來宮神社は伊豆半島のパワースポット。大楠を拝んで御利益倍増

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

樹齢2000年と言われる大楠の木は御利益が倍増することで有名だから触れてほしいさ~

東京の奥座敷とも呼ばれる熱海。その熱海駅からJRで一駅先に行ったところに鎮座しているのが由緒正しい来宮(きのみや)神社です。伊豆半島きってのパワースポットとされる來宮神社は参拝者が楽しめる工夫があちこちに施された、とても素敵な場所です。

全国から参拝者が訪れる有名な神社

一時は客足が遠のいていた温泉街熱海ですが、近年見事に復活を遂げています。熱海の復活とともに参拝客が増え続けているのがこの來宮神社。パワースポットとしても名を知られ、全国各地からたくさんの参拝客が訪れています。

來宮神社のとても立派な本殿にお祀りされているのは、大巳貴命(おおなもちのみこと)、日本武尊命(やまとたけるのみこと)五十猛命(いたけるのみこと)の三柱の神様たち。訪れたらまずは本殿にご挨拶に行きましょう。商売繁盛や勝負運、禁酒、さらにご縁も結んでくださると女性たちに大人気です。

來宮神社の見どころのひとつと言えば本州一の大きさを誇る大楠の御神木です。樹齢2000年を超えるこの大楠の周りを願い事を思い浮かべながらぐるりと一周すると願いが叶うと言われています。來宮神社境内にはなんとカフェが。神社をゆっくりと楽しむことができます。

京都伏見稲荷大社より勧請された來宮稲荷社

来宮神社境内には他にも様々な神社が末社としてご鎮座しており、その中でも一際目を引くのが鮮やかな鳥居が立ち並ぶのが来宮稲荷社。なんとこの来宮稲荷社、あの誰もが知る京都伏見稲荷大社より勧請されたものです。とても人気があり、週末には参拝客が列を作るほど。

京都の伏見稲荷大社と同じく五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、諸願成就の神様として知られています。連なった鳥居をくぐって行くと心が浄化されて行くような感覚を味わえます。必ず参拝しましょう。

開運出世に効果がある弁財天

境内には開運や出世運を授けてくださる弁財天も鎮座しています。徳川家の武将も出世を目指してこの弁財天を訪れたのだとか。よく見てみると御神体の岩の上には白蛇様がとぐろを巻いています。とてもエネルギーにあふれるスポットなのでぜひ立ち寄って、運気を充電してもらいましょう。

一番の見どころは樹齢2000年の大楠

来宮神社の1番の見どころは樹齢2000年を越す大きな楠木です。2000年前からこの地に根をはるこの御神木周辺は神聖な空気で満ちあふれています。

來宮神社のシンボル

来宮神社とシンボルともいえるこの大楠には不思議な伝説が伝えられています。この御神木の周りを一周すると一年寿命が伸び、お願い事を思い浮かべてながら一周するとその願いは叶うのだとか。一願成就の大楠として名を知られ、全国からこの大楠のご利益をいただこうとたくさんの方が集まっています。

本殿と末社に参拝した後はこの大楠の木からもエネルギーを分けていただきましょう。近くには絵馬もあるので願い事を文章にしてみるのもおすすめです。

国の天然記念物に指定されている

実はこの大楠の木、国の天然記念物に指定されています。全国的に見てもこれほど大きな楠木は珍しく、なんと周囲は24メートルと言う全国内の太さを誇ります。雄大な雰囲気な大楠、昔の人々はこの木に神様が宿ると考えて信仰を集めて来ました。

実際に目の前にすると、確かにピンと背筋が伸びるような雰囲気。神様が宿るとされるのもよく分かります。楠木は不老長寿、無病息災、子孫繁栄、国家弥栄のご利益をくださると言われています。

ライトアップされると幻想的な雰囲気

この大楠の木が最も神秘的な雰囲気を醸し出すのが薄暗くなってきた夕方から夜にかけての時間帯です。來宮神社では毎日夕方から夜にかけて140個の灯りを使った大楠のライトアップを行っており、暗い境内で大楠だけが灯りに照らされる幻想的な雰囲気に包まれます。

昼間の雄大な雰囲気とは一転、ロマンチックな風景になるのでデートで立ち寄るのもおすすめ。

大楠に願いを込めて絵馬

願いを叶えてくれる大楠の目の前には絵馬を奉納する絵馬掛所があります。大楠の目の前と言うのがより一層ご利益が得られそうですよね。御神木をぐるりと一周した後は絵馬に願いを込めるのがおすすめです。週末も午前中はそこまでの人出ではないのでゆったりとした境内で雑念を抱くことなく絵馬を奉納できます。早起きして出かけましょう。

