二子玉川公園は平成生まれのきれいな公園。都会の日本庭園でまったり

公開日:2019/3/26 更新日:2019/9/21

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Kei
東京都出身。おもに東京から気軽に行ける場所を紹介。また、海が好きで、一年に一度は海のある場所へ旅行する。日本中の水族館に行くのが夢。美術館や博物館には一人で行きたいが、旅行は家族や友達と一緒に楽しみたい。
日本庭園から遊具まである公園で 大人も子供も楽しい時間を過ごそう!

ニコタマこと二子玉川は、都市と自然が調和する街として老若男女から支持を集めています。そんな街の住民の憩いの場所として人気なのが、ここ二子玉川公園です。日本庭園からスタバまでそろうハイスペック公園をのぞいてみましょう。

二子玉川公園は日本庭園もある多摩川沿いの公園

二子玉川公園とは、2013(平成25)年に世田谷区にオープンした公園。世田谷区では初めて本格的な日本庭園、帰真園(きしんえん)や多目的広場、ビジターセンター、花壇などが完備されており子供から大人まで楽しめる憩いの場所になっています。

近くを流れる多摩川を眺められたり、天気の良い日には富士山や丹沢(たんざわ)の山をも眺望できるのでヒーリングするのにぴったりな公園なのです。

日本庭園を散策

ここから庭園に入ろう

二子玉川駅から帰真園に行く人はこちらの門から入ります。公園では珍しいユニバーサルデザインなので、車いすやベビーカー利用の方でも不便なく散策可能。ただし、車やバイクなど乗り物や、子供だけの入場およびペットの入場は不可となっているので注意しましょう。

帰真園の開園時間は、9時から17時(11月~2月は16時30分まで)となっています。休園は火曜日(祝日の場合は開園)と年末年始(12月29日~1月3日)。入場は無料です。

高層マンションと一緒に眺める周遊式日本庭園

帰真園(きしんえん)の由来には、自然に帰るつまり日本文化の原点を学ぼうという思いが込められています。そしてこの日本庭園から見る事のできる富士や多摩川・奥多摩、国分寺崖線などの景観を、縮景(しゅくけい)という技法を用いて表現しています。

高層マンションと日本庭園のコラボレーションというのは、都心部ならではの特権ですよね。

旧清水家書院住宅は復元された明治時代のお屋敷

敷地内では明治時代や大正時代のお屋敷も見る事ができます。写真の建物は二子玉川公園の建設とともに復元された旧清水書院住宅です。

明治時代に中根岸(現在の台東区根岸)に清水家屋の離れとして建てられ、大正時代には玉川の屋敷(現在の世田谷区瀬田)に移築されました。世田谷区登録有形文化財(建造物)にも指定されており、多くの人が見学に訪れています。

富士見台へ登ってみよう

帰真園の敷地内には富士見台という見晴台があり、違った視点から景色を楽しむ事ができます。開放時間は帰真園の開園時間と同じ。門外にあるので少し分かりにくいのですが、訪れた際にはぜひ登ってみてくださいね。

楽しみ方いろいろ

広場でのびのびと

日本庭園も人気ですが、やはりメインは公園。写真のように子ども広場ではサッカーやバスケ、ドッヂボールで遊んでいる子供たちをよく見かけます。ただし、硬いバットなど怪我をする可能性のあるもので遊ぶのは控えましょう。

二子玉川公園にはこのほかにもいくつかの広場があるので、大人数でわいわい楽しむのもあり、家族でピクニックをするのもあり。思い思いに時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

子供に大人気のすべり台

二子玉川公園には子供たちが遊べる場所もあります。主に小さい子供たちに人気の遊具がこちらのすべり台。すべり台の横にはロープが張られており、ロープをつかみながら登る子供たちの姿も。敷地内の遊具の遊び場にはすべり台のほかにも様々な遊具がそろっており、子供たちに大人気スポットです。



ナチュモコガーデンを歩く

ナチュモコガーデンとは、住民によって管理されている花壇。二子玉川公園サポーターというボランティア団体により手入れがされています。ナチュモコという名前の由来は、ナチュラル+モダン+コージーの造語からきています。

小さい草花がまとまって点在している花壇なので、さっぱりとした清潔な印象を与えてくれます。天気の良い日はここからでも富士山や丹沢山が見えるそうですよ。

ビジターセンターで学ぶ

こちらのビジターセンターは、よくある案内所ではありません。地元の生きものや植物に関する資料が展示されていて、解説員も常駐しているので安心。こちらのビジターセンターではさまざまなイベントを開催しているので、興味がある人はぜひ寄ってみてください。子供と一緒に自然を学ぶのも良いでしょう。

景色が楽しめるのも魅力

多摩川の景色

多摩川のすぐ側に位置するだけあって、眺望広場に立つと目の前には広大な河川敷の風景が広がります。昔から人気の散歩コースである多摩川沿いを散歩しながら気持ちよく風を感じてみてはいかがでしょうか。

こちらは山の景色

一方で山好きの方にはこちらがおすすめ。天候に恵まれれば丹沢山脈越しに富士山を見る事ができます。説明表示に書いてある写真と地図を見ながら実際の景色を見てみましょう。

大正から昭和後期にかけて多くの政財界人が別荘や屋敷を構える場所としてこの地域が好まれたのは、ここから見える眺望が親しまれたからだそうです。

休憩はこちらへ

多摩川を眺めながらスタバで

お洒落な二子玉川地区にある公園なだけあって、敷地内にはスターバックスコーヒーが入店しています。週末はもちろんのこと平日も多くの人でにぎわいを見せています。

二子玉川公園店はペットも同伴可。テラス席には犬を連れている方も多く、天気のよい日はテラス席で気持ち良い風を浴びながらコーヒーを楽しんでみませんか。

Address 〒158-0094 東京都世田谷区玉川1-16-1
Hours 月~土:8:00am~9:00pm 日祝:8:00am~8:00pm
Closed 不定休
Tel 03-5797-5505
Web https://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=1138

ベンチでひとやすみ

二子玉川公園は住民に優しい公園。公園内のあらゆる場所にベンチが設置されているので、暑い日はこまめに休憩をしましょう。また園内の自動販売機やコンビニなどで飲み物を購入し、水分補給も忘れないようにしよう。

二子玉川公園へのアクセス



電車でのアクセス

東急田園都市線および大井町線二子玉川駅より徒歩約9分、または東急大井町線上野毛駅より徒歩約8分で到着です。二子玉川の美しい街並みを歩くので着くまでの道のりも楽しめるのではないでしょうか。

車でのアクセス

園内には23台(うち車椅子3台)の有料駐車場が完備されています。駐車場の入庫時間は決まっており8時30分~18時30分ですが、出庫の利用は24時間可能なので心配無用。土日祝は混雑が予想されるため、公共交通期間の利用をおすすめします。

Address 〒158-0094 東京都世田谷区玉川1-16-1
Hours 施設により異なる
Closed 施設により異なる
Tel 03-3700-2735 (二子玉川公園ビジターセンター)
Web http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00124898.html

まとめ

あらゆるシーンでどんな人をも楽しませてくれる二子玉川公園。近くには話題の蔦屋家電もありますので、ぜひニコタマで最高の休日を送ってみてくださいね。