自然派の新原ビーチは楽しみ方いろいろ。ロケーションカフェも魅力

公開日:2019/3/6 更新日:2019/11/16

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Akko
出身は千葉県で、メインスポットは沖縄県・神奈川県。暖かくて海がきれいな場所が大好きで、旅行では年1回の沖縄が定番です。世界中の海や絶景スポットを見つけるのが趣味で子どもが生まれてからは、公園やレジャー施設などの日帰りスポットもよく行くようになりました。
1年中遊べる魅力満載のビーチさ~

沖縄県南城市にある新原(みーばる)ビーチは、地元の人に愛される穴場的ビーチ。自然が感じられる遠浅の天然ビーチは、子供連れの家族にもおすすめです。沖縄のサンゴ礁や魚を観察できるグラスボートや、海を見渡すロケーションカフェも見逃せません。

新原ビーチは本島南部の天然ビーチ

リゾート開発されていない貴重なビーチ

沖縄本島の南部に位置する新原ビーチは、地元の人にも人気が高い海水浴場です。新原はみーばると読み、みーとは文字通り新しいという意味の沖縄の方言。いまだにリゾート開発がなされていない素朴な天然ビーチで、ゆったりとした時間を過ごせます。

特徴的な岩が点在

およそ2キロメートル続くビーチの両端には、沖縄でよく見られる下部がえぐれた大きな岩が点在。大きな岩場を越えると、海の中に石碑が建つヤハラヅカサがある百名(ひゃくな)ビーチにつながっています。時間帯によって干満差があり、引き潮の時には潮溜まりの中に取り残された魚を見られる事も。

ビーチを散策してみよう

リゾート開発も進んでいない天然ビーチの新原ビーチは、観光客でにぎわう沖縄の中でも静かで落ち着いた雰囲気。海の生き物観察だけでなく、早朝にはきれいな朝日に、夕暮れ時には夕焼けに癒されます。海水浴をせずゆっくり浜辺を散策して、1日中ビーチを満喫する事もおすすめです。

遠浅で家族連れにも人気

小さな子供連れにもおすすめ

引き潮の時には沖の方まで散策できる遠浅な新原ビーチは波も穏やかで、小さな子供とも一緒に海水浴や磯遊びが楽しめます。沖ではカクレクマノミなどの色鮮やかな熱帯魚が見られる事も。天然のビーチを安全に楽しむためにマリンシューズは必須です。

海の家やマリンショップも充実

シーズン中に営業している海の家では、パラソルや浮き輪などのマリングッズの貸出も行われます。有料ですがシャワーやロッカーも用意されているので便利です。飲食店で海を眺めながら食事もできますが、食材付きで手ぶらで楽しめるバーベキューも魅力的。

グラスボートで海中の世界を楽しもう

マリンレジャーセンターが2軒ある

マリンレジャーセンターが2軒あるので、バナナボートやシュノーケリング、シーカヤックなどのマリンスポーツを体験できます。オフシーズンも運行していて冬の沖縄の海も満喫できるグラスボートは、さまざまなアクティビティの中でも人気。予約は不要で待ち時間も少ないので気軽に乗船できます。



船底からは色とりどりの魚とたくさん出会える

ガラス張りの船底からは、沖縄の透明度の高い海で暮らすサンゴ礁や色鮮やかな熱帯魚の世界をのぞき見る事ができます。船が移動するごとに海の深さや色だけでなく、見られる魚の種類も徐々に変わっていくので注目してみてください。

海から見る風景も楽しもう

サンゴ礁や熱帯魚が鮮やかな海の中だけでなく、海から眺める沖縄南部ならではののどかな島の風景も魅力。グラスボートには屋根も窓もついていますが、窓を開けると潮風が感じられます。海を行くボートの窓から素朴な街並みや山々を楽しめます。

貸しボートで釣りに挑戦

森山貸ボートで手漕ぎボートをレンタルすれば、沖合でイラブチャーやオジサンなど沖縄の魚釣りを楽しめます。スタッフの人が沖の釣りポイントまで連れて行ってくれるので初心者でも安心。森山貸ボートは3月から10月の間は営業していますが、冬季は休業ですので気をつけてください。

Address 沖縄県南城市玉城字百名1516
Hours なし
Closed 冬期(11月~2月)
Tel 098-948-2425
Web なし

新原ビーチに来たら必ず寄りたい絶景ロケーションカフェ

食堂かりかで本格ネパールカレーを

新原ビーチの浜辺のテントで、目の前に広がる海を眺めながら食事ができる食堂かりか。ネパール人のご主人が提供するネパールカレーは本格的です。通年営業していて、観光シーズンにはパラソルやビーチチェアなども貸し出してくれます。

日替わりのカレーセットも

ほうれん草やエビ、豆、マトンなど、さまざまな種類のカレーが用意されています。2種類のカレーと雑穀米が味わえる日替わりセットも。ほかにもネパールの蒸し料理であるマサラピーナッツ・モモや揚げパンのプーリー、ラッシーやアルコール類など、メニューが充実しています。

Address 沖縄県南城市玉城百名1360
Hours 10:00~20:00(L.O)
Closed 水曜日、悪天候の日
Tel 098-988-8178
Web https://www.facebook.com/shokudokalika/

浜辺の茶屋はロケーションカフェの先駆け

浜辺の上に建つ浜辺の茶屋は、ロケーションカフェとして南部で最初にオープンしました。大きな窓に面したカウンター席や屋上のテラス席からは、きらきら輝く澄んだ美しい海を見渡す事ができます。浜辺へ降りられる階段もありますが、満潮になると海水が迫ってきます。

爽やかな風と穏やかな波の音を聞きながら軽食を

 

オリジナルブレンドのコーヒーはもちろん、地元産の食材を使用したサンドイッチやサラダなどの軽食、スイーツなどのカフェメニューが。おすすめは週末のモーニングタイムのみ注文できるアサイーボールなどの限定メニュー。大人気スポットなので、開店する前から並んでいる場合もあります。

Address 沖縄県南城市玉城字玉城2-1
Hours 10:00-20:00(L.O.19:30) ※ 月曜日は14:00~
Closed なし
Tel 098-948-2073
Web https://sachibaru.jp/hamacha/

新原ビーチへのアクセス



車でのアクセス

レンタカーなど車を利用する場合は、那覇空港から新原ビーチへの所要時間はおよそ40分ほど。那覇空港自動車道を通り、新原方面へ向かいます。新原ビーチの駐車場は有料ですが、食堂かりかで食事をすると一定時間無料で利用できます。

バスでのアクセス

公共交通機関では、モノレールとバスを乗り継いで新原ビーチへのアクセスが可能。沖縄都市モノレール、ゆいレールの那覇空港駅から約10分で到着する旭橋駅で下車します。上原バス停からバスに乗り換え、約1時間で新原ビーチ入口に到着します。

Address 南城市玉城新原
Hours 8:30~17:00(5~9月は8:30~17:30)
Closed なし
Tel 098-917-5387(南城市役所観光商工課)
Web なし

まとめ

新原ビーチは遠浅で海の生き物観察もできる沖縄らしい天然のビーチ。海水浴はもちろん、のんびり浜辺を散策をしたりグラスボートに乗って海の中をのぞき見たり、沖縄の海を満喫できます。

海を眺めながらごはんが食べられるお店もあり、大人から子供まで1日中楽しめるビーチです。遊泳可能期間が決まっており、同期間内しか利用できない設備などもあるので事前に確認しておきましょう。