大楠までの遊歩道 楠への小路

大楠に向かうまでは写真のような美しい遊歩道が続きます。きちんと舗装されているのでご年配の方や小さな子供でも歩きやすいでしょう。

竹が生い茂る中に作られた遊歩道はタイムスリップしたかのような気分にさせてくれます。友達とのおしゃべりも自然と控えたくなるような凛とした雰囲気。夏でもひんやりと空気の冷たいこの竹やぶを抜けたらその先に突然現れるのが巨大な大楠です。その大きさ、威厳のある佇まいにみなさん一様に声を上げて驚いていますよ。

清流の音を聞きながら参拝

大楠を目の前にしてお願い事を心に思い浮かべていると、さらさらと静かに水の流れる音が耳に届きます。実はこの水音、あまり知られていませんが美しく静かに流れる清流の音。裏手に清流があり、大楠の神秘的な雰囲気をより一層強くしてくれています。

小さな清流の水は透明でとても美しく風流なのでぜひ探してみましょう。紅葉の時期になると水に乗って赤く色づいた葉っぱが流れています。

境内でゆっくり過ごせる工夫がいっぱい

神社参拝と言えば参拝して、境内を散策して、授与所に立ち寄ったら終わりと言うのが一般的ですが、來宮神社は参拝後もゆっくりと過ごせるスペースが設けられています。神様の側で長い時間を過ごすと心が浄化されるような気持ちになります。

大楠を側面高台からも拝み眺められる大楠五色の杜

大楠を思う存分眺められるのが大楠に向かって右側の階段を登っていった先にある休憩所、大楠五色の杜です。神前結婚式や奉納行事の際の舞台にも使われている場所ですが普通の日であれば誰でもこちらで休憩することが可能。

夜になるとこちらにも間接照明で灯りが灯され、大楠を眺めることができます。神社にこのような休憩所が設けられているのはとても珍しいことですよね。

飲食物を購入できる茶寮、五色の杜

なんと大楠五色の杜には飲食できるスペースもありおしゃれでかわいいスイーツや軽食などを購入できます。境内の散策に疲れた時はこちらで甘いものをいただいて休憩をしましょう。

あんみつやソフトクリームなどが用意されていますが一番のおすすめはお菓子と静岡茶がセットになったもの。さっぱりとした静岡茶と甘いもので疲れが吹き飛ぶこと請け合いです。お菓子は麦こがしの落雁のこと。神様も好物なんだそうですよ。

御朱印をいただくならここ社務所

御朱印帳や御朱印をいただけるのは本殿に向かって左手にある社務所です。高級感の漂う社務所前にはベンチもありこちらでも一休みできますね。

社務所に足を踏み入れて一番最初に気がつくのがアロマオイルの良い香り。さっぱりとリラックスできる香りは楠から抽出された香りとヒノキなどをかけ合わせた來宮神社オリジナルブレンドのアロマオイルです。販売もされているのでぐっすり眠りたい時などにはぴったりですよ。

御朱印帳は大楠がデザインされたとても上品なつくりです。他にもお酒での悪酔いを遠ざけるお守りや悪癖から身を守ってくれるむし除け守など少し変わったお守りも人気です。

來宮神社へのアクセス

車でのアクセス

無料の駐車場が完備されているので車でドライブを楽しみながら向かうのもおすすめです。沼津インターチェンジから伊豆縦貫自動車道に入り、静岡県道11号線熱海方面へと向かいます。11号線に入ったら静岡県道20号線の表示に向かって進みましょう。約50分の道のりです。

電車でのアクセス

駅が近くにあるので電車でのアクセスもとても便利です。熱海駅から伊東線に乗り換え、たった2分で来宮駅に到着です。駅から來宮神社までも徒歩2分、表示が出ているので迷うことはありませんよ。

住所|〒413-0034 静岡県熱海市西山町43-1
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0557-82-2241
公式サイトはこちら

まとめ

來宮神社オリジナルのお守りやアロマオイルなど珍しいものも充実しており、由緒正しい神様に参拝でき、その上大楠にも出会える來宮神社は熱海の定番スポットです。パワーあふれる大楠を思う存分眺めて境内のカフェでゆったりと過ごせばまた日々を頑張るエネルギーを得られるはず。リフレッシュとリラックスを兼ねて來宮神社へと出かけてみましょう。