三保松原は舞い降りる天女伝説の地。文学と海辺の風景を楽しむ旅を

公開日:2019/3/4 更新日:2019/11/16

トラベルパートナー:トラベルパートナー: HARUKI
私は広島県出身ですが、会社の転勤を繰り返し、いろんな地域で暮らしてきました。 赴任先を起点に各地の観光スポットを巡って絶景や思い出になる写真を撮っています。 最近は一人旅が多いですね。 紹介記事は西日本中心になります。 みなさんに一味違った旅の魅力をご紹介出来たら幸いです。
松林と海と富士は絵画の代表的なモチーフだら

伊豆温泉や富士山など魅力的な観光スポットが多数存在する静岡県。静岡市の青い海が美しい三保半島にある三保松原もそのひとつです。

3万本以上の松の木が織りなす森林と海のコラボレーションや富士山を眺めたり、波風に打たれながら散歩やサイクリングをしたりなど、楽しみ方も多種多様な三保松原は羽衣の伝説でも有名。そんな三保松原の楽しみ方や羽衣の伝説についてご紹介いたします。



松の香に癒されながらの浜散歩

三保松原で定番のベストショット


三保松原は約7キロメートルの海岸にそって生い茂る松原で、その数は約3万本以上だと言われています。打ち寄せる白波と海の青さにくわえ、松林の緑が織りなす色のコントラストはまさに風光明媚。

天気が良い日は富士山がくっきりと見られ、さらに美しい風景を目にする事ができます。この三保松原は富士山世界遺産構成資産に登録されています。

神さま降臨の目印・羽衣の松

天女が羽衣をかけたとされる伝説がある事から、羽衣の松と名づけられました。羽衣の松は御穂神社のご神体で、ご祭神の三穂津彦命や三穂津姫命が降臨する目印とされています。松の隣には同社の離宮と羽車神社もあります。

子供のころ聞いた羽衣伝説


天女が身にまとうと空を自由に飛び回る事ができたという羽衣の伝説を、皆さんも一度は耳にした事があるのではないでしょうか。羽衣の松にまつわる伝説は、ある漁師が一本の松にかかっていた美しい羽衣を見つけたところから始まります。

漁師が持ち帰ろうとした羽衣を返してもらう代わりに、天女は羽衣を身にまとい舞いを披露する事に。そのまま天女はふわりふわりと天に昇り、そのまま霞にまぎれて富士のほうに消えていってしまいました。

能・羽衣に魅せられたエレーヌ

ここには能「羽衣」に魅せられ、三保松原に憧れを抱いていたフランスの舞踊家であるエレーヌ・ジュグラリスの碑があります。このエレーヌ・ジュグラリス碑は彼女の思いに共感した地域住民により、1952年に建てられました。この碑の下は、彼女の遺言により、彼女の遺髪が埋納されています。

はちまき石を探しながら歩こう

浜には見つけると願いごとがかなうという、はちまき石が落ちています。白い帯がかかっていて、その見た目がはちまきを巻いているように見える事からはちまき石と呼ばれています。美しい絶景からも目が離せませんが、撮影ポイントまでの道中、ぜひ下も見ながら探してみましょう。

遊歩道から名勝鎌ヶ崎へ

人影が少ない鎌ヶ崎

さらに先へ進むと人影の少ない鎌ヶ崎遊歩道へと出ます。そこに広がるのは見ごとな黒松。遊歩道にはところどころにベンチもあるので、休憩しながら散歩を楽しめます。文学の舞台としても有名な三保松原ですが、この鎌ヶ崎の遊歩道もたくさんの文人たちに愛されていました。

遊歩道には文学看板も設置されていますので、ぜひ目を通しながら散歩しましょう。羽衣海岸の中でも特に美しい場所として、地元の人たちにも人気のスポットです。



波風にあたりながらのサイクリングが清々しい

海岸沿いを歩いてのんびり散歩するのも気持ち良いですが、せっかくなら三保半島を一周してみるのはいかがでしょうか。三保半島の海岸沿いにある県道静岡清水自転車道線は15.6キロメートルもあるので、歩くのはとても大変。

