御船山楽園のライトアップは幻想の世界!四季の花々も美しい

公開日:2019/2/28 更新日:2019/8/15

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Haru
出身地は長崎。よく行くエリア九州で、友達と予定が合えば海外や日本各地へ出掛けます。 一人旅も好きで、時間があれば神社巡り・自然の絶景巡りなど、気の赴くままに大好きな旅へ!おすすめの観光スポットや、その土地の周辺グルメをご紹介します。最近ミラーレスカメラを購入したので、旅先の素敵な写真を撮る事にはまっています。
夏を彩る武雄のビッグイベントに花と紅葉はすごいね

海と山さらには平野と、東西南北をさまざまな自然環境に囲まれた佐賀県。その南西部に位置する武雄(たけお)市は筑紫平野の西端に開け、背後に長崎県境の山々が迫る街です。この武雄市の空を突くようにそびえる御船山、その山麓には花々もイベントも華やかな御船山楽園が、佐賀県を訪れた人々を迎えます。

御船山楽園は四季の花々が謳い彩る佐賀の名園

佐賀県武雄市にそびえる御船山(みふねやま)は標高210mという低山ですが、尖った頂上と切り立った絶壁が目立つ険しい山。手前の鏡池にはその姿が映ります。御船山楽園はこの山麓にあり、九州を代表する観光名所の武雄温泉から程近い距離です。

広大な御船山楽園は昼も夜も楽しみがいっぱい

1845年に完成した御船山楽園は、実に50万平方メートルという広大な池泉回遊式庭園。2010年2月には庭園全体が、国の登録記念物に指定されました。四季折々の草花に美しく彩られ、特に夜のライトアップイベントは、近年にわかに注目を浴びています。

御船山楽園で人々を癒す四季折々の自然と絶景

御船山の春を謳う満開のサクラ

春の御船山庭園は一面のサクラが咲き誇ります。例年3月中旬から4月中旬には、ソメイヨシノをはじめヤマザクラにオオシマザクラ、さらには八重咲きなど約2,000本が満開に。花まつりも開催され、多くの人々が筑紫野の春を謳歌するでしょう。

初夏の御船山でしか見られないツツジの絶景

御船山の切り立った絶壁が目前に迫るツツジ谷。その名のとおりここには約20万本ものツツジが植えられ、4月中旬から5月初旬には赤や白、ピンクの花々が絨毯のように彩ります。初夏の青空と御船山の新緑との共演は、ぜひ見たい絶景ですね。

秋は御船山一面に広がる紅葉の絶景

秋の御船山楽園を彩るのはもちろん紅葉、11月初旬から12月初旬には紅葉まつりが開催されます。御船山にツツジ谷に鏡池周辺など、庭園一帯に燃えるような赤やオレンジが広がり、特に樹齢170年以上となる大モミジの美しさは迫力満点でしょう。

御船山楽園を彩る紅葉、鏡池の水面、岸辺に建つ茶屋それぞれの色の対照もまた見事。鏡池周辺には散策歩道も整備されており、紅葉を望みながらしばし日常生活を忘れ、のんびり過ごしましょう。そして夜に行われるライトアップは国内最大級で、日本とは思えない光景が広がります。

御船山楽園の夏空はライトアップで幻想的な世界に

2015年にスタートした武雄のあかり展は、ここ武雄市の夏空を彩るビッグイベントとなりつつあります。無数のカラフルな灯りが市内の主要施設において飾り付けられ、県内外から訪れる多くの観光客で賑わうでしょう。もちろん御船山楽園も華やかに彩られます。

色も形もさまざまな光の世界はぜひインスタ投稿

特に注目すべきは、世界的なアーティスト集団・チームラボとのコラボで開催されるライトアップの数々でしょう。園内一面からツツジ谷、さらには御船山の絶壁までがカラフルに華やかに夜空に映え、インスタ映えは間違いなし。小さな子供たちも年輩の方も、家族そろって記念の一枚を。

