沼津港深海水族館の目玉はシーラカンス。深海生物を見に行こう

トラベルパートナー: YUU

出身地は石川県。縁あって、奈良・京都・大阪・石川・静岡と住んでいたため、関西と北陸と静岡東部を中心に紹介できます。主に、史跡・城郭・神社仏閣ときどきグルメと温泉と・・・いうバランスで旅行プランを組むのが好き。動物と触れ合えるスポットにも出没します。旅行者目線で、実際に体験したことを伝えていけたら嬉しいです。

しずーかの沼津に来たなら、一度はいくべや!

日本一の深さをもつ駿河湾のそばにある沼津港深海水族館は、深海にテーマを絞ったマニアックな水族館。世界で唯一シーラカンスの冷凍標本が見られることでも有名で、館内にはシーラカンス・ミュージアムも併設しています。そんな、なかなか見られない深海生物が集められた沼津港深海水族館を紹介します。

子供も大人も楽しめる水族館

沼津港のある駿河湾は、水深約2500メートルと破格な深さをもつ海。その特性を活かして深海生物に特化しているのが、沼津港深海水族館です。

日本一深い駿河湾だからこその水族館

通常は水深200メートルでも深海といわれますが、駿河湾の最深部は約10倍の2500メートル。当然、深海生物が豊富に生息する海となります。

そんな特徴を活かし、沼津港の名前を広めたいという思いから開園されたのが沼津港深海水族館。駿河湾を味わうをテーマに飲食店がメインの複合施設、港八十三番地の目玉にもなっています。

深海ムードを高める館内の内装や照明

深海をイメージした館内の内装や、照明はかなり凝った造りです。浅い海の展示から始まりますが、どんどん深海の中へ入っていきます。深海ゾーンで見られるのは、CGを使った深海の映像。ムーディな雰囲気もあり、デートスポットにもおすすめです。ほかにも研究所やアフリカの秘境のようなゾーンもあり見どころが豊富にそろっています。

1階の最後の展示は発光魚を利用した、深海のプラネタリウム。機械で作った動きではないため、予想もつかない光の流れを見せてくれます。

ユニークな深海の生物たち

定期的に展示替えが行われ、いくたびに珍しい深海の生物を見ることができます。光のない世界に住むだけに、不思議な体つきをしている生物たちは目をひくものばかりです。

人気の深海生物が勢ぞろい

図鑑でしか見たことがない深海の生物を目にすることができるのは、国内でもここだけでしょう。その独特な生態や姿は、神秘的な雰囲気をまとっています。表皮のやわらかな質感やユニークな動きは、癒されると同時にコミカルにさえ感じられます。

来館の際の注意事項

光のない世界に住む深海生物は、当然ですが光に敏感です。写真を撮るときに、フラッシュの使用は厳禁。CG映像など館内で流れている解説動画やパネルなどで日本語のほか中国語、英語での表記で逐一注意喚起がされています。

駿河湾と深海生物専門の水族館

世界でも類を見ない、深海生物専門の水族館。ただ展示するだけでなく、神秘的な見せ方に工夫が行き届いています。

浅瀬の綺麗な海の再現も

深海生物に特化してはいますが、入り口近くには駿河湾の海を再現した水槽で浅瀬の魚たちを見ることができます。ここで見慣れた魚たちの姿を目にすることで、この先の深海生物との比較ができるようになっています。

沼津港で水揚げされた駿河湾にいる生き物たち

世界有数の深海、駿河湾で水揚げされた深海生物を見ることができます。タカアシガニや保護されたタイミングによっては、ほかにもレアな生物に出会えることもあるでしょう。浅瀬の魚たちと比較をしたり、駿河湾の底を想像したりすれば楽しさは倍増です。

深海の生き物たちの摩訶不思議な姿が魅力

期間限定で展示される深海生物は、水族館の目玉というべき存在。想像を超える独特な動きで、楽しませてくれます。なんとなく訪れた人でも魅了される人は多いでしょう。世界的にも珍しい深海生物が集まっていることから、テレビ番組からの協力要請も多いそうです。

