浜名湖ガーデンパークは解放感あふれる緑ゆたかな都市公園

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: HARUKI

私は広島県出身ですが、会社の転勤を繰り返し、いろんな地域で暮らしてきました。 赴任先を起点に各地の観光スポットを巡って絶景や思い出になる写真を撮っています。 最近は一人旅が多いですね。 紹介記事は西日本中心になります。 みなさんに一味違った旅の魅力をご紹介出来たら幸いです。

一日中飽きさせない見どころいっぱいだに

静岡県浜松市西区に位置する浜名湖ガーデンパークは、入場料無料で無料駐車場を完備のお出かけしやすいスポット。季節ごとにさまざまな花が咲き誇り、何度訪れても飽きないようになっています。

広大な敷地の中にあるのでゆっくりと散策するのもいいですし、クルージングを利用して船の中から花々を見学するのもおすすめ。また体験イベントではハーバリウム作りなども行っているので、旅の思い出作りに参加してもいいでしょう。お天気の良い日にゆっくりと訪れるのにピッタリのスポットです。

美しい景観の中にみんなの夢とアイデアの花が咲く

浜名湖ガーデンパークの南入口

浜名湖ガーデンパークは浜名湖のレイクビューと美しい自然、そして開放感あふれる景観が楽しめるスポット。園内は西側エリア、街のエリア、里のエリアと3つのゾーンに分かれており、街のエリアを中心に楽しむ事ができます。子供からお年寄りまで、どの年齢層でも気軽に楽しめる緑豊かな都市公園です。

体験学習館は地域コミュニティの場

街のエリアにある体験学習館は、地域コミュニティの場として有効活用されています。研修室で行われる学習会や講習会をはじめ、フラワーアレンジメントや押し花体験教室なども開催が。こちらには幼児コーナーや授乳室もあるため、子供連れでも安心です。

広大な敷地の中では遊覧船が便利

浜名湖ならではの遊覧船ガーデンクルーズ

浜名湖という場所ならではの大人気クルーズは、浜名湖花博で再登場。可愛い花たちや自然を眺めながらゆっくりとクルージングできるというもので、一般的なクルージングとは違った風景が見られるので楽しみも倍増です。

クルージングは広大な敷地を船に乗って花博内を散策するようなものなので、子供からお年寄りまで安心して楽しめるでしょう。

ピクニックするのにぴったりの中央芝生広場

イベント広場には広々とした芝生広場があります。ボール遊びなどが自由にできますが、サッカーや野球はできないので注意しましょう。ペット連れの利用も不可なので、ピクニックやちょっとした遊びをするための広場という印象です。

屋根付きのイベント広場

クスノキやケヤキ並木、藤棚などに囲まれている広場です。こちらは、各種イベントや集会などに利用すると良さそう。広場の一部には屋根があるので、休憩所として利用してみては。

花の庭と水の庭がある花の美術館

花の美術館は、花の庭と水の庭という2つのコンセプトで構成されています。花の庭はさまざまな色彩を楽しめるエリア。バラの大アーチや花壇などがあり、華やかさを感じます。

一方水の庭は睡蓮が浮かぶ池を中心に枝垂れ柳や竹林などが見られ、静かで落ち着いた庭園が広がります。クルーズ利用すれば、船に乗ったままで花々を眺める事ができるのでおすすめ。

公園の全景や浜名湖の風景が一望できる展望塔

View this post on Instagram

#浜名湖ガーデンパーク🌸 にて

A post shared by mika (@mika_moon67) on

公園のほぼ中央には、高さ50メートルの展望塔があります。最上階からは公園の全景が眺められ、さらに美しい浜名湖の風景も一望できます。ここは2004年に開催された浜名湖花博のシンボルタワーとして有名。

屋根付きのかえで橋

展望塔のすぐ隣にある東西水路にかかる橋であり、一部屋根付きがポイント。ここはかえで橋ギャラリーとなっており、写真や絵を展示されている事もあります。展示を希望する人は管理センターまで連絡しましょう。

一年を通してさまざまな花が楽しめる

花ひろばの地上絵が毎年楽しみ

春や秋になると、広場一面が季節の花で飾られます。花畑の中には地上絵も描かれており、多くの人が楽しみにしています。高さ50メートルの展望塔から望めるのは、花の海に浮かぶ絵柄です。

ふれあい花壇では競ってきれいな花を育てている

ふれあい花壇は、学校や家族、企業、団体というようにグループがオーナーになり、花を育てるというもの。自分の花壇を割り当てられ、植栽をはじめ水かけなどを1年間行います。花壇には、オーナーの名前をはじめ写真を載せた看板が掲げられています。

それぞれのグループが競い合って花を育てているので、きれいな花を見学できる事でしょう。

水辺の屋外ステージ

東西水路に面している屋外ステージは、約1000席あります。音楽演奏をはじめ演劇や講習会などに利用されています。空いている時は、椅子を利用して休憩所にしても良さそう。

みんなで遊ぶこども広場

花博では、子供たちが楽しく遊べるようなこども広場も。大型のネット遊具をはじめ、すべり台、スプリング式遊具というようなダイナミックに遊べる遊具もそろっています。健康快道(足つぼ歩道)は親子で自由に遊べるため、親子連れの姿が見られます。

園内唯一の屋内飲食施設

和食中心の食事処のたね

園内には屋内飲食施設も完備。こちらは2018年7月21日にリニューアルオープンした施設で、うなぎ丼や今話題のはもカバ丼というような和食中心のメニューがそろっています。ここでは4人乗りファミリー自転車の貸し出しも行われています。

浜名湖ガーデンパークへのアクセス

電車でのアクセス

JR浜松駅より1番乗り場に行き、ガーデンパーク行きのバスに乗車しましょう。約60分で到着します。

車でのアクセス

東名高速の舘山寺スマートICより約20分で到着します。合計1800台の無料駐車場完備。

住所|〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町5475-1
営業時間|8時30分~17時00分
定休日|12/29~1/3
電話|053-488-1500
公式サイトはこちら

まとめ

花博というと花を眺めるばかりというイメージがありましたが、浜名湖ガーデンパークでは訪れた誰もが満足できるようになっています。季節によって変わる花々を楽しむだけでなく、ダイナミックに遊べる遊具や体験型のイベントへの参加、さらに敷地内の遊覧船クルージングなどが楽しめます。

癒しと目の保養にピッタリ。写真スポットも多いので、撮影もお忘れなく。