夜の香嵐渓でライトアップされた紅葉をしっぽり楽しもう

トラベルパートナー: Keito

出身地は愛知県 。メインでお伝えしたいと思っている、もしくは書きたいと思っている記事はアルゼンチン、ブラジル、パラグアイです。 南米の二大大陸についてお伝えするため、美味しい食べ物、景色や動物などの写真をたくさん撮りたいと思います。 アルゼンチン、ブラジルは日本人から見ると遠い国、スポーツ大国というイメージが強いかもしれませんが、この記事の中でアルゼンチンとブラジルの魅力をお伝えしたいと思います。

どえらい綺麗な紅葉を香嵐渓で見よう!

愛知県で素晴らしい景観美が楽しめるスポットとして、香嵐渓を挙げる方は少なくないでしょう。特に紅葉の時期は息を飲むほど素晴らしい風景を眺められ、毎年多くの方が足を運ぶ絶景スポットです。夜のライトアップでは幻想的な風景も楽しめますし、家族連れやカップルでにぎわいます。

なぜこれだけ多くの紅葉を見れるのか

1634年に愛知県豊田市足助に建つ香積寺の三栄和尚によって、スギやカエデなどの木が植えられ始めたことが、香嵐渓(こうらんけい)の誕生したきっかけだと言われています。地元住民からも大切に扱われ、その後もたくさんのカエデが植樹されるようになり、散策道も整備されたのです。現在では紅葉の名所として常に上位にランクインするほどになりました。紅葉のシーズンになると、愛知県内からはもちろん、遠方からもたくさんの方が足を運びます。

時間帯により様々な表情を見せてくれる紅葉

時間帯によって次々と表情を変化させるのも香嵐渓の魅力。できれば、日中と夜、どちらも足を運びたいですね。

日中見る紅葉

昼間は美しく鮮やかな紅葉が、キレイな川に映える様子を楽しめます。橋をのんびりと歩きながら山のほうに目をやると、燃えるような素晴らしい紅葉の風景を楽しめるでしょう。この橋は待月橋(たいげつきょう)という名称で、ここから写真を撮っているカメラマンも少なくありません。写真スポットとしても人気なので、ぜひここからの景観美を写真におさめておきましょう。

夜のライトアップ

すっかり香嵐渓の代名詞ともなった夜のライトアップ。昼間にも多くの人が足を運びますが、夜になるとさらにたくさんの人が訪れてにぎわいます。この写真だと少々離れたところから撮影していますが、もっと近くで紅葉を楽しめますよ。

まさにもみじのトンネル

ライトアップされて幻想的な風景を生み出す紅葉を、真下から写真におさめられるのは魅力的。昼間は赤々とした紅葉の色が印象的ですが、ライトアップされる夜には見る場所によって表情の変化が楽しめます。ぜひいろいろな角度から紅葉を楽しんでほしいですね。待月橋を渡ってこちら側までくると、川のせせらぎも聴こえてきます。散策道をゆったりと散歩しながら、美しい紅葉を眺めてみましょう。

川を挟んでのアングル

川と紅葉を一緒に眺めるのもおすすめ。紅葉と川のコラボレーションはとても素敵ですし、香嵐渓ならではの風景を楽しめるでしょう。川の流れも緩やかですし、川のみなもにライトアップされて輝く紅葉が反射することも。毎年、願掛けのろうそくを流す日になると、たくさんのろうそくが川を流れていきます。ろうそくが流れる川とライトアップされた紅葉のコラボも素敵なので、ぜひ写真におさめてほしいですね。

住所|〒444-2424  愛知県豊田市足助町
営業時間|
定休日|
電話|0565-62-1272
公式サイトはこちら

出店も充実の香嵐渓

香嵐渓では出店も充実しているので、小腹が空いても安心。もみあげまんや五平餅、鮎の塩焼きやソバなども楽しめますよ。

もみじ饅頭を揚げた もみあげまん

もみあげまんは、香嵐渓を代表するグルメの一つ。毎年のようにバラエティーが豊になっているのも魅力ですね。もみじ饅頭を揚げただけですが、サクサクとした絶妙な食感が癖になります。紅葉を眺めながら食べるもみあげまんは、余計に美味しく感じるでしょう。

五平餅には2種類の味が

香嵐渓で販売している五平餅は、ノーマルとピリ辛の二種類があります。ノーマルも美味しいですが、ピリ辛もほどよい辛味が美味しく人気。価格もそれほど高くないので、気軽に食べられるのも嬉しいです。お祭りのような気分を味わえるでしょう。

