猿沢池は奈良を象徴する景勝地。古都奈良の余韻にひたろう

公開日:2019/3/7 更新日:2019/5/13

トラベルパートナー:トラベルパートナー: midori
静岡県出身、歴史好きが高じて奈良県に移住しました。奈良県の記事をメインで書いています。旅行は家族で出かけることが多いです。神社仏閣の紹介が得意です。散歩や食べ歩きが趣味で、カメラを片手に日々新たな撮影スポットやおいしいお店を探しています。
池でベンチに腰かけてまったり休憩がおすすめやで!

奈良公園にある猿沢池、この池はあらゆる歴史的建造物の側にあり、いわば脇役的な存在。しかし、季節や時間の変化によって表情を変えるさまは見逃せません。ちょっと休憩ができる椅子などもあるので、池を見つめながらゆっくりと流れる時間を感じるのもいいでしょう。日々の疲れや時間に追われていることを忘れてみませんか。

猿沢池の概要

奈良公園内というアクセスしやすい場所にありながら、奈良らしさのある猿沢池(さるさわいけ)。奈良時代749年に造られた人工池(放生池)で、興福寺が生き物を尊び池に放つ放生会を行うためのもの。周囲360メートルほどの小さな池は風光明媚なことで有名です。

奈良観光の中心と言われる奈良公園の中にありますが、近鉄奈良駅に近いですし、ならまちの入口にあることから、アクセスも最高。興福寺やならまちなど奈良らしい風景が見られる池です。猿沢池の周りには少し休憩ができるようなベンチや少し腰掛けて休憩できる手すりがあります。池を眺め、奈良らしさを感じながら休憩するのにピッタリです。

猿沢池を眺めよう

猿沢池から見る興福寺五重塔

猿沢池からは興福寺五重塔を望むことができます。奈良を象徴する景色と言われるこれらの風景は、お土産のポストカードとしても多く販売されています。天気の良い日に訪れると、猿沢池に映り込む五重塔が美しいです。また、夏場の青々とした柳と猿沢池と五重塔のコラボレーションも見逃せません。

五重塔以外にも見逃せない景色が多く、猿沢池から見る興福寺南円堂と南円堂前の石段もそのひとつ。池を一周し、お気に入りの景色を見つけましょう。

夕焼けも必見

猿沢池は夕焼けの名所として知られています。夕日が落ちるのはJR奈良駅方面。夕焼けの時間帯、猿沢池は黄金色に染まります。このほかにも、興福寺五重塔とそのすぐ下にある五十二石段間の道路から見ることができる猿沢池の夕日は、高台にあることから、間近で見るのとはまた違う美しさです。

猿沢池は駅の近くということから、奈良観光の終わりに立ち寄りやすい場所です。電車で奈良に訪れたのであれば、最後に猿沢池の美しい夕日を見て、旅を終えるといいでしょう。

猿沢池と月

奈良の優れた風景を集めたとされる南都八景、そのひとつが猿沢池と月です。このほかに、南部八景は、佐保川蛍、東大寺鐘、三笠山雪、春日野鹿、南円堂藤、雲居坂雨、轟橋旅人があります。時期が良ければ、猿沢池と興福寺五重塔と満月が一緒に見られることも。

池に集まる動物たち

猿沢池には鹿がやって来ます。その中でも九重塔あたりは池の周りに芝があることから、鹿がいることが多いです。猿沢池に浮かんでいる岩の上で甲羅干ししている亀を知っている人も多いことでしょう。冬には鴨などの渡り鳥も。池周辺の歩道には鳩の姿も多く見られます。

九重塔と衣掛柳の石碑

九重塔があるのは、興福寺の五重塔よりにある五十二石段側。九重塔からは興福寺五重塔がよく見えます。九重塔の前には采女地蔵の姿も見られたり、九重塔は塔の下部に四方仏が彫られていたりと側で見る価値のあるものばかり。九重塔横にある衣掛柳の石碑は、采女(うねめ)が入水した場所にあります。采女が入水する際着ていた衣を柳の木を表したというものです。

衣掛茶屋でまったり休憩

猿沢池に最も近い昔ながらの茶屋が、半分猿沢池の中にあります。店の入口には猿沢池の由来が書かれています。うどんやそば、かやくごはんといった食事から、わらびもち、かき氷などの甘味もあり、食事にもおやつ休憩にも利用できるというお茶屋さん。店内から見えるのは、猿沢池。寒い冬場に猿沢池をゆっくり眺めたいのであれば、衣掛茶屋を利用するといいでしょう。

Address 〒630-8213 奈良県奈良市登大路町猿沢49
Hours AM10:00~PM6:00
Closed 不定休
Tel 0742-26-6057
Web なし

市をあげてのライトアップイベント

世界遺産が多いことから、これらを中心にして奈良公園一帯のライトアップが行われます。このイベントは、ライトアッププロムナードならといい、開催期間中にライトアップが行われるというもの。毎年夏に数ヶ月間開催され、猿沢池の水面に映り込む光がとてもロマンチックです。このほかにも、毎年2月に開催される奈良公園ライトアップイベント瑠璃会でもライトアップが行われることもあります。

