萬城の滝はジブリの世界を感じるほど自然に囲まれた滝

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

駐車場から徒歩1分で見られる美しい滝。滝壺はエメラルドブルーに輝き神秘的な雰囲気を感じることができるパワースポットだら~

狩野川の支流であり、地蔵堂川の上流に位置する萬城の滝。岩肌には苔が生い茂り周囲は木々に覆われており、まるでジブリの世界にいるかのような気持ちへとなります。そんな清流が流れる萬城の滝をご紹介させていただきます。

水量、迫力、雰囲気どれも満点の美しい滝

山間を流れる地蔵堂川の上流にかかる高さ20m、幅5mの萬城の滝。四季を通じて水勢は衰えず、地響きのような水の落ちる音はとても迫力を感じます。滝の周囲にはシダ系植物や苔など岩肌に張り巡りジブリのような雰囲気を楽しむことができます。

萬城の滝がある地蔵堂川には、もう2つの滝を楽しむことができます。どちらも萬城の滝とは違い、個性的な滝となります。徒歩5分で見ることができるので合わせて滝巡りをしてほしいです。

地蔵堂川沿いにある散策コース

萬城の滝がある地蔵堂川には散策コースが設けられており、川を眺めながら自然散策ができます。

散策コースでは、あじさい広場、わさび田を楽しむことができます。一番のメインは、千年木と呼ばれるケヤキの古木です。樹齢千年のケヤキは珍しいため滝と合わせて見てほしいです。

滝、川、緑すべてを満喫する方法

まずはゆっくり楽しむためのトイレ休憩

駐車場から萬城の滝まで徒歩1分程度ですが、滝周辺は気温が下がりとても涼しく感じます。途中にはトイレがないため、ゆっくり満喫するためにもトイレ休憩することをオススメします。

駐車場内にトイレがあり、カブトムシの形をしているのですぐ目につきます。男女分かれており、清掃が行き届いているため女性でも安心して利用することができます。

1つ目の萬城の滝見どころスポット

萬城の滝まで手すりの付いた階段を下ります。その階段を下った場所には広くなったエリアがあり、写真のようにやや上側から滝を見ることができます。

エメラルドブルーに輝く滝壺を楽しむことができ、滝が流れる岩肌を間近で見ることができる場所です。

2つ目の萬城の滝見どころスポット

1つ目の見どころスポットからさらに数段階段を下りると川沿いに出ます。川沿い左手には写真のような広場があり滝を間近でみることができます。水しぶきを感じることができて、とても涼しい場所です。

水が落ちる音を体全体で感じることができて、とてもオススメです。

滝の目の前にある休憩所

滝を見て音を感じながら休憩を取ることができる休憩所。屋根があるため、日差しを遮りゆっくり滝を感じることができます。

他の2つの滝を見るには、さらに歩くため水分補給などするといい場所です。

ほかの滝まで行く間の遊歩道

萬城の滝から徒歩2分で1つ目の滝、カーテン滝を見ることができます。2つ目の滝までは徒歩6分で小滝に到着します。その滝までの道のりはハイキングコースのようになっているため、滑ったり転ばないように注意が必要です。

ハイキングに慣れていない方でも、落ち葉で足元はフカフカしていて歩きやすいです。

カーテンを開いたような雰囲気のカーテン滝

名前の通り、カーテンのように幅の広い滝。水勢もあり豪快です。人口の滝ですが、見た目はとてもキレイです。

周囲は大きな石がゴロゴロしており足場は悪いです。さらに苔などで滑りやすくなっています。撮影時に、滑るとは思わず石の上に足を乗せた瞬間滑り、小さな水たまりに落ちてしまいました。