蕎麦と鮎の塩焼き

蕎麦や鮎の塩焼きまで楽しめるので、ガッツリ食べたい方も安心。夏でも美味しい鮎や蕎麦を楽しめるのは嬉しいですね。香嵐渓の美しい風景を眺めながら食べる鮎の塩焼きや、蕎麦は格別の美味しさ。五平餅もついてくるのでボリュームもあります。お腹もきっと満足するでしょう。

安納芋チップスと刀削麺

刀削麺も人気のグルメなので、香嵐渓に訪れたときにはぜひ食べておきたいです。白菜とチャーシューの組み合わせがとても美味しいです。安納芋チップスはそのまま食べても美味しいですが、ビールとの相性が抜群。絶妙な味わいを楽しめるでしょう。紅葉を楽しみながら極楽気分を味わえます。

香嵐渓近辺のグルメも豊富

香嵐渓の周辺にも、おすすめのグルメスポットが盛りだくさん。訪れたついでに立ち寄ってみるとよいでしょう。

足助ハム zizi工房

ハムやソーセージが加工される様子や、製品になるまでのプロセスを見学できるスポット。商品はどれも量り売りとなっているのが特徴で、価格は少々高めの設定となっています。少しお高いものの、味は間違いないのでたまの贅沢として買ってみましょう。昼には工房で見学とウインナーを楽しみ、夜には香嵐渓の紅葉を見に行く、というプランもよいかもしれません。

住所|〒444–2424 愛知県豊田市足助町東貝戸10,百年草
営業時間|9:00〜16:00
定休日|水曜日
電話|0565–62–0100
公式サイトはこちら

カフェダイニング po.tto

カフェダイニング po.tto(ポット)では、バラエティーに富んださまざまなパフェが食べられるため人気。期間限定のメニューを提供することもありますし、季節によって違った味を楽しめるでしょう。ランチはもちろん、ディナーもやっています。香嵐渓に向かう途中で、紅葉見物したあとで立ち寄るのもおすすめ。

住所|〒471–0874 愛知県豊田市前田町3–40–1
営業時間|11:00〜23:00
定休日|なし
電話|0565–42–3339
公式サイトはこちら

川安でうなぎ

香嵐渓でうなぎを食べたいのならココ。人気の高いうなぎ屋で、外はカリカリ中はふんわり焼きあがったうなぎはまさに絶品。濃い目のタレとの絶妙なコラボレーションも堪能できるでしょう。香嵐渓に来た帰りに、美しい紅葉の余韻を残しながら贅沢な気分を味わえます。ぜひ立ち寄ってみましょう。

住所|〒444–2424 愛知県豊田市足助町西町14–3
営業時間|11:30〜13:30
定休日|月曜日
電話|なし
公式サイトはこちら

香嵐渓の温泉

View this post on Instagram

#夏焼温泉 #ホテル岡田屋 #愛知県 #豊田市

A post shared by takuya (@takuuuya.watanabeee) on

香嵐渓に紅葉を見に行くと体も冷えてしまいます。そんな時にはこちらの夏焼温泉に立ち寄ってみましょう。香嵐渓帰りの冷えた体を芯まで温めてくれる温泉です。日帰り入浴もできますが、21時30分までの営業となっているため注意しましょう。ボディソープやシャンプーなども完備しているので、手ぶらで足を運べるのも嬉しいポイント。

住所|〒441–2522   愛知県豊田市武節町田の洞213–2
営業時間|11:00〜21:30(日帰り温泉の場合)
定休日|なし
電話|0565–82–2544
公式サイトはこちら

香嵐渓へのアクセス

車での行き方

関東方面からだと、東名高速道路豊田ジャンクションから、東海環状自動車道の豊田勘八で下車してください。その後、国道153号飯田方面へ約13キロほど走ると香嵐渓にたどり着きます。関西方面からだと、東名阪自動車道を走り伊勢湾岸自動車道を経由します。東海環状自動車道豊田勘八ICで降り、国道153号で下車、県道39号を東方向に14キロ走ってください。

香嵐渓の周辺には駐車場もいくつかありますが、紅葉のシーズンはすぐに満車になってしまいます。特に夜はライトアップされた紅葉を見ようとたくさんの人が訪れ、駐車場に停められないことも。

まとめ

香嵐渓の素晴らしい風景美は、実際に足を運んでみないことには分かりません。川や橋とのコラボ、ライトアップされることで完成する幻想的な風景は、ここでしか楽しめないでしょう。日中にも素晴らしい景色を堪能できますが、夜の香嵐渓はなおさらおすすめ。ロマンティックな雰囲気の中で散策やグルメも楽しめるので、カップルや夫婦で訪れることをおすすめします。