二岡神社はひっそりと佇む神秘的な雰囲気を醸し出す森の中の神社!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

連日多くの人でにぎわう神社ではなく、ひっそりと静まり返った場所にある神社は落ち着ける場所だら~

静岡県御殿場市にある二岡(ふたおか)神社は、杉の大木を数多く抱えています。まるで神社自体が、森のような雰囲気です。あまり人出の多くはない神社ですが鎌倉時代には将軍家の崇敬を受け、本殿は寛政時代のものと古い歴史と由緒をもっています。その時代を経ても変わらない姿から、映画やCMのロケ地としても利用されている二岡神社を紹介します。

森の中にあり不思議な雰囲気に包まれた神社

杉の大木が林立する、境内自体が森のような二岡神社。その社叢(しゃそう・神社の境内や本殿を囲う林)は境内にある石灯篭寺とともに、御殿場市指定文化財に指定されています。

また映画やドラマ、CMなどのロケ地としてよく使われる神社です。黒澤明監督の世界的名作「七人の侍」や「座頭市」、ドラマ「JIN-仁-」のほか、auのCMも二岡神社を舞台に撮影されました。

趣のある鳥居が佇む

駐車場から神社へ向かうとすぐに現れる鳥居。シミや汚れが見られるものの、それが逆に歴史の深さを感じさせます。神社全体が森のような二岡神社だけに、石段には落ち葉が多く落ちています。

境内へ入っていく石段には苔が生え、古びた鳥居とともに神秘的な雰囲気です。足下を気にしないと滑るので、注意しながら上がっていきましょう。

森林の中に続く長い石段

周囲にあるのは杉の木のみ。静寂の中を、鳥居から続く階段が通っています。奥へ入っていくと苔は階段だけに留まらず、杉の木までも緑色に染め、まさにジブリ映画の世界のようです。本殿への案内は御神灯が務めてくれます。

森林の中から急に姿を現す本殿

御殿場市指定文化財になっている社叢の杉の木。太く高い木には根元から苔が生え、神秘的な雰囲気を作り出しています。その社叢に囲まれた本殿は、歴史ある木造建築ですが鳥居や石段と違いきれいにされています。外からも見られる本殿内部も見学しておきましょう。

シンプルで余計な物が置いてない本殿内部

通常の本殿内部には、余計なものが一切置かれていません。そのため、外観よりもきれいな木目を遮るものなく見ることができます。見学は終日可能です。季節行事などがあるときのみ、本殿内にも物が置かれ華やかになります。

境内入って左手にある手水舎

苔のせいか、緑の柱が歴史を感じさせる手水舎。龍の作りものの口から静かに水が流れています。森の中の静寂が、より水が流れる音を強めているようです。この水を使って手と口を清めます。夏は冷たく、冬は暖かく感じる水です。

この地では一番古い灯篭

本殿の向かって右手、柵に囲まれているのが御殿場市文化財に指定されているこの地方では一番古い灯篭です。室町時代の1422年(応永29年)に当時の領主、大森道光(頼春)が寄進したもの。

灯篭の柱の部分には「奉施入石灯台大檀那沙弥道光応永二九年寅年卯月五日」と刻まれています。

パワーを感じる境内の見どころ

杉の大木から石段までを緑に染める苔。きれいとはいえないかもしれませんが、これこそ観光地化されていない神社本来の姿だといえるでしょう。

歴史を感じることができる社叢

境内には幹回りが3メートル以上もある、杉の大木が林立しています。樹齢約100年ともいわれる杉が集まる社叢は、天然記念物として大変価値の高いものです。

黒々とした枝葉が空を覆う姿は、霊気の漂う感があり心霊スポットとして話題になるのも納得の景観。自然の多い場所でも、なかなか見られない風景です。

二岡神社ではこの杉の大木のほか、苔をはじめとした数々の陰地植物をみることができます。

多くの苔で覆われた石段

本殿へ向かうときには気づかないものの、石段を横から見ると支える石のほとんどが苔に覆われ緑色になっています。森林の中にあり、適度な湿度が苔を育ちやすくしているのでしょう。

その湿度の高さはのどにやさしく、空気が美味しく感じられます。森林浴をしながらの散策にぴったりの場所です。

引いたおみくじは木に結ぶ

昔の人たちは、木に神様や精霊が宿ると信じていました。江戸時代に始まったといわれるおみくじを木に結ぶ風習は、神様と縁を結ぶという意味から来たものだといわれています。二岡神社の本殿に向かって左手には、多くのおみくじが木に結ばれています。

尊い生命を国のために捧げた方々の忠魂碑

日本の平和と発展、そして美しい山や川を守るために尊い命を国のためにささげた、二の岡出身の英霊十五柱の方々のために建てられた忠魂碑。

現在の平和が、こうした人たちの犠牲の上にあることを忘れないようにという思いが込められた石碑は、境内の奥にあります。

その他境内にある施設

神社の境内にはトイレがありません。駐車場内にある男女別にわかれたトイレで済ませてから、参拝に向かいましょう。

森の中の古びたブロック塀に囲まれた簡素なトイレは、少し怖い感じもします。電灯はないため、明るいうちに済ませておきましょう。

二岡神社へのアクセス

車でのアクセス

御殿場ICから県道401号経由で約5分。境内の前に無料の駐車場があります。白線などは引かれていないため、迷惑にならないように駐車しましょう。

住所|〒412-0026 静岡県御殿場市東田中1939
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

まとめ

全国的に有名な神社とは言い難いですが、一度でも訪れた人たちは厳かな雰囲気に魅了されるという二岡神社。参拝客は多くなることはほとんどないため、平日や週末などを気にせずお参りできる穴場の神社です。