国立新美術館は行くたびにわくわくするネオ美術館

公開日:2019/3/6 更新日:2019/5/13

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Kei
東京都出身。おもに東京から気軽に行ける場所を紹介。また、海が好きで、一年に一度は海のある場所へ旅行する。日本中の水族館に行くのが夢。美術館や博物館には一人で行きたいが、旅行は家族や友達と一緒に楽しみたい。
魅力的な展示ばかりでどれを見るか迷っちゃう!

六本木にある国立新美術館はコレクションを持たずに展覧会を企画しているため、行くたびにわくわくできます。展覧会とコラボレーションしたメニューを楽しめるカフェやレストランをはじめ、六本木周辺にある美術館を巡るなど楽しみ方もさまざま。美術館にはなかなか行く機会がないという人でも、1日中楽しめる国立新美術館について紹介します。

国立新美術館は国内最大級の美術館

東京都港区六本木にある国立新美術館は国内最大級の展示スペースを持ち、展覧会の開催をメインにワークショップや講演会などのイベントも多く実施しています。広い館内で快適に過ごせる機能が充実していて、カフェやレストランでくつろぐこともできます。

国内最大級の展示スペースがある美術館

六本木にある国立新美術館は、特定のコレクションを持たない新しいタイプの美術館で、近現代美術をメインとして、それ以外にも多彩な展覧会を開催しています。黒川紀章氏(1934-2007)による設計で2007(平成19)年に開館しました。また、佐藤可士和氏が「新」という漢字をイメージして作成したシンボルマークが印象的です。

国立新美術館の展示室は1階から3階

コレクションを持たない国立新美術館では、企画展・公募展・共催展の3種の展覧会を開催しています。館内にはカフェが3店舗・レストランが1店舗・ミュージアムショップ・アートライブラリーといった施設が充実。車椅子の貸し出しや多目的トイレも多く設置してあるので、広い館内でも快適に過ごすことができ安心です。

国立新美術館のカフェやレストラン

待ち合わせにも最適な天井の高いカフェ コキーユ

国立新美術館には3つのカフェと1つのレストランがあります。さまざまなシーンにあわせて利用できる素敵な空間と豊富なメニューで、美術館に訪れた人の心とお腹を満たしています。

美術館内での待ち合わせや休憩によく利用されるのが、1階にあるカフェ コキーユ。店内の天井は高さが約21メートルもあるので開放感がありくつろげます。飲み物やサンドイッチなどの軽食とスイーツがあり、天気の良い日はテラス席を利用するのもおすすめです。

逆円すいの最上部に広がる空間サロン・ド・テ ロンド

2階にはサロン・ド・テ ロンドという円形で素敵なカフェがあり、ケーキやマカロンといったスイーツやサンドイッチを食べることができます。2016年に公開された長編アニメーション映画「君の名は。」に登場するお店としても知られ、ファンが多く訪れています。開催中の展覧会とコラボレーションしたオリジナルメニューにも注目。

ブラッスリーポール・ボキューズ ミュゼでフレンチはいかが

3階にあるレストランではフレンチが楽しめます。フレンチレストランのブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼでは、セットメニューからアラカルトまで正統派のフランス料理が、手頃な価格で食べられると評判。フランス料理が手軽に楽しめることや、展覧会とのコラボレーションメニューも毎回話題のため平日でも混雑しています。時間には余裕を持って訪れ、美術鑑賞後のひと時を余韻に浸りながらゆったりと過ごすのがおすすめです。

また、このほかに1階ロビーと一体化したカフェテリアもあります。カフェテリア カレでは子供から年配者まで、多くの人がくつろげる広々とした空間とメニューを提供しています。

過去にはこんな企画展も

ルーブル美術館展

国立新美術館では国内最大級の展示スペースを活かした、大規模な展覧会を開催してきました。2018年5月から9月にかけて開催された「ルーブル美術館展 肖像芸術 人は人をどう表現してきたか」という展覧会では、ルーブル美術館の全8部門を代表する肖像110点を展示。展示スペースが広くコレクションを持たない国立新美術館だからこそできる企画で、大規模な展覧会を楽しむことができる貴重な機会だと、多くの人が訪れました。



東山魁夷展

2018年10月から12月に開催された「生誕110年 東山魁夷展」では、東山魁夷(ひがしやま かいい 1908-1999)の回顧展を開催。戦後を代表する国民的日本画家・東山魁夷の回顧展は東京では10年ぶりの開催となり、多くの人がその世界に酔いしれました。

美術館の楽しみかたいろいろ

昼間とはまた違う魅力がある夜の美術鑑賞

夜間になるとライトアップされた建物が昼間とは違う顔を見せます。開館時間が延長している日もあるので、仕事帰りなど夜に寄ってみるのもおすすめです。ワークショップやアートライブラリーを利用すれば、よりアートの世界に近付くことができるでしょう。