采女祭の華さやかと采女神社の言い伝えとは



秋のお祭り采女祭

毎年中秋の名月の日にはお祭り「采女祭」が行われます。午後5時から花扇奉納行列が行われ、天平衣装に身を包んだ人々が市内を練り歩き、春日大社に花扇を奉納するというもの。午後7時からは猿沢池で雅楽が演奏される中、華やかな管弦船が池に浮かび、流し灯籠の間を巡り花扇を池に投じます。これがクライマックスであり、采女祭の見どころです。

お祭り当日には、猿沢池沿いに屋台がたくさん並びます。池が小さいわりに観客は多め、確実にみたい場合のであれば早めに行って場所取りをするといいでしょう。

采女神社

帝の寵愛が衰えたことを嘆き、猿沢池に身投げして果てたという采女の霊を祀っている神社。猿沢池沿いにありますが、かなり小さいです。采女神社は猿沢池に背を向けるように建っているのですが、これには言い伝えがあり、身投げした采女にとって自分で池を見るに忍びないと一夜で社を後ろ向きにしたとか。現在では、縁結びの神様として人気があります。采女祭や正月以外は無人で開いていません。

Address 〒630-8218 奈良市樽井町
Hours なし
Closed 不定休
Tel 0742-22-7788(春日大社)
Web なし

周辺の観光スポット

池隣に流れる川にある率川地蔵尊

猿沢池のすぐ隣に小さな小川、率川(いさがわ)があります。ここから、ならまちへ入る小さな橋を渡るときに下を覗くと見えるのは、小舟に乗ったたくさんのお地蔵様。これは、幕末頃に周辺の河川工事をする際に見つかった複数のお地蔵様をひとつにまとめて祀ったものです。率川には下に降りることができる階段があるので、降りて近くでお地蔵様を見ることもできます。

Address 〒630-8221 奈良県奈良市元林院町18
Hours なし
Closed なし
Tel なし
Web なし

南都七大寺の一つ、興福寺

興福寺は奈良時代に創建された藤原氏の氏寺。南都七大寺に数えられるという大きなお寺です。見どころは2018年に再建された中金堂や八角形が美しい南円堂、加えて奈良市で一番高い建造物と言われる国宝・五重塔と国宝館の阿修羅像です。興福寺五十二段は五重塔と猿沢池をつないでいますが、これは仏門に入る修行の段階の五十二段のこと。道幅の広い美しい石段であり、石段から望む猿沢池も美しいです。

Address 〒630-8213 奈良県奈良市登大路町48
Hours AM9:00~PM5:00
Closed なし
Tel 0742-22-7755
Web http://www.kohfukuji.com/

周辺のおすすめテイクアウト

中谷堂の餅

奈良名物にもなっている高速餅つきの実演販売で有名なお店と言えば、中谷堂。名物の高速餅つきが行われている時間は、目の前の車道にまで人が溢れています。つきたてのよもぎ餅は猿沢池のお供にすると良さそう。場所は、猿沢池に近い餅飯殿商店街と近鉄奈良駅前から続く東向商店街の間。猿沢池にとても近いことから、お餅が冷めないうちに池で食べることもできます。

Address 〒630-8217 奈良県奈良市橋本町29
Hours AM10:00~PM7:00
Closed なし
Tel 0742-23-0141
Web http://www.nakatanidou.jp/

DRINK DRANKのスムージー

野菜ソムリエが作っている本格的なスムージー専門店。スムージーはテイクアウト可能です。スムージー以外にもベジタブルランチなどのメニューもあります。奈良産の果物を使用したメニューも多く、古都華という品種のいちごや吉野産柿のスムージーなど種類が幅広いです。

Address 〒630-8217 奈良市橋本町8
Hours AM11:00~PM7:00
Closed 毎週水曜日
Tel 0742-27-6206
Web https://www.drinkdrank.com/

猿沢池へのアクセス



電車での行き方

電車の場合は最寄り駅が近鉄奈良駅です。駅前の東向き商店街を抜けるとすぐ左にあります。JR奈良駅から徒歩でも問題ありません。興福寺を通り抜けて猿沢池に行くこともでき、五重塔側の五十二段の石段もしくは、南円堂側の石段を下るとすぐ猿沢池があります、

車での行き方

専用駐車場はありません。周辺の有料駐車場を利用しましょう。

Address 〒630-8213 奈良市登大路町49
Hours なし
Closed なし
Tel 0742-22-0375 (奈良公園事務所)
Web なし

まとめ

世界遺産があり、観光地という印象が強い奈良県。あらゆる名所の中で、普段は目立たない存在である猿沢池に注目すると、そこにはさまざまな歴史があります。昼と夜で違う姿や、数ヶ月間のみのライトアップも見逃せません。