またの名をシーラカンス・ミュージアム

2階へ上がると、ここがシーラカンス・ミュージアム。深海というだけでなく、古代の海が再現された展示物が並んでいます。

一番の目玉は冷凍シーラカンス

幻の古代魚、シーラカンスの標本やはく製が展示されています。3億5000年前から、同じ生態で深海に生き続けていた生きた化石の真の姿を見られるのは貴重な体験。独特な表皮の質感や足のヒレ、大きな口内などいろいろな角度から見るごとに新鮮な驚きが感じられるはずです。

驚きの生態をわかりやすく紹介

絶滅したと思われていたシーラカンスは、1938年南アフリカで発見されました。ここでは、発見までの過程が紹介されています。また、特殊な生態をさまざまな表現方法で解説。シーラカンスを捕獲した際に使用されたものや、カヌーなど貴重な展示を見ることもできます。

好奇心をくすぐられるような工夫がいっぱい

リアルな展示だけでなく、深海の状況を体験したりフィギュアを使ったりするなど解説はわかりやすい工夫がされています。

水圧実験ではカップが変形

深海ではどれぐらいの水圧がかかるかを再現する体験型のイベントも行われています。スタッフが描いているというかわいい深海生物のイラスト入りのカップが、みるみるうちに変形。深海生物の不思議な体つきの秘密はこの辺りにありそうです。

フィギュアで表現された歴代の海

深海生物の進化の過程を、古代の海から現代の海まで時系列でフィギュアを使いわかりやすく展示しています。深海へいくほど、生態が変わらないことに気づきくことでしょう。とくに3億5000年もの間姿を変えなかったシーラカンスが、海の歴史から見ると現代に区分されることは驚きです。

出会った生物たちを違う形でも堪能

博物館や水族館につきもののミュージアムショップですが、深海魚に特化しているだけに並んでいるグッズはほかとは違います。食事は海の幸が豊富にそろう港八十三番地でいただきましょう。

個性派ぞろいのミュージアムショップ

深海生物をディフォルメしたぬいぐるみをはじめ、珍しい品々が並ぶミュージアムショップブルージェリー。制作に意欲的なスタッフの遊び心が感じられる、オリジナルグッズが多数そろっています。ポップもユニークで思わず見入ってしまいます。

ランチは港八十三番地で

沼津港深海水族館があるのは、駿河湾を味わう町をコンセプトにした複合施設港八十三番地。回転ずしから海鮮丼、浜焼きなど海の幸が食べられるお店が豊富にそろうなか、深海魚を堪能できるグルメスポットもあります。入館チケットを見せると割引を受けられるお店もあるので探してみましょう。

沼津深海水族館へのアクセス

電車・バスでのアクセス

JR東海道線沼津駅南口より、沼津港行きか御用邸記念公園行きに乗り沼津港下車。徒歩約3分。ゴールデンウィークや夏休み(7月下旬から8月下旬)の期間限定で、フェリーもしくは遊覧船でいくこともできます。清水港から土肥港、戸田港を経由し沼津港までを航行しています。

車でのアクセス

東名高速道路沼津IC、もしくは新東名高速道路長泉沼津ICで降り、沼津港方面へ約30分です。専用駐車場はないため、近隣の有料駐車場を利用してください。

住所|〒410-0845 静岡県沼津市千本港町83
営業時間|10:00~18:00
定休日|年中無休(1月にメンテナンスあり)
電話|055-954-0606
公式サイトはこちら

まとめ

深海魚に特化した水族館ということで、少しマニアックな感じはしますが知識がなくても楽しめるスポット。見ているだけでも楽しいですが、展示や説明はわかりやすく工夫がされています。

グルメスポットでもある港八十三番地内の施設ということで、ファミリーだけでなくデートスポットしても利用価値は高めです。ユニークで見どころ満載の沼津港深海水族館にぜひ足を運んでみてください。