その瞬間、足元注意の看板がある意味がわかりました。とても滑りやすいので注意してください。

小滝までの途中にある苔に覆われた岩

カーテン滝から小滝まで徒歩4分と近いです。その途中には岩がゴロゴロ落ちていて苔に覆われた岩がいくつもあります。キレイな緑色をしており光に当たると輝いて見えます。

足場の悪い遊歩道を緊張しながら歩いている途中にあるため、苔の美しさに一瞬緊張を忘れるほどです。

途中に見られるエメラルドブルーの淵

遊歩道の途中にある淵。淵とは、流れの水がよどんで深くなった場所のことを言います。

エメラルドブルーに輝き幻想的な雰囲気の場所。光りが当たると宝石のようにキラキラと輝き出します。とてもキレイな淵なので写真映えもしますね。

目の前に突如現れる小滝

遊歩道を歩いていると、目の前に突然現れる小滝。周囲にはわさび棚がありそちらに目を奪われてしまうため突如現れた印象を持ちます。ほかの2つの滝と比べると、残念ながら間近で見ることはできません。

萬城の滝と比べるととても小さい滝ですが、わさび棚に囲まれた滝は珍しく楽しめます。

自然に満ち溢れている地蔵堂川沿い

萬城の滝、カーテン滝、小滝がある地蔵堂川沿いは自然に満ち溢れています。糸トンボやアゲハチョウが飛び交い、自生している木苺など楽しむことができます。

川では魚やエビ、イモリなどキレイな水を好む生物が生息しており、遠くからはウグイスの鳴き声が聞こえてきます。

帰りに立ち寄ってほしいオススメスポット

美人の湯として知られる原保温泉

萬城の滝から車で約5分の場所にある温泉スタンド「原保温泉(わらぼ おんせん)」。温泉施設ではないものの、温泉水をその場で購入することができ、帰宅してから家で温泉に入ることができ疲れを癒せます。温泉を入れる容器は販売されていないため、容器は持参してお越しください。

泉質はアルカリ性単純温泉。無色透明、無味無臭となります。源泉温度は32℃と低めなため帰宅したら一度、お好みの温度に沸かしてから入浴することをオススメします。

効能としては、神経痛、筋肉痛、関節痛、痔痛、アトピー性皮膚炎などに効果があると言われています。滝巡りをして疲れた体を癒すのにピッタリの効能ですね。

やり方はとても簡単

購入できる量は4種類から選べ、18L、200L、300L、500Lとなります。金額は数十円から数百円と良心的な金額でとても購入しやすい金額設定になっています。

やり方はとても簡単で、まず写真中央にあるホースの先を容器(ポリタンクなど)に入れます。次に、隣にある自動販売機にお金を投入します。するとホースから温泉水が勢いよく出ます。適量出た後に自動で温泉水は止まります。

一般家庭のお風呂だと、200Lが適量になります。ぜひ、帰宅後の楽しみとしてお持ち帰りすることをオススメします。

住所|〒410-2514 静岡県伊豆市原保313-1
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

萬城の滝へのアクセス

お車でのアクセス

沼津ICより伊豆縦貫自動車道へ進み、R136に乗り換え修善寺方面へ進みます。修善寺ICを左折してR12、R59へ乗り右手に現地となります。R59に乗ると看板が出てくるので指示通りに進むと駐車場へ入ることができます。

滝から徒歩1分の場所に駐車場があり、カブトムシの形をした可愛いトイレが完備させています。

住所|〒410-2515 静岡県伊豆市地蔵堂776-1
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

まとめ

萬城の滝までの間に、高さ5mほどの小さな滝があり、岩の間を静かに流れるキレイな滝でオススメです。この地点から萬城の滝の音が聞こえだします。

駐車場から萬城の滝までは足場が舗装されていて歩きやすくなっていますが、ほかの2つの滝まで行く道のりは木の根、岩、落ち葉などで滑りやすくなっています。そのためスニーカーなど歩きやすい靴が必要となります。

駐車場から徒歩1分でキャンプ場があり、炊事棟、バーベキュー場、シャワー施設のほかテントサイト、バンガローなどに宿泊することができます。とてもキレイなキャンプ場のため家族やカップルにもオススメです。