大興善寺は自然豊かなつつじの名所。恋人の聖地で縁結びしよう

トラベルパートナー: Koji

東京生まれの福岡育ち。九州中心に記事を書いてるトラベルパートナー。 ゆったり出来て、訪れた人が楽しく笑顔になれる場所を一人でこっそり探し、訪れた方に「楽しかった!もう一度行きたい!」って声を趣味としてます。少し変わった楽しみ方が出来る旅行が得意です。

一期一会の出会いがあるとよかね

つつじ寺とも呼ばれている佐賀県の大興善寺は、一年を通して豊かな自然を楽しむことができるスポット。127段もある石段をはじめおすすめの見どころが満載です。ファミリーや写真愛好家はもちろん、恋人の聖地にも選定されているのでカップルにもぴったりの大興善寺。そのさまざまな注目ポイントについて解説します。

大興善寺はつつじの名所

佐賀県基山町にある大興善寺は、つつじ寺とも呼ばれているつつじの名所。なんと、つつじの数は5万本にも及びます。また、平成24年7月には全国で115番目の恋人の聖地に選定。つつじの季節以外にも、新緑や紅葉を楽しめるスポットとしても知られています。

自然を満喫できる大興善寺

長(生きの)坂とよばれる長い石段をのぼると現れる大興善寺の境内。眺めがよく風情のある境内には、珍しい茅葺屋根の本堂があります。

参道入口の迫力ある石段

こちらに写っている大迫力の石段は、大興善寺の参道入口のもの。石段の数は127段で、長(生きの)坂と呼ばれています。127段ものぼる自信がないという方は、右からの迂回路を通ることも可能。また、4月下旬から5月初旬にはこちらはつつじの階段に変身。階段の両脇いっぱいにつつじの花が咲き誇ります。

石段を上って振り返ると、目の前には爽快な眺めが。春のつつじの季節には、階段の両脇がピンクや白に染まります。なお、つつじのシーズン中は写真奥の左手が大駐車場として開放されます。

雰囲気ある境内入口

こちらは、石段を上りきったところにある仁王門(山門)。ここが境内の入口になります。とても雰囲気のある門で、この門から見る境内の風景はなかなか印象的。特に秋の紅葉シーズンには絶景のスポットになるので、見逃し厳禁です。

ひとつひとつが絵になる境内

境内にある階段をのぼって振り返ると、このような風景が広がっています。なかなか風情がありますね。境内には鐘楼も。2つある釣鐘では、鐘撞きも体験できますよ。その他に小松内府の小塔や茅葺の庫裏などもあるので、あわせて見学しましょう。

茅葺屋根の本堂

境内の中心にあるのは、こちらの本堂。見てわかる通り茅葺屋根が特徴で、その様式は江戸時代から変わりません。秋になると紅葉の葉に彩られ、なんとも艶やかな風景が広がります。絶好の写真スポットとしておすすめ。

恋人の聖地でえんむすび

恋人の聖地に認定されている大興善寺。本堂隣の熊野神社は、恋愛成就にご利益のある場所です。絵馬を奉納して、一期一会の良縁を願いましょう。えんむすびのお守りや種類豊富な御朱印も人気です。

熊野神社で愛のねがい

本堂の隣にある熊野神社は、木花開耶姫(コノハヤサクヤビメ)を祀っている神社。恋愛成就のために愛のねがい絵馬を奉納する、人気の場所です。写真の右側にある赤いハートとキューピッドが絵馬奉納の目印。春先には桜を楽しむことができるスポットでもあります。

一期一会の縁結びに

境内で購入できるさまざまなお守りの中で最も人気があるのが、えんむすびのお守り。恋人の聖地に選定された大興善寺なので、その効果に期待が高まります。また、5種類ある御朱印も人気。御朱印は複数受付も可能です。

四季折々の風景を満喫

つつじが有名な大興善寺ですが、秋の紅葉も見物です。シーズン中は庭園内にお抹茶処や売店がオープンするので、ゆっくりと散策を楽しむことが可能。それ以外の季節もさまざまな自然を楽しむことができますよ。

つつじともみじの日本庭園

福岡県筑紫野市と佐賀県基山町にまたがる契山のふもとには、大興善寺契園という山林植物園があります。境内奥の山沿いにある広大な敷地には遊歩道が整備された日本庭園があり、自然と調和した美しさは格別。有料エリアですが、春や秋などの人気シーズンには臨時バスが出るほどの人気です。

春になると、大興善寺には5万本ものつつじが咲き誇り、まさしくつつじ寺になります。つつじの見ごろは4月下旬から5月初旬。また、4月中旬以降には新緑の時期に差し掛かり、若々しい緑の美しさも際立ちます。

大興善寺の秋も外せません。色とりどりの紅葉が日本庭園と調和して、素晴らしい光景が広がります。紅葉の見ごろは11月中旬から12月初旬。特にライトアップされる期間中は、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

シーズン中は休憩処も

人気シーズンの間、庭園内にはお抹茶処や売店がオープン。ゆったりと休憩したり、食事をとることができます。また、日本庭園にある花見堂では貸切で宴会を行うことも可能。契園は写真愛好家の人々も多く訪れるスポットで、フォトコンテストなども開催されています。

シーズン以外もゆっくり楽しめる

こちらの写真は、石段迂回路にある満開の梅の花。このように、人気シーズン以外に訪れるのもおすすめです。一年を通してさまざまな自然を楽しむことができますし、人が少なめなのでゆっくりと楽しむことができるからです。特に写真を撮る方は、人が少ない時期の方が自由に動くことが可能なのでおすすめ。

大興善寺へのアクセス

電車・タクシー・臨時バスでのアクセス

JR博多駅からJR基山駅に向かい(約25分)、そこからタクシーで約10分になります。なお、春と秋の観光シーズン中は、期間限定でJR基山駅から大興善寺までの臨時バスが運行します。

車でのアクセス

大興善寺までは、九州自動車道鳥栖IC・筑紫野ICいずれからも約15分で到着します。参拝者用の駐車場は、観光シーズン以外は無料で利用可能。観光シーズンである春と秋には、県道沿いにある700台収容できる有料の大駐車場が開放されます。

住所|〒841-0203 佐賀県三養基郡基山町園部3628
営業時間|AM9:00~PM18:00
定休日|なし
電話|0942-92-2677
公式サイトはこちら

まとめ

佐賀県にある大興善寺は、つつじ寺という別名を持つ美しいスポット。春に咲き誇る5万本ものつつじをはじめ、夏の新緑や秋の紅葉も美しい自然豊かなお寺です。恋愛成就のスポットとしても有名で、境内は見どころ満載。4月から5月のつつじの季節には、ぜひ大興善寺まで足を運んでみてください。