぜか怖いという印象が持たれているようです。内容や言葉も怖いと感じるほどではないのですが、使い方次第なのでしょう。

【岡山弁】てごー
【標準語】手伝い

  • 「ちょっとてごーしてぇや」(ちょっと手伝って)

いらまかす

「いじめる」の意味を持つ「いらまかす」も怖い岡山弁として知られています。言葉の雰囲気から怖いと感じられているのか、いじめという意味を持つこと自体を怖いと見られているのかは分かりません。ただ、あまり使われたくない言葉には変わりありませんね。

【岡山弁】いらまかす
【標準語】いじめる

  • 「ひとーいらまかすな」(人をからかうな)

まとめ

岡山弁と言えば、とあるゲームのキャラが「もんげー」を使って、一時期有名になりました。子供にも大人気で「もんげー」を繰り返す子供も多かったのではないでしょうか。