旧朝倉家住宅は代官山にある重要文化財。都心で大正浪漫を感じよう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Kei

東京都出身。おもに東京から気軽に行ける場所を紹介。また、海が好きで、一年に一度は海のある場所へ旅行する。日本中の水族館に行くのが夢。美術館や博物館には一人で行きたいが、旅行は家族や友達と一緒に楽しみたい。

時代の先端を行く街・代官山でタイムスリップ!

渋谷区代官山にある旧朝倉家住宅は、都心のど真ん中にある国の重要文化財。朝倉虎治郎氏の暮らした豪華な邸宅と回遊式園庭は、大正時代の住宅様式を知る手掛かりとなっています。若者の街・代官山で普段と違う景色がみられる、そんな旧朝倉家住宅についてこの記事ではご紹介していきます。

旧朝倉家住宅ってどんな場所

代官山にある国の重要文化財

旧朝倉家住宅は、かつて東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した朝倉虎治郎氏(1871-1944)が1919(大正8)年に建てた邸宅。2階建ての住宅と回遊式庭園を有する国の重要文化財です。いまやオシャレな若者たちが集う人気の街である代官山。この街の中に大正時代からの歴史ある建物が現存し、見学ができるというギャップが魅力と評判です。

住宅が重要文化財になったワケ

旧朝倉家住宅が国の重要文化財へと指定されたのは、2004(平成16)年の事でした。そのころにはもう東京の中心部に残っている関東大震災以前に建てられた住宅は数少ないものとなっており、大正期の和風住宅は、すでに貴重な存在でした。

また、代官山という都市化が急速に進んだあたりに営まれた住宅である事も、近代の和風住宅が展開していった様を知る上で重要ではないか、と考えられた事が一因になったといいます。

旧朝倉家住宅の中を見学

素敵な邸宅の入り口はこちら

旧朝倉家住宅は代官山交番前という交差点のすぐそばにあります。シンプルな門で大きな案内看板などもないため、最初は見つけにくいかもしれません。

門を入っていくと、左側が受付。券売機にて券を購入し入場料の支払いを終えたあとは受付にて券を渡すと、そこでパンフレットがもらえます。住宅の中に入る際はくつを脱いで、靴箱に入れるか袋に入れて持っていきます。住宅内は順路の指示があるので、それに沿って進みましょう。

ここが見どころ

主屋は木造の2階建てとなっており、ほぼ全室が畳敷きで屋根は瓦葺、外壁は下見板張で一部漆喰塗りが施されています。1階は家族が日常生活を送っていた場所で、2階は虎治郎氏が公職の際に会合などで使用した場所でした。

庭園には多くの石灯籠などの添景物が配置されています。ツツジの花や新緑、紅葉といった四季の移り変わりを楽しむ事もできますよ。

旧朝倉家住宅全体はこんな感じ

こちらは入口付近に掲示されている旧朝倉家住宅の全体マップ。受付でもらえるパンフレットにも住宅の間取りが記載されています。土蔵・茶室・納戸・女中部屋などは一部見学ができませんが、当時の優雅な住まいを感じるには十分な資料が展示されていますよ。

旧朝倉家住宅では屋外のみ写真撮影が可能ですが、個人での楽しみにとどめる事とされています。ブログやSNSなどへのアップは禁止されているのでご注意を。

おすすめ寄り道スポット

複合施設、代官山T-SITE

旧朝倉家住宅からほど近い代官山T-SITEは、蔦屋書店やカフェ、レストランなどの入る複合施設です。雰囲気のよい場所なので、周囲をふらりと散策するだけでも楽しめる場所。人気のスポットのため、平日でも混雑している事がよくあります。ゆっくり過ごしたいときは、朝早めか夜遅くがねらい目です。

蔦屋書店は行くだけでワクワクする場所

蔦屋書店は書籍の品ぞろえが豊富で、並んでいるものも洗練された本屋です。その居心地のよさについつい長居してしまう事も。音楽フロアや映画フロアと分かれ、文房具のコーナーなども充実しているので、ふらりと立寄って新たなジャンルとの出会いがあるかもしれません。

住所|〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15
営業時間|店舗により異なる
定休日|店舗により異なる
電話|03-3770-2525 (代官山蔦屋書店の電話番号)
公式サイトはこちら