御船山楽園周辺のおすすめスポットは見逃せない

慧洲園はこれぞ日本庭園の美しさ

御船山楽園から北西へ徒歩約5分の場所にある慧洲園(けいしゅうえん)。約1万平方メートルという面積の純日本庭園で、1980年に造園家の中根金作(なかねきんさく)によって開かれました。整備された茶畑や石組みの間を流れるせせらぎなどが、春のサクラや初夏のツツジ・秋の紅葉に彩られ、ゆったりとした空気に満ちています。



陽光美術館では貴重な古陶磁器を見学

慧洲園の中にある陽光美術館(ようこうびじゅつかん)は、ここ佐賀県が日本の陶磁器発祥の地であることから1996年に創立されました。歴史はまだ新しいですが、中国の唐から清時代にかけての古陶磁器や翡翠(ヒスイ)などが展示されています。日本と中国の美を鑑賞するのもいいでしょう。

Address 〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町大字武雄4075-3
Hours 9:00-17:00
Closed 毎週水曜日(4月から5月と、10月から11月は毎日開館)
Tel 0954-20-1187
Web https://www.yokomuseum.jp/

武雄神社は神聖な大楠があるパワースポット

御船山楽園から北へ徒歩約25分の場所にある武雄神社。創建は奈良時代の735年で御船山の山麓にあり、夏に開催される武雄のあかり展の期間中は、境内もライトアップされます。巨大な御神木があるパワースポットとして有名です。

武雄の大楠から感じる神聖な空気

神社の御神木とされる武雄の大楠(クスノキ)は樹齢3,000年以上。高さは27mで根回りは26m、根元の空洞部分は実に12畳分の広さがあります。1989年に当時の環境庁が行った調査では全国6位の巨木となっており、神聖な空気が漂うまさにパワースポットと呼べるでしょう。初夏の新緑は心奪われる美しさです。

縁結びの夫婦檜も注目のパワースポット

同じく境内にある夫婦檜(ヒノキ)は、根元部分と樹幹部分で互いが結び合った2本の大木。この大木に願掛宝来鈴(がんかけほうらいすず)を結んで参拝すれば、恋愛の縁結びに安産や子授け、さらには仕事においての縁に御利益があると伝えられています。

Address 〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町大字武雄5335
Hours 9:00-17:00
Closed 年中無休
Tel 0954-22-2976
Web takeo-jinjya.jp/

武雄温泉でのんびりリフレッシュしよう

そして御船山楽園がある武雄市中心部には、九州を代表する有名な武雄温泉があります。東京駅や日本銀行を手掛けた佐賀県出身の建築家・辰野金吾(たつのきんご)が設計した楼門が迎え、泉質は単純温泉と炭酸水素塩泉。温泉が楽しめる旅館やホテルが多いので、ゆっくり宿泊するのもいいでしょう。

御船山楽園へのアクセス

車での行き方

タクシーを利用の場合は、JR武雄温泉駅から乗車し約5分で到着します。マイカーを利用の場合は、長崎自動車道の武雄北方インターチェンジから武雄・嬉野方面へ約5kmの距離。国道34号線(武雄バイパス)を南西へ進み、武雄市下西山交差点手前から左折。南東へ進んで左へ入れば園内へとつづき、150台可能な無料駐車場に到着します。

秋に行われる紅葉まつりの期間中は大変混雑するため、武雄市内や御船山楽園周辺に数ヶ所の臨時駐車場が開設され、各所から無料のシャトルバスが運行されます。それでも混雑する場合は、配置された誘導員の指示に従ってください。

Address 〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100
Hours 8:00-17:00(ライトアップイベント期間中は変更)
Closed 年中無休
Tel 0954-23-3131
Web https://www.mifuneyamarakuen.jp/

まとめ

御船山楽園は江戸時代の武雄藩第28代領主の鍋島茂義(なべしましげよし)によって造園されました。3年間をかけて完成しましたが、それだけここは風光明媚な場所だったのでしょう。四季に咲く花々も、紅葉の色彩も、夏の夜の華やかなライトアップも、この楽園もすべて引き立たせてくれるのは御船山の大絶壁。小面積ながらも名所いっぱいの佐賀県へ、足を運んでみませんか。