そこで便利なのがレンタサイクル。自転車で走ると波風が心地よいです。天気が良い日は富士山を見る事もできます。青い海に浮かぶように見られる富士山は絶景。そんな美しい景色を眺めながらのサイクリングは、長距離でも疲れを感じない事でしょう。

松原に降臨した神さまの通り道

500メートルの松並木・神の道

樹齢200~400年もの老松が500メートルにわたり生い茂る松並木は、神の道と呼ばれています。羽衣の松に来臨した神は、この神の道を経て御穂神社へ行かれると言われています。神の道と呼ばれるだけあって厳かな雰囲気がただう松並木は、ボードウォークとして整備されているので歩きやすいですよ。

ゴールの御穂神社でお参り

三保松原に鎮座する御穂神社は、羽衣伝説ゆかりの神社として有名。日本武尊が東征の際にに立ち寄った記録も残っています。海の神として信仰され、家内安全や縁結び、交通安全、安産子育の神様とされ多くの方が祈願に来ています。

Address 〒424-0901 静岡市清水区三保1073
Hours 8:00~17:00
Closed なし
Tel 054-334-0828
Web https://www.surugawan.net/guide/60.html

おすすめ周辺情報

名勝三保松原のガイダンス施設

2019年3月に観光情報の発信元として、三保松原ビジターセンター、みほしるべがオープンしました。観光情報の案内のみならず、三保松原の価値を広げるための展示や三保松原にまつわる映像の展示なども行っています。三保松原の歴史や魅力をより一層理解するために、まずは立ち寄る事をおすすめします。

Address 〒424-0901 静岡県静岡市清水区三保1338番地の45
Hours 9:00~16:30
Closed 未定
Tel 054-340-2100
Web https://miho-no-matsubara.jp/

静岡産の美味しい杉山牧場ジェラート

きれいな景色をみながら美味しいジェラートはいかがでしょうか。三保松原の入口に杉山牧場のジェラートショップがオープンしています。ジェラートには、杉山牧場で育ったジャージー牛から直接しぼった新鮮な牛乳が使われているので、味も濃厚。

特に暑い季節には、濃厚なジェラートが口の中に広がりのどの渇きをいやしてくれます。

Address 〒424-0901 静岡市清水区三保1303-3
Hours 10:00~17:00
Closed 不定休
Tel 054-395-9211
Web なし

点灯100年を超える清水灯台

海岸と言えば灯台。ここ清水海岸にも立派な灯台がそびえたっています。点灯100年を超える清水灯台は、八角形の断面をもつ日本で最初の鉄筋コンクリート造の建物で、建設から100年以上この姿のままが維持されています。頂上部にある風見鶏は羽衣伝説の天女がかたどられているので要チェック。

Address 〒424-0901 静岡市清水区三保
Hours なし
Closed なし
Tel 054-355-0225
Web https://www.visit-shizuoka.com/spots/detail.php?kanko=338


赤十字飛行隊の訓練飛行場

清水灯台の近くに広場のような場所があります。一見閑散としていますがここは飛行場。この飛行場は静岡県と赤十字飛行隊の訓練に使われています。この飛行場の主な使用目的は救難活動です。

Address 〒424-0901 静岡県静岡市清水区三保
Hours なし
Closed なし
Tel なし
Web なし

三保松原へのアクセス

電車・バスでのアクセス

まずはJRで清水駅まで行きます。清水駅からはバスがでているので三保山の手線に乗車し、三保松原入口にて下車します。JR清水駅から三保松原入り口までは約25分。バスを降りてから20分ほど歩くと到着です。

車でのアクセス

東名高速道路に乗り、清水ICで高速を降ります。そこから約30分で到着です。

Address 〒424-0901 静岡市清水区三保
Hours なし
Closed なし
Tel 054-251-5880
Web https://www.visit-shizuoka.com/spots/detail.php?kanko=336

まとめ

羽衣の伝説で有名な三保松原。田子の浦や城ヶ崎海岸など美しい海岸が有名な静岡県ですが、ここ三保松原の海岸も絶景です。天気の良い日はぜひ三保松原に足を運び、緑と海を楽しみながら文学や羽衣の伝説に思いをはせてみてはいかがでしょうか。