国立新美術館の企画展は金曜日と土曜日のみ午後8時(7月から9月は午後9時)まで催されます。人もまばらとなり昼間とはまた違った雰囲気をまとった美術館で、夜に美術鑑賞を楽しむのも素敵です。延長開催時間は展覧会によって異なる場合があるので、事前に公式ホームページで確認してください。

アートを身近に感じるワークショップ

国立新美術館設立目的の一つに教育普及があり、アートを身近に感じ自由に楽しむ場としてワークショップの開催が行われています。過去にあったオリジナル缶バッジを作るワークショップでは、手軽に工作体験ができるので子供たちにも大人気でした。美術館に訪れた際は随時開催されているワークショップも忘れずにチェックし、積極的に参加してアートにふれる一日を存分に楽しみましょう。

美術資料も豊富なアートライブラリー

国立新美術館の3階にはアートライブラリー、別館1階にはアートライブラリー別館閲覧室があります。美術に関する資料を閲覧することができるコーナーで、著作権法で認められた範囲内であれば、有料にてコピーを取ることができます。アートライブラリー自体は無料で利用可能です。

近くの美術館めぐり、六本木アートトライアングル

東京ミッドタウンにあるサントリー美術館

六本木アートトライアングルといわれているように、六本木には美術館が集中しています。サントリー美術館や森美術館など多彩で魅力的な企画展が随時開催され、周辺スポットとあわせて楽しめる利便性も嬉しいところ。それぞれ違った楽しみかたができるので美術館めぐりをするのもおすすめですよ。

国立新美術館・サントリー美術館・森美術館の3館が六本木アートトライアングルとして連携しています。サントリー美術館は東京ミッドタウンガレリア3階に位置する、生活の中の美をテーマにした美術館。ミュージアムショップやカフェもあり、美術館内にある点茶席で抹茶をいただける日もあります。

Address 〒107-8643 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
Hours 10:00am〜6:00pm(ただし金・土は8:00pmまで開館)※最終入館は閉館30分前まで
Closed 火曜日、展示替期間、年末年始
Tel 03-3479-8600
Web https://www.suntory.co.jp/sma/

六本木ヒルズにある森美術館

六本木ヒルズ森タワーの上層階にある森美術館は、現代美術を中心とした企画展示をする美術館で、展示会開催中は休館日を設けていません。現代アートを中心にファッションや建築・写真・デザインといったさまざまなジャンルの企画展が開催されています。

ほかにも、美術鑑賞とあわせて楽しめるスポットが充実しているのもポイント。六本木ヒルズ展望台・東京シティビューからの景色も美しく、森アーツセンターギャラリーでは漫画やアニメをテーマにした企画展など多彩な内容で、普段アートにふれることの少ない客層も多く動員しています。

Address 〒106-6108 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階、53階
Hours 月・水~日10:00am~10:00pm(最終入館 9:30pm) 火10:00am~5:00pm(最終入館 4:30pm)
Closed 展示替え期間
Tel 03-5777-8600(年中無休、8:00am~10:00pm)
Web https://www.mori.art.museum/jp/

国立新美術館へのアクセス



電車で行く場合

国立新美術館へ電車で行く場合は、東京メトロ千代田線乃木坂駅で下車したら青山霊園方面改札6出口に出ます。美術館に直結している出口なので非常に便利です。また、都営大江戸線六本木駅7出口からは徒歩約4分で到着、東京メトロ日比谷線 六本木駅4a出口からは徒歩約5分で到着といずれの駅からもアクセスしやすいです。

バスで行く場合

バスで行く場合は都営バスを利用し、六本木駅前下車のあとは徒歩約7分で到着します。青山斎場下車で徒歩約5分の道のりです。港区循環バスちぃばすを利用した場合は、赤坂循環ルート六本木七丁目を下車し徒歩約4分で到着です。

車で行く場合

車で行くこともできますが、国立新美術館に駐車場はないため近隣の有料駐車場を利用することになります。

Address 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
Hours 企画展:10:00am-6:00pm (入館は5:30pmまで) 金・土は8:00pmまで(7~9月は9:00pmまで) 公募展:10:00am-6:00pm (入館は5:30pmまで) ※ただし展覧会により異なる場合あり HPで確認すること
Closed 毎週火曜日(祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)・年末年始 ※例外あり。HPで確認すること
Tel 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
Web http://www.nact.jp/

まとめ

国立新美術館は特定のコレクションを持たず、多彩なテーマで展覧会を開催する新しいタイプの美術館。国内最大級の展示スペースを活かした大規模な展覧会をはじめ、ワークショップに講演会といったイベントも豊富。カフェやレストランの店舗も美術館に溶け込むアートな空間になっており、食事やお茶を優雅に楽しむことができます。六本木で美術館巡りも楽しめる、見どころ満載の国立新美術館で心ゆくまでアートの世界に浸ってみませんか。