甘いものでひとやすみ

MAISON ICHIでパンやスイーツ、デリを味わう

メゾン・イチは、パンやスイーツ、フレンチデリが楽しめるお店です。自慢のパンは液体天然酵母と厳選した北海道小麦を使用して作られており、もっちりとした食感がたまりません。

旧朝倉家住宅とは旧山手通りの向かい側にあるので、見学後に立ち寄るのにちょうどよい場所です。店舗は地下にあるので、注意して看板を探してください。

スイーツもいただけるパンの名店

パンやデリで有名なお店ですが、こちらでスイーツを味わう事もできます。そのためカフェとして利用する人もたくさん。写真は、中でも人気のタルトです。好きな飲み物と一緒に楽しんでみてください。ゆっくりと座れるイートインスペースにて、素敵なティータイムを過ごせるはず。

住所|〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町28-10 モードコスモスビルB1F
営業時間|8:00am~8:00pm
定休日|年中無休
電話|03-6416-4464
公式サイトはこちら

春水堂代官山店はタピオカミルクティー発祥の店

大きなドリンクのオブジェで目を引くのが、春水堂(チュンスイタン)代官山店です。こちらはタピオカミルクティー発祥のお店として知られる、本場台湾ではたいへん人気のお店。日本では、2013年(平成25年)代官山に1号店がオープンしました。

ドリンクだけでなく、台湾ヌードルやちまき、肉まんなどの台湾フードのメニューも充実しています。

こちらが本物のタピオカミルクティー

写真は定番人気のタピオカミルクティーです。他にも、豆乳・ジャスミンティー・鉄観音や抹茶と、豊富な種類を取りそろえています。冬になるとホットメニューも登場。

ドリンクを作るのは、お茶マイスターという資格を持った社員というこだわりよう。また、使用している茶葉は無添加と、品質にも徹底的にこだわりをみせています。テイクアウト可能なメニューもあるので、天気のよい日はドリンクを持って公園のベンチでくつろいでみるのもおすすめです。

住所|〒150-0034 東京都渋谷区 代官山町20-9 アクシス209代官山
営業時間|11:00am~9:00pm (ラストオーダー:フードは8:00pm、ドリンクは9:00pm)
定休日|不定休
電話|03-6809-0234
公式サイトはこちら

HI-CACAO CHOCOLATE STAND代官山店

こちらはソフトクリームが目印となっているHI-CACAO CHOCOLATE STAND(ハイカカオチョコレートスタンド)です。2018年(平成30年)2月にオープンした、代官山でも話題のお店。上質なチョコレートをアレンジし、カジュアルに楽しむようさまざなま工夫がされています。

店名のHI-CACAOは、チョコレートに含まれるカカオが70%以上という意味のハイカカオと、”Hi(ハーイ)”の2つの意味が掛けられています。

チョコレートで甘いひとときを

写真は自慢のフォンダンショコラとミニジャージーソフトクリームがセットになったもの。フォンダンショコラはオーダーを受けてから焼き上げているのでアツアツをいただけます。ちょっと時間はかかりますが、待つ甲斐のある一品。

チョコレートのドリンクメニューやスイーツメニューのほかに、チョコレートの入っていないコーヒーなどのメニューもあります。

住所|〒150-0034 東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA代官山&NEXT 1F
営業時間|11:00am~8:00pm(ラストオーダー 7:30pm)
定休日|不定休
電話|03-5784-6441
公式サイトはこちら

旧朝倉家住宅へのアクセス

電車でのアクセス

東急東横線 代官山駅を下車、徒歩5分です。

バスでのアクセス

ハチ公バスの夕やけこやけルートに乗車し、代官山駅にて下車。そこから徒歩5分です。また、東急トランセ ヒルサイドテラスで下車した場合、徒歩3分となります。

住所|〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町29-20
営業時間|10:00am~6:00pm(11~2月は4:30pmまで) ※入館は閉館時間の30分前まで
定休日|月曜日(祝日の場合は直後の平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
電話|03-3476-1021
公式サイトはこちら

まとめ

旧朝倉家住宅は、都内でも屈指の若者の街・代官山に今なお残る大正時代の趣の残る住宅。日本の最先端の土地にいきなり現れる国の重要文化財に、まるでタイムスリップしてしまったかのような気持ちになります。

古き良き建物を見学したあとは代官山のおしゃれスポットの数々を楽しみ、そのギャップを味わってみてはどうでしょうか。